• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.52

Category : Story-I of LDs

そんな事は全く無縁で気にしない、人付き合いも大変上手く、仕事も皆ご存知パーフェクトにこなし、自分に自信をもっている芸能界1の完璧で理想の男は、キョーコと買い物に行って二人で仲良く冷蔵庫に入れていた。


(それにしても、相変わらず何も入ってない、冷蔵庫よね。)


電気代がもったいない。

なんて思うのは、庶民だからか。




蓮は、お約束通りキョーコに、ホットミルクを入れてあげていた。

ブーン、と泡々に泡立てて、その上にシナモンと、今、下で買って来たケーキ用のデコレーションに使う、星とハートの形の小さなホワイトチョコチップをぱらぱら~と降りかけた。
思いついてロックシュガースティックも買ってきて、濃いピンクから、だんだん淡いピンクが白になるように色鉛筆のように並べられた、ピンクのカラーチャートの様な12本いりの箱を買って来た。
怪しい微笑みを背中に隠して、ニコッと笑顔を向け、箱の蓋を開けて、キョーコに見せた。


ねぇ、砂糖入れる?

・・・どれに、する?



ハッキリ言って、ドキドキしていた。
一昨日、キョーコが敦賀さんと電話してた時の、何気なく触っていたバラの花びらの色を覚えていた。
バラの方が枚数も多いし、色もかなり細かくグラデーションが掛かっていたとは言え、忘れるわけが無い。プリンセスローザと同じに見える淡いピンク色。白に近いピンク色。
久遠には白のバラの花びらを差し出してくれたキョーコも、蓮にはあの時はまだプリンセスローザのピンクで止まっていたままだった。

それに・・・

ラテを入れてあげたとき、シュガースティックに気づいて掻き混ぜたこと。
久遠に落ちる様に、キョーコのラテに魔法をかけた。久遠に恋に落ちてしまって欲しいと。
久遠は、キョーコにとって妖精で幻想のまま記憶されているのだろうか・・・愛し合った証のキスマークさえも、子供が出来たかもしれないという事実も受け止めているという事は、魔法の力ではなくて、久遠を一人の男として今は捉えてくれているだろう。

(なるほどね・・・。)

そんな一昨日の事を思い出していると、キョーコは久遠の掛ける魔法、全てに落ちていた。
ダンスを教えてあげたのも、泡風呂のピンクから白に変えたのも、ラテのシュガースティックがピンクから白になって恋を溶かした媚薬にも、Fairytailなどのメルヘンなピアノ曲も、幻想の中に居た妖精の久遠が、魔法だよ。と言えば全てに落ちていた。

共演者キラー・敦賀蓮が落とせなかったこの湾曲思考のヒト。
落とすには、魔法の力。が必要なのか。なるほどね・・・。

(じゃぁキョーコは、妖精じゃない、現実に人として存在する蓮からも魔法に掛かってくれるのだろうか?)

さっきキラー戦に負けた原因を突き止めていた結果、魔法が足りなかった。と反省。ただの負けず嫌いなだけだった。

それはそうと・・・



ん~、じゃぁね・・・

(一昨日のバラみたいだな・・・どうしようか・・・)

ふと、思い出して試したくなった。一昨日、新たに掛けられた久遠の魔法。
今の魔法だよ。って言葉が耳から離れないでいるアレ・・・


これ。


キョーコの指差した物は、一番濃い、ドピンク。ラブミーつなぎのような色。


え?それ?


(なんでまた、ラブミー色なんだ???白でなくていいから、もっとせめて淡いピンクとか!)


キョーコがそれを手にとって、自分のホットミルクに入れてクルクルしながら、覗き込むマグカップ。
思ったようになったのかならないのか、それとも、甘味を体が欲しているのか、ダイニングにお互いそれぞれのカップを持って向かっている時も、ずっとグルグル掻き混ぜていた。

ピアノならぬ、ロール鍵盤をダイニングテーブルに広げていると、カチンと小さな音がした。
思ったように何かが成ったのであろう。そのキョーコの無意味にニコニコ微笑む顔が、子供の頃のツインテールのキョーコの笑顔と同じだった。
俺が、初めてキョーコに出逢った瞬間の。

“ あなた、妖精さん?” あの時の、俺の顔を覗き込んで、なにか良いものを見つけたような笑顔だった。今のキョーコも、何かを見つけたのだろうか。


キョーコが残りのシュガースティックをカップの端で叩いた音に気づいて彼女を見たら、それをパクッと加えて唇で舐めるように出した。ちゅっと音が聞こえてシュガースティックを口から出すと、アイスクリームのようにぺロっと下から上に舐め上げた。

それを見て、

(バナナ・・・教えてもいいかも。)

なんて、風謹慎な事を思ってしまった俺。

肩に顎をのせて、首を傾げるような斜めの角度から、流し目で見つめられて、うふっと微笑んだ。

(なるほど、この角度モノにしたのか・・・。だめですよ。普段から男に使っちゃ!)


ねぇ、蓮。


ただ、じーーっと見てしまったキョーコの行動から、なんとなくいつもと違う、甘く俺を呼ぶ名前に急に呼び覚まさせられた。
ハッキリ言って、キスマークがばれても、ピアノなんか弾かなくても、もうどうでもいいような思考にさせられて、今すぐベッドにさらって逃げたくなっていた。
それよりピアノの前でした事を思い出してしまっていた。

初いかされちゃった最後・・・。

蓮。と言われてはっとした。そうだ、久遠じゃなかった。

(えっ!蓮にもそんなことするの?キョーコ。)

心の中から久遠の声が聞こえたようだった。



うふふ~。
ねぇねぇ、コレ見て。


キョーコが見せてくれたマグカップの中は、プリンセスローザの様なピンク。
それに、白い泡がマーブル模様になっている。


うふふふふ。この白いのはねぇ、

蓮がかけてくれた・・・
星とハートのホワイトチョコが溶けたんだけど、
色は付かなかったものなの。
油脂が混じっているからよね、チョコに。でもねぇ、

星は、夢でしょ。ハートは・・・愛?かな。
夢ね。Dreamsでしょ。夫婦の証、白い愛なんだよね。

あぁ、私ね、ちょっと変に思うかもしれないけど、
ん~、蓮は大人だから可笑しく思うかもしれないけど・・・
私ね、ひとのオーラを感じる人なのね。

・・・恋はピンクなの。
恋をするとピンクのオーラが纏わり付いているのを感じてね、
それがどんどん薄い色になっていって、白になると愛になるの。
お互い真っ白なオーラの時に結婚するとね、
ずっと生涯を共に過ごして行ける準備が整った瞬間で・・・

・・・白から始まって行く人生? 
二人で何色にも何色にも変えられるようになれると思うの。

ホワイトチョコの星とハートは、かけてくれた蓮の夢と愛。
ラブミーピンクが、ミルクに溶けて・・・

私が貴方に恋をした。

証拠の色。

ミルクのピンクは今の私のオーラの色。
かな?こんな色感じてるんだけど・・・


この私のピンクに交わらない白は・・・

私への愛でしょ?蓮。




・・・・

私は、もう、ずっと・・・
ずっと前から


貴方に恋に落ちていました。



・・・敦賀さん。



ずっとずっと・・・


・・・大好きでした。




頭の中が真っ白になっていた。彼女がずっと好きだったと言ってくれて、俺も後悔した。
もっともっと早く前に、ずっとずっと大好きだった。と言えばよかっただけだったんだ。と。

ピアノの準備が整っていて椅子に座っていた俺は、おもむろに立ち上がってカップを持つ彼女の手を握った。


最上さん。


その一言に、ビクッと彼女の手が震え、マグカップを落としそうになっている。マグカップを反対の手で彼女の手から取って、ピンクのキョーコの恋の色を一口飲んだ。


君の魔法。
もらったよ。


今度は、

俺からの魔法、
受け取って。



頭の中が真っ白なまま、鍵盤に向かって弾き始めた。
この曲。Love Is a mystery.

久遠から、キョーコに弾いた。

きっと君はあの時、夢うつつだっただろう・・・
“ 愛は魔法 ”と久遠が言っても返事がなかった。
久遠からの魔法は、君の夢に溶けていって、どんな魔法の夢を見せたのだろうか?

真っ白な頭の中は、君への愛の色だけに覆われている。

君が夢の中で聞いた曲。愛に神秘が宿る――― 
昔から君が大好きだった。
俺の、初めての友達だった頃から、忘れないでいた。
君の笑顔を胸にして、生きてきた。


タイトルは、言わなかった。



姿勢のいい彼女にしてはめずらしく、テーブルに頬杖をついて聞いていた。
もう片方の手は、無意識なんだろうか、俺が口を付けたマグカップの淵を指先で撫でていた。

何にも考えてない。

その表現がぴったり当てはまるような彼女の表情に、心を奪われた。



どうしたらいいのか、お互い分からなくなっていた。




(言っちゃったな・・・。調子に乗って。蓮じゃなく、敦賀さんに・・・。)

そう思ってマグカップを触っていた。


カタン。

私は、思い出したようにマグカップを持ち上げて、ふぅ~っと息を吹き掛けてミルクを飲んだ。



うふふ。
まだ、熱い。コレ。


そう言って、マグカップを両手で持った。



敦賀さんの魔法。と、私の魔法。
まだ、熱いですよ。


ん~、もぅ!
敦賀さん。
甘すぎて、熱すぎて、よく飲めましたね。
コレ。



そうだね。
だって、最上さんの
甘くて、熱い、気持ちでしょ。

それに、

俺の夢と愛が溶けているんだよね。

・・・君の気持ちの中にも?かな?



頬を赤らめて、微笑んで、コクリと頷いた彼女は・・・ 前に見たことがある。

嘉月の演技テストだった。
俺に、コーンの石を貸して慰めてくれた君・・・


“ コレが無くても、もっと確かな魔法を手に入れた。

ずっと、前から触れていた。この愛しい魔法には・・・ ”



(そう、ずっとずっと前から、君の魔法は、俺にかかっていたんだよ・・・。)



何かが溶けてゆく・・・。
このマグカップの中に同じ様に、私の心にも溶けたもの。
役を利用して、敦賀さんの事を蓮と呼び、蓮は私をキョーコと呼び、でも何かが違うそんな蟠りが溶けてなくなった。

敦賀さんでも、最上さんでも、同じで居て良いと、これからの敦賀さんと始まる何かに向かい、今まで憚っていた自分の気持ちの中で、蓋を開けたようだった。


(そうだ、蓋。)

蓋を開けたようだと思っていた事で、ふと思い出した。


私の宝物。
見せてあげますね。

・・・蓮。


蓮と呼ぶ事にも、憚っていた役の名前という概念が無くなっていた。素直にこれからも、蓮と呼んでもいい。いつも・・・これから・・・。


ゲストルームに置いてあった、久遠にもらったオルゴールの小箱。
たくさん付いていた鍵も持って蓮の家に来ていた。

どうしても、素直に言っておきたかった。
私が、久遠の事もどうしても愛している事。とめどなく溢れる久遠への想いも、理解してくれるのか。
久遠の子供がお腹にいるのかも知れない私は、ナツの言葉を借りて、蓮の子供だとも思っている事を、正直に言っていた。

私の蓮を想う気持ちは、久遠への想いとは同じだということ。

久遠が私に、素直になんでも言ってくれるのに対し、蓮は私には、いつも秘密にすること。

子供の頃から考え続け、心に刻み込まれた久遠の事は、絶対に自分の心の中から消えないということ。

自分が素直に全てを打ち明ければ、蓮も私に隠す事をしないと望んで、久遠との全てを見せようと、決心した。もしそれで、蓮が離れてしまっても、今ならまだ・・・。

(・・・多分、私は大丈夫。)


・・・まだ、蓮とは何も始まっていない。

これから創る久遠と蓮との、二人との道を私は歩く事を決めたと・・・


・・・言いたかった。_____________



鏡台に置いてある小箱と、小箱が入っていた箱の中に、たくさんの鍵も錠も入れたままになっている物を持って、ダイニングに行こうとした。
鏡台の上には、久遠からもらった、3つの香りも並んでいる。その横に、蓮と久遠と同じ香りも並んでいる。思い出して久遠からのカードも箱に入れた。
久遠からも蓮からも、勇気をくれる魔法を掛けて欲しくなって、二人の香りを首のキスマースにちょっと付けた。
今朝、蓮は・・・ “ 二人が、いつも傍にいるから。”そういって、久遠からの久遠の証に、蓮も自分の証を私に残した。

はっきり言ってしまえば、自分でもどうしても止められない二人への想いに戸惑っている。
どちらか、決めなければ成らないとしたら、私は・・・。

自分のiPhoneを見ていた。
久遠からの、蓮と同じメールが来たことも言うつもりでいた。

一昨日TBMで会った、ビーグルのアイツが言っていた事。


“ ここに、白いライオンと黒いライオンが居る。
  黒にしておけ。
  
_______ 真実だ。”
 


真実とは、自分の気持ちは、蓮の方が好きだという事。なのだろうか・・・




久遠は妖精。幻の妖精。

いつも、直ぐに消えてしまう。

魔法だけを私に掛け続けて

そのまま消えてゆく・・・





蓮は俳優。先輩の俳優。

いつも、傍に現れて居てくれる。

俳優として生きてゆく術を教え続けて

共に歩いてくれる・・・




昨日、蓮に告白されて悩み、地下駐車場で思った事。ぽろっと落ちた、一つだけの涙の理由。


現実を生きろ。

幻想に囚われて夢を見ているだけでは、
起こった真実を受け止める時が来た時に、
自分で決められないだろう。


黙って追った。敦賀さんの背中が私にそう言った気がしたから。


大人になるとは、現実を生きて受け止めて、自分で決めていかなければ成らない事だと。

それがどんなに悲しくて、コーンの石に悲しみを吸い取ってもらいたかったけれど、それすらが、現実を生きていない。と、言われているようで、私は・・・

コーンの石を、久遠からの贈り物としてだけにしようと決心した。
石に依存していた私も、石から決別して自分で打ち破れと、私にくれた時のあの子供の久遠でさえも、あんな子供の時に、石からの依存を止められたのだから・・・と

同時に蓮は、久遠は幻想なんかじゃない。とも言ってくれる。
久遠と共に過ごした何日かの間で、お腹に宿ったかもしれない子供は、現実に受け止めなければならない時が来たら、自分で決めろと、言っているようだった。

久遠の子供が幸せに育ってくれればいい。

・・・その蓮の久遠を思う気持ちが、そばにいれない久遠の為に自らが犠牲になってでも、私を幸せな気分にしてくれているだけなのかもしれないと、思っていた事。

たくさんの蓮の愛は、私にも、久遠にも捧げられているようで、蓮の心の広さを知った気がした。


(ホント、敦賀さんは、友達づきあいも恋愛も仕事も完璧で理想の男。よね。リアルに。)


箱を持って、ダイニングルームに向かった。



Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 04.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray