• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Love Dreams - Back Stage pass * 理想の男 第3話より・・・

Category : Story-Back Stage


_______ 第3話 ・・・we Chase in…


何かを競う・・・その意味は、コイツ貴島が最上さんをまだ狙っている事。

では無いのだけれど、そんな意味に引っ掛かっていた、俺。


3時に女優さんたちが俺に、個性溢れる色々なコーヒーを入れてくれるというエピソードなのに、自分的には・・・
タイトルのWE ( 俺達 )が、頭の中に引っ掛かっていた。

だから入れたアドリブ。

英語の意味を自然とそう取れるのは、やっぱり自分の言葉として感じたものが、監督や構成作家の言いたい事と違う日本人との感性の違いかもしれないと思って・・・



______ じゃ、本番一発目入りま~す。 よーい・・・


デスクの前で、クッキーの箱と書類を確認して、プラダのヒールの女優さんを呼んだ。

厳しい事を言わなければならない事。


・・・この部分の撮影は、後輩である最上さんを思い出していた。


何度も彼女には、敦賀蓮としても久遠ヒズリとしても演技に対するダメだしをしてきた、その・・・

いわゆる愛情の裏返しの様な、彼女の夢を追う姿への応援。

恋愛感情の愛情とは違う、先輩としての師弟愛の感情をもって彼女に厳しい事を言って教えてきた事を思い描いて役のイメージをして出来たシーン。

同じ事を演技の中でしてもいいんじゃないかと思って、台本を読みながら考えていた事。

すんなり貴島君との掛け合いも上手く行くのは、貴島君の台詞の返しと台詞を自分の個性に合わせて自分で変換している事。稽古やリハーサルでも思っていた、彼は役を自分のものに直ぐ出来て、ドラマの中で彼が生きているという事。

それを、最上さんにも教えたいのは、演技とは・・・

引き込んで、引き込まれて、お互いに世界を創っていくと云う事。

その自分たちが創り上げる世界に、見る人が引き込まれていく事が、俳優としての人気を確信できる瞬間で、ファンとは自分自身を恋愛のそれという対象で見てくれている人も、ドラマの世界の人物として惹かれ、その役に嵌まり込んで見入ってしまった人もいる。
この自分たち俳優にとって役に嵌って見入ってしまったファンという人の方が、自分を認めてもらえていると感じる、俳優にとっては仕事への意欲への励ましの種に成り、役者としてのファン確立を実感する。

貴島君は、自分にとってとても演技し易い俳優で、彼の創る世界に自分も引き込まれて、本気で演技をしなければ成らないと、自分が思うほど怖い俳優。

貴島君にとって俺は、引き込まれて自分のオーラが消えない様に、自分の存在を表に出す事を第一にどんどん押し出しているだけだと、前に一緒に飲みに行った時、教えてくれた。

こうして俺達は、引き込んで、引き込まれて、でも・・・

引き込まれない様に、お互いが自分のオーラと個性を表に押し出して演技を被せている。


それが自分にとって、ドラマの中のタイトルに、とても合っていると思っていた。


We Chase in… 

その言葉の通り、俳優としてチェイスしあう俺達は、ドラマの中で二人の存在を必ず目立たせなくては成らない。

言葉のタイミングも、振りも、呼吸の一つ一つまでもが、彼とは・・・
合わせるのに苦だと感じた事は一度もなかった。


後輩としての最上さんの事を考えながらしていた撮影、そのシーンの直ぐ繋ぎにいれたアドリブ。彼ならば上手に必ず返してくれると、信頼と安心を感じているからこそ、入れられる事。


撮影中に小道具として用意されていたクッキーはもちろん、女優さんの手作りではない。

箱の中を確認せずに撮影に入ったのは、自分が本番に見る事で初めて本当に中身を知れば、自然な驚きが出ると思って、わざと確認しないで撮影に入っていた。

蓋を開けた時に、その綺麗に並べられた何処かのお店の特注だろうとは思っていたけれど、
とてもシンプルなクッキーにも関わらず、コーヒーシュガーやロックシュガーなど、綺麗な色の砂糖結晶が使われていて・・・


後で撮影された この回のラストシーンは、最上さんと一晩過ごした夜の後だった。

ホテルで過ごしたあの景色・・・

前に思い描いた、都会の地上の星空を彼女と見た後で、あの時の望む未来が現実に今と成って、そしてこの日には、その未来もその今も、もう俺には過去となった、彼女との時。

アルマンディの撮影を終えて その次の日。
構成作家がやっと出来たと言ったこの回の最後のシーンだった。

箱のサイズを見た時には、手ごろな大きさの箱だな~。とは思っていたけれど、この箱の大きさが最上さんに託した自分の軌跡・・・

自分と最上さんの人生に存在する思い出を詰めたオルゴールと同じ大きさで・・・

箱に掛けられたリボンを無造作に引っ張ったのは、彼女にあげたオルゴールに掛けた鍵の数とは違って簡単に開けられる事になぜか腹が立っていた。

構成作家と監督の思い描くものは、自分にとっては、なんとも容易い恋とおぼしき心の鍵だ。と思っていた事もあり、でもまぁそれが、プラダの子を演る女優さんの役の俺への上辺だけの恋の様にも思えて、演技し易かったのもあった。

箱の中身を見た時は、驚いた。

カメラが回っているので驚いた顔をしなかったけれど、思わず微笑んでしまっていた。


最上さんにあげたオルゴールの様に・・・


ジュエリーボックスを思わせる綺麗に並べられた色とりどりの宝石の様な、ざら目の砂糖結晶の付いたクッキー。
箱の大きさといい、箱の中といい、宝石のようなクッキーといい、それに・・・

彼女と昨日過ごしたホテルの部屋での出来事を、思い返すのには十分だった。


だから思わず・・・“ we Chase in… ” このタイトル通り、貴島君、いや・・・貴島に言ってしまった。


_____ ココと・・・胸を軽く握った拳で叩いた、心の事。

キョーコの愛という感情を知ってしまった事も、キョーコに対してだけ起きた自分の人生で初めての恋と愛と云う感情も、箱の蓋を開けた時・・・

自分の頭の中には、彼女にあげたオルゴールの曲

ショパンの Preludes n.15 opus.28 が流れていた。


_____ コホンと・・・咳払いした、体の相性。

これは、コイツが気にして言っていた事ももちろん知っている。Dark Moon のパーティでの事。

「 そうなんだよ。ソッチの相性の方が俺には重要かもな~。 」

そう返した貴島君には悪いけど、キョーコと体の相性がいい事ももう、経験済み。
だって、いかされちゃったから・・・とは、言えない事だったけれど。



カフェラテを彼女に入れて、自分のエスプレッソを自分で入れて・・・

それに・・・ピンクと白のロックシュガーで掛けた魔法といい・・・

シングルショットのエスプレッソが用意された撮影にも、水のボトルを見ては、キョーコに噴き掛けられた水を思い出し、口移しで飲んだ水が・・・ものすごく甘くて

・・・たくさんの事を思い返していた。


同じ銘柄の水だった事もあって、蓋を開けて飲んだのは、キョーコに飲ませてもらった同じ味か確かめたくなったから。

撮影中の水の味は、全くの無味無臭。

あたりまえだな。とも思った撮影中・・・我に返り素に戻りそうだったけれど、貴島君のフォロー・アドリブの一言で、そのアドリブが続いてしまった。


「 喉、渇いてるのか? 」

_____ うん、まぁね・・・

「 そうだよな、そんなにコーヒー要らないよな。 」


そう言っていた貴島君の手の中に気が付いた。
・・・持たないはずだった、カプチーノ。本当に驚いて言っていた一言。

「 あれ?それ、試すの? 」

あぁでもさ、ハートのだけは遠慮したよ。と続けた貴島君には、その後の続きを計算して、しっかり女優さん達の演技を見ていたと気が付かされた時だった。

自分の役どころ、色男。しっかり把握して演技していると思わされたそのシーン。
それに俺が普段飲まないミルクの入ったコーヒーの好みも知っている彼だから、撮影中に一口ずつ試すと支持があっても、本当に全部口を付けなくてもいいだろ。とは思っていた事で、口を付けなかったのは、本当の俺の好みを解かっている貴島君だからのフォローだと思った。

口を付けなかった。と、わざと強調して思わせる事をした彼が・・・


敦賀君はその子に対しては興味は無い。と見せればいいんだろ。
でも俺には興味はある。という感じに見せる。

・・・と云う貴島君の思いつきだった。


役者として先輩で、しかもキョーコの事を思い出して撮影していたので、貴島君のように周りをしっかりと見ていなかった事。
貴島君はいつも、全ての演者を見て演技をしていると思わされた。

彼との演技のしやすさは、自分にとってプラスになる。

けれど・・・キョーコの事には. . . ____________



・・・コツッ・・・


ペットボトルを指で弾いたのは、その先の自分の写真のくだり。

キョーコの事が頭から離れない自分。

でも、敦賀蓮としてキョーコとは、何も始まっていないと・・・写真の敦賀蓮に言い聞かせた。


そう・・・

敦賀蓮としての自分は、貴島君と同じ様に、ただ彼女に恋心を抱いているだけ。

そんな事を考えながらも頭の中には、昨日彼女に弾いたピアノの曲ばかりが流れていた撮影だった。



_______ we Chase in… その名の通り、


敦賀蓮と貴島秀人には・・・


最上キョーコ、いや、京子を想う事に関してはまだ・・・

久遠ヒズリに、負けている状態だと思っていた。



久遠は・・・彼女が妊娠していたら、直ぐに結婚する気だし。

その強い決心が自分の心の奥底にある事を感じているからこそ、敦賀蓮としては、彼女と何も始まっていない。
貴島君とは、同じラインにいると再確認しながらの演技中に・・・微笑んでいた。




_____ カット・・・お疲れ。


声が掛かり、モニターチェックに寄って見ていた自分の表情。

気になって見ていたのは、自分がどんな表情でいたかの一コマ。


貴島君が、このジュエリーボックスの様な箱を開けられて、何色のロックシュガーの付いたクッキーを選ぶのだろうと、思って見ていた自分の表情だった。

( まぁ、大丈夫だな・・・。)

そう思えた、意外にもドキドキしている事が映っていなかった事。
自分では、じーっと箱を見ていた表情は、ほとんど映っていなかったので、安心した。


「 なんでさ、この色にしたの? 」

貴島君に、モニターを指差して聞いてしまった。自分が選ぶ立場なら、茶色の一番地味な色は選ばない。それにこの後の展開に持って行くのなら、彼女に興味がありますよ。と見せるのと、ドラマの映像的には・・・

ピンクを選ぶのが妥当じゃないかと思えていたから。


「 ん? だってさ・・・」

腕を組んで自分の演技をチェックしている彼は、画面から目を逸らさずに何か気になっているのかと思えた。

「 よし。大丈夫。 」

そう言った彼が続けた言葉。プロだな~・・・と感心した事。


「 だってこの後、台詞を言う度・・・
口の中が、ピンクとか青とか~?色が付いていたら、カッコ悪くない? 」



_____ それに・・・俺、この手のアメリカのお菓子のような色、苦手なんだよ。



へぇ~敦賀君だったら、ピンクかぁ~。そうなんだ~。そう言いながらパシっと肩を軽くパンチされて、気付く・・・


自分の本質。
・・・アメリカ人のものなのだと。


それにキョーコに選んだのは、ホテルの部屋で上質のコーヒーシュガーが何種類もあったのに、
ピンクのコレを選んだ事に、アメリカ人だったかもな。と・・・久遠で居たのだからいいだろ。と思っていた。


でも貴島は知らない・・・

キョーコと久遠の間には、ピンクは恋の色であって、白は愛の色であると云う
二人だけに感じる心のオーラの色だという事。

その二人にしか分からない二人の間にある感情は、カフェラテに掛けた魔法の力がなくても確実に進んでいると思えるほどの、強い繋がりを感じた一昨日の夜と昨日の朝を思い返していた。

敦賀蓮のマンションが見えるという事は誤算だったけれど、でもそれが彼女にとって、そして俺にとっても、久遠ヒズリと敦賀蓮と二人ともが彼女を愛していると自分でも感じたし、彼女が久遠と居ても蓮の事を忘れられないという事を知れた時。


キョーコにとってピンクは、恋の色って事・・・


貴島がその事を知らないでいる。とは、アドリブで手を伸ばしたクッキーの色で判明した。

キョーコと貴島の仲は、俺の知らないところ、メールのやり取りなどで進行してはいないと確信し、そのモニターチェックに自分の口の中の色を見ている貴島の横顔に・・・


フッ・・・

_____ 思わず、鼻で笑ってしまっていた。




.
Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 26.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH
 HOME 

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray