• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.88

Category : Story-I of LDs
視線を感じて顔を上げれば、目の前でじーーっと顔を見られていた。



ね、蓮って、
いつも・・・

コンタクト。してるの?


(ん!?えっ!)

ものすごく、今までに感じた事の無いほどドキッとした。心臓が飛び出るほどバクバクして、うん。と言う訳にもいかず、違うと嘘をついたら、将来、クオン・ジュニアにもどる時、何か言われてしまいそうだ。

とりあえず、まじまじと瞳を間近で見つめられているので、目線を逸らしたくて、ブルーベリーを摘まんでワインを一口飲んだ。ワインを飲んだときに指先が眼鏡のフレームに当たって、あぁ、このことか。と気づいた。


じゃ、このブルーベリー、きちんと全部食べてね。
もっと持って来ようか?


(ん?なんで)

目の悪い人には、あと、疲れ目とか?
ブルーベリーがいいらしいよ。


へ~・・・そうなんだ・・・。


とりあえず、違う風に思っているみたいで安心して、一気に残りのワインを飲んでしまった。それに、(目が悪いわけじゃない。カラーコンタクトなだけ。)心の中のクオン君が言い訳をしている。が、それは胸の中に収めておくし、キョーコの耳も胸に付けないし、まだ聞いて欲しくも無いし・・・さっき着替えの時、心の声が分かったからキスしてくれたんだよな。と思っている。
だから、抱きつかれても耳を付けたら聞えそうだと思っていた。本当にそこまで通じているのは・・・嬉しいけれど、時にそうでない秘密の事まで聞かれたくないしな・・・。
それにコレは、ブルーライトをカットする眼鏡だし・・・。


これの事?
これね、前にキョーコが花瓶買った事のある、
よろず屋さんで、社さんが買ってきてくれたんだ。
最近、台本とか絵コンテとかがメール化してて、画面を見ること増えたよね。
それで、目が悪くならないようにって、・・・
社さんから勧められて、買ってきてもらった。
度は入ってないよ。

・・・キョーコも掛ける?


とにかく、視線を違うところに持っていきたくて、テーブルの上の物ばかりみて、話していた。
じゃ。と思って残りの、ブルーベリーをぱっぱっと食べて、自分のお皿とワイングラスを持ってキッチンに行こうとした。
キョーコのマグカップを覗いたら、空っぽになっている。
それも持って、反対の手で、ここに他のもあるから、どうぞ。と、手で指してキッチンに消えた。

何が無しに後ろから、いやぁ~ん。もう、蓮~ん。と言う、甘き誘うような声が聞こえたが、そそくさとキッチンに消えた。

(なんか、聞こえたけど、今は嫌だ・・・。)

そう思って、キョーコが飲んでたマグカップがチャイラテの香りだったので、カフェインもスパイスも無い、ルイボスティーに変えようと思って、お湯を沸かした。
やかんを見つめながら着ているTシャツの襟に眼鏡を引っ掛けて、ティーポットを取ろうとキャビネットを開けると、ティーポットの脇にキョーコが編んだのであろう赤ちゃんのニット帽が置いてある。

(なんで、こんなトコに!?)

確かに、キッチンのキャビネットは俺があまり開けないから、隠すんだったら好都合なのか?とも思って、見なかった事にしようと。と、心に決めて、そっとキャビネットを閉めた。


ティポットの蓋を開けて茶葉を入れてたら、花のような香り。ルイボスティ特有の赤色のお茶の色が綺麗なので好きだった。


・・・。

( Red Tea か・・・)

お湯をティポットに注いでいると、茶葉が円を書いてぐるぐる回りながら葉を広げているのを見詰めていた。

チャイラテに使う様なオレンジ・ペコやセイロン。その他イングリッシュ・ブレックファストや、アイリッシュ・ブレックファスト、はたまた・・・先生の好きな、アールグレーなんかもだけど、どうして日本語は“ 紅茶 ”って呼ぶんだろう?と、今まで余り考えた事が無かったけれど、いきなり気に成ってしまった。


( 英語圏は、Black Teaなんだけどな・・・)

紅茶と言われれば・・・紅色だし、Black Teaと呼べば、黒ではないな・・・ミルクを入れたら灰色になってしまう。


はぁぁぁぁぁ~~~~~~ぁ・・・・・



気を紛らわそうとしていたのだろうか・・・

お茶を入れながら思わず、自分でもこんなに深~~い、ため息が人間出せるんだ・・・。と思わずにいられない程の、ため息が長~く漏れてしまった。

(別に、赤ちゃんが生まれるのは問題ない。ただ、自分の気持ちだけ・・・。)

そう思いながら、発表するのが怖かった。まだ、自分の心の整理も定かではない。
出来てるのか?と問われれば、できている。クオン・ヒズリとして生きてもいい。

でも、今は敦賀蓮に成りきっている自分にとって、さっき駐車場で、蓮には何も関係ない。と、心に思った事も蘇る。

今、コンタクトを外して、クオンでした。あはっ。と、告白するでもなく、ほんじゃぁ、とりあえず蓮としてこのまま今は接しよう。

キョーコだって久遠の子だと分かっているし、蓮は彼女の妊娠を知ってはいるが、親友久遠の代わりに傍にいるだけと思っているかもしれないし・・・


はぁ~~~・・・


ティポットからマグカップにお茶を入れながら、紅色でない赤色のお茶を見詰めていた。
玄関に飾ってある、赤バラの色みたいだな・・・と思っていた。

なんとも嘘臭い、ドラマ仕立て そのままの、赤いバラ。
しかも敦賀蓮と言えば、お決まりの赤バラ100本。誰でもできる事なのに、どうして何度もやらされるんだろう・・・

自分が思うバラの色は、赤って言ったら赤だけど、キョーコにとったら・・・

赤は・・・ 
・・・愛の色じゃないんだよな ・ ・ ・


それを知ってて、どうして赤バラを自分であげてしまったのか、自分が敦賀蓮として成り切る為だとはいえ、心が篭っていないと反省した。

そういえば・・・あの時、


______ お帰りなさい。敦賀さん。


( そう言って受け取らなかったんだよな・・・)

確かに俺の渡し方も・・・反省するべき点は、ハイ、どうぞ。って感じだったから、彼女はいつもの演技テストの小道具として、見ていたのかもしれない。


・ ・ ・。

そう考えたら、ただの共演者として接する事も、必要なのかも知れないと思い始め、しからば先輩に頼っているだけ。と、思う事にした。

久遠にとっても京子にとっても敦賀蓮は先輩で、二人ともがそれぞれ・・・自分の好きな人の事を相談してくれると思えば、ただの先輩のままで・・・

(・・・それは、ムリだな。)

だって・・・


胸に両手を当てて目を瞑った。

自分の心の中にいる もう一人が、ふふっ・・・そうだね、先輩。俺の彼女だよ。と、言っていたのに対して、先輩だけではないだろ?もう、俺にとっても彼女だ。だから、ムリ。と言ったもう一人。

久遠・・・今は、敦賀蓮だから・・・
・ ・・まだ、・・・敦賀蓮だから


心の中にいる もう一人に話しかける様にしていた。
久遠ヒズリとして、生きなければならないのは当たり前の人生であって、これから先・・・

敦賀蓮が居なくなるならば・・・

敦賀蓮が、恋をした証を・・・彼女の記憶に残したい. . . ____________


ふっと目を開けた。今思った事に対して自分の我侭な気持ちを、彼女に押し付けているかもしれないと思った。

自分が創り上げてきた偽名の架空の人物。自分の自信に繋がったこの人生、必要としてくれる人は日本中にたくさん居る。かといって自分の人生がこのまま終れるかといったら・・・
・・・そうでは無い。


湯気の立つ赤いお茶を見詰めていて、蒸気と共に漂う花の様な香りに・・・
・・・お茶が冷める。と我に返った。


今キャビネットの中で見たものと、今自分が思っていた事は、心に閉まっておこうと、決めた。
マグカップを手にとって、また考えながらダイニングに向かっていた。

もし・・・ 久遠ヒズリだとキョーコにも世間にも発表したら・・・

自分の心の中は、落ち着いてくれるのだろうか・・・?

二人の気持ちが同時に湧き上がるこの感情は、一人の人として落ち着いたら・・・
もう一つの感情は沸きあがってこなくなるのだろうか・・・?



・・・お茶を持ってダイニングにもどると、キョーコが居なかった。




.

Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 15.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray