• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.50

Category : Story-I of LDs
は?なになに?キョーコ。何言ってんの?


え、すぐ3話目の途中から、結婚しちゃうじゃない。
1話目の恋人同士は、できそうなんだけど・・・
2話目、どうしたらいいかな~って思って。


キョーコは蓮の顔を覗き込んで続けた。

たんですケド・・・
敦賀さん?

聞いてます?



(なんだ、本気にしてたの俺だけ!? Dreamsのシナリオのこと言ってたのか!?)


ふふ。

じゃぁね・・・


蓮は後ろの座席に置いてある、二人の仕事道具のバッグを取って、車から降りた。
キョーコサイドのドアを開け、座ったままのキョーコをそのままお姫様だっこした。


さらって逃げてあげるね。


最上さんはそのまま、
俺にさらわれて、みて。

でも、家に着いたら
夫婦だよ。


蓮は、さっき落とした女優さんと同じく、俺に任せて。と口パクして、おまけに試しにウインクしてみた。


は~い。
敦賀さん。


(やっぱり、キョーコには利かないもんだな・・・。共演者キラーの名が廃るよな。)


は~い。なら、蓮と呼びなさい。
敦賀さんなら、はい。と、短く。


はい。
よろしくね~。



どっちがいいの?
結局。

じゃぁ、最上さん。でいいの?


うふふ。
どっちでも。

呼びたい方に合わせます。


首に抱きついて、身を任せた。蓮が久遠が私に時々してくれる、胸に抱き寄せて何か心で言っている心の声が聞きたくて。
あなたは、今の話を本気で取ったのか? ・・・その答えが知りたくて。


じゃぁね・・・。


そう言って、どっちとも呼ばないで唇を重ねた。


どっちも・・・

俺にとっては、大切な人だから
最上さんも、キョーコも。


(なんだか、一昨日の続きだな。これじゃぁ・・・。 んじゃ、お風呂も入る予定だからバラ風呂にしたりして。以外に・・・ウケルかな、んなことしたら・・・。)

そんな事を思いながら乗ったエレベーターでも、キスすることは忘れませんよ。ちゅっ。


あ、キョーコ。カード入れてボタン押して。


はいはい。
キョーコね。蓮。

わたし、お財布の中に・・・


あぁ、いい。俺の胸のポケットに入ってるから、そっち取って。
早く早く、誰か来ちゃう。


誰か来ても大丈夫よ。
駆け落ち中です。って言えば。


(ほんと、・・・なんかズレてるよな。キョーコ。)


じゃ、本当に駆け落ちする?
いいよ。
芸能人、辞めたって。

・・・でも、京子も辞めるんだよ。
いいの?それで。


う~ん。そうね・・・。


いいから、早くカードキー取って上に行くよ。
家に着いたら、夫婦になるんだよね?
芸能人辞めなくても。


うん。それにのった。


はいはい、早くね。
あぁ、最上階のボタンは番号押さないと点かないからね。
暗証番号は・・・

(はっ、押させなきゃいけないよな。教えないつもりだったのに。しょうがない・・・)


1225210


よし、覚えた。
・・・って、あれ?
これ、私の誕生日と蓮の誕生日だね。
すっご~い。ちょ~偶然~。


(・・・何が偶然なもんか。俺が設定したんだから。ま、でも偶然にしとこうかな。)


そうそう、すごいよね。
偶然ってね・・・俺も思ったんだよ。

(共演者キラー的、ウインクつけちゃお。)


うん。一発で覚えた。
でも、蓮の誕生日2月19日と間違えた時あったから、
そこんところ間違えないようにしなきゃね。番号。

(さすが・・・やっぱり、キョーコには敦賀蓮は利きませんね。)


そうだね。
もう間違えないでね、俺の誕生日。


うん。こないだね・・・
新人のタレント名鑑の書類整理したけど、
久遠の誕生日も、蓮と同じだったよ。


へ~・・・ぇ・・・そう。
あぁ、そうそう俺も見た。
ラブミー部でしてたヤツだよね。


ふふ。蓮と久遠すごい似てるよね。
全部。


へぇ~、だから俺と一緒に居るの?今。


ん?なんで、怒ってる?蓮。
昨日、自分でどっちでも好きでいい。
・・・って自分で、言ったのに?


あぁ、そうだったね。
ごめんごめん。


今日ね、蓮のメール嬉しかった。
デートしよう。っていうの。
妻へ、と書いてなかったから、
私を・・・

最上キョーコをさそってくれたんでしょ?

役のままじゃ、
デートしても嫌だったんだ。

久遠とは、プライベートでも仲がいいのに、蓮とは・・・
ドラマのクールが終ったら、また・・・

最上さん。

に、戻ってしまうのかな? って・・・

私も・・・
敦賀さん。に戻さないといけないのかなぁ・・・
なんて、・・・淋しかったり・・・?



ぎゅうっと首に抱きついて、顔を埋めた。


(全く、なんなんだ。この子は!? 俺を煽るのも転がすのも!?はっは~ん。共演者キラー、京子もだな。よし、落としてやる、こっちが。)


キョーコ。

俺の肩に埋めた顔に寄り添って、耳元で吐息混じりに囁く。


いつまでも、蓮って呼んで。
ずっと、ずっと。


ん・・・蓮。


顔は見えないけれど、首に巻きつく力が強くなった。

(よしよし。落ちてくれた?どうどう?)


ずっと・・・かは、
分からないよ。


(え!?落ちてない?)

・・・なんで?

(もう、顔なんか見れないじゃないか。)

そのままエレベーターの上がっていく階数を見ていた。


・・・今日のメール、後で見せてあげる。
それで、分かるよ。

私は、夫婦に隠し事は・・・
しません。

・・・それで分かってくれますか?
私の気持ちを。


私は、蓮の首から顔を離して、唇をそっと重ね、もう一度長めに重ね、今度は深く重ねた。


・・・ キンコーン _____


最上階に着いても、キスをする事を止めなかった。

止められなかった。

メールを見せたら、蓮は私をどう思うのかも、どうするのかも、分からなかったから。ただ・・・



お願い。離さないで。


そう言ってキスを続けるキョーコが、何を言いたいのか知っているから。
久遠からのメールを見せてくれるんだ。
・・・あの、同じ文章の。きっとそう。


ごめん。ごめんね。本当に。


(どうして、君が謝るの? 俺が君を傷付けてばかりで、ごめん、ごめんね。本当に。)

夫婦に隠し事はしません。と言われた事に、隠し事だらけの俺は、どうしたらいいのだろうか?
夫婦になっては、いけないと言われた様だった。


お願い。謝らないで。
離してといわれても、絶対に君を離さない。


・・・蓮。


キョーコ・・・。


止められないあのドラッグのように、虜にさせられる。君からのキスも、素直な君自身にも。

玄関の前の廊下で、ドアを開けたら夫婦になる約束でいた為か、玄関を開けられないでいた。
もっと、もっと、このままの恋人で居たい。
・・・そう思わされていた。

キョーコを降ろして鞄も下に置いて、玄関を開けないようにキョーコが手に持っているカードキーを握る手を握り抱き寄せた。

もっと、俺をキスで夢中にさせて欲しかった。
ここに居ない久遠の事なんて考えて欲しくなかった。

今はどうか、目の前の蓮のことだけを見て欲しい _____


なぁに? どうして欲しいの?
・・・私に。


俺の頬を撫でながら、吐息混じりのエロティックな甘い囁きでそう言って、上目遣いにキョーコの俺を覗き込む顔は、目元は笑っているのに視点の合っていない瞳が俺を誘っているように見えた。


んふっ。
・・・じゃぁね。

もっと・・・って、言って。
そうしたら、もっとしてあげる。


頬を撫でられていた手は、人差し指だけが、俺の唇をなぞってきた。


(それって、久遠の真似だよな・・・。まさか自分に返ってくるとは・・・。)


おれは、キョーコを強引にわざと音を立てて玄関のドアに押し付け、ドアに両手を付いて、両腕の空間にキョーコを追いやった。
・・・そう久遠がした様に。


もっと、して。
もっと、もっとして。

それとも・・・


・・・もっと、俺がしてあげようか?


壁についていた手はそのままに、肘を曲げてキョーコとの間の空間を狭めるように壁に肘をついた。
キョーコの視点のぼんやりしたような瞳を覗くように目を合わせ、唇が触れないギリギリで囁いた。



ねぇ、

どうしたい?キョーコは。

キョーコがしてくれる?俺に。
それとも、俺がキョーコにしてあげようか?



キスしたい衝動に駆られながらも、この触れそうで触れない距離を楽しんでいた。
ずっと目を覗き込んで、ふっと息をはいたら唇が触れそうで、息を吐くのも緊張していた。



先に、キスした方が、負け。
・・・だよ。
いい?それで。



うふふ・・・


そう笑った瞳が目を閉じた。

そんな事されたら おもわず、無意識にキスしてしまった。

さっき夢中で時間も場所も分からなくなるほどした、キョーコからのキスを思い出していた。今までに無いほどこのキスを自分もキョーコも、与えて返されて、返されて与えて、と繰り返し止められないドラッグ中毒のように記憶が無くなって虜にされていた。

長い間キスを続けて、ふと気付く・・・

俺は、キョーコに落ちていた。それに・・・共演者キラー戦にいつの間にか負けていた。

しまった!と思うには遅すぎて、自分で負けを認めたような行動は自分を見失っていて、知らない間にキョーコに落ちていた事に気づいた。

(これも、初体験だな。俺が落とされたの。しかも気が付いたらだもんな。いかされちゃったも初だったけど。・・・ いや、久遠は撮影中にこのキラー京子に落とされていたんだな。・・・たぶん。じゃぁ、仕方ない・・・二度目だな。俺的には・・・。)


うふふ。
こんなでいいかな?


(ん?何が?これまた急に。)


どうだった?
愛されたい。って思った?
愛してる演技。
駆け落ちする直前の感じのね~、真剣さ?


ね?


どうどう?どうどう?

そういって、にっこり微笑む京子が腕の中に居た。



うん。よかった。
合格。

はい、ごほうび。


ちゅっとだけ短いキスをして、落ち着こう。と心で思う。


(ふ~、なんで、本気だと思ってたのに! 演技で俺を巻き込むとはどういう事だ。)

動揺をなんとか隠して続ける事にした。


うん。さらって逃げたくなった。


俺は、キョーコの手からカードキーを取って、抱きしめてた腕を離しがたいのを押さえて玄関を開けた。


え~、そんな。あっさり~。
もっと、奪って欲しいのに?
私を、さらって逃げてみて~。
見たい見たい~。かっこいい~、
仕事も恋愛も友達づきあいも完璧な理想の男がぁ~。

ね、
逃げ切れたら、結婚してあげる。から。


そう言って、開いたドアから一歩下がって玄関に入らないように立った。


そうだね。
じゃぁそこは今度、台本みながらやろうね。

はい、今日はもういいの。
そこは。


キリがなさそうなので、キョーコの左手を取って指を絡め、ぎゅっと握った。

(実は、まだイメージできてない・・・さらうとこ。)
なんて言ったら、先輩としてダメだよな。キョーコだからイメージ出来ないってのもあるんだよな~・・・。でも、


握った手を自分の胸に引き寄せて、キョーコの手を自分の心に付けて、誓った。

それに本当に、他のキョーコに言い寄る男たちから、いつか俺がさらって逃げ切ってあげるから。そしたら、結婚して欲しい。

___ いつか本当に・・・蓮か、久遠と。



ふと、昼間のドラマ撮影でデスクの上に重ねた手を思い出した。
あの女優さんは、何も返せなくなるほど真っ赤になったの見た時、よし、完璧に落とした。と、思えるほど、完璧な理想の男を演じてみたけどな。
う~ん。キョーコには、どうにもならないな・・・。

(リアルは、ドラマと違って、厳しいよな。これがリアル奥さんなのかな・・・)



はいはい。これから、残りの11話。
年末に入るスペシャルも入れると何話かもっと足される、
もっともっと長い話のところ。

・・・夫婦生活。

練習だね。


(そうそう、リアル奥様を理解できないうちは、リアル旦那も出来ないしね。リアリティが欲しいってのが監督の要望だし。よし!)



どうぞ、俺の奥様。


うふふ。

キョーコは笑って、ちゅっとキスをした。


お帰りなさい。蓮。


ただいま。キョーコ。
そして、お帰り、キョーコ。


蓮もキョーコに、ちゅっとした。


ただいま。蓮。


じゃぁ、コーヒーでも飲む?
蓮、入れてくれる?
私は、ホットミルクがいいけど。
あの、泡々のがいいな。


うん、そうだね。いいよ。
後で、地下のスーパー行こうか。
ミルクも無くなるし、
朝ごはん作ってくれるんだよね?


あたりまえでしょ。何が食べたいの?
和、洋、中、それともコンチネンタル?


何でも、出てくる魔法のサロンを真似て言ってみた。


じゃぁね・・・。

(おにぎりと、けんちん汁と、出し巻き卵焼き、なんて言ったら驚くだろうな・・・。)

と、考えあぐねていた。

食欲中枢麻痺気味の小食動物に、決めさせるのは無理かも。と思ったキョーコは、自分の肩に廻されていた蓮の腕を取って、その左手に指をからめて握り、自分の胸に付けて言った。


私、あなたの妻ですよ。
何でも何時でも言ってね。

なんて・・・

うふふ。ほんとの夫婦、みたい。



え、夫婦だよ。
いまは、本気になってもらわないとね。


はい。OKです。
敦賀さん。


はぁ~~。

(はっ!、ダメ息!?ダメ息よね今の。)


・・・じゃぁね、そう言うなら
最上さんに戻るけど、いい?


ん~、じゃぁ、
そうね、何て言えばいいの?


う~ん、そうだな・・・


じゃぁね、言われたら嬉しいな。ってこと
言ってみて?蓮。
夫婦らしい事。


・・・。
俺は真っ赤になってしまっていた。


えっ、何考えたの?蓮。


秘密。


秘密が多すぎる、蓮は。
夫婦で、隠し事はしないって、私は言いましたよ。


あはは。ほんとの夫婦みたいだね。
奥さんがコーヒー入れてって、さらっと頼むとことか、
返事に困ると逆に聞いてくるし。
俺の方が一方的に成るかと思ってたけど・・・意外、
・・・旦那転がしも上手いね、キョーコ。


いいえ、上手くなったんです。
昨日と、今日でね。

・・・だって、蓮と、
一緒に居たから。


・・・だよ。


そう言って腕に寄り添って腕を絡めてきたキョーコが、自分の腰に俺の腕を廻させる様に動かして、頭を胸にこつんと付けた。

(天然。こういうところが、旦那ころがしが上手いって言うんだけどな・・・。分かってないな。男心。いや、分かりすぎてるっていうのかな?)


もう。そんなことしたら
なんでも言う事聞かなきゃならなくなるから。


うふ、じゃぁ、そうしてくれる?


・・・はい。

(もう!そのキューティーハニースマイルの京子には、もう逆らえません。)

そのまま玄関を二人で入って、ドアを閉めた。よりそって、俺をニコニコ見続けるキョーコに向ける俺の今の顔。
玄関横の大きな姿見に映った俺は、耳まで真っ赤になっていた。





そんな、甘ったるい夜を、社さんが見てたら砂を吐きそうだな。なんて蓮が思っている時、

音楽スタジオでは、日本一かっこいい男にさらわれそうな姫を想う男が一人いましたよ。
ピアノとギターで悩んでいた ______
Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 30.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray