• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.56

Category : Story-I of LDs
ホテルが見える側の自分のバスルームのジャグジーに浸かっていた。
普段、美容の為にお風呂に浸かれど、ジャグジーはめったに使う事はなかった。
けれど、今日は・・・

自分で手の届かない、背中のキスマークをマッサージする為に、ジャグジーをオンにした。

ホテルの子供用プールの様な大きさのそれとは違い、それでも蓮は自分の体の大きさに合わせて、特に足が伸ばせるように長めのジャグジー。自分の香り、au the blancのバスソルトを入れて汗を流していた。泡リョーシカ遊びをしようかとも思ったけれど、今日はそんな気分じゃなかった。もう少し冷静に考えなければならない自分の人生があった。

閉まっている窓のブラインドをちょっと押し下げて、外を覗いた。
見えるのは、高層ビルが立ち並び、その向こうに一昨日のホテルがみえる。

あの時キョーコと一緒に見た、ベッドルームからの景色も右に見える。
窓のリモコンに手を伸ばし、ブラインドを開けて透明ガラスをスモークモードに切り替えた。
あの時と同じ景色の街の灯りが、スモークガラスに色とりどり光がほわっとキラキラ光る。

その景色に思い出す。


久遠でいた一昨日、あの時・・・試写会に着ていったジャケットにプリンセスローザが掛かっていたんだよな。キョーコが、俺、敦賀さんと電話の後だった・・・。

蓮は一昨日の事を思い出していた。


キョーコの横にコーンにもどって、しばらく二人で窓の外を眺めていたな。

この同じ景色の中に、ランダムに点いているビルの明かり、点滅して赤に変わる信号、車のヘッドライト、テールランプ、看板の色々な色、木々に飾られたイルミネーション。
たくさんの色の光が、この世界を作っていた。そして、光は瞬き、動いていた。

そんな光を見て、キョーコは言っていた・・・。


“ コーン・・・ みんな前を向いて歩いているんだね。”

街の中では、それぞれの人がそれぞれの時間を過ごしていて、その時を生きている。
ビルの窓の明かりの所に人がいるから、電気が付いているんだよね。その人はその部屋で、その時間を、思い思いに過ごしているんだね。・・・と・・・


(キョーコはマンションにはいない、俺、蓮の事を考えていたんだろうな。たぶん。)

“ 前に向かって進んでいるんだよね。未来に向かって、時を過ごしているんだよね。”


その後、俺は、

“ そうだね。でも、人は皆、なぜ自分がこの世界に、この場所に、この時代に、この時に産まれたのか。なぜ、生(せい)を受けたのか。そんな疑問をいつも抱えて生きているんじゃないかな?”


自分の事を話し始めた、きっかけだった。

“ 人はね、それぞれ色々な状況があって、自分は望んでなくても、勝手に宿命と言う言葉一つのモノを背負って生まれてくる。そして、運命という道を歩かされる。
運命とは、道しるべのようなヒントであって、必ずしも道ではないんだよ。作られた道筋を人は歩いていけるほど、愚かでもないし、それはただ生かされているだけ。自分の道は自分で創るものであって、自分が歩いて振り返ったら、その後ろに道が出来ているんだ。だから前には、何も無い。でも、振り返っても元には戻れない。それは、思い出として心に刻むだけのものであって、自分のこれから造る道への、ヒントになる事もあれば、心の不安を打ち消す癒しにもなるかもしれない、思い出したくも無く消してしまいたい事もある。”


・・・まだ、13歳の頃だった。

周りにはたくさんの人がいつも監視するように世話をしてくれはしたけれど、クーもジュリも居ない日が多かったあの時、いつも独りに感じていた。
でも心には、キョーコ、ツインテールの女の子。
彼女と遊んだ、日本での夏。あの子の笑顔が俺を押してくれていた。

巷の子供のように学校へ行くことも無かった。
家庭教師が学校と同じカリキュラムで、自分の寝室の隣の勉強部屋が教室だった。
誰も居ない・・・俺と、各科目の教師が入れ替わり立ち代りやってきて、勉強させられた。

クーについて撮影所に行ったり、自分も役を貰ったり、楽しいのはクーと居た時。
クーのようなスターになることに憧れて、早く演技の事だけを出来る様に

・・・俺は、13歳でハイスクールの課程を終らせた。

誰かに早く早く、認めて貰いたかったのも手伝って、たくさん勉強した。

家の中から、籠の中の鳥が、世界に出てゆく。早く早く出て羽ばたいて飛んで行きたかった。

クーの息子。と言うだけで子役のオファーはたくさん来た。

それでも、そんな副産物の自分を疎むヤツが沢山いて、夢と希望の映像の中の世界、華やかで煌びやかな芸能の世界は、ただのどす黒い感情に包まれた輩だらけで、人を蹴落とし自分のものにしようとするなら・・・

殺人を犯しても怖くないと思うヤツラで溢れていた。

リックもティナも、俺のようにその中でがんばっていたんだ。
彼らは、普通の高校にかよう年上だった。
子供の俺に、いろんな事を教えてくれて、たくさん過ごした。
自分がかごの中の鳥だった頃に比べれば、外に出たのは大きな変化だった。


“ 前を向いて自分のこれからを、輝くものにしたいと思いながら、自分を探して一生懸命、生きていく。”

キョーコにも、教えた。一昨日。


あの頃の、初めの一歩は、Hope(希望)


キョーコも言ってたな・・・

“ 自分を生きるって、大変なんだね。”

“ そうだよ。自分の未来は自分で切り開くものなんだよ。世間一般的な言い方をするとね。”



・・・あの時の抱いた希望は、すぐに叶った。

1つの役に何百人という、オーディションに来てたヤツラから奪った、俺の・・・


クーの副産物。


・・・その条件だけで、俺に即決だった。


それから、回りの嫉妬心に溢れた奴等が、たしかに正当な演技の理由で受かったわけじゃない俺に、二度と画面の中に入れないようにされそうになった。

殺人を犯しかねないほどの、怖い世界と知った瞬間。

家から出た時の、希望は、こんな世界の為に祈り願っていたのかと思ったら―――

家には、あいかわらず付きまとう世話人はいたが、親には言えない事。

両親。クー・ヒズリ。ジュリエナ・ヒズリ。
スーパースターの彼らは世界を飛び回り、毎日、テレビ画面や雑誌などで見る事が俺の日常茶飯事。ほとんど家には居なかった。

仕事で向かう撮影所には、年上の俳優が多かった。
早く成長した俺は、その中に混じって演技した。でも、考え方も、感情も、13歳。
17,8の容貌でも、中身は子供のまま。
そのギャップが堪らなく嫌で、大人になりたかった。
手を出したのはその頃。大人の真似をしたいだけだった、ほんの些細なキッカケで・・・。


飲酒、喫煙、そしてドラッグ。

神経を麻痺させる、中毒患者の気持ちが分かるような、あの止められなくなる感覚。

大人社会に疲れた大人の癒し、嗜好品。


大人の社会に、子供のまま足を突っ込んだ俺の、

中身。 感情、思考。
反抗期、思春期と重なって、体が頭が変わっていくときに、

圧し掛かった大人社会の黒い影。


そこから、逃げる事だけが、――― 癒し。


酒もタバコも、初めは癒しだった。
日常から普通に手を出したら、もっと違う癒しを求めて、手を出した。

売人なんて、撮影所の周りに隠れて沢山いた。

俳優も、歌手も、スターでさえも、金を気にしない奴等には、格好の餌食。
ストレスなんて、ハンパじゃないだろう。名前を世界中に知られている俳優なんて。

そんなスターだって、鞄に隠し持っている。
・・・それをくれたのがキッカケだった。


_____ 初めは驚いた、我を忘れていた時間の長さに。


自己逃避できる。時間。



Chuehonn Hizuri

この名前から・・・

・・・逃げたかった ___________




ざぶっと お湯をすくって顔に付けた。すると腕に付けられたキスマークが目に入った。


カインの時に選んだ俺のカイン・ヒールのイメージは、クオンそのもの。

あれは、久しぶりのタバコの味に・・・戻されたのもある。

また、抜けられなくなると思った。

元に、クオンに戻ってしまうのが、怖かった。

・・・でも、傍にいた。お守り _______


ツインテールの女の子。
キョーコ。


君の子供の時の笑顔を胸に、日本に来た頃を思い出す。

ヒズリの名前を捨てたくて、副産物にあたる周りから逃れたくていた俺に、
父の友達で、ボス。小さな頃から逢っていた社長が救い出してくれた。

俺の、本来の生まれ持ったクーとジュリから受け継いだDNAを、羽ばたかせる手伝いをしてくれた。

・・・その勘のいいボスの選んだ、あの子。最上キョーコ。

初めは、なんでコイツが社長のお気に入りなんだ?と、その辺の普通の女の子だった彼女に、俺も嫉妬していたのかもしれない。

それは・・・煌びやかな世界の裏側、そこで活躍する奴等と同じ、黒い感情。

キョーコが、あのツインテールのキョーコだと知る、階段下での俺のあげた蒼い石を見た時、重なった昔のままの笑顔。


____ もう、この子しか要らない。

天使が舞い降りて来てくれた。_______



・・・そう思ったあの夏の日のままで。


いつの間にか俺は、この子は俺のものだという感情があったんだ。

あの夏の、この天使は俺の為に俺の前に姿を現してくれたと、思ったから。
その初めの彼女への嫉妬だった黒い感情は、いつの間にか、彼女を奪おうとする男たちに向けていた。

・・・俺の天使を、俺から奪うなと _________

一昨日の、彼女に教えたダンスの後で、もう一度どうしても確かめたかった。
俺の、天使のままで居てくれるのか。って・・・


俺は、繋いでいた右手をほどき、もう片方と同じ様に腰に回して、キョーコも自然と同じように久遠の首にもう片方の腕を回してくれた。
キョーコの肩に、顔をうずめながら、また俺は話し出した・・・

_ キョーコ、君とは運命って信じてる。子供の頃に出会って、君は魔法をかけてくれた。
コーンの石に負けない輝きの、君の笑顔が眩しくて、もうこの笑顔が心にあれば、がんばっていけるって、思った。そして、キョーコの悲しみをいつでも癒して元気付けて上げられたらな。って思って、君にも俺は、魔法をかけた。コーンの石を見て、笑顔になってくれたら、その笑顔が俺にも届くんじゃないか。って思ったから。

もう、何も要らない。あの時にも、そして、ボスに付いてアメリカを出るときにも、君さえ心に居てくれたらいいって、思ってたんだ。

それは、今でも変わらない。でも今は、もっと確かな魔法を手に入れた。君とまた出逢えた運命に、確信した。魔法はまだかかってた。って。思い出の笑顔だけじゃなく、今、君の笑顔が見れること。この瞳に写る君の姿に、君の瞳に俺が写っていることも現実で。

この魔法が永遠に解けないように、キョーコが俺に、俺がキョーコに、共にかけ続けられたら・・・ __


気が付いた時には、お互いに夢中でキスをしていた。
他の何も見えなくて、他の何も聞こえなくて、他には何も感じなくて。
キョーコのこと以外、他の何も考えられなくて・・・。

そのまま、寝室に運んで・・・

唇を離し、人差し指でキョーコの唇をなぞり、その指が頬に伝い、耳元のイヤリングを包んでそのまま顔を寄せてまた唇を重ねて・・・

そのまま、片手を首筋にゆっくり伝わらせていって、背中のファスナーを下ろし・・・
両手で、肩紐を肩からはずし、深い深いキスに酔いしれた。

キョーコは、その唇を離し、俺にされた事と同じことを真似て、人差し指で唇をなぞり・・・

その指を頬に。キョーコのその手に、愛しくなって、愛されるという事はこういう事かと初めて感じ、目を瞑って寄り添った。

キョーコが初めて自分からキスをしてきた・・・
指を首筋に這わせてきて、シャツのボタンを1つ、2つ、、、と開け始め、俺の胸に軽くキスを・・・

両手で肩から、シャツを落とされた・・・



キョーコに服を一つ脱がされるたび、心を解かされていくような気がした。

キョーコの服を一つ脱がすたびに、心を開かされているような気がした。

キスをするたびに、お互いの心を共有してるような気がした。

キョーコからキスをされると、愛を感じた。

キョーコにキスをすると、愛で返した。

俺は、生まれて初めて 愛 と、いう形の無い物を感じた。

お互い、何も纏う物が何もなくなると、心にも纏うモノが無くなる・・・


俺の背中に腕を回してきたキョーコに、そして強く抱きしめるキスに、お互い酔いしれて・・・



・・・この感じた愛が本物なのか、確かめたかった。

キョーコの目を見つめ、吐息が掛かる近さで言った。


・・・二度目 _______


二度と二度目をしたら離れられなくなるよ。そう教えたつもりだったんだ。

ドラッグや、飲酒、喫煙のように、終らない強い刺激を求め続ける欲望に火をつけるかも知れないと。

それに、久遠でいいのか、蓮じゃないのか、彼女がどうしたいのか分からなかった。
今も・・・まだ・・・かな?それは・・・


バスタブの淵に手を伸ばして、ジャグジーをオフにした。


でも、さっきも思った。

頷いた仕草の、ツインテールのままのキョーコと同じ笑顔が。

“ それよりもっと、確かな魔法を手に入れた。”と。



もう、何もいらない。キョーコだけ居てくれれば、それでいい・・・


親から愛されなかった、同じ境遇に、おたがい愛を求めていただけでは、

終らせないから・・・




思い出して、バスルームを出て、iPod内臓のスピーカーからonly youをかけ、またお風呂に浸かった。

Only you……

日本語に訳して言ってあげた、きっとこっちの言葉の方が心に刻んでくれると思ったから。

君だけ。この世界を明るくみせるのは。君だけが、俺を暗い所から明るい光に導く。
君だけ。君一人だけが、君の俺にすることが、俺をドキドキさせる。俺の心で、愛を感じる事が出来るのは、君にだけ。君だけ。君だけ、もう君だけだ、俺を真実に導くように変えてくれるのは。君は、俺の運命の人。手を繋いだ時、君が俺に魔法をかけてくれたと、気づいた。あなたと私の夢が共に実現するようにと。

・・・見つけた、俺だけの君を。



キョーコを思い出してふわっと微笑んだ。久遠の映画の中のエンドロールの表情と同じだった。


“ Hope 輝く人。輝きを。”

自分自身が持ったあの頃の希望は、輝く人、輝きを。
クーやジュリの様に・・・

・・・俺の憧れ、そしてヒーローだった。


歌の最後のフレーズに思いを乗せて、想いを馳せた。

手を繋いだ時、君が俺に魔法をかけてくれたと、気づいた。あなたと私の夢が共に実現するようにと。・・・見つけた、俺だけの君を。

希望を持って夢に歩み始めた君にも、俺の夢に走り出した時に持った希望を伝えたかった。

・・・そして、一緒に歩んで行く事が、

今の、俺の・・・夢、

かな・・・



見つけた。

確かな魔法と、その運命と、夢。

俺だけの君。キョーコ。



口に出して言っていた。


ずっと、ずっと、いつまでも・・・

“ 君だけを、愛しているよ。” _____________
Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 04.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray