• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.69

Category : Story-I of LDs
ごめん。もう待てない。


家に着くまでガマンしようと思っていたけれど、Ms. Woodsの車が居なくなったら、ガマンできなくなった。いつものキョーコも可愛いけれど、ナツでも美緒でもない、普段のキョーコが綺麗に2倍増しの大人美人になっていた。

キョーコから香る、白の香り。

稽古の終わり、撮影に行く前に、こっそりキョーコのバッグに入れておいた。
なんだか、嫌な予感がしたから、お守り。と思って忍ばせた。お守りは使ったみたい。

マッサージされてない所からも香るぐらいの、ほのかな香りは、こうして抱き寄せないと分からないから。
時々目をうっすらと開けると、目を瞑るキョーコが愛しくて、キョーコの両手が俺の頬を包んでくれると、その左手を握り締めた。

薬指のネイルを指で触って確かめると、ものすごく幸せだった。



(さ~て、これで大丈夫。食洗機、ぜったい使わないとダメだよね~。)

ほくそえみながら、蓮はもう急がない、ゆっくり安全運転でお家に帰った。





マンションに着くと、以外に物が多いのに気づいた。7個も8個も持ち物がある。
蓮はトランクを開けて見つめている。


・・・キョーコ。
今日は、抱っこできないよ。



当たり前、でしょ。
さ、一緒に持って家に帰ろう。


蓮は全部持つつもりだったのか。そんなことはさせない。


ふふっ。
私たち、夫婦でしょ。
私に、気を使わないでね。今も、そして

・・・これからも。



そうだね。じゃぁ、コレとコレ、持っていって。


平静を装ったが、キラーにやられていた。今朝のプロポーズのプロポーズ返しをしたつもりだったのに、さらに、プロポーズで返されてしまった。

(全く、この子は天然キラーだ・・・。)

あまり重くない社さんに受け取ってもらってきた、お重の入った紙袋と、キョーコの鞄を持たせようとすると、コレもコレも大丈夫よ。と言って、結局半分づつ持って部屋に向かった。


地下駐車場から、中に入ったところでコンシェルジュが駆け寄ってきて、キョーコの荷物を持ってくれた。

キョーコは、お重箱だけを持って、裏口のエントランスでカードをスキャンして暗証番号を打った。それを見ていたら、間違えないで押していた。それを見て複雑だった。

自分の誕生日が間違いなくインプットされたのには嬉しいが、間違って覚えていれば、一人で家に帰ることは無い。という事。エレベーターに乗ってからも間違えないで押せていた。

(そっか、一人で帰って来れるように、なってしまったか。)

最上階のボタンを押して上に上がるも、コンシェルジュ付きであった。
3人、じーーーっっと、階数のあがる表示を見るだけで、ただただ無言。



エレベーターの中で、キョーコは気づいた。持たされている物が、お重箱だと。

(ふふふ。お寿司だ。本当に食べたかったんだ。)


うふふ~。
蓮、お寿司食べたかったんだね。


無言のシーンと聞こえるような空気を打ち破ったのはキョーコだった。


えっ。あぁ、そう。

(本当は、キョーコの作れない物。を考えた結果なんだけどな。)


また、コンシェルジュも居ることなので、無言に戻った。
エレベーターの前で全部受け取って、乗ってきたエレベーターでそのままコンシェルジュを帰した。


玄関先で、ただいま、お帰り。のチュウをした。

そこまで照れもせず、キスをするという感じでもなけば、はいはい。そーですか。って感じが、なんとなく、本当の夫婦みたいだった。


Ms Woodsに頼んだ化粧品などと、キョーコのバッグをゲストルームに運ぼうと、その部屋のドアを開けた。
今まで、キョーコが使っているのだから当たり前だったが、一人で居た時には使ってなかったこの部屋からは、女の子の香りが広がっていた。何の香りか分からないけれど、キョーコの香りだ。と思ったのは、夏の日のあの河原で出逢った時のキョーコちゃんからの女の子の香り。
日向の太陽の香りは消えていて、大人になったキョーコちゃんの女の子の香り。

ふと蓮は気が付いた。

同じお風呂に入ったバラの香りが、自分の腕の中から香ったバラの香りと、キョーコの体から香ったバラの香りと違った、久遠として愛し合った夜を。もともとのこの香りには、優しく包まれるような甘い雰囲気。そこに足されるバラの香りが、もっと甘い香りに成っていた。

今日は珍しく、朝と違った服に着替えている楽屋で、いつも朝、シャワーの後に直接着た服を又着る時は、決まって好きなau the blancの香りだけれど、今日着替えた服には、クリーニングの匂いに混じって、自分の匂いがした。付けている匂いではなかった。

そう思い、自分の腕をクンクンと嗅いでみた。

さっき、キョーコを抱きしめた時に付いたau the blancの香りが、かなり微かにはするけれど、
いつも仕事上がりに、もういっちょ気合入れて、敦賀蓮をかぶせて帰る為に持ち歩いているボディクリームも、キョーコの鞄に忍ばせてしまったのだから、今日は何も付けずに帰ってきた。


なるほど。
俺の匂いってわけか。


なんとなく納得して、キョーコを迎えに行ったとき、キョーコは抱きしめられてどう思ったのだろう?と、思っていた。





・・・・・


キッチンに食器を出すのに消えていたキョーコは、今日の素敵な夜をどうお返ししようか?と、思っていた。それよりなにより、シンクの下のキャビネット隣に、アメリカンな大きさの食洗機にすぐに気が付いた。鍋も食器も何から何まで全部1回で入る容量。すぐに中を開けて確かめれば、やっぱり新しい。今まであったっけ?と、気が付かなかっただけか?と思っていれば、やっぱり朝までなかった。と、考えていた。

今日、ミューズにしてもらった、蓮からのプロポーズの様なネイルを壊すのも嫌だな。と、思っていた時だった。


も~ぉ。蓮はぁ~。
これを付けたからネイルにしたのね。


指輪とか貰ってもまだ日も浅いし、外してもいい。ネイルなら外せない事を考えてしてくれたのか。と、気が付いて、メロメロに溶けそうだった。
ハンドクリームも、マッサージも、全部ぜんぶ、今日の朝から私の事を考えてくれていたと思うと、嬉しくて嬉しくて、カイン大型犬を見た時のように、胸が奥から、きゅ~ん。っとなった。

(ひゃっ!しまった・・・二の腕ぶよぶよ。とか思われたのかしら?)


自分で二の腕を触ってみたが、昨日抱きしめられて寝ていた寝苦しい体勢で起きた朝の、浮腫んでいたのがスッキリしていて、肩も首もこってなかった。

(は~ん。これも気が付いたのか。)


うふふふ。
もう、蓮ったら。


ものすご~く、嬉しかった。それに、キスマークも消えかかった。でも・・・首に手をやって思った。


久遠の事を忘れたくない。


でも、蓮の事も大好きすぎて、どうしたもんか。と思う。
でも、今日、迎えに来てくれた蓮は、久遠に本当に似ていた。

久遠と過ごした、映画撮影中のことや、初めてした時のこと、この前の久遠と過ごした夜のこと。そして、エレベーターが閉まって、上に行ってしまった久遠の顔を思い出した。


彼は、現実の人なのに、妖精は幻想の中に消えて行った。


それと同時に思い出したのは、
一昨日の地下駐車場で追いかけた、現実の人、蓮の背中。


両手を伸ばしてネイルを見つめる。久遠が私に掛けてくれた、たくさんの魔法に愛を感じ、今は、蓮からたくさん魔法を掛けてもらっている様だった。そして、それにも、愛を感じている。

久遠への愛と、蓮への愛が、本当に同じだと気が付いた。

さっき、迎えに来てくれた蓮からは、蓮の香りがした。かざらないそのままの蓮だった。
それが彼は敦賀蓮なのだけれど、テレビや映画に映る、よそゆきの敦賀蓮ではなかった。
久遠もホテルで過ごした時に、朝のジャージにTシャツでボサボサ久遠ヒズリは、撮影中や画面には映った事の無い、そのままの久遠ヒズリ。


二人ともau the blancの香りは同じだけれど、起き掛けや、時間の経った香りが同じだったと、二人に抱きしめられて思った。


・・・(ドッペルゲンガー・・・恐るべし。)


そのままの香りまで同じとは・・・。
う~む。やるな。


男の人の匂い。誤魔化さない男の人の匂い。おっさんからくるオッサン臭とは程遠い。なんていうかな、優しい包まれていたい、守られるっていうのかしら?どうも表現できなくて、すみませ~ん。・・・多分、これが久遠と入ったバラの香りの泡風呂の後、愛し合った時の久遠からの香りと自分の香りが、同じはずなのに違ったと思ったことなのかな。


(うふふ。じゃぁ、蓮とバラのお風呂に試しに入ったら、そしてその後・・・やっぱり、久遠と同じ香りになるのかしら?)


フルフルと頭を振って、にへら~とした考えを追い払った。
コホン。と小さく咳をして、食器を出して、ダイニングに行った。


テーブルに行くと、どうも長々と考えすぎていたようで、確かにいつも蓮は帰宅すると必ず着替えに部屋に行っていたが、今日は帰って来るときからラフな格好だったので、そのままでいる。


ごめんね。遅くなって。
食器洗い機、見てた。


あぁ、気が付いた?
これで、手も荒れないよ。女優さん。


(はっ。そうだ、私、女優だったんだ。)


え?今、それ?
気が付かなかったの?
女優、京子だよ。
手荒れなんて、許しません。


ふふっ。と、笑う蓮を見ると本当に嬉しかった。

そして、もちろん。蓮も嬉しい。

(チャンス!プロポーズ返し。)

今日は、共演者キラー戦は、朝の1勝1敗のまま休戦らしい。代わりにプロポーズ大作戦らしい。


これからも、ずっと一緒なんだよね?
俺たち。
ずっと、毎日ご飯作ってね。



えっとぉ~。

はい。


(よし。プロポーズ返し成功!)


そうですね。
ドラマのクールが終っても、
私は、貴方の恋人ですね。

そして・・・


(なになに?そして・・・の後。はやく早く~。)


蓮はそう思っていたが、キョーコはそれきり言葉を続けてくれなかった。


さ、いただきます。
どうも、ありがとう。蓮。


そう、言って抱きついてきて、背伸びして俺の肩に手を乗せて反対の手が下を向けと促しているのに気づいたら、頭をグイッと引っ張られて、おでこに、ちゅっとされた。
何が言いたかったのかは、のちのち分かりそうだった。なぜ続けなかったのか。そしてその前、えっとぉ~。で、一瞬ためらったのも。



(その時は、一人の人に成りますよ。どうぞ宜しくね。キョーコ。)

そう言葉を返したくて、胸に抱き寄せてキョーコの頭をぎゅっと両腕で抱きしめた。

(しまった。プロポーズ返しの返し、クオンにされた。・・・さすが天然キラー。)






_____


プロポーズ大作戦決行中に、嬉しい悲鳴をあげた一人の男がいましたとさ。

Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 04.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray