• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.51

Category : Story-I of LDs
そんな、甘ったるい夜を、社さんが見てたら砂を吐きそうだな。なんて蓮が思っている時、

音楽スタジオでは、日本一かっこいい男にさらわれそうな姫を想う男が一人いましたよ。
ピアノとギターで悩んでいた ______



ん~、両方いいよな・・・。
もう少し、足したほうがいいのか、引いたほうがいいのか・・・?
引き算しすぎて、いっそアカペラでもいいかな~?

よし、3種類、iPodに入れておこう。


ピアノ、ギター、アカペラ。

どれがいいか、ミルキちゃんにまかせるかな。そこは。ミルキちゃんの方が聞き方はプロだしな。

譜面いるのか?最近、譜面作ってねーからな。ま、いっかそれは。頭にいつでも浮かんでるから。

とりあえずは、3種類とも録っておこう。



スゥー・・・
息を吸って、思いっきり肺の中の最後の空気まで静かに長く吐いて、また、今度はあばらを開かないように吸い込んだ。最近いつも必ず歌いだす時に必ずやる事。

想いを込めて歌った、キョーコの誕生日のためのHolly nightを歌った時から、
キョーコの為に歌う時は、いつも邪念を追い出すように、息を吐ききってから歌いだす癖が付いた。



ぅぅ ―――――


___ただ、・・・たくて、
もう・・・ 唇かみ締めて、泣いてた
今、・・・たくて、忘れられないまま、
過ごした時間さえも、また一人にさせる・・・

悲しい過去も、
・・・・・ 君に出逢えて
深い海に、沈められたのに. . . . ________________





何度もなんども繰り返し繰り返し、歌い続けたこの夜を。
自分で見つけた新しい自分に向かう決心が、素直に心を開いてみたいと思わされた今日の出来事の全てが、自分を変えてくれたこの一日の終わりの今夜を、

忘れない。



ただ、逢いたい、キョーコ。



その想いが、これから届くのか、
届いて欲しいと願って止まない今に、自分の仕出かした過ちを許して欲しいと乞う。
自分が気づいた今に、遅すぎなかった事を祈る。


自分でカッコイイ、と思ってしまったアイツと、今も一緒にいるのか、不安になる。

アイツを越えるのは、
自分の今までじゃ、どんなに足掻いて、もがいていても無理だった。空回り。
素直な気持ちを、今度会ったら曝け出せるか。


思いついて、敦賀のヤロウの弾いた曲、ショパンの幻想即興曲を弾いてみた。


自分の気持ちを曲に乗せるのは、そうとう練習しないと出来ない事。どんな想いでアイツが練習したのかを知りたかった。
一度聞けば譜面に起こせる俺の頭の中の、アイツの弾いた曲調を思い出して弾いた。

切なさと、不安と、なにか喜びのようなものが一つ入っている事を感じた。その喜びは最後に報われて、心に平和をもたらしてくれる様な祈りのような物を感じた。

何を考えて弾いたのかは、分からなかった。
俺の作ったHolly Nightの様に、人により受け止め方が違う曲調。
恋に愛に悩むやつには、慰めを。
夢に向かうやつには、勇気を。
そして、俺の曲には入っていない気持ちが、アイツの曲には入っている事に気づいた。

もっと、もっと、奥の深い、自分でも見えなくて、誰にも助けを求められなくて、一人。
ただ、そこに蹲るアイツの心。

それは・・・


何_____?




それが、知りたくなって、自分で自分の今の気持ちを込めて弾いてみた。


アイツのと、頭の中で譜面を重ねたらこんなにも違う曲調に、自分の軽快さが浮き彫りになっていて、奥底に潜むような根深いものは無いのに気づいた。


アイツは・・・一体、
なんなんだ?


分かりたくても分からない。それを知ってしまうのは、とても怖い事だと感じた。



俺は、ピアノを叩いて言っていた。


そんなヤツに渡せるか!!!


素直にキョーコを

あげねーからな!



・・・。

(怒鳴っても何もならない。って言われたばかりだよな・・・。)

変わらなきゃいけない。感情の起伏を抑えて生きる大人になって、社会を上手にアイツの様に渡っていかなきゃいけないんだ。


なんでアイツ?俺に無い物がアイツにあるのか?なんて問う事も恥ずかしくなるほど、俺は気づいていた。俺に無いものを、アイツはたくさん持っていることに。
ピアノにうつ伏せになって、呟いていた。



俺だって、

いい男だろ?キョーコ。

世間から騒がれてんだよ。俺だって。



芸能界1の男には、もれなく芸能界1の美女が付いてくる。
そんな考えをしていたあの頃が、恥ずかしい。

芸能界で人気になったら纏わり付いてくるたくさんの事。
卑下に、嫉妬に、悪意に、卑属に、公傷に、過失に、競争に、
好感や、人気を保つのに必要な、自分でも他の人に犯すそれらを。
それがリングのように繋がってまた返って来る繰り返しから抜け出せない、ただの汚い世界。
華やかで煌びやかな世界に憧れてきたけれど、そんな物は世間に見せる夢だけの見せ掛けに。
正直言って疲れていた。


(アイツは、俺以上に苦しんでいるんだろうな・・・。)


それらに疲れた心を癒してくれる、安らぎ・・・か、な?欲しいのは。

そんな自分に気づき、理解してくれて、愛してくれて、包み込んで欲しいと願えば叶えてくれる心。
そんな心をもった人との安らぎを求める・・・。


(きっと、アイツにはキョーコなんだろうな・・・。)


俺は、知っていた。
俺がまだ下積みだった頃、キョーコはそれを真っ直ぐ向けて、捧げようとしてくれていた。
あのキョーコを知っている俺だから、アイツにも同じなんだろう。と思ってしまう。


(でも、キョーコにだってそれらが付き纏ってきたんだろうな。俺といた頃と違って。)


キョーコにとっても、必要な安らぎか・・・。


はぁ~~~~。

頭を抱えることも忘れ、疲れていた。



帰って寝よ。



(ってか、昨日も今朝まで徹夜だったしな・・・。)


とりあえず、ミルキちゃんに、ピアノ、ギター、歌だけの物、歌詞も書いて、曲を添付してメールした。



ピアノを閉じて、う~ん。と伸びをしたら、背中がバキッと鳴った。
ずいぶん長い間、背中を丸めて座っていたようだ。

立ち上がって祥子さんに迎えの電話をした。
祥子さんを待っているこの5分間、俺は外でキョーコの事だけを考えていた。


あぁあ、前みたく帰ったらキョーコがいて癒してくれたらいいのに。


プリンとお笑いと、そんな幸せを思い出した。夢に向かう俺を支えてくれていたあの頃。
自分に必死でキョーコの事なんてこれっぽっちも考えられなかった。


でも、今は・・・。


―――もう戻らない時だけを悔やんでしまうのは、何故?


おれは、今録った曲を口ずさんで小声で歌っていた。



もう、戻らない時だけを・・・
悔やんで、しまうのは、

何故?

・・・涙も枯れて、
君のいない世界を、さまよう・・・

ただ、・・・もう逢えなくて
唇かみ締めて、泣いてた。

今・・・忘れられない、まま・・・
過ごした、時間だけが また
一人にさせる・・・

・・・・・ただ・・・て―――――




車が来て、それに乗った。車の中でアイツの疲れ度を想像した。


“ 卑下に、嫉妬に、悪意に、卑属に、公傷に、過失に、競争に、
好感や、人気を保つのに必要な、自分でも他の人に犯すそれらを。
それがリングのように繋がってまた返って来る繰り返しから抜け出せない、ただの汚い世界。
華やかで煌びやかな世界に憧れてきたけれど、そんな物は世間に見せる夢だけの見せ掛けに。”


Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 04.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray