• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams - 7

Category : Story-I of LDs
寝室の隣で、シャワーを浴びる音が聞こえた。



蓮から久遠に戻りたくて、頭から冷たい水を浴びて考えた。

(キョーコ、いったいどっちの俺が好きなんだ君は?)

久遠は蓮に嫉妬を感じた。自分なのだけれど、キョーコの心には二人の男性が存在する事にイライラした。と、同時に自分の置かれている状況にイライラし後悔した。
自分が蓮で、久遠とは違う人物だと、自分が久遠で、蓮とは違う人物だと、世間に隠さないといけない今の現実を作ったのは、自分自身であった。仕事上、上手くいったら蓮を辞めて、(父の様に、名前の葬式まではするつもりはないが)、自分が久遠ヒズリである事を公表できたら。と、思っていた。でも今は、始まったばかり。その初めての仕事に、京子を選んだのは、自分の間違いっだったのか?こんなに苦しくなるなんて・・・。予定外だった。かな。
ちょっと、欲を出しすぎちゃったのか?キョーコも、久遠も手に入れたいなんて・・・

シャワーから出ると、携帯を2つともポケットに入れそのバスローブを着て、寝室に戻ろうとすると、クローゼットにジャケットが掛かっているのに目が行った。黒の蓮の携帯をそのジャケットにしまおうとハンガーに手を伸ばすと、プリンセスローザがその上でキラキラ光っていた。


(どういう意味?キョーコ。)

久遠のジャケットに蓮からもらった物を掛けるキョーコの気持ちが分からなかった。

プリンセスローザを手にとって、寝室に戻ると、真っ暗なその部屋で、キョーコがベッドに座って外を眺めていた。
目の前の足元まである大きなガラス窓のカーテンが開けてある。そして、目の前に広がる東京の夜景はキラキラして、空に星は見えないけれど、地上に星が降りたように、色んな光が瞬いていた。この部屋からは、蓮のマンションは見えない。

久遠はキョーコの後ろから、そっとプリンセスローザを首にかけた。


ん?

振り返ると優しい笑顔の久遠が居た。

久遠は一度、目を瞑ると、コーンに変わった。
そして、京子の演じたクオンのように、いたずらっこの様な笑みをキョーコに向けた。


(今は、コーンの方がいい。お互い話しやすいから。)


キョーコの横にコーンが座る。しばらく二人で窓の外を眺めていた。

キラキラと輝く街の中には、ランダムに点いているビルの明かり、点滅して赤に変わる信号、車のヘッドライト、テールランプ、看板の色々な色、木々に飾られたイルミネーション。
たくさんの色の光が、この世界を作っている。そして、光は瞬き、動いている。

そんな光を見て、キョーコはポソリと言った。


コーン。
みんな前を向いて歩いているんだね。


???

久遠は、意味がよく分からなかった。
そんな久遠を他所に、キョーコは、窓の外を目を細めて見つめながら、話を続けていた。


街の中では、それぞれの人がそれぞれの時間を過ごしていて、その時を生きている。
ビルの窓の明かりの所に人がいるから、電気が付いているんだよね。その人はその部屋で、その時間を、思い思いに過ごしているんだね。

(キョーコはマンションには居無いであろう、蓮の事を考えていた。)

前に向かって進んでいるんだよね。
未来に向かって、思い思いに時を過ごしているんだよね。


・・・そうだね。
でも、人は皆、なぜ自分がこの世界に、この場所に、この時代に、この時に産まれたのか。
なぜ、生(せい)を受けたのか。
そんな疑問をいつも抱えて生きているんじゃないかな?


キョーコの淋しげな表情に釣られて、コーンが抜けて久遠に戻っていた。


人はね、それぞれ色々な状況があって、自分は望んでなくても、勝手に宿命と言う言葉一つのモノを背負って生まれてくる。そして、運命という道を歩かされる。
運命とは、道しるべのようなヒントであって、必ずしも道ではないんだよ。
作られた道筋を人は歩いていけるほど、愚かでもないし、それはただ生かされているだけ。自分の道は自分で創るものであって、自分が歩いて振り返ったら、その後ろに道が出来ているんだ。だから前には、何も無い。でも、振り返っても元には戻れない。それは、思い出として心に刻むだけのものであって、自分のこれから造る道への、ヒントになる事もあれば、心の不安を打ち消す癒しにもなるかもしれない、思い出したくも無く消してしまいたい事もある。前を向いて自分のこれからを、輝くものにしたいと思いながら、自分を探して一生懸命、生きていく。


“凛と美しく咲く大輪の華のように。”
キョーコは今電話で話した、蓮の言葉を思い出していた。


自分を生きるって、大変なんだね。


そうだよ。
自分の未来は自分で切り開くものなんだよ。
世間一般的な言い方をするとね。


久遠は、急に立つと、キッチンに消えて行った。

流石は、高級ホテルの高級スイートルーム。
コーヒー豆の種類もたくさん置いてあれば、ココアもたくさんの原産地のものや、紅茶の茶葉、中国茶、緑茶の種類もたくさんある。久遠はふと、エスプレッソマシーンまで、備え付けられていたのを見付けて、自分の好みで豆をブレンドすると、濃い目のエスプレッソと、カフェラテをいれた。
砂糖の結晶のついた、ロックシュガースティックまで常備されていた。それは色々な色があったが、白とピンクが混ざったものをえらび、カフェラテのソーサーに添える。
それを持ってリビングに行き、ローテーブルに置こうとすると、目に入ったのは、横一列に並べられた石やその下に並べられているバラの花びら。
空いているスペースは、プリンセスローザが置かれていたのだろうと、容易に想像できた。

久遠は、驚いた。
自分と同じ事を、キョーコも、さっきまで考えていたのか。と、思う。そして、自分のカフスの前に白い花びらが置かれていた事に、 ああ、全くもう。君は・・・。 自分への気持ちは愛だったのか、と感じ、顔がほころんだ。


キョーコは、久遠が部屋から出て行ってしまったけれど、ぼんやり窓の外をしばらく眺めていた。久遠にかけられた、首に光るプリンセスローザを包むように手を置いた。
ぎゅっ。と、プリンセスローザを握ると、久遠を追いかけるように寝室を出て、リビングに向かった。

久遠がテーブルの上に、コーヒーを置いているところだった。

キョーコは、あぁぁ。見られた!と思いつつも、それを片付けるような事はしなかった。
だって、それが答えだと、キョーコは思っていたから。


しんと、静まる部屋の中で、二人は自然と並んでソファに座った。

カチャ。

久遠がカップを置く音が響いた。

久遠はキョーコの前にカフェラテを、置いてくれていた。
ピンクと白の混ざったシュガースティックは、キョーコには、恋と愛の結晶が集まった様に見えた。
久遠はシュガースティックを取りカフェラテの中で、くるくる回すと、キョーコのラテに、魔法をかけた。
それはキョーコにも、暖かな湯気の立つラテの中に、久遠によって、恋と愛が解かされてゆき、まるで、魔女が恋の媚薬を作っているように、見えた。


どうぞ?


久遠は、自分のエスプレッソにも全ては解けきらなかった同じシュガースティックで、少しだけ甘みをつけた。カチン。と、カップの淵に叩き雫を切ると、シュガースティックは全部が透明の結晶に色が落ちていた。その無色透明に変わった砂糖の結晶を見て、ちゅっと、キスをして、ソーサーに乗せた。同じ魔法が共有できますように。と、心で願いながら一口飲んだ。


温かいうちにどうぞ?


キョーコは、以前蓮が、嘉月の演技に行き詰まった時に、コーンの石は光に透かすと色の変わり、色が変わると悲しみを吸い取ってくれる石ですよ。と、言った時の事がフラッシュバックした。あの時、蓮はコーンの石にキスをして、蓮に石に魔法をかけられた様な気がした。
そして、今、この魔女の媚薬を飲んでしまったら、久遠に落ちて落ちて、どうにかなってしまう様な魔法がかかっている様な気がし、ぞくっとした。開いているカーテンを横目にマンションを見る。やはり、蓮の部屋に明かりは無い。

キョーコは、ゴクリ。と唾を飲み込むと、

(久遠は、魔法使いじゃないんだから、媚薬なんて作れないわよ。考えすぎよね。私。)

そう思い一口飲んだ。


久遠は、ポケットから白いiPhoneを取り出すと、また Only youをかけた。

しばらくして、久遠がぽつりぽつりと、語り始めた。


この歌に出会ったとき、この歌手の生きる道を知った時、俺は、彼を尊敬したんだ。これを歌っている人はね、Jr.(ジュニア)を芸名にわざと付けた。って、さっき教えたよね。
厳粛な父に育てられて、それでも彼の父親は趣味でジャズを歌っていたんだ。彼の父親は、自分が生まれた為に、夢をあきらめて、生活費を稼ぐのに精一杯働いた。でも、家に帰ってピアノを弾く姿、その偶に見せる父親の姿は、彼にとっては悲痛だった様で・・・
人の為に自分の夢をあきらめて、それでも、一人になった時だけ、自分の好きな事をこっそり誰も傷つけないように、楽しむ姿に申し訳なさを子供ながらにも感じていた。
弁護士になった彼の父親は、彼が歌手になりたい。と、言うとそれを許さなかった。それでも家を飛び出して、父親の夢を、自分の為にあきらめた父親の夢をかなえる為に、がむしゃらにがんばった。そして、世界中から愛される有名な歌手になり、俳優として映画にも出たんだ。
その映画の撮影は、自分の幼い頃、戦地に赴いた父の後ろ姿を思い出させるのに十分なストーリーだったんだ。国の為に、他の人が愛するものを守る為に、戦地に向かった父の後ろ姿。この人は人の為にどうして生きるのか?そう思ったんだ。後の弁護士も、人の代弁の仕事だしね。その映画のなかで、自分は自分であって、戦地に行った時の父であって、そんな役を演じたんだよ。彼も、彼の父として映画の中で生きたんだ。
そして、名前を J H C ミドルネームは通常、親の名前をもらう子が多いから、ミドルネームのH父親の名前をとって父の名を父の夢を、そして自分は父の息子と、世界に知らしめる意味で、かれは、芸名に H C Jr.と、父の名の2世と、付けた。
でも、彼はね、遺伝なんだね。人の為に生きた父の名を語って生きる自分を、父の為に生きる自分に気づいた。でも、父の名で、父の息子として生きることを胸に誓った。
なにかが吹っ切れたんだろうね。

でも、俺には、ジュニアの立場が自分の未来を閉ざされた。どんなにがんばっても、どんな事をしても、父親の壁を越えられない。いつも父の副産物である称号が、自分の未来を暗くみせる。それに、クォーターという俺の血筋は、暗い影をいっそう暗くした。アジア人の血が入っている俺を、蔑む者もいた。

でもそんな時、京都で君に出会った。たくさんの悲しみを小さな小さな女の子がその小さな肩に背負って、生きる君だった。心に悲しい物を潜めていても、いつもキラキラ輝く笑顔で俺を見てくれたね。その笑顔につられて、俺も笑顔になった。キョーコと過ごしたあの夏の時間は、アメリカでの暗い出来事を、忘れさせてくれた。こんなに小さな子が一生懸命、自分の存在を確かめるように、そして誰かに自分を認めてもらおうと必死で、生きようとする君の姿。それでも君は俺の前でいつも笑顔を振り撒いてくれたね。その時は、恋だったのかは分からない。でも、それは俺の中で何かが変わる運命の道しるべの光が見えた瞬間。だから、宿命という名の自分の道を自分で歩いてやろう。そう思った。

ジュニアであることがいい人もいれば、そうでない人もいる。俺の知っているジュニアの人達は、皆苦しんでいた。でも、自分の道を振り返ると、思い出の中で吹っ切ることができたキッカケをくれた、小さなキョーコが笑っているんだ。ジュニアの苦しみから抜け出すそのキッカケとなる物を、俺もその人に作ってあげられたら、きっと自分の作る未来にも、影響してくるかな?とも思っている。それは、自分の心の中かもしれないし、回りの状況かもしれない。でも、誰かを俺が幸せにすることはいい事であるし、自分のためにもなる。って、そう信じてる。

出会いの数だけ、笑顔が生まれて、笑顔の数だけ、幸せになる。そう、お互いに幸せにね。共存する。ってこと。人は一人でそれぞれ個々に自分探しの旅という人生を歩んでいるけれど、その人生は一人ではどうしようもない事もある。そんな時、誰かと共にお互いの存在を、それぞれの存在を認め合い、時間を共にする。それは自分が自分である為にね。この世界で。この時代でね。

そう思えた時、ジュニアは、副産物やおまけじゃなく、一人の人として、この世界に存在し、生きているんだって。自分が自分である為とは、そういう意味で。

俺はね、ほとんどの人は宿命という言葉とは、自分にかぶさった不幸と思っていると思うんだ。けれど自分だけじゃない。みんなどの人もそれぞれ宿命を背負っている。だから自分だけと卑下しないで、それを互いに認め合ったり、共存したりで、人生の不安を軽くしあって笑顔で居れたら、幸せになれるかな。って思ったんだよ。あの夏の日に。


久遠はコーンの笑顔をキョーコに向けて、自分の生い立ちの中の影を 初めて人に話してもいいと思えた事が嬉しかった。自分のその影る気持ちを明るく照らしてくれた子供の頃のキョーコだった事に、そして、それを初めて話す事が出来たのも、キョーコだった事が、本当に嬉しくて一気に離してしまった事が照れくさくなった。


ん~、ま。
長くてよく分かんなくなって来ちゃったけど、つまり、まとめるとね。
人はみんな宿命を背負って生まれ、運命を探し、自分を創って生きていく。
その人生の中で、人との出会いがあって、お互いに笑顔が溢れて、共に幸せになれたらいいな。
そう、吹っ切れたんだ。君に初めて出逢った時に。




コーン・・・


ありがとう。
あなたの事を聞けて、あなたの事を話して貰えて、私、嬉しいわ。

その微笑んだキョーコの笑顔は、子供の頃見た面影が宿っていた。


キョーコ。
歌った時に言ったよね。
君は俺の運命。って。君は俺の道を創る道しるべ。だと、思っているよ。
昔も、今も、そして、これからも・・・


そういって、久遠はキョーコを抱き寄せた。

 
久遠・・・


そのまま、二人で目を瞑って曲を聴き続けた。





.
Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 10.2013
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray