• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.79

Category : Story-I of LDs
そのイライラに火をつけるヤツが目の前に居た。


あぁ、今度ね。さっき事務所から帰って来た、
マネージャーに聞いた。
まだ、本決まりじゃないんだけど・・・


チョイチョイと、指でこっちに顔を寄せろよ。と言う合図を貴島が送ってきたので、テーブルに、前のめりに肘を付いて寄りかかった。


なに?貴島君。


ニコニコしている物の、なぜか冷た~いブリザードを背に背負っている。それは、コイツのセイでは無い。アイツのセイだ。と、自分に言い聞かせるも、なぜか感じるコイツからの挑戦威力。おもわず、漂よわせていた。


今度、新開監督のドラマのオファーが来てね、


へ~、で。
なにか俺に関係あるの?


ん~、どうなんだろう?
って、思ったけど、誰にも 言うわけにもいかないからさ。


ん?なに?
何が言いたいの?


ちょー小声で、貴島が話しだした。しかも口元は手で隠しているため、見た目で言葉を分からなくしている。蓮は顔を近づけて、耳を澄ませた。


今の敦賀君のお弁当。
美味しかった。


(ん?そんな小声でいうことか?それって?)

別に、大きな声で言っても、そんなのキョーコを褒めてもらえるとサラに嬉しくなるのでもっとデカイ声で。と思ってしまった。


でもさ、本当だな。
たぶん。


え?なに?
本当に何が言いたいの?貴島君。


・・・
酸っぱい物。
・・・彼女、妊娠してるだろ。


・・・。
(だよな。・・・。)

同じこと気が付いたか。


あぁ。


・・・そんでさ、その新開監督の話なんだけど、


うん。それが・・・?なに?

(もったいぶってんじゃねーよ! どこかのアイドルならこういうだろうな・・・。)

ウッカリ、もう一人、気に食わないヤツが思い浮かんでしまった。



・・・その主役、2人。


ん?二人?
貴島君と、誰?


違う、俺じゃない、
女の子、女優2人。

敦賀君とこの事務所の・・・、
琴南さん?って言ってたか?

(へ~、そう。でも、琴南さんなら、俺には直接関係ないし。)

・・・それと、京子。


えっ!?
キョーコ?
じゃない、最上さん?


もういいよ。
分かってるから。いちいち言い直さなくてもさ。
でも、
そうなんだよね、京子ちゃんの許婚役。
俺にきた、オファー。


(キョーコ、何も言ってくれてないぞ。)

・・それって、決まってないんだって言ったよな。


でも、主役の二人は本決まりだって、
聞いてるけど・・・。


うぅん?じゃぁ、帰ったら聞いてみる。


そうじゃなくて、
出ないだろ、京子。これに。


はぁ?それは彼女が決める事だから・・・
俺にはかんけい・・な・・・

違うだろ。
子供。だよ。
出れないだろ。彼女。


さっき、楽屋に来るまでは、
そんなに、昨日敦賀君に言われたこと
気にしてなかったけどさ、

彼女のお弁当の中身のチョイス。

あれ、彼女の食べたい物だろ。


・・・。

そう、なんだよな。
昨日も、夜ご飯の後、甘いものじゃなくて
酸っぱいもの食べたがってたんだよ。


(ま、正確には、飲み物だけど・・・。)


ま、でも決めたんだろ。
産んで欲しいんだろ、彼女に。


・・・。
まぁ、俺は、そうなんだけど・・・。


じゃ、そうなるしか成らないじゃないか。
そうなるように、がんばれよ。

ドラマの話は、俺に決まったとか言わないでくれよ。
オファーが来たことだけだから、まだ。

たださ~、好きな子の許婚なんてね。
いいかな。と、思っちゃっただけ。
愛が無くても、結婚できんだろ。
許婚なんだから。

でも、出ないとなるとな~・・・・

(ん?)



・・・・・。


・・・敦賀君?


ん!?あぁ、大丈夫。
・・・子供の事を心配してるわけじゃないから。


ん?じゃ、なに?


・・・どうやって、発表しよう。かな・・・?
と、思ってさ。


あぁ、そっち。
そうだよな、そっちだよな。


うん、そう・・・。


(敦賀蓮、余命伸ばせなくなってしまった。このままこのドラマも、延びちゃったしな。)

はぁ・・・



ま、大丈夫。敦賀君
なんとか成るようになるさ。


え、そうだといいけど・・・。
いま、もう一つドラマの撮影、入るんだよね・・・。


あぁ、緒方監督のでしょ?


そう。


んでっ?


それを・・・
最後に伸ばせるかな・・・と、・・・


ん?なになに?
京子ちゃん出るの?
それ。


あ!
(はっ!言っちゃだめだよな。まだ多分。)

制作発表前だからさ・・・

(濁せば、コイツなら気づくはずだよな。それで、いっか・・・)


ふ~ん。
じゃ、それ最後ってことか・・・


うん。そうしてみようかな。
俺が・・・。


なになに?
敦賀君、芸能人辞めるつもり?


ん~、考え中。


まぁな。
色々世間から、出来ちゃった結婚なんて言われるならな~
もう、働かなくても一生大丈夫だろ?
敦賀君なら。


あぁ、でも
誰にも、本当に言わないで欲しい。
考え中なだけだし、
キョーコも、妊娠がまだ判明したわけじゃないし。

(本当に、まだまだ、だけど。ってか、早すぎるだろ、酸っぱい物、欲しがるのが。)

本人が、元気だから
どうなのか、分からない。

(そうまだまだ、早すぎる。って自分に言い聞かせたい・・・。)

はぁ~ぁ~・・・



なんで、そんなに嫌なら
作っちゃうこと、したんだよ。


・・・まぁ、ちょっと、・・・それは、言えない。

(いかされちゃった。なんて、言えるか!コイツに!)



そうだよな。
ドラマじゃないし、見せるモンでもないし・・・
そっちは、言えないよな。
俺だって、言えと言われても、言えない。



ふと、マネージャー達を横目で見たら、二人は楽しく、鯛焼きを食べながら談笑している。

(メタボ。・・・一直線だぞ。社さんも・・・。)

その社さんにも、いわなきゃいけなくなる。

(敦賀蓮、辞めて、久遠ヒズリに成ります。ってさ・・・。)



う~ん。

寄せていた顔を離して、テーブルに肩肘を付いて、考え出してしまった。
顎を乗せてない右手が勝手に動くもの、ショパンの Prelude no.15 opp.28

敦賀蓮と久遠ヒズリの人生を詰め込んだ、キョーコへのプレゼント。
15歳から、28歳までと決めた、自分の変化。

(いきなりの、アウト。)

・・・・。

(さっき、変化球を投げてやろうと思っていたのに・・・。)

 ・・・って、
それじゃない。そう自分に言い聞かせようと思っても、湾曲思考のキョーコと居たら、こうなって居た自分が可笑しくなってきた。




ま、なるようにしか、成らないか。
だよな。貴島君。


今、考えても、
な~んにも、なんないしな。
だろ?敦賀君。


さっ、着替えたら?貴島君。


そうだな、そろそろ、呼びにくんだろ。


セリフ、変わったところ
合わせたいし。


あぁ、そうだな。
だから、今日の楽屋、一緒なんだな。


あぁ、そうか。
その為もあるかもな。


席を立って、携帯を取ってきた。見れば、メール着信有り。

ごめん。ちょっと出てくる。


お、いいな~。
じゃ、着替えてる。



廊下に出て、メールを見たら、社長からだった。

“ 蓮じゃない方に話がある。”

ここで話すわけにもいかないと思い、メールを返した。

“ 久遠の携帯、忘れました。こちらに詳細を下さい。
撮影中なので、電話には出れません。宜しくお願いします。“


しゃっちょ~か・・・。


(社長にも、しっかりしないと、この仕事続けられないしな。)



ブーン、ブーン・・・

(ん?あれ?メールで、って書いたのに・・・。)

もしもし、どうかされましたか?
社長。

お、蓮だよな。
いいから、そのまま聞くだけ聞け。
いいな。話さんでいい。

お前じゃない方に、仕事の依頼。
すぐ、返事せんといかん。

うん。か、はい。で言え。


(ん?それって、Yes オンリーだよな?)

何か知らないですけど、Yesと言って欲しいだけですね。


そうそう。
断るんじゃねぇぞ。
俺が、断りたくないからだ。


クーとお前、蓮じゃない方。
めんどくせーな。言うぞ。

久遠に仕事。クーと早急。

テスタロッサ、もちろん知ってるよな。
その、新車モデル発表式にな。

久遠と、クー。二人

モデルにしたいって、言ってきた。
クーにこれから聞くから、お前には伝えただけだ。
じゃ、そういうことで。

はい。と、言え。


・・・はい。


よし。じゃぁな~。
プツ



はやっ!

(なんだって?今の。確か、テスタロッサって言ってたか?)

(へー、キャラクターしないと、結構オファーって来るもんだな。良いとこからも。)


携帯で、テスタロッサ 新車発表 でサーチした。

(なるほど。まだ何も載ってない。当たり前か。発表なんだからな。その日が。)


日にちは、来月か・・・。
なるほど、急ぐわけだ。


ブーンブーン・・・

また、社長から、メールだった。
急いで見るとそのメールは、この事は書いていない代わりに、久遠へのドラマのオファーだった。


(なになに? 奥様は魔女。奥様が主役ね。・・・(仮)京子、(仮)久遠ヒズリ・・・?)


えぇ~!!!


(お~、やりたい!、久遠でもキョーコと結婚生活。してみたい。何々、アメリカのドラマのリメイク。なるほど、白人が欲しいのか・・・。)

ん~、てか、キョーコ出れるか?何時だこれ?そう思って、よーく見れば、京子は違うドラマのオファーも同クールに入っていて、新開監督のドラマだと、いう事も書いてある。

(なるほど。貴島の今、言ってたヤツか。)

それに、昨日久遠にメールしてたな。キョーコ。
急に思い出した。キョーコがくれた、スーパーハッピー・メール。久遠にも幸せを。
だったな確か。

( 親友とこれから共演します。って、これの事か。)


ふ~ん。


(そうか、社長は、久遠に仕事を入れたいから、きっと新開監督のドラマに蓮を勧めなかったんだな。新開監督の今までの映画には敦賀蓮主演。の物しかなかったのに。)



これ、映画にならないかな。
映画監督だしな。新開監督。



携帯を持ったまま、顎でコツコツ叩きながら考えていた。

(まぁ、コレは成らないな。映画には。無理無理。1年じゃできないな。映画だったら。)

映画だったら、敦賀蓮主演じゃないとなんかダメな気がしたが、ドラマだし、それに今回の主役は・・・

京子。琴南奏江。

この二人だ。


(じゃ、無理だ。蓮が出るのは。でも、同クールで久遠と、蓮と両方出ても、世間には別人だから問題ないけど、京子が、同クールで出るのが出来ないよな。)



・・・・。


(いやいや・・・キョーコ、出れるのか?)


ま、今考える事じゃないよな。
とりあえず・・・。


(それにしても、主演、京子。か・・・。両方とも・・・。久遠は後輩だから、京子の下で名前が出ても、別になんの問題もないけど、敦賀蓮が、京子の後か、最後に名前が出るのか・・・。
無理かな・・・それって。)


髪をメイクさんにセットしてもらったばかりだけど、がーっと、頭をぐちゃぐちゃにしたいほど、葛藤していた。


(変な、プライド。・・・捨てなきゃな。俺。)


敦賀蓮、か・・・。


蓮をやってきて、もう6年は経った。自分の自信が世間からの評価をもっと高めていた事もあり、キョーコに昨日、俺の位置まで引き上げてやる。と豪語した手前、京子の下で出る事が、自分の中で許せなかった。自分の見ていない所で、他の男優と演技をする事も、もう許せないほどの独占欲も湧きすぎて、それでも京子の下で出演するような事に、自分から進んで監督にオファーを入れるのも、自分自身の持つ敦賀蓮のイメージでは、するような事ではない。と、思っていた。久遠ヒズリならそれが出来る、けれど、新開監督の昔のロマン系の物に、久遠が出るのもおかしいし、何より同クールに仕事の以来が入っていて、それは叶わない。

(それに、その頃、敦賀蓮の葬式、してるかもしれないしな・・・。)


とりあえず、この事は今悩むような事でもないし、帰ったらキョーコに久遠から、それとなくメールする事に決めた。


(それにしても、京子。自分で自分の位置をずいぶん確立してきたな。)


ふふ。
久遠のおかげだったかもな。
映画の話題性。


(京子、初主演女優。Love never defaulted 久遠から京子への直々のオファー。
それも業界で話題だったもんな。)

それよりなにより、クー・ヒズリ・ジュニア 日本デビューも手伝って、一気に名前を売る事が出来た、京子。クーの副産物。それも自分の売り込みポイントとして、利用した。
久遠ヒズリになるために、副産物。という、変なプライドをあの時捨てたはずなのに、久遠のプライドは捨てられても、敦賀蓮のプライドは捨てられない自分が居る事に、自分は・・・。

やっぱり、敦賀蓮が好き。

と、いう事に気が付いた。敦賀蓮は、自分が副産物扱いされなかった、人生で初めて自分で自力と実力で創り上げてきた実績そのもの。もともと持っている才能を認められた事の証だった。自分への自信に繋がっている、その認められた証を、捨てるのは・・・。


(どうしても、許せない。)


自分の中で、敦賀蓮が居なくなる事を決心したはずだったけれど、自分の心がNOと言う。
頭の中は、Yesかと言えば、・・・多分Yes。自分がしてしまった、変えようの無い事実がやってくるかもしれない。まだ、来るかもしれない。かも。で留めて置きたかった。
京子にも、自分自身で確立してきた実績がある。いくら話題性があったとしても、彼女の今までの努力、そして、彼女のもともとの才能が、なければ叶わない彼女の実績。それが花開こうとしている時に、自分が止めてしまう事にも、自分が許せなかった。

(かと、言って・・・もう、・・・堕ろして・・・なんて言えるわけない。)

そうもして欲しくない、自分もいる。

“ 仕事も恋愛も友達づきあいも完璧な理想の男。”

(それは、全くのドラマの中の敦賀蓮だ。)

クオン・ヒズリには、できなかった。
仕事、彼女の夢を諦めさせて、彼女に辞めさせるような、恋愛に、実力でここまで勝ち取ってきた、敦賀蓮を殺してしまうような、友達づきあいに、
今は仕事のオファーはあるけれど、敦賀蓮が久遠ヒズリだと発表してから、そのまま継続できるのか不安だらけの仕事への状況に、何もできない。

そして、保津周平の二の舞。

ジュニアも、犯す同じ道。出来ちゃった結婚で産まれたジュニアがする、できちゃった結婚。
変な言いがかりや噂を振り撒くに違いなかった。
そして、自分の子供にも、同じレッテルが貼られ、そういう風に見られて育つのは、許せない。
お爺ちゃんも、お父さんも、そしてその我が子も、きっと、また、できちゃった結婚で産まれた3世が、できちゃった結婚で、4世をこの世に送り出す。そんな見た方をされるかもしれない。
自分の孫が、さらにそのまま引き継いで行くかも知れない、続く螺旋状の抜けられない同じ遺伝子を持つ子なら、クーや、俺と同じ道をたどりそうだ・・・。愛する心も愛される心も不足して育ったと思っていたけれど、そうではなかった。と、思える今が分かっていたとしたら、
あの時あの15歳の時まで飢えていた愛情をこんなに求める事は無かったかもしれない。



ふぅー・・・




もう戻れない瞬間(とき)だけを、悔やんでしまうのは・・・なぜ?




Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 11.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray