• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.82

Category : Story-I of LDs
Dreamsの稽古、打ち合わせが終ったのは、午後3時ごろ。おやつの時間。
今日は、キョーコはこれでおしまい。
と、言うので、他の現場に行く前にマンションのエントランスまで、送って行った。
もちろん、たぬき寝入りの社さんを、後ろに乗せて。と、思っていたが、本当に転寝をしていた。何をやっても反応0だったので、キョーコにも、しーっと言って、二人静かにしていた。

エントランスに来ると、ちょっとだけ待ってて。と、言われたので、どのぐらい?と聞いたら、ん~300。と言うので、 いいよ。と返した。

1、・・・2、・・・

数え始めると、ちゅっとキスを残して、まだよ。はい、今から。とキラーに落とされて、固まった。
バタン。と、閉まるドアの音でふっと我に返ると、心の中で数え始めた。

(う~ん。幸せ・・・。)

そんなことも、思っていた。280、・・・281・・・282・・・
その頃、ガラスの向こうにキョーコが見えた。走り寄って、窓ガラスをコンコンと、叩く。

ちょうど、300。さすが、敦賀蓮じこみの恋人。

窓を降ろすと、はい。いってらっしゃい。と渡された小さな紙袋。と、キョロキョロ辺りを見回して、誰も居ないのを確認すると、ちゅっ、んで、もう一度、ちゅ~っ。
後のは俺が君を離さなかったキス。行ってきます。と、手を振った。

(ん~も~・・・。なんなんだ!この幸せ!)

幸せすぎて、叫びたくなってくる。心の中で、(あぁ~~~っ!)と、叫んでみた。
・・・後ろに寝てる人もいることだし。


現場に着くと、さっそく、弁護士から、リーマンへ。チェンジ。

メイクさんが来て、整えてもらっていると、鏡前に置いたさっきの紙袋が目に入る。
メイクさんが去るまで、台本を見続けていても、セリフなんてとっくに入っているので、紙袋が気になってソワソワしていた。見た目、ピンクでもなんでもない。

でも、内側の中身。ピンクと白のリボンの付いた小さい袋。それと、大きめのただの透明の袋。3つ。車を降りるときにちらっと見ていた。

周りの見た目は、お店の紙袋。もちろんキョーコのカモフラージュ。フランスの老舗のお菓子屋さん。敦賀蓮が買いに行きそうな、黒いL-ee Paris マカロンの老舗のお店の物。
前に、フランス人のモデルに貰ったもの。中身はその場で開けて、いろんな人にどうぞと勧め、紙袋だけ取っておいたもの。紙袋だけ、いつも活用。ありがとね。紙袋のお土産。

メイクさんもチラッと見ても、はいはいブレインフィードね。と思わせる。一口サイズの砂糖菓子のお店。

(さすが、キョーコ。気が利く。敦賀蓮の妻、偉し。)

もちろん中身は知ってる。最近キョーコが毎日作ってくれる、健康ナチュラルブレインフィード。一昨日は、レモンピールのドライコンポートだった。大量のレモンの一部だった。昨日は、アメリカンドロップクッキー。アメリカンドロップクッキーは、子供の頃を思い出した。メイドがよく焼いてくれた。

クッキー型で抜かない、柔らかいタイプの球状に落として焼くと、焼いている間にひろがって、丸いクッキーになる。これは、メイドを見ていて知っていた。あの頃は、チョコチップが入っていたり、ピーナツバターが入っていて、イカニモ、アメリカのお菓子。当たり前だが。

でも、キョーコのは、アーモンドミールに、ラムレーズン、カカオ76%のビターチョコ。もっと苦いのもあるけれど、甘みを要求すると、このパーセンテージの物がラムレーズンにも、あっているらしく、ブレインフィードだし砂糖が必要だとかで。
肌にいいビタミンEがたっぷりのアーモンド、必須アミノさん、リノールさん、オレインさん、とか3人が入って居るらしい。一体誰?と思ったが、さんは、さんでも、酸だった。

てんてこ舞いよろしく、笑われそうだ。でも、てんてこ舞いだけは、あの鶏クンだけが知っている。キョーコには、秘密。アメリカの子供時代を思い出しながら聞いていたので、Mr.Linole & Mrs.Olein だと思ってしまった。もう一人はハーフの、Hessuあみのちゃん?

チョコレートもホルモン分泌に不可欠。とか言って、

色気を出して来い!さあ! ラムレーズンのアルコールで、酔わせて来い!
と、指を差されて挑戦された。

なんなんだ、と思いつつ・・・。キョーコに迫ろうとしたら、

違う!世間だ!お茶の間だ!
と、背中を押してきたが・・・

・・・仕事がんばってね。と、背後にこっそり聞こえた囁きに振り返ると、今さっき俺を指差したその人差し指で、背中にグルグル小さな輪を書かれて、拗ねて妬いている。

(もぉ~っ―――!!!)じたばたしたいほど、可愛いキョーコに、さすがはキラーと脱帽。


そして、今日のは・・・

ピンクのリボンは、パワーマカロン。ミューズリーで、オートミール、ひまわりの種、かぼちゃの種、クランベリー、ココナッツ、ドライアップル、きな粉。卵白と、蜂蜜でマカロンに丸めてある。ふわっとしてない、カリカリしてる、噛む事も脳を活性化させてくれる。
白い方は、卵白のメレンゲ、本当のバニラのマカロン。フワフワの真っ白な砂糖と卵白、バニラビーンズのみ。って感じ。

(おっ、今日は愛の色だ・・・。しかもフワフワ。幸せだな~・・・)

どっちも美味しかった。今日もがんばるぞ!

そう思っていただきました。この、一口づつの分量も、俺への気遣い。
わざわざ一口サイズ一つづつなんて、そんな手間ひまに、感謝する。
キョーコ偉いな。と思わせる、透明の方は、皆さんでどうぞ。バージョン。

前の日は、チョコチップクッキー。でも、俺のと違ったミルクチョコ。

今日は、オートミールのマカロン。でも、ピーナッツのカラメル掛けが入っている。
俺には、ニキビができたらダメと言い、ピーナッツは避けている。

最近のドロップタイプクッキー、ネイルを気遣って、こねこね、したくない為の策。スプーンで、ぽい。っと落として焼くだけを、後ろからキョーコを抱きしめながら見ていたので、知っている。

今日の、マカロンも、型にスプーンで、ぽい。してたな。
トレーニングの途中の水分補給に冷蔵庫に取りに行ったとき、ついでに、愛情補給も。
・・・キスがしたくなったから。



もちろん、社さんにも、メタボなマネージャーにも、そして、貴島にも勧めてあげる。
俺の、食べない方だしな。



帰り道、車の中でたまたまラジオをつけていた。前にピアノのダウンロードの前日に聞いたままに、合わせてあった。



流れてきた曲を聴いていた。

――――それでは、お次は・・・




・・・ただ、・・たくて、もう・・なくて
唇・・・、泣いてた
今、・・たくて、・・・


(お、俺も、キョーコに早く逢いた~い!)


そう思って、アクセルを吹かして、隣の車を抜いてやった。

(そうそう、理想の男の撮影中、一人で淋しかった~。待ってて~キョーコ。)


そんな事を思いながら、聞き込んでしまった。



・・・
悲しい過去も、若すぎた日々の過ちさえ、
・・出逢えて、深い海に沈められたのに・・・

あの頃の僕と言えば、
愛し方さえも知らず・・
不器用に、・・傷付けて、優しさ、忘れていた

ただ、・・たくて、もう・・なくて
唇かみ締めて、・・た
今、・・くて、忘れられないまま
過ごした時間だけが、また、一人にさせる


最終電車、僕の肩に顔を、うずめたまま
寝息を立てる、何よりも、幸せだったよ


今・・・、叫ぶ事も、君を守り抜く事も・・・

もう、戻らない時だけを、悔やんでしまうのは、なぜ?


ただ、愛しくて、涙も枯れ・・
・・居ない世界をさまよう

忘れたくない、君の・・を、
抱きしめ、眠る夜が、・・・孤独にさせる


・・・今、・・たくて、忘れられないまま
過ごした時間だけが、また、一人にさせる

ただ・・・たくて―――――



(そうそう、ただ、逢いたくて~・・・。)

ん?
なんて言った?さっき・・・


今ならば、叫ぶ事も、君を守り抜く事もできる
もう、戻らない時だけを、悔やんでしまうのは、なぜ?


そこのフレーズを思い出していた。


(俺?なんか悩んで・・・?)



幸せで、心の中で叫んでた、おやつ前。そして、君を守る事もできる今。

でも、




もう、戻らない瞬間(とき)だけを、悔やんで・・しまう・・・のは、・・・
・・・なぜ?




・・・そうだ! テスタロッサ! クーとの仕事。
その電話を社長から受けた何日か前、電話の後に、同じことを考え続けて答えが見つからなくて、そのまま撮影は、なんとか無意識ながらも普通にこなした日。そうだった・・・。
解決なんかしてないじゃないか。敦賀蓮、余命近し。だった。・・・そろそろ、本当に。

俺は、忘れていた。最近の幸せで、蓮にどっぷり戻されすぎて、本当は久遠であったこと。


キョーコどうしたんだろ・・・
久遠に、メールないし。
はぁ・・・。


ちょっと淋しくなった。久遠の気持ちに戻されていたが、そういや、俺がメール返して無いんだった。と思い出す。


あぁ~。ごめーん。キョーコ。
I am sooooo sorry…
I still love you sooooo much だよ~!

OK,
Lets see…


久遠の携帯をだして、信号待ちでメールを開こうとしたが、ダメダメ。車の中はメール厳禁。と、決めている。もちろん、そんなつまらないことで摑まって、記事にされたくなかったし。
その時、聞こえてきた・・・


―――ただいま、お贈りいたしました曲、不破尚さんより、Just wanna see you。明日からダウンロード開始されます。明日のダウンロード特典として、もう一曲ダウンロードされた方のみダウンロードできる続きの曲も、ぜひお楽しみ頂けたらとの不破さんからの、コメントもお預かりしました。8月には、横浜からはじまる、全国ツアー、札幌、大阪、福岡、そして、東京。9月からは、新曲を発表なさるそうです。それでは、お次は―――――・・・



えっ!? 不破の曲?


(しまった・・・入り込んでしまっていた。不覚にも・・・。)
しかも、久遠ヒズリにまで、届いてしまった。なんなんだ・・・アイツ・・・


アイツの事を考えてしまったら、今、思いだした。なんで、メールできなかったのか。


あの日見た、あの写真。
ちょっと、疑った。あの時。

タイトル、奇跡! だった。


朝、キョーコがシャワーの中で見たと書いてあった、写真。
満開のクイーンローザのバラの雫が、大理石の窓辺で人形を動かした。と書いてあった。


クイーンローザに見たてた、お后様の両側に、王子と王様が寄り添っていた。
バラの下には、プリンセスローザお姫様。そこに向かい合った、魔法使いと妖精。

その、3人ずつの2つの塊の間には、天使が写っていた。

でもその天使が、キョーコには重要ではなかったらしい。画面の上の方に背中を向けてぼやけて写っていた。天使の見つめて居るのは、窓の外・・・。


疑うほど、誰が誰と、俺が思ってしまったのは、大人になりかけのキョーコ、クイーンローザに、寄り添っている、王子が、後輩の久遠で、王様が、先輩の蓮。
プリンセスローザだった恋に夢見るキョーコに、向かい合うように、幻想をみせた、妖精が、久遠、魔法・・・いや、邪法を掛けた、魔法使いが、蓮。

と、俺は思った。でも、俺にとって目が離せなかったのが、後ろ向きの天使。

天使が舞い降りてきた。と、いつもいつも思って10歳のあの時から生きてきた俺に、窓の外を向いて、飛び立ちたいと、言っているように見えた。

その朝、見た夢が、フラッシュバックした。雲の上の光の当たった世界に、久遠と蓮が居た。あれは、自分の頭の中で、二人を生きるこの6年を決心して、やっと表に出てこれた。と思っている自分。それをさらに上から見下ろしているのだから、きっと間違いないだろう。

でも、二人が、地上の闇の中に置き去りした、天使。それを見下ろしていた。
自分の為に降りて来てくれたのに、なぜ?と思っていた事を、この写真を見て気がついた。
キョーコの夢をキョーコに諦めさせて、彼女の創ってきた成果を闇の中に埋めて、自分が飛び立とうとしているだけだと。上を無表情に見つめ続ける天使の顔が、忘れられないでいた。
天使は、自分の意思を隠して、下から二人を見守っていた。どうぞ、二人はもっと高くと。自分はここで、ここに残る。と。

キョーコは、もし子供ができていたら、クオンの子を産むのだろう。でも、自分の女優人生を捨てきれない気持ちを隠して、生きていくのだろう。
でも・・・そこに・・・それでも、愛が彼女に残ってくれているのか?
自分が、いくら彼女を愛しても、彼女から素直な愛で、俺を愛してくれるのだろうか・・・?

彼女の望みの彼女自身の人生の道を歩きだしてはないだろう。あの日の彼女のシャワーの香り。
My Desire 私の望、望むもの。それは、女優の道。敦賀蓮の恋人役、敦賀京子を、今日もがんばります。という、心の現われなのかな・・・。と、思った。
それを感じたからこそ、必要な事を教えてあげた。芸能人として、女優として、一人の女性として輝いて欲しいと。

後ろを向いた天使が、窓の外を見ている。この光景が、彼女の本音のような気がした。
私は、二人の間が幸せでも、本当は、もっと飛び立ちたいと。


そこまで考えさせられた、写真を疑ってもしょうがない。本当はキョーコが、本音を出したくて、動かしたんじゃないか。と思った。


蓮に戻された、お守りの日であって、玄関で何度もなんども、ダメだしされた日であって、彼女の気配りで、初めて一緒の空間で、違うことをした日であって、いろんな事があった日だった。と、寝る前に見た、久遠の携帯。・・・この写真。

そして、それが送られてきた時間から先は、全部全部、彼女が蓮の為に、蓮をおもって、今日一日中でしてくれたこと。なのに自分は、自分にいろんな事があったな。それだけで・・・

彼女は朝から蓮をサポートしてくれていたのに、自分が何か彼女の為に出来たのかと疑問に思うと・・・その写真を見て、やっと気がついた。



彼女は自分を押し殺してでも、表に決して出さないで、言うなりになる事もあれば、自分から勧んで人に尽くす。

そう、窓辺の天使は、飛ばないで、この高さから、身を投げる決心をしているのかもしれない。



知っていたはずだった。彼女のその性格を。


不破の為につくして、自分が高校にも行かないで働き、あいつをサポートした一年間を。


今、聞いた曲。不破の後悔。元に戻って欲しいと、キョーコに乞う。


最終電車、僕の肩に顔を埋めたまま
寝息を立てる、何よりも幸せだった・・・


その歌詞。東京に家出した時のことか?そう思った。
キョーコは、不破の為ならと、不破について来た。その服従が、アイツを幸せに感じさせた。
自分は、夢に向かっておきながら、彼女の人生を狂わせた。

でも、俺だって・・・そうなんだ。

後ろ向きの天使が、飛びたいと俺に言っている。
なのに、闇に置き去りにして、久遠も蓮も見つめあい微笑んで、下の天使に手も差し伸べずに。
それならば、天使は身を投げる。それでもいいのか・・・俺は・・・?


不破の曲で、今、気がついた。
身を投げよう。と、する決心も彼女なら持つ。という、彼女の性格を。


これを見た時は、寝る前で、疲れて眠かった。

キョーコは、これを、誰が誰と思っているのだろう?そう思っただけで、返事を返していなかった。聞きたいことが、山盛りにあったのに、ドラマの事もメールしていなかった。


ただ、疲れてた。そんな自分のことしか考えてなかった。あの時も。



信号が青になった。
ラジオはつけっ放しだったが、これ以上不破の曲はもう流れては来ない。


何曲かの後に、リクエストと称されて流れてきた俺の弾いた、ショパンのFantasy-Impromptu。

それが流れてきたのは、駐車場に入るゲートの前。ゲートを開けて自分の所定の位置に行くまでの間、聞いていた。今は、鼻歌では、収められない気持ちだった。


自分が久遠から、蓮に戻る為。


その曲が、今は、自分のことだけしか考えていなかった事を、明らかに心に刻み込む。



ふと、助手席、彼女の指定席となった場所に置いたものを見た。

今日の、プレゼント。
ずっと、ここ何日かの間に頼んでいたもの。
彼女の心の色。淡いピンクのバラの花びら。あのホテルで見たバラのカラーチャート。
俺が選んだ色も、彼女が選んだ色も、同じ。その色だけのバラを・・・
赤いバラを買う時に、一緒に探していた。
何軒かの花屋の中で、見つけた大輪のその色のバラ。
それをしばらく窓辺に置いて欲しくて造って貰った、プリザーブドフラワー。
永遠にとも言える、本物のバラで作られた、

・・・枯れないバラ。

そこに足した、3本の真っ白いバラ。見たこと無いくらいの白い粉雪の様な色。
久遠ヒズリから・・・敦賀蓮から・・・そして、クオン Jr. から・・・
この俺の中のそれぞれの愛を、俺達3人より。と、思って足した。永遠に枯れない愛を。


その白いバラを見て思い出した。その日の朝、覗いてしまった彼女のiPad・・・


粉雪が舞う、この街角に、描いた恋と夢を、追いかけた。
探してたモノは、どこにあるのか?
いつまで経っても、たどり着けなかった・・・

舞い落ちる雪とこの夢を、君の愛に溶かされ、
春に、また新しい芽を息吹かせ、
いつか、また・・・花を咲かすだろう・・・



アイツ、不破の曲。

クオンがこの日本で、蓮になって夢を探して追いかけて、
自分の夢を掴んだ時、見つけた天使。
恋に落ちて、でも、恋の行方は、いつまで経ってもたどりつけなかった。

俯いていた日々を、そっと支えて、見守りながら・・・
暖かさと、優しさで、包んでくれた君が・・・俺への贈り物。

舞い落ちるように溢れる、雪のように真っ白な自分の愛と、自分の基に戻る夢は、
自分を見守ってくれる君の愛に溶かされて・・・
春に、産まれてくるだろう、俺と君の新しい命。でも・・・
その後に、彼女が いつか、また・・・

凛と美しく咲く、大輪の華のように。

咲き戻って、欲しいと。



自分の母親、ジュリがそうであったことを、知っている俺だから。



そう、あの日の朝の彼女の香り。My Desire その香りに包まれていた室内での、彼女の望みに、包まれて起きた奇跡。




自分のピアノの曲は終っていた。ふと我に返って、鏡を覗いた。大丈夫、今日は、敦賀蓮のままでいる。お守りは、必要ない・・・


(いや・・・。お守りに、頼ってはいけない。)


これからの自分には必要だけれど、彼女自身が、自分を歩いて欲しいと願うなら・・・。



そう決めて、ドアを開けて車を降りた。





.
Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 14.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray