• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.65

Category : Story-I of LDs


Dreamsのお稽古も終わり、私は夕方、きまぐれの撮影の為、3度も3日も、TBMに来た。
来週のスペシャルはいつもは生放送だけど、さすがに編集録画収録でと、連絡を受けていた。

ゲストはもちろん、上杉飛鳳クン。

と・・・・




きゃぁぁ。モー子さ~ん!久しぶりよ~!
あいたかったぁ~。
と、奏江に飛びついた。

ちょっと、もー、やめなさいぃー!はずかしいからっ!!!
 ん?と、奏江は思った。いつものキョーコだ。と。


モー子さん、モー子さん、ねー 聞いて聞いて~。


分かったから!離して!ってば。
それよりアンタ、今、どこ居んのよ。
家に帰ってきてないでしょ。いつも真っ暗だし。


え?そう?そうだね。あれっ?
でも、メールしてくれたから、気がついてると思ったんだけど。


とにかく、楽屋に行ってるから、
あんたスタッフに用でもあるんでしょ?アンタ、レギュラーじゃない。
後で楽屋で聞いてあげるわ。
それに、人に聞かれたら困るでしょ。


うん。じゃ、打ち合わせのあと、お邪魔するね。


はいはい、いってらっしゃい。


今日の収録は、ドラマの番宣で来ていた、飛鳳クンと、モー子さん。
実は前から、すごーく、楽しみにしていた。今日の坊には気合も十分。
・・・あ、あと、ハーブ&香草料理もね。

(ほんっと、いいのかしら・・・。こ~んなみんな嫌いな物。ほっといてあげたいわ・・・。)

自分でレシピは作るけれど、番組に使う料理は番組の方で調理師さんが作ってくれる。
でも今日は、愛するモー子さんの為に、自分で調理したかった。

・・・が、却下。されて収録のみになっていた。

それは、私にドラマのオファーが突然入ってしまった為、時間に余裕が出来なくなった為である。
あいかわらず、プロデューサーは、・・・無言。だった。

(ま、昨日もだったしね。ドンマイどんまい~。)

さてさて、石橋ズ 3人に挨拶を終えると、光さんは話したそうだったけれど、それどころじゃない。
ふ~ん。へぇ~。でなんとな~く、先輩には失礼だと思いつつ済まして、モー子さんの楽屋に向かって歩いていた。

LMEの先輩なので、もちろん、私とモー子さんの忌まわしき呪われたドピンクの関係を知っている。温かい目で見てくれているので、それに甘えて裏の空でもま、いっか。

(けど、ドンマイどんまい~。)

なるべく早く収録おわらせないと、蓮も迎えに行くかもって言うしな・・・。

(蓮、また、スーパー巻いて終らせるよな・・・。きっと。)

とりあえず、蓮の予定は今日もスケジュール通りだと、23時。でも、巻いて21時かしら・・・。
巻くよね~。ほんっと。
よく、巻けるよね。そんな2時間も。

ブツクサ言いながら、携帯で蓮にメールした。さっきまでのお稽古が、まだ1話目2話目だった為夫婦役はしなかったので、朝の気分もそのままに恋人どおしで過ごした。で、
メールにも昨日のように、ウワベだけの夫婦ゴッコの様には、書けなかった。
でもその代わり・・・


うふふっ。
本当の、恋人。だもんね。蓮。


“ 蓮、お疲れ様です。
今日は、どうしたい?ご飯はどうする予定ですか?
メール、下さいね。キョーコ ”


(愛してるとか、入れたほうがいいのかしら・・・?)


自分の打ったメールを見て考えていた。昨日は夫婦ゴッコの雰囲気も手伝って、素直になんでも打てたけど、今は現実的に恋人になってしまった。

(本当の気持ちというモノは、以外に照れるもんだな・・・。)

でも蓮だったら押しておかないと、すぐ他の人が寄ってくるかも!?とも思う。でも考えれば、昨日、あれだけ自分の事を愛してくれている。という事と、自分の二股(には、まだだけど。)二股心をも理解しての愛情を見せてくれた事が分かったので、蓮も自分を他所に他の人とは、何もしないだろう。と、いう自信も手伝って、そのままでいっか。と、思って送信した。


IPhoneを持ったままトイレに寄って、洗面台に置いて、じーーっと見つめて手を洗っていても、
昨日と違って、一向に返事は来ない。


(ま、当たり前よね。昨日は、たまたま休憩中だったのよ。その為のメールだし。)

携帯を持ったまま、モー子さんの楽屋を訪ねた。





・・・・・


蓮は、休憩中だった。


ちょうど、NGを出していた他の俳優と貴島のやり取りを見ていて、イライラしていた。

(早く、できないもんかな!それくらい!)

今日は、何気なしに貴島がNGを出し続けているのを見て、

(ん~~~・・・。)

と、腕を組んで、貧乏じゃないのに、貧乏ゆすりまでして、スタジオ隅の休憩所に居た。

(昨日の打撃が、大きかったのか?そんなに、あの貴島が、キョーコに夢中だったとはな。)


ふふっ。


社さんも、隣に居た。マネージャーは座ることなんてできない。蓮の横に立っていつも御付の様に指示を待つ。今朝の通勤中に蓮に言われた事を、考えていた。
今、蓮がなんで笑っているのかには気にも留めなかった。

(コイツ~! 仕事中だろ! きっとキョーコちゃんの事、考えてるに違いない。言ったらまた、こんなところでノロケ出すだろうし、ふんだんに色気を垂れ流して他の女優でも寄ってきたら、キョーコちゃんにも申し訳ない。)

もう、緒方監督には、さっき稽古の終わりに話してあった。


キョーコちゃんの首にキスマークがまだ付いたまま。だという事には、全然驚いていなかった。
それに、あの写真の中のキスマークは本物なんだ。と、俺がスッカリ忘れていた事を言っていた。
(そうだった、そうだった。)
緒方監督は、蓮のキスマーク付き写真もジーーっと見つめて、ナルホド。と、言っていた。
確かに蓮の肩と胸には、ぶつけた痣でなく、・・・キスマーク。
他のルージュのモノと違って、こっちの本物の方が目立たなくされている。
さすがプロのメイクさんだ。と思わされた。それがまたルージュを引き立てていて、大人で色っぽい妖艶な、齢22歳の… 俺からみたら単に弟的な若僧を俺より年上の男に思わせている。・・・って、敦賀蓮自身が、そうだけどな。

な~んて、担当俳優を、こそっとねじ込み売ってみたりもした。

(俺って、仕事は完璧な理想のマネージャーだよな。)

でも、コイツと違って、恋愛も。ってわけには、いってないし、理想の、男。ではナイカモな・・・。


その、コイツを見下ろせば、返してあったシリコンケース入りのiPhoneがテーブルの上で光っている。一瞬だけ、誰ですよ~。って表示が出るのもウラヤマシイ。
“ キョーコ ”って見えた。
仕事も恋愛もマネージャーとの付き合いも完璧な理想の男の携帯に、はぁ~。っと聞こえないように小さくため息を付いて、完璧な理想の休憩中のナイスタイミングに掛けてよこす、仕事も恋愛も友達づきあいも完璧な理想の彼女、で、奥さん(別の現場で。)からの、このいつも偶然起こるナイスタイミングにまで当たりたくなってくる。

(コイツの完璧さって・・・。時間もコントロールするぐらい完璧なのか・・・!?お前。)


蓮を見れば、メール着信。
上からなので、そのまま居たら見えちゃうぞ。なので、そっと離れた。

休憩所のさらに奥の角っこに、寄りかかって、緒方監督とのやり取りを思い返して考えていた。



・・・・・



(お、キョーコ。)

蓮は、辺りをキョロキョロと見回して、ケースを開けた。

メールを見て、頬杖を付いた。



(ん~。どうしたもんかな・・・。)

ご飯はどうでもいい。だけど、今日、内緒の食洗機にどう反応するかだよな~。


反対の手で、テーブルをコツコツ小さくピアノを弾くように叩いていた。

昨日と打って変わって、愛してます。ラブラブメールじゃないことに、気が付かなかった。
蓮も気持ちの中に、もうすでに、奥さん化しつつあったキョーコの存在に、別の仕事中に愛を語らなくても、昨日から、十分語らったので落ち着いていた。

愛してるのは、お互い分かったんだけど、もしかしてこれが敦賀蓮、最後の仕事で余命2週間だったら、、、の心配もあって、それに、社長が許さないだろう。
クオン・ヒズリが突然現れても、蓮の仕事は蓮で契約している。と聞かされていたので、久遠に仕事はくれないだろうな。事務所を変えても、この業界1位2位を保つLMEの社長から、他の事務所にもストップされるのも目に見えている。

なんて、いろんな心配ごとがあって、めずらしく、幸せオーラ真っ只中なのに、へこんでいた。


トントンと叩き続ける、指の動きは、ショパンのPrelude n.15 だった。


はぁぁ~。。。



ん、どうした?敦賀君。


あ、貴島君、お疲れ。


蓮は携帯をケースにしまい、あとで策を練ってから返信しようと決めていた。

貴島は蓮がメールチェックをしていたのを、遠く離れたセットの中から見ていた。ちょうど、テイクが終わった時だった。モニターチェックして、OKが、や~ぁっと出たので、ごめん、お待たせ。と言うつもりで蓮に寄って行った。いきなり話しかけるのも、メールを覗きこんでいるように思われたら嫌だったのと、昨日は打撃を食らったので、軽くだが蓮の肩をパンチして、行きますよ~。と促した。


(どーした?敦賀君。キョーコちゃんとのデート、昨日、ちょぉ~ウキウキしてたのに。)

初め、にっこにっこだったな。メール見てるときは。んで、頬杖ついて、考えてて、カタカタしてて、はぁぁ~・・・。かい。
あ、そうだ!あのカタカタ。



敦賀君、ピアノ聴いたよ。
上手くなったね。けっこう驚いた。

あれって、やっぱしさ・・・

聞かせたい人が居たんだよね。

あの時、美月に、じゃなくて、美緒にだったんだ。
本当は。

へ~、じゃ、打ち上げの時、悪いことしたかな~。って思ってね。
でも、あの時は、美緒は誰とも付き合ってないって言ってたんだよ。俺に。

付き合って、って言ったらさ、

喜んで。

って、返してくれたしね。

じゃ、なんで今、美緒に聞かせたのかなぁ?あの曲。
もう、Dark Moon終って、1年以上経ったのに。って、思った。

そう、昨日、疑問?に思っただけ。
あぁでも、俺もダウンロードしたよ。


いいモノはいいんだよな。やっぱり。

・・・そうだろ。


貴島は蓮の肩をぐい~。グリグリと押した。

(ぬぅぉっ。ここにも居たか、ツボ師。今日はやけにツボを衝かれるよな。)

キョーコが、やっぱりイイ。と言いたかった。いいモノはいいんだよな。諦めないよ。これからもちょっかい出すぞ。との、宣戦布告、挑戦状だった。

それは、へこんでいた蓮を見て、急に戻った感情だった。昨日は、かなりあの後へこんで、かなり遅くまで残業し、残業中も、ちぇ~ぇっ。今頃何してんだ!と気になってしょうがなかった。でも、さっき、メールの返信も後でするみたいだし、ため息だし、へこんでるし、、、で、喧嘩?もう別れた?振られた?と思ってしまったら、闘志がみなぎり戻った。


(昨日は、敦賀君にはカッコよく喧嘩売られたからね。)


あぁ、ありがとう。

ん~でも、今朝聞いたのは、ミリオン売れても、視聴率で言ったら1%ぐらいなんだよな。


え!そんなに売れたの?昨日。



(お!じゃぁ言ってやる。今、トドメ刺してやるよ。貴島。 鉄は熱いうちに打て。だしな。出た釘は打たれろよ。)

それは、美緒がやっぱり好き。いい者はいい。と言っているのがすぐに蓮には分かっていた。
付いていた頬杖を外して、その手を顔の下半分を隠すようにして、顔を逸らせた。



ん~、そうだな・・・。

俺の一緒に、住んでる彼女と、家でさ・・・。
おっと、ごめん。今の内緒。
絶対、言わないでくれよ。今の、同棲してる。って。


わざとらしく、腕を組んで警戒するように見せて、周りをキョロキョロして確かめて。よし。と小声で続ける。


ま、もうすぐ、
公にするかもしれないから、それでもいいけどね。
もうすぐ、分かるはずなんだけどな・・・。
そしたら、そうしようかな。と思ってるよ。


それを思い出したように、貴島に微笑んだ。


んで、さ・・・
彼女が、恥ずかしそうに話しあるっていうから、
お、てっきりそうかなぁ~。と思ってた時、
ちょうど12時だったんだよね。
30万ダウンロード。だって後で聞かされたんだけど。
彼女と、ちょうど大事な話し中の10分間に、
買ってくれた30万人には悪いけど・・・
俺は、その一人だけ。
だから、昨日は家でピアノ弾いてあげたんだけど・・・
その一人の為にね。


にこっとさらに微笑んで、続けようとしたら、貴島がこの世のモノと思えない低~い声で、
相槌を打ってきた。ので、さらに被せた。


へぇぇ~・・・
いつから・・・?


そうだな・・・
う~ん。。。


(よくよく考えれば、夫婦ゴッコは一昨日からだけど、カインの時は一緒に住んでたしな、その後は、Love never defaulted の時、もらっちゃったし、カインの前は、ナツの演技指導で泊まってったし、Dark Moonの時も、ちょくちょくご飯つくりに来たし、演技指導とか嘉月の演技に詰まってた時もあったし、その前も、熱があって代マネが泊まってったな・・・。じゃぁ・・・)


本当に指を折りながら考えていて、その俺の仕草が貴島に物語っていたらしい。


まぁ、一緒に住んだのは、
1年以上前に・・・そういう関係になったのは、
・・・何時とは言えないけど。
あぁ、Dark Moonの時は ほぼ毎日かな。
・・・共演してたし。

(あぁ、そうそう、さっき打ち上げの、喜んで。も否定しておかないとな。キョーコの為に。)


Dark Moonの時は、そうだな・・・


(二度目だったんだよな。確かキョーコが俺、蓮からコーンの石の・・・邪法。受け取ったの。)


ぷっっ。くすくす。


(邪法ねぇ。)

可笑しくて笑ってしまった。でもそれに貴島が反応している。


あぁ、俺の事おもって毎日来てくれたりね。

(日本語、便利だな~。思ってと、想ってが同じ発音だしな~。)


ま、あの時は・・・、誰にも言えないだろ。この業界。
でも、時々泊まりに来たり、ご飯作ってくれたりは・・・

3年ぐらい前からかな。


(こんなもんで、どうだ!嘘は付いてないしね。)



ふ~ん。

敦賀君、以外。


(ん?どういう事???)


抱かれたい男、No.1なのに、結構大事にしてんだ。
一人だけを。

(だって、キョーコちゃん、あの打ち上げの時、純潔を守る誓いを立てたって、言ってたのは・・・、そうか、敦賀君にだったんだ。ヤッパリ。一人だけだって事か。なるほどな。)



え?なんで?一人じゃだめだった?

(なんだ、貴島コイツ~!)



すごいね。このドラマの役と同じじゃん。
一人の為の、恋愛に完璧だって。


あ!・・・まぁね。

(そんなことより、もっと俺の人生が狂いそうなんだよ。今。敦賀蓮、辞めるかも知れないってのに!)



敦賀君と、俺の人生の違い?
ドラマを地でやってるな。と思ってさ。

・・・実はさ、さっき監督に言われたんだけど、
俺たち主演だろ?今回。
主人公2人居るよな。今。・・・ はぁ~ぁ・・・。


え?そうだけど?何?

蓮はまだ、何も聞いていない。監督も、事務所からも、社さんからも。

(ってか、はぁ~ぁ・・・。ってため息。なに?)



今回ラスト、
昨日の敦賀君のプロポーズで終ることになった。って。


ん?え?
そう、なの?

(台本には、結婚式するとかあったよな。たしかロケのスケジュールが・・・。)


そう、主役なのに俺、最後、出てないんだよ。
俺の人生は、コンティニューされずに、終るんだよ。
ドラマの中で。

それでさ、結構いい視聴率の大部分。
敦賀君へのリクエストが多いから、続編出るかもってさ。


貴島は、俺に右手を差し出して、微笑んでいた。


・・・おめでとう。


今度は、
結婚も旦那も父親も完璧にこなす理想の男。
だってさ。
敦賀君だけだよ、主役は。

あぁ、もちろん俺も出るけどね。主役には成れなかった。


(ブッ!!ナニソレ!? クーじゃんか。俺のさっき思ってた。まぁ・・・遺伝か。仕方ない。)


1年後とか、って言ってたかな?
あぁ、でも構想段階で、オファーとか何もしてないらしいけど、
ただ、監督がやりたい。って言ってて。
それで、今回続きを見させる為に、
完結しないで終りたい。って、さっき言われてさ。

ま、その次回の中で、俺のドラマもきちんと終ってくれると・・・

いいかな・・・。


貴島は、差し出してない反対の腕でテーブルに肘を付き その上に顎をのせて、口元を隠すように俺だけに聞こえるように言った。


それにしても、すごいね~。おもいっきり、地じゃんそれ。
1年たったら、公に父親になってるかも知れないんだろ。

がんばれ。
いつも、応援してるよ。



あぁ、ありがとう。



差し出されていたままの右手を強く握った。

貴島とは、今後も付き合っていけるのか、久遠ヒズリになっても、このままには成らないだろうな。

(それより、敦賀蓮を完結、出来なくなった。ドラマの中で。う~ん。一年後か・・・。)

貴島が本当に、キョーコへの想いを断ち切ったのは分かったが、そんなことより、もっともっと大事で複雑な俺の人生。だれか、シナリオ作って~。と思ってしまったが。
・・・。

(そうか、自分で未来の自分像を追いかけろ。キョーコに、俺、言ったよな。)

でも、俺にはまだ・・・

まだ・・・、久遠ヒズリとして、描いているものは・・・

・・・見えてない _________



蓮としても、久遠としても、キョーコに任せたままなのに、気が付いた。



・・・。

(おっと、とりあえず、キョーコにメールしないとな。)


あ、ごめん。
妻に?メール返したいんだよね。
今夜のご飯の事。

貴島にウインクして、iPhoneを持って社さんの方に行き、ちょっと離れてメールした。


(なるほどな。昨日、敦賀君のマネージャー、本当に奥さんからって言ってんだな。)



蓮は、ご飯の事を本当に、とりあえずメールしていた。

(じゃあ・・、あ、そうそう! さっき変更になった、ドラマの話に乗っておくかな。)

ふふっ。

蓮は、思いついたままをしたためた。いつの間にか、微笑んでメールしていた。

(今日も、いっぱい愛してあげるからね。キョーコ。)


おい、蓮。顔、顔。

あ、はい。すみません。




―――敦賀君、貴島君、スタンバイお願いしま~す。

今、行きます。


スタッフが呼びに来て、社ガードに入れて社さんに渡すと、きりっと俳優の顔に戻り声も低くそう言って、セットに貴島と向かった。
向かいながら小声で貴島に口止めを促した。嘘はどこも付いてはいないけれど、久遠と蓮と二人を生きる今の俺に起きている、二人を合わせたクオン・ヒズリに起きている結果だしな。



さっきの話、絶対、誰にも言うなよ。


ふっ。分かってるよ。当たり前だろ。
社内恋愛厳禁だよな?極秘に知らん顔しといてやるよ。


バン!と貴島に強く思いっきり背中を叩かれてしまった。
これぐらいで気が済むんだったら、どうってことない。

(コイツだって、世間では、仕事も恋愛も友達付き合いも完璧で理想の男。だからな。)



ふふっ。よろしくな。


ふん。
今度、飲みに連れてけよ。
まだ独身でいる時までにだぞ。


ん・・・
大丈夫、おごるよ。




Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 04.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray