• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.80

Category : Story-I of LDs
ふぅー・・・




もう戻れない瞬間(とき)だけを、悔やんでしまうのは・・・なぜ?






その日は、車の中、一人で帰宅する時に、どうしても敦賀蓮でも、久遠ヒズリでもなくジュニアに戻って考え続けて、駐車場に着いていた。



仕事は、敦賀蓮が完璧にこなしてくれたけど、考えても考えてもまだ分からない、時間だけが答えを導き出す事に、じれったさを感じてイライラしていた。


キョーコが待っててくれる部屋に帰宅する為に、敦賀蓮として戻る為に、しばらく時間が必要だった。久しぶりだった。そんな事を考えなくてはならなくなったのは。

ふと、思い出したのは、アイツの歌。
朝見た、不破尚の歌詞。

不覚にも、心に響いてしまった馬の骨のヤツの感情が、今は俺にも少なからず勇気を与えてくれそうで、iTuneでサーチまでしてしまった。

車の中で、そんな事をして、サンプル聞きをしていたら、メルヘン思考のキョーコが好きそうな、幻想の世界の曲ばかりだった。
キョーコの好みが分かってしていたのか、それとも幻想は、クイーンに創られたアイツの象徴なのか・・・?
夢の中に出てくるような、悪魔、天使のようなイメージで創られたアイツの曲は、人間味は全くない。
人間、不破尚としての感情が初めて綴られたのは、このキョーコの誕生日に世に贈りだされた曲、Holly nightだけだった。


朝見た夢を思い出す。
上に居る自分。光のあたった場所に出てこれた、蓮と久遠。そして、下の闇の中で、上を見つめる天使。蓮と久遠が置き去りにした、天使の意味が分からない。少なからずその様に自分の脳内にあるからこそ見る夢。・・・なぜ?・・・キョーコを置いて行ったのだろう?

天使が舞い降りてきた。

そう思って、地上の闇にいた。飛びたくても飛びたくても、飛べなかった。でも・・・
飛ばなくても、降りてきた。

そう思っていたはずなのに。


あの、天使の佇む、地上の闇には、この人間味を帯び、走り始めたコイツも居るに違いない。
幻想から現実へ。久遠がそうであったように映るキョーコには、コイツも同じ。幻想から現実へ。抜け出すための努力をしている今が映るのだと、思う。


サンシェードを下ろして鏡を開けて、自分の顔を見た。

目を一度瞑り、深い深い息を吸い込む。ゆっくりと少しずつ吐きだして、肺の中の空気を全部追いやった。もう一度吸い込む時に、目をあけて、鏡を覗いた。


自分が戻る為に、昔からやってきた方法。


写っているのは、



敦賀蓮。



よし!

顔を一度両手で叩いて、敦賀蓮を憑けた。さ、あの子の愛する敦賀さんに、そして愛しい人、蓮になって、愛するあの子、最上キョーコの待つ部屋に帰ろうと思えるようになった。



エレベーターに乗って、左腕に抱えた物を見る。


お決まり。
定番の、赤いバラ100本の花束。


敦賀蓮に似合いすぎるほど、ドラマの中で、何度も何度もやらされてきた。


敦賀蓮になりたかった。・・・から・・・。




でも、そんなお決まりの敦賀蓮で、あの子に通じるのだろうか?
俺が今、どうしても、なりたいもの。

そうでなきゃいけない。今は。

自分に言い聞かせるようだった。

玄関を開けると、飛んできてくれた。
花束を渡そうとしても、受け取らない。でも・・・

一歩離れたところで、いつもの綺麗なお辞儀をした。


おかえりなさい。
敦賀さん。



そして、お辞儀の顔を上げた、その・・・

優しい笑顔と、喜んだオーラと、そして、抱きついてきて、すぐに触れた柔らかい君の唇。


うふっ。ありがとう。

おかえり。
蓮。


すぐに、敦賀蓮に、そして君の蓮に戻された。

・・・俺のお守り、・・・最強!!!



だ~い好きっ。


俺も、大好き。
ただいま。キョーコ。







その日を境に、変わった事がある。




あれから、数日後の二人一緒に帰宅できない時の夜だった。



―――――ピンポーン。


エントランスのオートロックのベルを鳴らす。けれど、自分でキーをスキャンしてドアを開ける。これが、帰宅の合図。


エレベーターに乗って上に行き、玄関の前まで、あと3歩。










―――――ピンポーン。



・・・1・・・2・・・3・・・4・・・・


カウントし出して、キッチンにもどり、焦げないように弱火で温めなおす。オーブンの温度を低めに設定しなおす。


18・・・19・・・20・・・


今日は、彼の為にワインを買ってみた。まだ飲めないけれど、食いしん坊にゲストで来た大御所の方に出された物と同じもの。ワイングラスとオープナーも出しておく。


45・・・46・・・47・・・48・・・


廊下をそーっと歩いて、外の音を確かめる。
まだ、エレベーターの音はしない。


75・・・76・・77・・・78・・・


コツ、コツ、コツ・・・


来た!。玄関ドアに耳をピッタリ付けて聞いている。
長い足の私の彼がいつも玄関前にたどり着くのは、30歩。

まだ、11歩、12、13、14・・・・・


ドアのロックをはずし、数え続ける。
あと、4歩、3,2,1・・・・


カチャ。


おかえり。
蓮。



ドアを、ぶつからないように、蓮の3歩手前であける。

開けたドアに寄りかかると、私を取り囲むように両腕をドアにつけ、妖艶な笑みを浮かべて顔を近づけてくる。


ただいま。・・・キョーコ。


耳元で、そう囁かれると、耳たぶにちゅっと音が聞こえる。

そのまま、ドアをゆっくり閉めるように前に1歩動けば、囲われていた腕が抱き寄せてくれて、ドアの閉まる、パタン。という、静かな音と共に、唇が重なってくる。
重なった唇からは、いつもの様に貴方からの愛が溢れていた。




(う~ん。どうなんだろう・・・?)


ちゅっと、唇を離せば、いつものキョーコに戻っている。



どうだった?キョーコ。
今の。どう思った?


う~ん、・・・ちょっと色気出しすぎ。
却下。


そうか・・・、じゃ、また明日。
もっと、違うのシュミレーションしておく。


もっと、なんかな~。
ここまで、敦賀蓮してると、玄関先で押し倒されそうになるからさ。
ちょっと、ソフトに。
でもな・・・昨日の、


ただいま~。きょ~ぉこ~。

ちゅっ。


これも、却下。
蓮を出しすぎ。敦賀さんっぽくなかった。
それに、・・・

あぁ、明日は、キョーコじゃなくて、
京子。って呼んでみてね。
なんか、違うかもよ。ね。


そうだね。
きょうこ。だもんね。
芸名。


そうそう。

(ん?芸名・・・。そういえば、敦賀蓮も芸名だって、本人が言ってたんだよね・・・。)



どした?固まってるけど・・・


・・・ぷっ!、ぷぷっ。


(い、い、以外にも、敦賀、蓮太郎とか!? 松太郎みたく~? それとも蓮次郎とか!?  でんじろう。みたいだしっ! ・・あははははは~。・・・ま、言いたかないわな。そうだったら・・・・)


な、何かな?


れ・・ん・・・っぷ、クスクス・・
ってさ、兄弟って、いるの?
・・・ぷぷっ


ん?なんで?
一人っ子だけど?


・・・・。っ・・ぷっ
ギャハハハハハ~~~~!!

(じゃ、蓮太郎決まり! わははははははははっはっはは~、くるしい~・・助けてくれぇい――― 滝、廉太郎かっつーの。作曲家だし~!)

ひ~、たすけて~~。


キョーコがそんな事考えてるとは、全く予想もしていない。もっとカッコイイ本名の男は、
じーっと見られたかと思うと、噴き出したキョーコを見て、自分も笑いを堪えて噴き出した事、を思い出していた。
奇しくもそれは、Dark Moonゴッコ。玄関先でのダメダメ出し出し攻撃のあの日のこと。
初めてキョーコを抱きしめて、己の思考機能を失ったときの自分。

(そんな事、あったな・・・。なつかしい・・・。)


ウンウン、二人で頷きながら、肩を腰を抱き合って、リビングに行った。


今のは、Dreamsピアニスト敦賀蓮の帰宅シーンのシュミレーションに、何度もチャレンジした結果の、キョーコの判定であった。
やはり、練習でなんども、玄関先で繰り返していたら、お帰り。の嬉しさ半減。そして気分も萎え気味に、よく分からなくなったので、何日から前からは、本当の帰宅時にする事を決めていた。

これを始めた、お守り最強の日の出来事。玄関先で、ダメ出しの連続を出し続けるキョーコに、俺が嘉月の演技に行き詰った時の、ゴッコ時の俺のダメ出し攻撃への仕返し。なのか?と思わせるほど、ダメ息を漏らされた。

(なんか、デジャブだよな。キョーコも、俺も・・・。)

玄関先でそんな事を考えていると、キョーコもそう思っていたらしい。

キョーコがダメ出しの後、ドアを閉めようとしたので、思い出して足を挟んで入れてみた。
ムリムリ~っと、足をドアの隙間からねじ込めば、ぎゃー!っと叫ぶキョーコ。
思い出した痛みに、挟まれてないのに、足首を摩ってしゃがみこんだ。(挟んだのは俺なのに。)
なんで?と、思ってキョーコの摩っている手を、両手を差し出して立ち起こそうとすれば、また戻る、デジャブ。あの時は逆だった。突然与えられたあの時のキョーコの手のぬくもりも覚えている。

(俺が、君に恋をしていたと、自覚せざるを得ない瞬間だったな・・・。)

忘れるわけが無い。でも今、二人の間で違うのは・・・



ご飯を食べて、食器を持ってキッチンへ行った時、キョーコを抱きしめて、床に押し倒した。

危ないよ。蓮。

そんな言葉は、今のもの。そうじゃないでしょ。と思いつつ・・・唇を指でなぞり、同じ事を言って見た。


君・さ・・・、キス・・・した事・・・ある?


(え!?)

そんな顔のキョーコは、前と全く同じ表情。
同じ様に、頬をなで、顎をすくってみれば、こちらも、バカ正直はご健在だった。


はい。ありますが。


・・・。
ま、そうだよね。


(そういうしかないだろう。もう。)


そんなことがあった。いつものように、こんな体勢だったら、するしかないだろ。もう、このままここでしちゃおうかな。そんな事も思っていたけれど、ふと、食器をシンクに入れようとした時、目に入った物を思い出してしまった。大きなボウルの中に入っていた、大量のレモン。
お菓子作りをしたい。そう思っていたキョーコがいつの間にか、スタジオからの帰りに、自分のマンションに寄って持ってきた色々な調理用具。クッキーの型抜きとか、ハンドミキサーとか、色々なものを持って来ていた。

何を、レモンで作るのか?

正直、ドキドキが止まらない。


違う意味のドキドキに、そんな疚しい気持ちはどこ行くの~。待って~。と思いつつも、ぴゅーっと去っていってしまったヤル気は戻ってこない。


正気に戻って、一度だけちゅ~っとなが~くキスをして、噴き出してしまったのはこの後だった。と、思い出す。
胸いっぱいにキョーコの周りの空気を吸えば、あの時はキョーコから、女の子の甘い誘いの匂いだったと思い出す。誘いといっても、Red Doorではない、オスが本能的にくすぐられるメスの匂い。自分が少しづつ大人の豆知識を吹き込んでいるので、その本来の匂いを引き立たせるような、パワーアップした女の香りに変えていることに頬が緩む。今日はそうそう、My Desireだった。と思い出す。朝のお肌の手入れから始まり、お守りに敦賀蓮にもどされた今日一日を振り返ると、本当に色々な事が、今日もあったな。と考えた。

帰宅時に、車の中で聞き続けて帰ってきた曲。ショパンの鼻歌。

今ならば、鼻歌。というワードに、へらへら出来るものの、Fantasy-Impromptuと感じて、久遠から蓮に戻る為の保険であったはずの曲は、繰り返し繰り返し聞き続けて帰ってきても、元に戻す効果はなかった。映画のクランクアップの時にも、キョーコがくれたキョーコの初めての体験が俺をすぐに蓮に戻すように促してくれていた。と、思う。早く蓮に戻ってまた明日、最上さんに敦賀さんとして逢いたい。と思ったから。それと、カーアクションのアクシデントも、カインの撮影の時も、そして今日も、このお守りの威力には高い評価の、ラブミー・スタンプ、100点満点。を押したくなっていた。
今日の彼女の選んだ香りは、My Desire 私の望み。何を望んでいるのだろう?



ねぇ・・・。


まだ、床の上だった。どっかにヤル気は行ってしまったけれど、女の香りに挑発されて居るのは同じ事だった。
頬をなで、顎をすくっていた手で、スベスベお肌を楽しんでいたのを止めて、唇のケアだけは昔から自分でして居るキョーコの柔らかい唇から、口の中に、ちゅぽっと人差し指を入れてみた。
一体、どうするのか?楽しみだった。


・・・・。

(無言で固まった。・・・)



かと思ったら、指先に感じたのは、口の中でぺろっと舌で舐められる感覚。下から上に、そして指の腹から爪の付け根をぐるっとした。キョーコの手が、その手を掴んで引っ張った。
指に吸い付きながら、ゆっくり指を口から離して、ちゅっと音がした。



こういうのは、・・・まだ、

・・・ありませんけど。



・・・。
(それも、そうだな・・。)



疚しいヤル気が戻ってくるかと思っていたけれど、そうでもない。
子供がいるかも。と思ってしまった事のコトのでかさは、自分の中でかなりのダメージを、与えているらしい。望みも、なんとなく分かった様な、分かんなかった様な・・・。
耳元で言いたい事、言うかどうかか悩んでしまった。まぁ、本人も分かってそうだし、まぁいいか。敦賀蓮のお稽古中という、シチュエーションもあるしな・・・。そう思っていた。


じゃぁ・・・
今度・・・して。


(さぁ、どう来る?キョーコ。)

ワクワクしていたら、頬を両手で包まれて、真っ直ぐ目を見るように顔を目の前に持ってこられた。じーっと、見られている。まだ、じーーっと見てる。まだまだじーーーっと目を見られている。俺が瞬きをしたら、キョーコは、にこっと微笑んで目を瞑った。

(お、キラーに負けるか!)

ちょっと、ムッとした。何が無しにチャレンジされている。が、次の瞬間、目をつぶったまま言われた言葉に引き込まれてしまった。




そうね・・・


私を、美味しくして・・・

・・・上手に、

食べてくれたら・・・



ご褒美にね。




うふっ。





そう言って、ぐいっと胸を押されて離された。突っ張っているキョーコの腕は以外に力強くて、驚いた。

抱き起こしていると、エロティックだったキョーコが、いつものキョーコに戻った、と思った。
それは、・・・いつもの笑顔で言ったから。


今日は、これから
お菓子作りたいな。
って思ってるんだけど・・・。

ん~、蓮も?

自分のしたい事、あるでしょ?
ね?


そう促されたのは、運動不足だ。と思っていた事が分かっていてくれた事と、嬉しくなった。
なんでも、通じ合っている。その時はそう思った。




その日から、俺たちは別々に思い思いの夜を過ごしていた。


もちろん、愛は全く変わらない。

けれど、自分の思い思いの時間を過ごせる事も大事。ご飯の後に食器洗い機のおかげで、そんな時間もできた。
同じ空間に居る。と、いう安心感が、自分のしたい事をしていても、お互い通じ合っているようで、べったり傍に居る幸せと、違う。きっと長く一緒に住んでいたら、必要不可欠な時間なのだろうと思う事も幸せで。それに、これからも一緒。そう思えた事も幸せだった。


Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 11.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray