• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.66

Category : Story-I of LDs
モー子さんの楽屋に行ったら、メイク中だった。



うわぁぁ~。モー子さん。
綺麗よ、きれいよ~ぉ。


はぁ?そうかしら。
いつもと一緒だけど。


いつも、綺麗よ。モー子さんは。


(なに?なんなの?なにも出さないわよ。)


ありがと。キョーコ。


奏江は、にこっと、優しく微笑んだ。。


(キョーコは、綺麗になった。特にこの前、スター専用エレベーターからダレカ?と乗って降りて来たときから。)


は!って、そういやアンタ、
ヒズリさんとはその後どう?



え?久遠。今、アメリカに帰ってるよ。

あぁ、そうそう、ちょっとごめん。


キョーコは、携帯で時間を確かめると、メールを打ち始めた。


ごめんね。久遠。
忘れてないよ~。


ボソボソそんな事を言いながら、メールしているので、ヒズリさんにメールしているものと思われる。


よしっと。
あぁ、そうそう、

あなたも、いつも愛してるよ。

って、追加、ついか・・・。


(へっ!?日本語、間違ってるわよ。キョーコ。)

そのボソボソが、以外に大きな声で、メールを覗きたかったが、人のラブメールなんかに首を突っ込むのは趣味じゃない。間違いは訂正して。と、言おうかと思ったケド・・・ね。


うふふ。

なにやら嬉しそうなこの子の顔を見ていると、こっちもラブオーラを受けて、ラブ度が上がりそうだった。


へ~、じゃ、うまく行ってんだ。
遠・距・離・恋愛。


うん。そう。
電話を両手で包んで、胸に抱く姿は、心の中に貴方がいますよ。との表れなのか。と思わせていた。


ふ~ん。



奏江は自分の身にもこんな事が起きるのは、いつの事になるのやら。と、思っていた。

(最低、今年14歳だから後待っても4年よね。私も22歳かぁ・・・。)


ねぇ、キョーコ。ヒズリさんって、いくつ?


(まぁ、男と女で、男が年上だったら関係ないか・・・。)

電話を両手で持ったまま、口元につけて えーと。と考えている。


22歳。だよ。

ふ~ん。タレント名鑑の仕分けした時、プロフィール見たけど、
誕生日は書いてあっても、何年生まれ。とは書いてなかったわよね。
あぁ~!そうそう、幼馴染だったわね。アンタとヒズリさんって。


そう、私が6歳で、久遠が10歳だった。
だから、22歳。
それにね・・・。


――― ブーン・・・ブーン・・・

あ、ごめん。メール来た。
久遠かな?


そこまで言って、携帯が震えたので話が途切れてしまった。
ま、彼氏からのメールだったら、すぐ見たいわよね。と思って、それにね・・・。は後でにしようとも思っている。
やたらと、にやけ、くずれた顔のキョーコを見れば、それは間違いなく彼氏だろう。と思う。

(22かぁ・・・。男が22で、女が18ね。4つ。)

奏江は考えていた事を、口に出そうと思っている。


ねっ、アンタさ。
あぁ、メール中悪いけど、聞いてもいいかしら?


へっ?なんでも大丈夫よ。
モー子さんには、包み隠さずなんでも、OKで~ぇす。


(ま、隠さずって言っても、ただのノロケ・ラブ話聞いてもしょうがないわ。)


ん、っとね。
キョーコは、年上の人と付き合うのってどうかな~?って思って。


ん?年上。でもね。
ふふふぅふ~~


(ま~た、にやける。聞かなきゃよかったかも!?)



ま、年上なんて関係ないよ。
だって、私の前では、子供みたいな事、言ったり甘えたりしてね。
そんでね。ふふっ。


両手で相変わらず持っている電話で口を隠して、思い出し笑いの様ににやけ切っている。

(一体、ヒズリさんは、画面の男前のツラガマエで、どんな子供になるんだろう。あの、くそデッカイ身長のくせに?)

そう思わされるほど、にやけている。

(でも、ま、年上なんて関係ないよ。と、言ってくれてるし・・・。関係ないわよね。やっぱ。)


ん。年上でも大丈夫よね。
でもねぇ~・・・


ん?なに、モー子さん。
何が聞きたいの?


そのぉアンタの逆。よ。


プイっとそっぽを向いて、腕を組んではいたが、意を決したようで奏江はキョーコに続けていった。


女が22歳で、男が18歳って、どうかな?

と、思ってるんだけど。
どうよ?どう思う?


ん~、反対ね。
いいんじゃない。
あぁ、・・・でも誰とは言えないけど・・・
高校生には手を出さないって言ってた人がいるよ。


へっ。包み隠さず。でしょ?
誰よ。


ん~~~、でもな。


ま、いいわ。どうせ聞いてもしょうがないしね。
そうね、高校生に大人がってのは、どうもねぇ・・・。


ちょい、落ち込み気味のキョーコに、気が付いた。

(は!、この子まだ高校生だった。ダブってるけど。)


あぁ、ごめん。アンタはでも
本当は高校生じゃない歳だからいいと思うよ。

はぁ・・・。高校卒業ね・・・。
長いわ。



なに、なに?
どうしたの? モー子さん。



・・・・。


モー子さん?


お~い。と呼んでも、手を振ってみても、機嫌を損ねたのか、無言である。

とりあえず、急いでメールしたかったので。
畳敷きの、ちゃぶ台の下でメールした。・・・それは、蓮からだった。


“ お寿司が食べたい。蓮。”


と、だけなので、何寿司がいいのか聞きたくて、ウズウズしていた。早くしないと、仕事に戻ってしまう。とも思っていたので、ちょー短い、聞きたいことだけ書いてしまった。


“ ちらし寿司?”

(ふふっ。先生も最後の日、ちらし寿司。食べたい。って言ってたなぁ~。)

そんな事を考えていると、すぐ返事が来た。



“ にぎり寿司。が食べたい。
何時に終るか、メールに残しておいて。
撮影再開したからね。(‘-^)~☆ 蓮 ”

(お、ウインクしてる。そういや、蓮もよくするな~、ウインク。)

・・・・・。

自分で鏡で試したウインクは、日本人のガラでないと判断して、一気にリアルに冷めたっけな。

そんな事を思い出していたら、急に、??? あれぇ?
と成ってしまった。

(久遠がするウインクって、先生に顔が似てるのは当たり前よね。親子なんだし。
でも、あの角度。あの角度のウインクって、蓮も、先生にソックリぃ?なのか・・・?)

自分に問いかけて、ん~。。。と考えてしまった。

(でもな、日本人で、ウインクが似合う人って言ったら、敦賀蓮以外、誰かいるかな?
あ~、まぁ、顔がイケテル男の人は結構してるわね。自信家って感じよね。)

思いついたのは、貴島さん。あのバカ尚。
俺に落とされない女は居ない。とタップリの自信家と、俺様に寄れるヤツは、最高峰の美女。と、こちらも自分を最高峰の美男とうたう、バカ。

なるほど。蓮も相当の自信家だしな。でも、上のヤツラとは違う種類の自信家よね。
女に対しての自信じゃないし。仕事にも、友達づきあいにも、そして、一人を愛する恋愛にも、完璧。その全てへの自信ね。それに付いて来る、理想の男。とは、その想われている一人が思っている事よね。

なるほろ、なるほろ。ウンウン、勝手に頷いて、ついでに、その想われている一人。が言うんだから、間違いない。と、勝手に一括りまとめて終る。


ちょっと、キョーコ。
聞いてる?


ん?あ、ごめん。
ちょっと、急ぎのメールがあって。


え?
・・って何時なのよ。今。


は?4時でしょ?
まだ、呼ばれるまで大丈夫じゃない?


いやいや、収録じゃなくて、アメリカ。


あぁ、久遠は寝てるのかな~?
返信ないし。


ん?あんた誰とメールしてたの?
まさかね・・・?


奏江は、気づいて名前を出してみた。エレベーターの中に残された香りといい、抱きついてきた、この子の腕の中から香った、男物の香り。


敦賀さん?
そうそう、あんた、敦賀さん家に居るの?今。


さっき、挨拶の時に聞きたかった事を思い出した。
マンションのエレベーターの中に残り、ほんのり香った、敦賀さんの香りと、この子の香り。
この子を想う人が、彼氏が居る人に、なんやらするわけ無い紳士。と思っていても、気をつけろよ。と戒めたメールした事も、思い出した。


うん。
蓮とはね、今、夫婦なの。
それで、実は、本当の恋人になった。
って、誰にも言わないでね。
蓮のスキャンダルにしたくないし、蓮に迷惑かかるから。


!?!?


(なんですとぉ~!)


はぁ?

(れ・ん?って言ったわね?どういうこと?どういうこと、なのよ~~~~!?)


うふふ。


(うふふ。じゃなぁい~!二股?やっぱり二股?このラブミー部員1号が、かぁ!?)


え、って言うと、いわゆる三角関係ってこと?
よね?


ん~、三角関係では無い。
・・・と、はっきり蓮に言われたし、

久遠もいいよ。って言ってるの。




(はぁっ!? なんだそら?)

奏江はパニックだった。


へっ!?ってか、夫婦ってなに?
アンタ、何時の間に敦賀さんと結婚しちゃったのよ。

(ヒズリさんが居ないからって、敦賀さんが無理やりのわけないだろうしな。紳士だし。)



あぁ、それは、お稽古だよ。

今度ね、9月から放送始まる・・・、

あ、言っていいのかな?契約違反になるかな。制作発表前で。
ま、いっか。モー子さんだし。
あのね、Dreamsってドラマで、蓮の奥さん役なの。
で、敦賀京子。に成るから。私の役の名前。


緒方監督がDark Moonより力入れてるってヤツ?
アレって確か、違う女優さんが決まってたのよね。


そうそう、若奥様風の時。
4日前あの時、私、サワラさんに呼ばれてたでしょ?
そのとき、変更を言い渡されて、突然なんだけどね。


へ~。すごいじゃない。
若奥様風も役にたったって事なのかしら。


ん、映画。久遠との映画で決めてくれたと聞いてるんだけど。
若奥様は、うふふ。
久遠とおそろいだったのよね。
あの日。実は。

そうコレ。

今日、朝、蓮に着けてもらったイヤリングを外して見せた。


あの時は、久遠が着けてくれたんだけど、
今朝は、蓮なの。
ねねね。コレ・・・

(二人から。とは言わないほうがいいだろうか?ちょっと複雑だしな。二人の居ないところで二人の話をするのも、嫌だしな・・・。)


・・・。
って事よ。


勝手に言わないほうが良いし、人の事を勝手に話したくないので、勝手に締めくくる。



(ん~・・・。イマイチ分からない。)

腕を組んで考えてしまった。



(初めからオサライすると・・・ヒズリさんは彼氏。蓮は恋人。敦賀さんは夫。って事なのかしら?よく分かんないわ。この子の頭と心の中の切り替えしスイッチが。)

どうにも、複雑すぎて理解不能、キャパを越えてオーバーヒート寸前の脳みそだった。


でも、まぁ、
なんかよく分かんないけど、
アンタ、幸せなのよね。綺麗になったよ。

(自分で理解して出した結果オーライなら、それでいいのよね。聞かなくっても。)

それに、この前・・・
泣きそうでトイレに来て、
泣いた理由も話せなかったしね。
・・・いろいろあったんでしょ?


キョーコの頭をナデナデしてあげた。
これから着ぐるみに入るので、ボサボサにしても一向にかまわない。


うん・・・
急にドラマに出るの決まった時から、
私にも、変わった事が起き続けてきて。


ふーん。
でもいいわよね。
アンタ、ずっとずーっと、敦賀さんのこと

好き。だったものね。



へ~、知ってた?ヤッパリ。
うふふ。ごめんね。
はっきり言えなくて。


そう。

・・・あぁ~。いいなぁ。
私も、夫婦役してみたいな。キョーコみたいに。


ん?でも蓮と久遠の奥様役は、
金輪際、私、一人です。
どんな優秀な女優さんにも、譲れないよ。
それは。


あぁ、私は別に、
敦賀さんとヒズリさんがいいとは言ってないわ。

・・・私の事よ。

・・・年下。
いつも共演しても、姉弟役なのよね。

14と18。

がんばってあと4年。
アンタと同じ 22と18に成るのが。



へー、やっぱりモー子さんの想い人。
飛鳳クンだったんだ。
バレンタインのチョコ、手作りしたい・・・
って言ってきた時から、そうかな~ぁ。とは、思っていたけど。
でもね、男の子は18で結婚できるんだよ。
だから、もう少し大人になるの待てるんだったら、
待ってみたら、いいんじゃないかなぁ?

その時まで、その時を楽しんだら、いいんじゃない?

・・・私みたく。ね。


うん。そうする。
いつか夫婦の役が来るように
それまで、姉弟でも、楽しければそれでいいのよね。


そうそう、
楽しければそれでいいのよ。


(あら?声が。ナッちゃんに成ってしまった。)

ナツの口癖、何度も何度も、テイクで言った、ちょっと大人の美人(?)カリスマ高校生。のそのセリフ。
・・・でも、冷たいナツの言い方でなく、心からでた応援の気持ち。

微笑んで返していた。



Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 04.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray