• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.84

Category : Story-I of LDs
そういえば・・・さっき!

なんだか、ダウンロードしなきゃ聞けない曲があるって、言ってたよな。


尚の曲を聴いた後に、お知らせされたのを思い出していた。
車のドアを閉めて、助手席側に回りながら、歩いていた時だった。


(う~ん、こしゃくな手を使いやがって・・・。)

でもそれ、あの麻生さんっぽいよな。
さすが、キャリア。


最近は、自分がクイーンレコードに、時々出入りするようになったので、挨拶だけした事がある。もちろん、緒方監督の親友として、Dark Moonをやっていたとき、お会いした事がある。
Dark Moonの制作発表で、緒方監督が倒れた時が、一番最初だった。

本来ならどうでもいい、キョーコに言い寄る馬の骨のアイツなんか、蹴散らしてやりたいところ。なのに、自分が心揺さぶられた2曲。何とも思わないで無意識に、うっかり、いいかも。と思ってしまった事。

(続き・・・?って言ってたか?)

アイツのキョーコへの想いは、自分の心が痛むほどよく分かる。自分と同じ。そうだったから。
ただ違うのは、アイツには、キョーコと過ごした長い時間があること。けれど俺には、キョーコと今は、育む愛があること。この違い。
一人の、昔から知る女性を想う気持ちは、男として、アイツも俺もなんら変わらない。

(逢いたいの続きってなんだ?)

どうしても、聞きたくなってしまう。アイツがキョーコをどう想っているのかを。


黒い方のiPhoneをだして、iTunesでサーチしてしまう。
でも・・・見つからない。

そうだった。ダウンロード開始、明日からだったこと。画面の上、何時か見ると、10時過ぎ。
そうそう、お花屋さんが10時に閉店なので、それに間に合うように巻いて終らせ、しかも、そそくさと、社さんには、先に帰っていいです。と、うながし、急いで車に乗ったんだった。

(12時にはダウンロードできるんだよな・・・。)

かといって、12時までをカウントダウンするように、待ちわびてダウンロードするのも、
・・・アイツのファンみたいで、嫌だ。絶対に嫌だ。


キョーコ。知ってるのかなぁ・・・。


おもわず、呟いてしまった。キョーコが聞いたらどんな反応を示すのだろう。それとも、クイーンのほうからもう送られているのかもしれない。仕事の依頼が彼女には来ているという事も考えると、有り得る事だと思う反面、サプライズでこの曲を流したのかも知れない。とも、思う。

キョーコに、逢いたくて逢いたくて、早く帰宅してきたのに、これを聞いてしまった為に、帰れなくなっていた。そして、久遠のメールのことも、ものすごく引っかかっていて。

・・・・。


蓮の黒いほうをポケットにしまい、そのポケットから久遠の白い方を出して、画面を見ていた。メールを押した。キョーコの送ってくれたメールから返信で返えそうと思い、返信を押そうかと思っていて、躊躇った。

画面の中の写真。クイーンローザ。そして、このバラの花。
見ているとどうしても、思い出す。・・・この色に。
久遠とキョーコちゃんで、過ごしたあの日、ホテルでの夜。
あの夜が無かったら、彼女はもっと自分を高めて望んでいけたのかもしれない。

この、写真の中の天使が身を投げようとしてると、思いたくない。

そう思っていたら、画面の中の天使を撫でていた。



・・・ごめんね。キョーコちゃん。


でも、ごめんね・・・。と、思う意外、久遠からの言葉が続かなくて、メール出来ないでいた。

そのまま、何も返信する事もなくホーム画面にもどしていた。一気に久遠になってしまったのは、久しぶりだった。久遠も・・・不破と同じ。
・・・後悔をキョーコに持っていた。

車の窓に映る自分を見つめると、蓮が居た。蓮には何も関係ない。
この写真も久遠にキョーコが送ったもので、蓮は何も知らないで幸せに帰宅しなければいけない。

それに、早く帰ってあげないと、ご飯も食べずに待っていてくれる人・・・
今は蓮のキョーコが、蓮の部屋に居る。

明日、蓮は、午後からポスターの撮影がある。蓮もキョーコも早めに寝かしてあげないと肌の調子も狂って撮影に響いてしまう・・・。

・・・あの写真みたいな表情を、まだ、彼女はできるのだろうか。そして、蓮もできるのだろうか。

あの時は、本当に愛し合った後だったから、出来たことなのかもしれない。
それに蓮とは、キョーコは、まだない。

・・・写真のキスマークも、久遠とキョーコの間の証。

(蓮との撮影で彼女は、久遠を思い出して、あの顔をするのだろうか・・・。)


蓮には、なにも関係ない。
全ての今までの事。・・・そして、今のこの気持ちも_______


そう心に言い聞かせるように、自分を抱きしめ目を瞑った。
蓮には、キョーコと居て幸せな毎日がある。久遠は、もう、今は幻想の世界に閉じ込めておきたい。蓮の中にも、キョーコの中にも。

・・・それで、いい。今は。

目を瞑ったまま、久遠の携帯の電源を落とし、しばらく自分が落ち着くまで握り締めていた。ポケットにしまい蓮の携帯に変え・・・窓に映る自分を見ないようにしながら、携帯のメールを見る。

着信履歴、キョーコと初めて交わしたメール。
彼女の写真。蓮とリンクするように写された。

この写真が、キョーコは自室にパネルにでもしようかと思っていたぐらい、彼女自身も気に入っていると思うと、蓮を想って出た表情のように思えた。
そして、その後の、彼女とのメールのやり取りを見ていた。夫婦ゴッコ全盛期のメールの数々に、恥ずかしくなるけれど嬉しさが込み上げる。


“ よくできました。私の最愛の旦那さまへ。キョーコ”


“ お家で待ってるよ。それと暗証番号残してくださいね。
私の、恋愛も完璧で理想の男。そして私の最愛の夫。蓮へ。”


“ 愛しています。 あなたのキョーコ”



・・・・。

キョーコ・・・
ありがとう。


一言、思わずつぶやいてしまった。窓を覗き見れば、敦賀蓮の俺が写っている。
弁護士風のスーツ。襟を正して、運転中に緩めたタイを上にもどし前髪をちょっと直して背中も窓に映して・・・しっかり決まっているか確かめた。


よし!帰ろう。


“ お家で待ってるよ。・・・
・・・私の、恋愛も完璧で理想の男。そして私の最愛の夫。蓮へ。”


この一文が、俺を帰ろうと、蓮に戻してくれていた。
きっと、ハタから見たらメールを見ている俺は、ニマニマ顔が崩れていたことだろう。


“ 待っている。俺の、恋愛も家事も心の癒しも完璧で理想の女。
そして俺の最愛の妻。・・・キョーコ。”


そう思ったら、蓮に戻っていた。後部座席に置いた鞄にポケットから久遠の携帯を出して、一番下にしまった。その白い携帯を見ても、なんの戸惑いも無かった。
助手席のバラを見て、微笑んだ。最愛の妻の指定席。最愛の妻に贈る、永遠に枯れない愛情。

腕に大事に、最愛の妻を抱くように、それを抱えた。

香りを嗅げば、そこには・・・
アレンジメントされた、淡いピンクと真っ白の織り成す・・・


凛と気高く美しく咲く、大輪の花の様に。
My Desire が香る。

俺の望。美しく咲いて欲しい。


蓮の気持ちがたくさん溢れている。キョーコと過ごした時間の中で、たくさんキョーコを想って過ごしたこの何日か。

今も、これからも、君を愛してる。
俺の、蓮の最愛の恋人。キョーコ。

心の中も、胸の中も、キョーコへの想いで溢れていた。


ふふっ。
早く逢いたい・・・。

そうだな、ただ、逢いたくて・・・。かな。今。

お!今日のご飯、から揚げだし~。
早く、帰ろっと。


車をロックして、エントランスに急いだ。ピンポーンの後の100を考えるとウキウキした。






ピンポーン―――――






あ、帰ってきた。


キョーコは、玄関から持ってきたバラの花瓶をランドリールームに移していた。そしてその100本のバラの花びらを傷付けないように、一枚一枚丁寧に摘んでいた。
バラをそこに残して、1、・・・2、・・・3、・・・と数え始めて、パンパンと手を叩き、リモコンを取って電源をオフにしてキッチンに向かう。向かいながら、両手の香りを胸いっぱいに吸い込んだ。

うふっ。
バラの香りも、いい香り~。

そうそう、もう一つ確信してたこと。匂いに敏感ではなかったこと。
何を嗅いでも、いい香りに思えていた事。ご飯はご飯で、お腹も空くいい匂いだったし、お風呂でも色んな香りを楽しんでも、たくさんの化粧品に囲まれて大人になった様な気分にされていた事も、全て、大丈夫。その度にそう思っていたこと。


43、・・・44、・・
ちょっと、急ごう。


オーブンの中のアルミホイルを外して、温度はちょっと上げた。
あとは、ないな。と、確認して、そうそう、消して置こう。そう思って消したものもあった。そしてもう一度、数を数えながら玄関に向かう。


・・・77、・・・78、・・・79、・・・


お盆に載せたバラの花びらをふわっと、オーガンジーの布に乗せた。白いオーガンジーの生地が、ウエディングのベールみたい~。と、妄想の小部屋に行きそうになったが、そんな暇は無い。もうすぐ、89、・・・90、・・・

ドアに耳をつけて確認。足音は無い。よし。
大体、92,3で、足音が聞こえてくるのも把握した。もうすぐ~。そう思うと毎日が楽しかった。

(93、・・・94、・・・? あれ?遅いな今日・・・。)

コツコツコツ・・・

(来た!1,2,3,4・・・22,23,24、・・27・)


ガチャ。



.

Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 14.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray