• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.83

Category : Story-I of LDs
そのちょっと、前。

キョーコは、ウキウキだった。


保存方法。
湿気を避け、冷暗所に保存してください。

そんな注意書きをよく見るもんだ。


キョーコのここ数日、その湿気を避けた冷暗所に保存していたもの。


ずーーっと前に買った蜂蜜が、蓮の家の冷蔵庫に、あったこと。そう、マウイオムライスの時。地下の高級スーパーで見つけた、黄金に輝く蜂蜜。St W’s の天然純正蜂蜜。
それを見つけたのは、現実の人の背中を追いかける事を決めた日。

久しぶりに来た、敦賀さん家で、久しぶりに開けた冷蔵庫の一番下の隅にあった、半分使った蜂蜜のガラス瓶。上に上澄みを残すだけの分ぐらいに、もうほとんど全部砂糖結晶化していた。これも、濃厚ピュアな証拠。
蓮に紅茶を入れて貰うときに、蓮が捨てようとしていたが、それは腐ってない。と、教えた。
それからは、蜂蜜入りの紅茶を頼まなかった。そう、わざと。

これを、作りたかったから。


うふふっ。


その瓶をみて、嬉しい。何日かでしっかり結晶化が溶けて、ジャブジャブになった。
皮の農薬はなさそうだったけど、一応水に浸しておいたレモン。
皮ごと、たくさんスライスして、そのまま入れた、蜂蜜レモン。レモンの果汁で、しっかり溶けて、そして、果汁の出たレモンにも、しっかり蜂蜜が染み込んだ。

蓋を開けてはならぬ。と心して開けなかったここ何日か。毎日、糠床のように、瓶を上下に振ったり、逆さにして置きなおしたり、ゴロゴロ転がしたり。いろんな事をして、溶けきるのを促した。その成果。――― ポン。


わぁ~・・・。


きちんと逆さにレンチンして、真空にしておいたのも成果の一つ。


いい匂い~。

じゃ、さっそく。


自分で紅茶を入れた。一つのセリフを思い出し、自分のセリフじゃなかったけど言ってみた。

“ 先生の好きな、アールグレー。”

よし、アールグレーにしよっ。蓮が、先生だったしね~。ウキウキで紅茶葉をティーポットに入れた。冷めないように、紅茶の葉が広がるまで掛けるカバー、ティーコーゼもポットに掛ける。

蓮が一人で、トレーニングや、ピアノの練習をしている時間に、編んだカバーだった。

(赤ちゃんのニット帽みたい。しかも・・・パステルカラーだし・・・。)

一人で編んでいて、そう思ってしまった。蓮には関係ない。幻想の妖精が現実だった事を示す証。もしも、出来てたとしたら、久遠の子供。そう思って変な事を蓮が思わないように、隠し続けて編んできた。出来上がりなら、問題なし。ポットカバーと、一目瞭然。

そうキョーコは、もう一つ嬉しいお知らせがあった。


お腹が痛い。そして、腰も痛い。そして、だるくてイライラもする。んで、頭も痛い。


そろそろ、この2,3日中には来るだろう。そう思ったのは、さっき。ご飯の用意をしていて、オーブンがオンになってないのに気づかず30分たったころ、余熱遅いよな~。そう思って覗いてみたらそのままで、イラッとしたり、お米のとぎ汁を捨てようと手を押さえてるのに、お米がどどーっと出てしまい、イラッとしたり、
そしたら、立ちっぱなしだったのか、腰が痛いな。トントン。と叩けば、頭がズキン。と痛くなった。

イライラしながら、己の糠床ならぬ、蜂蜜をみれば、出来ていた・・・
違う意味の・・・できていた。
待ち望んだ、蜂蜜レモン。イライラもどこへやら。頭は薬を服用すれば、どこへやら。

アールグレーに、それを入れて。


いやぁ~ん。いい香り~。


至福のひと時を味わっていた。それと、思いついたもの。地下スーパーは、雑誌でしか見たこと無いような、珍しい海外の食材も置いてある。

もちろん、この高級マンションに住まわれる、どっかの国の大使や、会社会長、そんな人を下に轢いて自分が住んでる、最上階。っても、芸能界トップに君臨し続ける、敦賀蓮の住む家。いろんな国のお金持ちの人が住むマンションに、食材が揃って居るのは当たり前であった。

そこに、この前のワインも直ぐに見つかった。値段をみて、う~ん。と唸ったものの、自分の懐も豊かになってきた仕事量。そして、それしか分からない、ワインの銘柄。


支払いは・・・

財布を開けると、見える黒いカード。金属で出来た、初めてのクレジットカード。
通称、BLAX。ブラックス。
そして、そのカードの名前は、Kyoko M Tsuruga

蓮が印税用にあけた口座にコネクトしている、毎日の家計費として、蓮に預けられたカード。


もちろん、出したのは、ニコニコ現金払い。ちらっと、そのカードを見る事も無く。


その時、ぐるぐるお店中をくまなく回って、へ~。とか、ほ~。とか、あ~。とか、唸りながらも、いろんなレシピが頭の中に浮かんでくる。

試してみたいものばかりだった。けれど、自費で買える物は、厳選に、厳選をかなり重ねて、その時、ワインと一緒に買ったのは、ずーっと前から食べてみたかった・・・
B-FarmsのCrème Fraicheのフレンチクリーム。

クリームチーズとヨーグルト、それに、生クリームを混ぜたようなとろっとした、クリーム。フロマージュ・ブランとの差が分からなかったので試してみたくなった。チーズのフロマージュと違って、もっとクリームなのかな?そう思う。
プレーンヨーグルトを一晩こして、残る脂肪分よりも、生クリームに近いであろう。と、踏んでいた。

・・・それと、名前に釣られて買ってしまった、Dream Almond Milk。
さてさて、何を作ろうかはさておき、アーモンドミルクなので、コーヒーに入れたら、さぞ上手かろう。と、ウンウン頷きながら買ってしまった。子供が出来てなさそうな予感はあった。
はっきりしたら、バリスタ並の蓮に、このアーモンドミルクの為に豆を選んでもらって、美味しいコーヒーを飲みたいものだ。と、思って、買ってきた。名前もDream だし。
コーヒーを堂々と飲める日を、夢見て・・・。なんてね~。
しかし、確信が無いので、昨日はキッチンで、ただ眺めただけ~。に留めておいた。


それに合わせて、一言で言ってしまえば、レアチーズムース。
でも、違う。Crème Fraicheのクリームムース。お手製、蜂蜜レモン風味。ドライコンポートのレモン添え。
実は酸っぱいものばかりではなく、毎日甘い物を要求する体に、なるほろ、生理が近し。と、思っていた。

でも、市販のお菓子は、自分でも買って食べる事は昔から無かった。作るものと、思い込んでいたのと、モー子さんに、市販のお菓子なんて、美容の敵!と正面から言われ続ければ、作るものと、いう概念があった。
ミルクチョコチップクッキーも、ピーナッツのオートミールマカロンも、蓮にはダメだけど、生理の近い女子には堪らない、ただ自分が食べたいだけだった。


そんな、クリームで作ったムースのケーキ。スライスレモンの蜂蜜漬けは、ミントの葉を千切りにした物を混ぜ込んで蜂蜜レモンゼリーにして、上にも層を作って手間を掛けてみる。


ひょー。早くご飯の後に、食べたい~。

(ん?ま、予感はあるけど、まだ来てないしな・・・。ま、いっか。)


あぁ~コーヒー、飲みたかった~。



ウキウキしながら、夜ご飯も作った。今夜の蓮のリクエスト。

から揚げ。だった。

お弁当に入れたのにな?そう思っていたけれど、ま、酸味が利いてて、いつもよりも酸っぱいかな?と、思ったけれど、蓮が気に入ったのなら、ま、いっか。と、思っていた。

(そうそう、レモンを絞る手間を省いてあげようと思って、パンのコナをオイルにまぶす前にレモン風味を付けたくて、前の日にレモンを絞りかけて乾かして置いたんだっけ。)

それを思い出したけれど、今日は朝にリクエストを言われても、そこまでできる時間は無い。

お弁当は、お重箱を蓮が持って帰ってきたときに、何も言って無かったけれど、作った直後に自分で思った事がある。腐敗防止のクエン酸と思って柑橘系&お酢。それに、蓮の好きなものを入れてみたら、蓮が以外にも、酸っぱい&ハーブの大人風味が好きなのか。と、気づいた。

この前、飛鳳くんの、逆リクエストだった、香草&ハーブの料理。やっぱり大人は違うわね・・・。と、思わされた蓮の好み。そして、実はグルメなんじゃないか?と、思わせた、老舗しか食べた事のなさそうな、連れて行ってくれるお店。お持ち帰りのお店。そして、このマンションの地下にあるスーパーの食材。

なんでも腹に入れば同じ。そう言う蓮だけど、コーヒーへのこだわり。それも捨てきれないグルメであると思わせた要因の一つ。
それと、市販のカロリー系やら、サプリ的なもので済ますのは、逆にその辺で買った市販のお惣菜などでは、口に合わないのでは無いかとも踏んだ。どうせ食べるなら、美味しいものが食べたい。

いつも行かれるという、あの高級老舗とかを思い浮かべると、美味しくないなら、カロリー何とかで十分。これで体は大丈夫。と思っているんじゃないか?とも思わせた。

それに・・・

久遠と行った魔法のダイニング。あそこのセレブな庶民派ご飯。あんな感じをイメージして、蓮にはこんな感じなら、よかろう。と思考錯誤を重ねて作るタレ類も、あの時シェフのきまぐれで作られたであろう冷奴のタレ類をヒントに、いろんなタレを作っても見た。

蓮の為に、シーチキン用のマヨネーズも、スモークサーモンのマリネ用の漬け汁も、ツナと鮭があれば、蓮は以外にハッピーなことも手伝って、好みを聞いて作ったもの。そしたらそしたで、酸っぱい&ハーブの出来上がり~。だっただけ。お弁当を持たせて、何が無しに、シマッタ!勘違いするかも!?と、内心思っていた。

でも・・・

ま、いっか。

で、済ませたその日の朝だった。



米のとぎ汁と一緒にだいぶ流してしまった、お米の量だったので、根菜を入れて、炊き込みご飯にした。

(炊き込みご飯って、から揚げに合うのか・・・? )

心もとないが、ま、よしと。しよう・・・。



それに、レモンのクリームムースがあるしな。

カロリー減らす為に、
量は野菜でカバーでいっか。
よしよし。


あとは、そーだな。鳥だから、
卵かな・・・。

そうそう・・・



下で見つけて一目ぼれした、ブラッド、エアルームトマト。
(変な形!?そして色。悪魔の食べ物よね・・・。)そう思って試しに手に持ってみたら、なんだこの、食べごろですよ~。と言われんばかりのジューシーな重みと、柔らかさ。思わず買った。
くし型に切れないヘンテコな形なので、パン用のナイフでそっと、スライス。形を整えた後の残り。切り取った部分を一口ホオバレバ・・・桃より糖度が高い!と歌い文句が付いていた通りの甘み。おもわず、ウットリしてしまう。
これに、マリネ用のたれと、漬け込んであるスライスオニオン。ハーブが利いていて、日本の洋食に合うか合わないか腕を組んで考えて・・・

(そうだ!昆布醤油。蓮のこだわり利尻昆布を漬けておいた、お醤油を足して。それに、温泉卵を乗せて・・・う~ん。タヌキ、揚げ玉乗せたいな~・・・)

揚げ物は極力避けている、モデルRenだしな。そう思えば、思い出す。

(そうそう、蓮のお夜食用の、鮭茶漬けの為に作った、アレ。)

ぶぶあられ。これも、私が揚げないで焼いたもの。餅米のクランチに、米粉をまぶして、小さくても、ぷくっと膨らむようにしてみた。

(どうだ、この味でいけるか? でも、色が悪いよな。悪魔のトマトに醤油の茶色だし・・・。)


おっと。から揚げ。


オーブンを覗けばもう少し。アルミホイルで蓋をして焦げないように、気を使う。

(そうだな~・・・ディルの緑がチラホラ見えるけど、漬け汁用の浸かった色だしな~。)


ん~・・・

レタスの千切りじゃな~。
キャベツの千切り、から揚げ用にあるしな~・・・

あっ、チコリにしよう。

一口サイズの葉っぱでも横に沿えれば、冷奴もいけるかも。
甘いトマトの上にマイルドな豆腐と、もっとマイルドな温玉と。
苦いチコリ、以外に、蓮が好きかも。それに、
スモーキーなあられと、辛みでスライスオニオンの浸かったやつ。
のり・・?いや、黒はよそう。・・・色がさらに悪魔だ。



そんな事を考えながら、誰かの為に作るご飯。・・・大好きだった、憧れの先輩。敦賀蓮。
その人の為に、作れる喜びを毎日毎日、楽しんでいた。

そして、預かったクレジットカードの名前。

初めて見た時は、びっくりしたけれど、何のことはない。私は、これから敦賀京子にならねばならぬ。そう思ってプロ根性出そうと思っても、人様のお金である。使えるわけが、ありましぇーん。でも、ピアニスト、Ren Tsurugaが言うには、印税用の口座とリンクしているだけ。
敦賀蓮のにも、モデルのRenの口座にもリンクはしていないとのこと。名前は・・・、


ピアニストの奥さん?
・・・なんだよね?


という理由。それに、共同のカードをRen Tsurugaも作っていて、


ジョイントさせるのに・・・
同じ苗字にされちゃった。


と、言っていた。


でも、一応、最上の、Mは入ってるよ。
なにかあったら、Mは最上です。と・・・
証明するもの?何か持ってる?


と聞かれたが、免許は無いし、パスポートなんかも無い。ってか、・・・パスポート普段持ち歩く人って、外人だけだろ。と、突っ込みたかった。

(んじゃ、久遠はいつも持ち歩いてるのか・・・日本に滞在中は。)

んな事を思っていたら、いつの間にやらアレよという間に手の平に、手の平サイズの、チタンの重みを握らされていた。
初めてのクレジットカードが、噂でした聞いたことの無い、こ~んな重い物。
そして、人様の口座を預かる心の重みも手伝って、タイヘン恐れ多いと思ったモンだった、あの時。

どうしていいか、考える事も無く、(絶対、使わない。使えるわけ無い。)そう思いながら受け取ってしまった。

でも、財布にならんだ、Kyoko M Tsuruga。のカード。それに、ここのマンションのカードキー。セレブなオシナを預かって、私の財布も、偉くなったもんだ。と、思う反面、見合う様な財布を買おう!と、コツコツ貯金する事にした。
果たして、BLAXを持っているにも関わらず、コツコツ貯金。という、反対の事がこの世の中で、合っている事なのかは、定かでは無い・・・。気持ちだった。



ま、置いといて。


ご飯も用意できたしな。
そろそろ、アレを、準備しよう。


そう思って、一番大きな銀のお盆を持って、玄関ホールに行った。







.
Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 14.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray