• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.61

Category : Story-I of LDs
寝相の悪いキョーコは、息苦しかった。

寝つきはもともと、ものすごくいいのだが、ぎしっと横に沈んだ人の重みにうっすらと引き戻されていた。


お休み。いい夢を。


その言葉が遠く遥か遠くの方から聞こえた。頬にされた優しい温もりに、遥かかなたに連れ去られて行った。
その遥かかなたの所には、真っ暗な何も見えない空間。
地面があるのか、空があるのか、壁があるのか、何も見えない。

目を凝らして見ようとしても何も見えない。

目を瞑っていても、開けていても同じなら、感じるしかない。
手を伸ばしたそこは、温かい。
耳を澄ますと、規則正しいリズム。
頭の上には、優しいやわらかな風が髪を揺らす。

回りに突然やってきた、強く締められる感覚。


振りほどきたくても、何も見えないものに恐れを感じ、自分が動く事すら躊躇った。


体と頭の半分側だけに、けだるさを感じていても、身動きがもう取れなかった。



うう~ん。うう~。。




蓮は、ずっとキョーコを抱きしめたまま眠っていた。
久遠の時は、キョーコとお疲れ様。だったので、スーパー暴睡してすぐに大の字だったが、不安と不安に向かう中に希望を求めて眠りに付いた為、離す事が出来ないでいたまま眠っていた。


蓮は、キョーコの うう~ん。うう~。。に、引き戻されていた。
引き戻されつつある意識の中で感じた、二人分の体温のブランケットの中は、暑苦しかった。


あっつ。


無意識に横のぬくもりの素を、ぽいっと放し、パジャマ一番上のボタンを外していた。
ついでに、掛かっていたブランケットも、片足を出して、蹴っ飛ばした。

ちょっと落ち着いたのか、グー…と元にもどされつつも、隣の大切な愛しい天使をまた抱き寄せた。天使と一緒に、遥かかなたの光の先に輝きを求めて、さよぉなら~と、消えてった。



体の半分に血液が溜まっていて寝返りを打つ事も、強く抱きしめられているので出来ず、キョーコは意識がもどりつつあった。

抱き枕のように頭を抱かれていた。

香るいつもの大好きな香り。蓮と久遠の香り。

寝ぼけていたせいもあって、(あれ?どっち?)と思ってしまう。目に飛び込んできたのは、首のキスマーク。薄くは成りかけていたが、正に自分の付けたものと同じ場所。

(そっか、久遠だ。)

自分で寄り添った。顔は見えない位置に抱かれていた。またそのまま連れ去られそうになったけれど、寝返りがどうしても打ちたい。
腕の中で無意識に腕が緩んだ瞬間に、ごろっと背中を向けて安心したのか、そのまま引き戻されていった。


でもね・・・くおん、・・・、
だぁ~いい、すき・・・。


なにがしか、ボソッと聞こえて、返事していた。


I love you too…
Soooo ..much…..only you Kyoko…


天使が連れて行ってくれる光が輝いていて、真っ白な世界にたどりつきそうで、どこまで連れて行ってくれるのか分からないまま、どこまでも遠くに行った。






ごろ、ごろっと転がって、はっ!落ちる。
で目が覚めた。

寝慣れないベッドだったが、ホテル並みのフェザーのフカフカの蓮のベッドは雲の上の様だった。よ~く、眠れた。

見れば、何も掛かっていない・・・。
しかし、そこにあったものを無意識に掴んだと見える、蓮のパジャマの上が肩に巻き付いていた。蓮のタンクトップをパジャマのズボンに裾を入れて寝ていたので、お腹も冷えずに安眠した。

脱ぎ散らかしたのであろう、ポイッとされた、蓮のパジャマの上を肩から取って、胸に抱きしめて息を吸い込んだ。


おはよう。蓮。


横には、何も着ていないだろうが、カインの時に見ていた繭篭りの大きな繭玉があって、その先に、金髪ではない。黒に近いこげ茶の蓮の髪が見える。

起こさないようにそっと、持っているパジャマを繭玉の上にのせ、その上からポンポンと手を乗せて、自分の使わせてもらっているゲストルームに着替えに行こうと部屋を出た。



廊下でなんとなくこそばゆい気持ちになって、ニタニタしていた。

(うふふ~、蓮も上、脱いじゃうんだな~。)

夢の中で久遠と会話したように思っていた。

(私も、夢に久遠が出てきて久遠が英語で返すなんて、私も夢を英語で見れるようになったのね~。)なんてお気楽に考えながら部屋に行った。


蓮の英語の発音は、カインの時に聞いている。
でも、あれは設定上もあるだろうけど、特にKの発音にアクセントのあった、文法も少し違うコックニー混じりの、ブリティッシュ・イングリッシュのみ。
Kyokoのkの発音が、西海岸よりのアメリカン・イングリッシュだったのと、そぉぉぉぉぉ~まっち。が、アメリカ人がよく使う英語だったので、久遠の英語とみなした。

ふと思い出してしまった。

久遠が・・・

いっちゃう時に発した言葉・・・


“ It is just right here で、it is・・・ coming なんだけど・・・
・・もうちょっと、bit tighter に、・・・、Pleeeease・・・”


・・・・・。

ぷりーーーーーず。 叫びそうだった、あのプリーーーーーズ。
そんな事を、そぉぉぉぉぉ~まっち。に重ねて思っている自分。が、ボボボ!と成るかと思いきや、前と違い、全くならないで以外に冷静に男の人を考えられるようになっていた。

それに・・・。


“ どうしたの?動かないで。
・・・それとも、したいの?俺とも。”

昨日の蓮との会話まで思い出していた。

(うんうん。したい、したい。)
な~んて、思っていた自分と、したいの?と平気で聞いてきた蓮にも、なんだか大人の会話だった。と思ってしまう。
初めて蓮とするんだけど、どうも、初めてのような気がしない。恥ずかしくもそんなに無い。
慣れてしまった。と言えばいいのだろうか・・・。大人になるってこういう事だったのか。

と、ブツクサ言いながら、

(ま、蓮も久遠も相当の男前だしね。)

いいのかしら?と首をかしげながら部屋に行った。


キョーコは自分では分かっていないけれど、世間様が知ったら絶叫されて首を絞められるであろう状況に居た。世界のスーパースターの息子で話題沸騰中俳優の久遠ヒズリと、日本一抱かれたい男、敦賀蓮の二人が自分を愛しているといって傍に居る。
この二人に挟まれていれば、勝手に流れ出れ来る極上の男のフェロモンに慣れてしまっていた。
そのフェロモンに二倍も抱かれているのだから、ちょっとやそっとの男では、な~んにも感じない女にされてしまった。


ここにも、クオン・ヒズリの企んだ、他の男に揺さぶられない女に仕上げられるという、罠に嵌っていた。さすが、敦賀蓮。久遠ヒズリ。



全く興味の無い。であろう、昨日送られてきたクイーンレコードからの添付付きメールを開いた。絵コンテなどと、PVの企画書に、2曲付けられている。
イヤホンをして、聞いてみた。


(へ~、以外。仕事、真面目にやってる。あのバカ。)

歌詞の付いていないメロディのなかで、聞こえたピアノの音。

(これは、ショーちゃんのピアノだ。)

子供の頃から、楽器が得意でいろんな楽器をしてきたのを知っている。


うふふ。

懐かしい想いが蘇る。でも、以前のような恋に似た感じではない事に気づいていないまま、微笑んでいた。

時計を見れば、8時。
朝ご飯作って、8時半には蓮を起こさねば間に合わない。急いで今日のスケジュールを確認して、キッチンに行った。



Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 04.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray