• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.71

Category : Story-I of LDs
いただきます。

声を揃えてお重を開けようと、風呂敷を解き、蓋に手を伸ばした。手が震える。そこに載せられてあった、半紙のお品書き。そして、その文字。
私でも知ってるほどの、超有名老舗。


ぶっ!

鼻血が出るかと思った。こんなの、各国の王様とか、首相とかしか行く人が思い浮かばない。
夜な夜な繰り広げられる、宴の模様。世もワルよのぉ~。へへっ、おでぇ~かんサマには、かないませんや。わっははっ。

(・・・そんなことしか、思い浮かばない・・・。)


ちょっと、蓮。
いつも行くの。ここ?


ん?そうだけど。
なんで?


~~~!!!!

(オイオイオイ。なんで平然と、なんて平然と、どうして平然というのですか~ぁ、貴方は。)


は、は、初めてお目にかかります。
ワタクシ、最上キョーコ。
ついこないだ、そして、今も庶民でございます。
どうぞ、宜しくお願いします。


そう言って、桐のお重3段重ねに、お辞儀をした。


ぷっ。
なにそれ?
キョーコ。お寿司だよ。

あぁ、他にもあるよ。
お通しとか、お刺身とか、揚げ物、焼き物。


そう言って、蓮が開けた蓋の中身。

1の重、2の重。二人前のお寿司。一段づつ。
3の重。ハイ、デマシタ。お惣菜と呼んでしまってもいいのだろうかと、思わせるオシナの数々。


大丈夫?
なんか、緊張してるけど。
気分でも悪いの?


そう言って蓮が立ち上がって、隣の椅子に座って熱を測るように手をおでこに当てた。


ん~、わかんないな。
同じだな・・・。多分。
どれどれ・・・


おでことおでこを付けて熱を測っている。
やっぱり、キスがしたくなった。ちゅっとおでこにキスをしても、自分が収まらない。
唇にちゅっとしても、キョーコは返してくれない。


(あれ?どした?キョーコ。)

・・・キョーコ、固まってる。


(200円、入れないと動かなくなったか?)

そうも思えば、動き出した。その口。
でもキスではなく、喋りだした。


・・・ごめんなさい。


(ん?なんで?何もしてないじゃん。キョーコ。)


どしたの?おかしいよ。
なんか、悪いことしちゃった?俺。


うんん。


頭をフルフル横に振っている。本当に可笑しい。でも、なぜか笑いが込み上げる。

ぷっ!


とうとう、噴出してしまった。



ごめん、ごめん。キョーコ。
体の調子は大丈夫だね。

でもね、気にしてることあるんだね?


おいで。


腕を広げて、来るのを待った。やっぱり抱きついてきてくれた。じゃぁ、大丈夫。
俺が今、キョーコのおでこに、おでこを付けたときに聞こえた、キョーコのテレパシー。
多分、当たっている。
抱きしめたまま今日思ったこと、今日考えた事を話し出した。


今日ね、新しい人生が俺に訪れたんだよ。
知ってる?
なにか?


うんん。わかんない。
ピアノの事?


うん。それも、もちろんね。
でもね、今日は、初めての日。
俺と、キョーコ。初めて素直に恋人としての気持ちで過ごした日。
今までのように先輩、後輩じゃなくて、
お互い役を付けてなくて、役の中で生きていない。
本当の、君と俺。

それが、嬉しかったよ。

今日、一日中。


それでね、思った。
家に帰ったら、もう、敦賀蓮に成らないから。
だから、キョーコも、京子にならないでね。

分かる?言っている意味。

外に出る時は、敦賀蓮に戻るけど、仕事だから仕方ない。
いつも、カッコよく見せないといけないからね。この仕事だと。
でもね、いつも君の傍に居る時は、蓮になるから。
それでいいかな?


でも・・・。


しー。

キョーコの口に人差し指を当てて、何も言わないで。と促せば、当然ウインクもしたくなる。
胸に抱き寄せて、自分のかざらない自分の香りの中で話し出す。

家に居るとき、今まで一人でも・・・
いつも敦賀蓮でいなくちゃいけない気に成っていた。

はぁ~・・・
・・・時々、疲れるんだよね。
アイツ。敦賀蓮。
カッコよすぎて。

自分でも、自分のこと言うの可笑しいけど、
女の子、男の子、女の人、男の人。
全ての人を魅了してやまないように、いつも何かに向かってがんばってるんだよ。アイツ。
何が、そうさせてるのかは分からない。
でもね、自分が疲れた。そう思ったとき・・・、久遠に出逢った。

久遠はね、すごく似ている。俺に。
容姿も、何もかも。
でも、違うのは・・・

素直にキョーコを愛していること。
いつも、素直にキョーコの前に居る。真っ直ぐで、かざらない。
自分のしたい事、自分のしてあげたい事。全部全部、してあげる。

久遠みたくね、なれたらいいかな。キョーコに。
それに、久遠の様に自分が素直にキョーコを愛してる。と言える日が来た。

それが今日。

君に弾いたピアノの曲。
美月じゃなくて、美緒に弾いていた。あの時。
まだ、素直になれてなかった、あの時。

でも、それがキッカケじゃなかったよ。
たまたま、偶然ね。今日だっただけ。
それに、その偶然は、魔法の様に起こった。
シンデレラは、12時に魔法が溶けてしまうけれど、
12時に掛かった、俺への魔法。
君が作った、魔女の媚薬みたいなピンクの飲み物。
一口飲んでみて、君に掛けられた魔法。
君に恋をして愛して欲しいと感じた、君の素直で真っ直ぐ向けてくれた、
君からもらった気持ちと、それを素直に受け止めた自分の気持ち。
自分もそうでした。
そう、伝えたかった。でも昨日は、素直に、君に言えなかった。


キョーコを抱きしめていた腕を緩めて、両手を握って見つめた。



俺は、もう、ずっと・・・
ずっと前から

貴方に恋に落ちていました。



最上さん。


ずっとずっと、大好きでした。



・・・キョーコ、これからも、宜しくね。
蓮を見てて欲しい。




はい。



指を絡めて、キスをした。誓いの様な、神聖な気分。
でも、久遠の時にもしたこの誓いのキス。

二度目の誓い。もう俺は、二度と離れられない。


(それでいい。どっちの誓いを守るのかは、キョーコが決めればいい事。それまで、久遠で居る時も、蓮で居る時も、両方が全力で君を守り、全力で、愛してあげるから・・・。その時を、待ってるよ。)


それにね、もう一つ。今日のおまけ。
報告です。
ダウンロード、視聴率20%に成りました。
20ミリオン。
ビックリした。2000万人。
今日一日で。
でも、キョーコに弾いた曲だから、キョーコ一人の為の、俺だから。
敦賀蓮は、最上キョーコの為に、弾いたこの曲の印税は
全て、君の為に使うと決めたから。
だから、ここで生活するのにも、何かを貰ったりするのでも、何も心配しないでいいんだよ。
なんなら、家でも買おうかな?
今、じゃないけどね。まだ、続くと・・・
そうなったらいいかな?と、思えるぐらい。
それぐらいだから、何にも気にしないで、もっともっと傍に居て欲しい。

君の為に、これからも、弾いてあげる。

でも、日本中のモノにならなきゃいけない時は、ごめんね。
仕事だから。
でも傍に居てくれて、もっと愛してくれるとね。
きっと、もっと上手く弾けると思う。

クイーンレコードのプロデューサーと、
うちの社長と、緒方監督に言われてこれからも、
何曲か出さないといけないみたいなんだ。

(めんどくさいけど・・・。)

ドラマDreamsの中で弾く曲はすべて、
キョーコ、敦賀京子に、俺の妻に弾く曲だから、
君への愛を、受け取って。
それは、一人。君の為に弾くよ、全ての曲を。
だから、結果は、全部、キョーコのものだからね。
なんでも、素直に言って。
俺も、素直に、なんでもするからね。



じゃ、いただきます。
しようか?

どれが好き?キョーコ。


・・・ありがとう。蓮。


うんん。ありがとう。キョーコ。


俺は、自分が久遠から蓮に戻る為に弾いたこの曲で、偶然おとずれたキョーコと蓮とのタイミング。
全て魔法がかかっている様に起きたこのタイミングは、キョーコによって変えられた俺の中の変化。久遠から蓮に戻してくれたのは、キョーコの初めての体験だったけれど、また、このタイミングで、キョーコに変えられてしまったもの・・・。

もう、俳優敦賀蓮でも、俳優久遠ヒズリでも居る必要もない。
蓮と久遠から、キョーコが変えた、クオン一人そのままに。


今日という日を絶対に忘れないだろう。




・・・
お疲れ、敦賀蓮。今日も一日、がんばりました。
また、明日。

そう思って、着替えた楽屋での出来事。なんの匂いも付けられなかったことで、そう変えた自分。そして、クーとジュリへの感謝を素直に心から思った。
もし自分がクーとジュリの様に、俺を選んでくれたように、これから歩んで行かなければ成らないとしても、それは、キョーコの決めること。

それが、いい。

君に託した俺の思い出の詰まったあのオルゴールは、俺の人生そのものの軌跡。
あのオルゴールには、まだまだ沢山、入れられる空間が。これからの人生も君に託して生きている今を、忘れない。クーへジュリへの感謝と共に、これからの人生も、君に託して生きて行きたいと思う願い。


はい、あ~ん。

おいしい?


んふ。美味しくないわけ無いでしょ。
ちょー老舗だし。
初めて食べたぁ。ビックリ。

はい、蓮も、あ~ん。


・・・

(そうその笑顔で、子供の頃から変わらないその笑顔のままで、俺をこうやって見ていて欲しい。)

天使が空から舞い降りてきた。

そう思った空に、飛び立ちたくて飛び立ちたくて、羽が折れてしまうのは、大きな大きな父の背中から生えている羽のせいだと思っていたこと。
でも、実は、飛び出さなくてもよかったんだ。
優しい、暖かな笑顔の天使は、自分で空に向かって逢いに行かなくとも、俺の元に降りて来ててくれていた。この笑顔の天使が、俺の初めての心を許し合った初めての人。
初めての友達だから。

これからも、笑顔を。

笑顔を絶やさないように、全力で努力することをここに、

Cheuhonn Coo Hizuri Jr. は、誓います。


そして、地上から空を見て天使に、君に誓います。

幻想が現実になることを。ここ地上から、天空(そら)へ。







・・・(はっ!しまった。)

それは蓮。今ものすごく感激に浸って幸せをかみ締めていたのに。役者なので、気分を倍増させる癖も術もある。

(桐のお重箱なんて、食器洗い機に入れられないじゃないか!?)



そんな事を急に思っても、ご飯は進む。キョーコの食欲も勝る。


ご馳走様。
本当に、蓮、ありがとう。
スーパー幸せで~す。


そう言ってニコニコの笑顔の天使がここに居る。俺のそばで。


どうする?
コーヒーかお茶か、なんか。

入れてくれる?よね。


(え!? 入れてくれる? そうだった。俺の受け持ち。食後の飲み物。)


いいよ。
もちろん。


じゃぁ、私は・・・。


そう言って、洗い物を持って立ち上がったので、自分も一緒に立ち上がる。


あ、蓮さっそく、使いま~す。
本当に、どうもありがとう。


何を?

(もちろん、食洗機の事だよな・・・。)


うん。そう。

今日、実はね、洗いたくないな。って思ってた。
コレ。
蓮の気持ち。
嬉しくて、涙が出るかと思った。
ミューズにしてもらった時。
でも、ミューズの前で泣くわけにいかないから、ガマンしたよ。

それに、ピアノの曲も。
蓮の気持ちがたくさん詰まってて、嬉しくて嬉しくて。


そう言って、二人で食器をキッチンに持っていくも、 はい、じゃ蓮は、あっち。 と、指差して、コーヒーを入れさされた。


・・・。

無言で自分の好きに豆をブレンドして、コーヒーミルに(今日は粗引きにしよう。)と、思いながら、お寿司の思い付きもアラビキだったな。なんて、思って掛けていて、ちらっと横目でキョーコを見れば、ジャーっとシンクに水をタップリ張っている。


(ん?なんで?)

疑問だった。洗うのにソコにはそんなに出さなくてもいいだろう。そう思っていた。


んふふ。
蓮、さすが~ぁ。
セレブ。


はい?
何?ドウイウコト???


そう思ったので、直に聞いた。


桐のお重を付けている。その他は食洗機に入れている。もちろん、コンシェルジュも気を利かせて、食洗機用の洗剤も置いてある。

キョーコは、食洗機に洗剤を入れて、食器を並べながらニコニコしている。


よし。と。
はい、終わり。


ん?それは?どうするの?


あぁ、だって知っててこのお重箱にしたんでしょ?
だから、セレブ。って言ったのよ。
漆とかの塗り物だったら、すぐ洗って拭かないといけないけど、
水に浸せないしね。

でもこっちは、水に一晩つけて、次ぎの日、乾かしてから拭くだけよ。
洗わなくていいの。洗っちゃダメだからね。

え?知ってたよ・・・ね?


(なんだ。そうなのか。ふ~よかったぁ。どちらにしますか?って聞かれた時は、どっちでもお任せします。って言っちゃったし。)


う。もちろん。


(なるほど。桐の香りも付いて一石二鳥だったし。)


ん?嘘付いてるでしょ。


え?付いてないよ。


そう。じゃぁ・・・
私は、ハーブティがいいな。
あ、やめた。
焙じ茶。にする。
梅干入ったやつね。


(おっ!さすがキョーコ。気にしない性格。だ~いすき。)


焙じ茶ね。
いいよ。

えっと、梅干、梅干。


冷蔵庫を開けて、一番上の高い所から梅干を取っていて、気づいた。

(えっ!梅干!?酸っぱいもの? 食後なのに?)



食前に酸っぱいものは、食欲増進で、前菜とかで出て来るけど、今?
今、欲しいの?


思わず、聞いてしまった。
コクリと頷いて、ニコニコしている。そんなキョーコを見ると、幸せだ。



うん。今。


あぁ、そう・・・。



(こ、こ、これは、本当に敦賀蓮、・・・余命2週間かもしれない・・・。)

おもわず、急須の蓋がカタカタ震えてしめられない。
でも、ま、いっか。そんな、気にしない性格のキョーコに乗っておこう。今、幸せなんだから。
それに、利尻昆布の佃煮も添えてみた。薄塩でおいしい。しかも、梅風味の。試しにどう言うのか気に成った。これは、完璧に、デザートでは無い。そう言いたくても。


じゃ、これでいい?


うん。ありがとう。
あ、これも好き。
昆布、中に、入れよっと。


へ~。


(なるほど。どうこうしても、酸っぱいものがいいんだ・・・。ま、薄塩だったら体に大丈夫だよな。)


自分のコーヒーも沸いている。
カップとソーサーがカタカタするので、マグカップに変えた。それでも、マグカップと、コーヒーカラフェがガチガチいって、震えている。


ん?どした?蓮。


いや。なんでもない。
さ、どうする?
これから。


自分のカップ片手に、反対の手でキョーコの手を握って、リビングの方に促した。

(これから。だって、言っちゃったな。本当に、未来これから。も、なんとなく混じってしまった・・。)


ずずっと一口、コーヒーを啜りながら、リビングに行った。



なんか、テレビでも、見る?
何がいい?


そう思って、テレビを着けたら、もうすぐ、12時。

Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 04.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray