• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.87

Category : Story-I of LDs
( ま、ご飯食べてから、解決するだろう。)


そう思って、ダイニングに行く。
いい匂いに誘われて、席に着くと目に入る、さっきの話の中に出てきた、悪魔のトマト。

(な~る。Heirloom Tomato ね。ジュリの大好物。)

そんな事を思いながら、この甘いトマトに豆腐って合うな~。醤油とレモンがいい感じ~。
どす黒いこの茶色が一番甘い事を知ってはいるが、ジュリは緑のこのトマト炒めてたっけ。
不思議で斬新だったよな・・・。あの味は・・・。その苦い思い出と共に、それ以来このトマトを食べてなかった事も思い出した。

(あれ?から揚げ、酸っぱくない。いつもと同じだよな・・。)

なんで、皆、レモンが利いてるって言ってたんだ?不思議に思って、首を捻っていると、それを見たキョーコが手抜きから揚げの事を教えてくれた。


あぁ、この前ね。
レモンを絞らなくていいように、粉にレモンを混ぜたんだけど。
どうだった?
あ、でも、酸っぱいのは腐らないようにしてるだけよ。

それに、蓮って以外に、酸っぱいのとか、ハーブとか好きだよね。
好きなものだけ入れてみたら、あぁなっちゃったんだけど。


(ん?確かにそうかも・・・。)


そう思ったのは、他でもない。子供の頃にアメリカンな食事で育ってきたけれど、ケチャップ味は、マウイオムライス以来だ。それに、ジュリの作る斬新な味よりも、イタリア系のお抱えシェフのご飯が多かったしな。トマトソースは好きだけど、ケチャップは別に好きでもないし。

(怪物味を隠す為の物なんだよな・・・。ジュリの怪物も、ケチャップで流し込んでたしな・・・。)

そんな事を考えて気がついた。別にキョーコは、酸っぱいものが食べたかったんじゃ無いと、言うこと。それならば、思い切って聞いてみよう。


この前の、大量のレモン。
あれ、どうした?


さらっと、言ってみた。でもキョーコから返ってきた言葉にまた悩んでしまった。


あれは、ぜ~んぶ使ったよ。
そうなの~ぉ。美味しかった~。


(え!?全部、食べたのか?)

やっぱり、妊娠してるのか?どっちか分からない。モンモンと考えながらご飯を全部平らげた。
今日も、美味しかった。

ごちそう様の後にはいつもの通り、何か飲み物を入れる係りの俺。食器を洗わなくて済むようになって、キョーコと最近は一緒に入れたりもしている。


ねぇ、今日は何がいい?


聞いてみたけど、返事が無い。何かを冷蔵庫を開けっぱなしで確かめているのが見える。
後ろから覗いて見ると、これまた・・・クーの好きそうなムースのケーキを揺すっている。
上のゼリーの部分がプルプルしてないらしい。う~ん。と、唸っているかと思えば、振り返って聞いてきた。


蓮は、何飲むの?


う~ん。そうだな・・・。
今日は、早く寝ようかと思っているから
コーヒーじゃないものにする。


(なんだ・・・コーヒーじゃないのか・・・。ムースもまだ固まってなかったしな。んじゃ、諦めよう・・・。)


キョーコは、今日はコーヒーは諦めて、結局チャイティーにした。スパイスの効いたお茶は、来そうで来ない生理を促してくれそうに感じた。新しいミルクも買ってきてあったので、チャイラテにして貰おうと思い自分で冷蔵庫を開けて、ミルクを取った。

いつも買うこの牛乳はガラスの瓶に入っていて、生乳なので脂肪分が上に浮いて固まって蓋のような役割も果たしている。初めてこれを見た時に、このミルクの上に固まった脂肪分をスプーンでちょっと掬って舐めてみたら、何とも言えない上質なバターの様な生クリームの様で、料理にも使える。と思っていた。
ポンと蓋を開けて、バターナイフでそーーっと、下のミルクに落ちないように取って小さなボウルに、ぽい。っとしていると、蓮は不思議そうな顔でみてる。


どうした?
いつも、スゴイ勢いで
瓶ごと振って溶かしてるのに?


ん、明日の献立。
思いついたから。
それに蓮って、ミルクあまり飲まないから
・・・カルシウム補給の為。


(なるほどな。だから、チーズケーキみたいの作ってあるんだな。デザートが。)

でも極力、体をフィットしたいので脂肪分は普段からチーズとかバターとかコレステロールの高そうなモノは、避けている。特に物心ついた時から居たイタリア系のシェフはナポリの方に所縁が合って、トマトとオリーブオイル、それにハーブと魚介が多かったけれど、内陸の方のミラネーゼのメイドが来た時は、ベーコン、生ハム、生クリーム、バターなどが多くて、ジュリもクーも太るのを気にしていた事を思い出していた。


ん~、でもな・・・
チーズとか、クリームはな・・・。


思い切って言ってみた。でも、キョーコに毎日の食事管理をされている身分では、なかなか嫌とも言えないでいた。



んふっ。大丈夫だよ。
蓮の好きな感じに、ちゃんとするからね。
安心して。

ま、置いといてさ。
蓮は何、飲むの?今。


そうだな・・・。
じゃ、ワインの残りかな。
まだ、いつもよりは早いし。


キョーコと過ごすようになって、アルコールを飲んでいない。特に未成年の彼女が買いに行く事も今まで無かったし、一緒に飲みにも行けない。そう思っていたし、昨日開けたワインを一人で飲みきらなければモッタイナイ!さっき着替えの時に言ってたな。残ったら料理に使うだと!料理になんか使わせてたまるか!それというのも、このワインの年数を見て思った事。


じゃぁ・・ちょっと待ってね。
あ、蓮は私のチャイラテ、宜しくね。


そう言われて、彼女が冷蔵庫から取り出して、食材なんかは綺麗に全部下ごしらえしてあるタッパー類から2,3個選んで、プレートに何かを丸めて、バルサミコ酢をかけて乗せてくれた。もう一つのプレートには、同じ様なものだったけれど、こっちはなんか甘そうな物を掛けている。その間に、ステムレスのワイングラスに、半分ほどワインを注いだ。


さ、ダイニングに行こ。


そう促されて、お皿をキョーコが二つ持って、俺はキョーコのチャイラテと、ワインを持ってテーブルに持っていった。
ピアノの練習でも、しよっかな。と思っていたので、ついでに自分で納得できたら聴かせてあげようとも思っていたので、ロール鍵盤を持ってきた。
キョーコは教科書とノートを広げていた。もうすぐ、期末テストがあるらしい。そういえば、さっき脱がして貰った時に、学校の帰りに~。って言ってた事を思い出した。

(じゃ、静かにしてあげよう。)

そう思って、iPadにイヤホンを繋げて、iPadに鍵盤を繋げて音が出ないようにしてあげた。
ワインを飲んでいて、おいし~。っと思いながら、今日のデザートは・・・と思っていたので、甘い事を覚悟していたら、脳が可笑しくなりそうだった。

今日は、プロシュートにCrème Fraiche でも、脂肪が多いのでそれをメロンでカバーしている。粒コショウに刻んだミント、バルサミコ酢が合っている。
もう一つはよく見ると、ディルとスモークサーモンに桃とナツメグだった。

(へ~、飲まないのに、よくこんな事思いつくよな~。)

その横に添えられていた、何粒かしかないブルーベリーの量も俺が食べないのきちんと把握して少ない事にも気づいていた。ブルーベリーとワインも合うし。そう思って一粒食べてピアノを弾こうと思ったけれど、さっきキョーコの日常を聞いていて、一つの事を思い出し、テーブルの下で携帯でチェックした。

今月、どのぐらいカード使ったんだろう?ネットバンキングしかしていないので、通帳は持っていないし、カードの支払いはいつもネットだった。

ワインに詳しくないキョーコが、きちんと年数を確かめて買って来たのにも、バルサミコ酢の事は分かっているのだろうと思っていた。

(甘いバルサミコは20年もの。これは、フォカッチャとかバゲットのパンとか、デザート用で、5年ものは、料理用ね。と、さっき言ってたな・・・。)

ワインもそんな感じで選んだのだろうと踏んだ。確かに買うときに値段も違うから、分かってるんだろな。と、思い出しながら、値段はさておき、自分も今月たくさん使っているし支払いだけはきちんとしないと、カードが止められたらめんどくさい。

まず、敦賀蓮のカードのアカウントを確かめて、口座から引き落としを設定する。次に、新しく作った敦賀京子さんとのジョイントアカウントをパスワードを入れて開いてみた。

(ん?あれ・・・)

_____ 使用金額、0・・・

(え!キョーコ使ってないじゃないか!?そうそう、この前のワインさ~。って言ってたのだって、なんか大御所の人から聞いたとか言ってたよな。)

目の前のキョーコを思わずみれば、スゴイ形相で勉強している。

(う~ん・・・どうしようかな・・・?)

キョーコを見ながら考えた。顎を肘をついていた右手に乗せて左手でカード会社のアプリを閉じた。
じーっと見ていると、時々お茶を飲みながら、キョーコはキョーコのデザートを食べている。ブルーベリーとフランボワーズに、Crème Fraicheと、レモンの蜂蜜の香りがおいしそう。
でも、その上に俺が、キョーコ好きそう~!と思って買った、星とハートのホワイトチョコのケーキ用のスプリンクルを結構掛けている。甘いものがどうも食べたいらしい。と思う。

(そうだな、コレ・・・。キョーコが告白してくれた時のだ。ダウンロード始まりの時間だったな・・・。)

そんな事を思い出してしまったら、なんかニヤニヤしてしまい、そのままニコニコ彼女を見つめていた。あの日は可笑しくて弾けなかった、ショパンの鼻歌。それでも弾こっかな~。と、ロール鍵盤に向かってしまい、カードの事をウッカリ忘れてしまった。

Ipadで楽譜を出そうと手に取った時、思い出した。今日、眼鏡買ったんだ。

正確には撮影の間に、社さんが買ってきてくれたものだけど。さっきから使おうと思っていたので、鍵盤を持ってくるときに一緒に持ってきてあった。3,4個あれど家で掛けるものだから、なんでもいいや。と、鏡を見る事も無く掛けてみた。でも、やっぱり彼女の前だし・・・。気に成ったので、iPhoneのカメラビューで自我撮りの方にして、確かめた。

(ま、いいか。)

眼鏡を掛けるのは今まで、サングラスぐらいである。これなら、コンビニにでも行くときの変装用にも使えるかもとも思っていた。楽譜をみながら弾き始めたけれど この曲ならまぁまぁ弾きなれていたので、楽譜を出したが見ないでも弾けるようになっていた。

楽譜をスライドして変えて、Love Dreamsを弾こうと思っていたが、弾いてるうちになんか自分で思ってたのとちょっと違う・・・。そう思いながら、また少し楽譜をいじっていた。

IPadに集中していたら、視線を感じて顔を上げれば、目の前でじーーっと顔を見られていた。



ね、蓮って、
いつも・・・

コンタクト。してるの. . . . .?





.
Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 14.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray