• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.59

Category : Story-I of LDs
_____________俺はキョーコの肩を抱き寄せた。


キョーコ、こっち来て。


そう言って自分の膝を叩いた。


ん。いいよ。


キョーコがひざの上に座ると後ろから抱きしめて、幸せをかみ締めた。


もう離れない。
・・・もう離れなくていいよ。
一生、一緒に居るから。
だって、二度目だったんだよね?


自分で言った言葉が、キョーコの胸の中で影響したと思うと、嬉しくて、それに不破のしてくれたことにもキッカケとなって、不破にも感謝しなくちゃな。と思う。


そう、それでね、蓮・・・

私の心には、一生離れない人が、二人居ます。

それは、蓮。あなたと・・・
・・・久遠。あなたの親友。


それでも、・・・
好きで・・・いてくれますか?

・・・私、・・・今は決められないの。




・・・。


(両方、俺だ。)・・・言いたかった。

心の声を利用したかった。この愛しい人を傷つけてしまった罪悪感。

キョーコの耳を胸に寄せた。

(ごめん。蓮も久遠も俺なんだ。悩まないで、素直に好きになって欲しい。二人とも。)




・・・ん?
・・・今ね、蓮。
何か言ったでしょ?
・・・ここから。


キョーコは、蓮の腕の中、蓮の胸に手を当てて目を瞑った。


なんて、言ったかは聞かないよ。
これは、蓮も久遠も時々私にしてくれる事。
私だけに言う、蓮と久遠の秘密で、
私だけの特権だから。

これ、好きだよ。

もっと、心で会話してね。
私と。


このオルゴールはね・・・

蓮の腕の中から手を伸ばして、ゼンマイを巻き、もう一度曲を掛けた。


久遠がくれた。
たくさんの心の鍵が付けられてて、それを一つづつ開けられると、
いろんな、貴方への想いも、久遠への想いも、
蟠りも、悲しみも、喜びも、思い出も・・・
いろんな事が頭の中を駆け巡って・・・

・・・全部が開いた時、久遠に全てを打ち明けた様だった。

そこにね。

コレ。久遠がくれたイヤリング。

見て見て。プリンセスローザと、お揃いなんだよ。
ビックリした。同じ人が二人、目の前に現れたと思った。
蓮と久遠。すごく似てるんだよ。
でも、たぶんそう思っているのは、この世界に私だけ。
誰も、似てるよね。なんて言わない。

このハートのはね、鍵がついてたもの。

久遠と初めてをした時に、もらったの。

蓮には・・・初めてはあげられなかった。
・・・だって気持ちが久遠に向いていたの。
でも、蓮が心にいてね、
その時は蓮の方が一緒に居た時間が長かった分、
蓮が好きでたまらなく好きで、だから・・・

・・・貴方に似合うような女の人に早くなりたかった。

でも久遠とは、二度目の・・・・

・・・離れられなくなった・・・



もういいよ。キョーコ。
言わなくても、分かっているから。


(そうだよ、全部知ってる。君が撮影中、蓮に電話をかけてこなかった理由も、久遠に惹かれてしまったのも、全部全部、知っているから。もちろん体もね。)


でも・・・


うんん。言いたくないならいいんだよ。
それでも、俺はね。

キョーコが、大好きだから。


言いたくても言えない事があったら、
こうして俺を胸に抱き寄せて言って。
それで、いい。
自分の秘密は、秘密で。
それに、理解できるようになったら、
本当の、愛だと思うよ。

それにね、このオルゴールには、魔法がたくさん詰まっている。
久遠からの魔法と、俺の魔法も入ってるんだよね。


コーンが掛けた魔法。それはこの蒼い石。悲しみを吸い取ってくれる魔法。

久遠がかけた魔法。それは、このキーチェーン。心を開くための魔法。

プリンセスローザ。俺からの魔法。

凛と美しく咲く大輪の華のように綺麗な女性に成れます様に。その為の魔法。
ナツは綺麗で大人美人に魔法がかかったってキョーコは言いたそうだけど、違うよ。

ナツになる容貌だけじゃない・・・
キョーコ自身が輝いて、凛と美しくなったから
・・・ナツがおまけなんだよ。


そして、このイヤリングは・・・

俺と久遠、二人からの魔法。
・・・二人からという意味で、二つ。
だから、イヤリングにしたんだけど。知ってた?
一度も俺の前で付けてくれたことないしね。

だからね、キョーコの心に二人とも居てもかまわない。

(まだ、コレに掛けた魔法の意味は、教えないけどね。)

今朝も言ったけど、二人がキョーコを愛してる。
二人が、君を守るって。

キョーコがどっちかを選ぶ時は、それでいいんだ。
選べない時は、二人とも・・・
愛してくれてかまわない。

まだ、時間が必要だよね。3人にとって。
久遠も、俺も、キョーコも。

この3人。ん~、いわゆる三角関係かな。でも違うんだよな。
同意の上の関係だからね。
悩まないで俺たち二人とも好きでいて欲しい。

世間で言う三角関係ではない。
これは、はっきりさせておく。

どっちかを無理に嫌いになって、どっちかを無理に選べと言わないよ。
どっちかを愛しすぎて、から、決めればいい。
だから、二人とも、たくさん愛してくれると、願ってる。俺たちはね。

おれも、キョーコを心から愛してる。
久遠も、キョーコを心から愛してる。

それじゃ、だめかな?キョーコには?




・・・・・ありがとう。蓮。


そういって振り返って見てくれた。君の瞳に写る俺が居た。俺の瞳にも君が写っているだろう。
でもね、この下の蒼い瞳にも君が写っているんだよ。
目を閉じて、キスをねだるその顔は、久遠の写真に繋がっている。

現実の人、クオン・クー・ヒズリ・ジュニア本人として、初めてキスを返した。


胸に抱き寄せた。
(聞いて欲しい。初めて、俺は本当のクオン、俺のMatrix核心に戻れたと。)

そのまま、彼女を両腕の中で、ロール鍵盤に向かった。

(なんか、今日のドラマの撮影みたいだな。ふふ。プロポーズのシーンだったしな。)


なに、蓮。なんか言ったでしょ。
心で。


うん。秘密。
秘密は愛の力で聞けって言ったよね。
だから、愛して。俺を。


キョーコをまた、胸に抱き寄せた。キョーコも、なにかを聞こうとしている。
心臓の音が、何かを言ってくれているのだろうか・・・


じゃぁね、弾いてあげる。君だけの為に。
まず、じゃぁこれ。


オルゴールをポンポンと叩いた。



ショパンのプレリュード、15番。序章。



俺は、この曲に想いを込めたのは、

久遠ヒズリが現実の人として、敦賀蓮が君に見せる幻想だという事を。
15歳で始まった、敦賀蓮として生きる人生がいつか幻になってしまっても、このオルゴールに刻まれた、俺自身の人生を、俺の運命の人、最上キョーコに持っていて欲しくて、託した。
Opus 28、 作品28。あと6年。28歳までにクオン・クー・ヒズリ・ジュニアになれるようにとも、願いを込めた。敦賀蓮として6年経ったから。6年あれば久遠も今の位置を確立できるとの願い・・・。


“ これはね、
私の大切な人から貰った・・・

・・・私の今までの人生が入っています。 ”



(そう。でもこれには、俺にもね・・・大切な大切な俺の初めての友達。大切な人。大切な運命の人にあげた。―――――敦賀蓮の今までの人生が入っているんだよ。この中に・・・。)

胸に耳を付けたままショパンを聞くキョーコに、心で言った。



じゃぁね、次。
今の気持ち。

Liszt  Consolation n.3
癒し。


曲を弾き始めると、自分がこの曲を練習した想いが蘇ってくる・・・


____ なぜか、癒される… それが、一番大切な人との、一番大切な時間

共にこれから歩いていく為の、お互いの人生に一番大切な時間で

柵のあるこの人生に後ろを振り返っても・・・

それが現実で・・・

先の未来は見えなくて不安でも・・・

心に癒しの時間があれば、必ず前を向いて生きていけると・・・

いつか、報われる時を、信じて ________




どう、これ?
Dreamsで使おうかと思ってるんだけど?

(本当は、違う。自分の人生の柵の中での癒しは、キョーコ本人だと、言いたくて・・・。)



えっ!

(子供の時に同じ話を聞いた。コーンが未来を向いて進めと言った。その為には誰かに心を任せられるようにと、コーンは石をくれた。自分に任せて、と言う意味で。)


私は、蓮の胸から頭を離して、蓮の手を取り自分の胸に当ててみた。
頭を抱きたかったけれど、背の高い貴方は届かないから・・・
・・・心を感じて欲しくて、手のひらを胸に当てさせた。


何か、心が言ってるよ。
キョーコ。


蓮は目を瞑って、私の心を感じようとしてくれている。
その大きな手が暖かくて、蓮の手の上に自分の両手を重ねた。

(どうか、この優しい人が消えませんように。)

そして今、この人が離れてしまわなかった事と、この人と一緒にいれる時に、感謝を込めて。



へー。蓮たくさん弾けるんだね。
いい、コレ。
私、好きだよ。この曲。
奥さんに弾いてくれるんでしょ?この曲を。


愛する妻に捧げる曲。
第二弾かな?
Love Dreams だけじゃ、なんだな~と思って。


うん。いつも同じだと飽きる。
妻が言うんだから、信用して。
それに、お茶の間も、又か・・・ってならないようにしないとね。


じゃ、これも監督に言うか。


あとね、これも弾きたいな~、と思ってるんだけど・・・


Debbussy
- Reverie

リストじゃないんだよね~。
大丈夫かな?


へっ?リストだけでなくていいんじゃない?
ピアニストでしょ。蓮。
だから、好きなの弾いていけば。


うう~ん。これだけドビュッシーってのもな・・・
他も考えるかな。足す曲。


うん、そうしなよ。
ドビュッシーか、ショパンとか、ベートーベンとか?


なんで、ベートーベン?


あの、一度聞いて、蓮の事を思ったことが・・・
あって・・ね。


(思い出した。子供が出来たかも知れない瞬間。ベートーベンのMoonlight Sonata)

(弾けるけど・・・、今はよしておこう。)


ふーん、じゃ、なんか練習しておく。
まぁまぁ、いいや。聞いて。

Reve D’Amour、 Reverie
空想、空想の中の愛。

そ、夢の話だからね、空想の中ってのもいいかな?と思って。


あ、あれは。だめか。
DarkMoonのだもんね。
なんだっけ、幻想即興曲。

幻想で思ったんだけど・・・。
そうだ、ダウンロードも出したしね。蓮。


そうそう、それなんだけど・・・

さっき、キョーコを待ってるとき、ツボにはまってさ。
もう弾けないから。
あはははは~。


なんなの?


だって、幻想で、即興。ね。

思ってたことを、簡単にその場でって意味でさ、
いわゆる、ショパンの・・・

鼻歌なんだよね。

フンフンフン~、ってよく人がやるやつ。
ショパンってすごいよね。
この鼻歌。
スゴイ、今までで、一番難しかったのにさ。


ナルホド。鼻歌だったか。
ショパンの。


そうだからね。
もう可笑しくて弾けない。から・・・
・・・今日は。
いくらでも弾いてあげる。って言ったけど。


じゃ、今度ダウンロードする。


え、いいよ。
本物居るんだよ、目の前に。

可笑しく無くなったら弾いてあげるから、
レコーディングしなよ。
IPhone かiPadに。


でも、印税入るでしょ?買ったら。


印税?あぁ、気にしてなかったな。そういや。
なんかね、100曲で20円とか30円とかって言ったかもな?
アルバムとかだと、1本2円とか?


安いのか高いのか分かんないね。
そっちの業界じゃないから。


ん?気にしてないよ。
聞きたい人が居ればそれでいいし、

俺が聞かせたい人は、
俺の目の前に、恋人として居てくれる今日が・・・ぶっ!
・・・鼻歌で終って、ごめんね。

ま、
そのうちね。

あぁ、・・・そうだ・・・
・・・君に纏わり付く?

幼馴染のアイドル?
・・・に、聞いてみたら?印税の事。


自分で言っといて、大魔王光臨。思い出しただけで腹の中がムカムカしていた。


ヒイッ!


ごめん、ごめん。
それより、俺に落ちたのはずいぶん前からだったけど、
今日のラジオ聞いて、どうだった?
発売日、12時にキョーコ、告白してくれたよね。
ホットミルクの話。

実はね、東京タワーがちょうど消えたんだ。
だから12時だって分かったんだけどね。

うれしいよ。
落ちてくれた?
曲に。魔法を掛けたつもりだったんだけどね。


いつもの癖でウインクを付けてみるも、ん?と顔を伺いながら、さぁどうどう?と顔を覗き込んで微笑んだ。


へ~、知らなかったぁ。
私の為に弾いてくれたの。


んま、じゃ、落ちなかったんだね・・・。


(でも、それでもいい・・・記念日、恋人になった日。初めての音楽業界デビューの日。)


キョーコが突然、自分の携帯に手を伸ばして、時間を確認している。
もう、眠いのかな?そう思っていた。


そうだ、もう朝だね。


え、何時?今。


2時だけど・・・
久遠には、10時かな?


(そうだね。ここの12時。久遠が目覚めた時間だね。)
蓮のことも、愛してくれると、君が言ってくれた時間。クオン・クー・ヒズリ・ジュニアの全てを受け止めてくれた時間。


じゃぁね。
二人で、久遠にメールしようか。


俺は、この大切な今を自分にも伝えたかった。そして、大切な人とのこれからを誓う言葉を、久遠のメールに残したかった。


うん。蓮がいいなら、そうする。
あ、でも見て。
これ。


そう言って見せてくれたのは、蓮からと久遠からの同じ文面の今日のメール。


多分ね、
蓮が書いたら、久遠も同じこと思ってるよ。
うふふ。
似てるでしょ?って言った意味。分かってくれた?


そうだね。
じゃぁ、二人とも同じだけ愛してくれるよね。


・・・
もうね・・・。
同じだけ、愛しています。
いいの?それでも、本当に。


うん。いい。
それで・・・

それが、いいから。



(今はまだ、それでいい。あと6年の間に、一人になるから、その時までそのままで・・・。)



じゃぁ、俺のiPad からしようか。
メール。


そして、メールの画面を開いて、俺の両腕の中でキョーコも一緒に考えた。


“ Good morning Chuehonn.
This is a new day, We just started to be with… and together.
I’m hoping and wishing yours dreams came to the ture world. Ren ”


え、蓮、英語?


ん?ダメだった?
じゃ、キョーコが日本語で書いて。


ん~・・・そうだな・・・


“ おはよう。久遠。

今日は、あなたにとってどんな日が来るのでしょう。
私と蓮の今日は、忘れられない日になりました。
貴方に出逢った、あの河原での日と、同じぐらいの

大切な日。

今日が始まる事を、望んでいました。

キョーコ ”



じゃぁね。付けたし。俺から。


俺は、キョーコの望んでいました。に付けたした。


“ おはよう。久遠。

今日は、あなたにとってどんな日が来るのでしょう。
私と蓮の今日は、忘れられない日になりました。
貴方に出逢った、あの河原での日と、同じぐらいの

大切な日。

今日が始まる事を、望んでいました。キョーコ。

俺にとっても、大切な日になりました。
俺も望んでいました。これからも、二人でキョーコを。

愛しています。二人から。

今日がChuehonnにとってもいい日でありますように。 ”


俺は、蓮とは書かなかった。自分に向けたものにしたかった。
愛しています。二人から。は、蓮と久遠から、キョーコを愛していると残しておきたかったから。

それに・・・彼女は気が付いていない。
“ とっても ”の後に点を打たなかった事。本当は、“ 今日が”の後に点を付けたかった。


今日がクオンにとっても、いい日であります様に・・・

今日が、クオンにとってもいい日であります様に・・・



・・・この二つの違い ________

(ふふっ。日本語って、便利だな~。合理的。)



うふふ。
蓮も久遠のこと、愛してるんだね。
じゃ、私と同じぐらい愛してるの?
久遠を。


うんそうだね。
親友だからね。


へー、何時逢ったの?久遠に。
子供の時の私より早かった?


その頃はね、もっと大事な初めての友達が居た。
久遠はね、最近かな?


っじゃぁ、今度、その子にもメールしたら?


ふふふ。
・・・そうだね。
そうするよ。


(俺たちが一人になれたら、いつかキョーコにメールするね。)

胸に居たままのキョーコを抱きしめた。



どうする?もう寝る?
明日、社さん何時に来るの?


今日と同じかな。
これから、Dreamsの方が増えるからね。
理想の男は、もうすぐクランクアップだし。


そうだね~、まだテレビでは3話だけどね。


へ~、見てくれてるの?


だって、私の、

恋愛も仕事も友達づきあいも完璧で理想の男。
・・・だよ。蓮は。
リアルにね。・・・うふふ~。



ありがとう。キョーコ。



モゾモゾと動く、キョーコのお尻に気が付いた。

(へ~、蓮って女の子が座ってても、おっきくならないんだ。じゃ、安心。女優さんとベッドシーンしてる時、さっきみたくおっきくなるかと思ったのよね~。)


どうしたの?
動かないで。

・・・それとも、したいの
俺とも。


え!?
でも、それでも・・・
いいけど・・・
夫は抱きたくならないの?



ん~~~

じゃ、今度、お風呂から始めようか?
夫婦生活は。
今日は、妻でも抱きません。


恋人でも?

キョーコの顔が、なんとなく、Give me give me love love…と言っているような気がしてしまい。


そうだな・・・。
それなら、いいかな・・・。


(真っ暗ならいいか。)そう思ってキョーコの頬にキスをして、耳たぶを かぷっっと唇で挟んだ。
抱きしめてた腕を緩めて抱っこしようと思ったけれど、緩めた手がキョーコのお腹に触った。

(そうだ。どうしたかな?赤ちゃん!)

なんとなくムクムクしてたものの、そんな事を思ったら止まってしまった。
左腕にキョーコの背中を乗せて、膝を抱えて横を向かせた。


キョーコ、もう、歯磨きとかは?
そのまま、寝ちゃっても大丈夫?


返事を待たずに、キスで唇を塞いだ。キスしながら立ち上がってお姫様だっこのまま、俺の寝室に連れて行った。

Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 04.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray