• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Furious of Love Dreams n.467

Category : Story- F of LDs


Jaxtapose.

+&- に d&b の背中合わせ・・・





いつもBearちゃんが・・・ かよ、日本男児にって・・・ どうなんさ?



久遠くんとのシェアブログには、ライバル心は、そこに・・・・





ん~~~

俺だったら、スターの二世といえども、同じ事務所新人なんだし。

蹴り落とすのは、違う事務所にゃありがちか?
俺の事務所は、男気1本~ん!


新人の売り込みに手を貸すのが、仁義! もちっ!



だが普通に考えたら、どうよ?  蹴り落としたい世界ダークだろ。



無理に考えを押し込めようとしている様にも、なんか隠している様にも見えていたから・・・

テーブルに目線を合わせてラインを見ている敦賀君の目の前に、ピースを出した。
その手に気づいて、ふっと顔を向けたので、ニッと笑った。


「 じゃぁ、敦賀君? この2の意味。
  Johnnie Blueが置いてあるPotに、2を入れないとね・・・ 」



________ 敦賀君の好みは、ブルーだろ?



「 入った場所のウィスキー。
  香りで判断できない様に置いた紙もストローも
  グラスの上から落ちたら、Pot inしても無効。
  入れたボールの色とJohnnieの種類が合ってなかったら
  もう一度、グラス・シャッフル。
  Gold は、1の黄色。その他はその色。
  紫の4 と オレンジの5はないから、PlatinumかWhiteどちらでも。
  7のバーガンディは、ウィスキー色でどこでも。
  でも、最後に残るはずのBlack 8より前に飲んだら・・

   Start Over  1からやり直し。  」



  ・・・それでいい?



京子の10本のネイルがどこだったか・・・

敦賀君は知ってんだよな。




「 Pot inしたボールと、Johnny Colorが合ってなかったら
  Foot Spot戻しで、やり直し。自分で言ったよね・・・」



Johnnie Blue 以外
もう生まれていた年数に・・・


      何を想う?・・・
 


「 ・・・敦賀君? 」


OK いいよ、それで・・・そう返す敦賀君は、俺が並べたボールを見ながら、少し下がったウエスト部分を持ち上げつつ何か考えている様だった。

そうか・・好みの抱かれ方ねぇ・・・なんて、のんきにキューを取り上げ、チョークを付け出した敦賀君。

キョーコちゃんとのベッドの中での事を考えているという事は、本人的に解らない なぜか彼女を怒らせた事は気にしてなさそう。
別れる気はまったく無さげって事は、プライベートの愛が萎え仕事の相手としてってな、さっき自分が思った事は違うと悟ると・・・

・・・じゃぁ、やっぱり

さっきは、自分の中の自分と、ギャンブルしていた。


なんだろ。それ・・・・・




「 そうだな・・・
  Blackは、じゃぁ・・・ 」


スッ・・

________ トン


7個目のどれだか分からないグラスを、プールテーブルに置いた。



「 これ・・・ なんだろうね?
  醸造2年以内の一番若い White それとも
  22年ものの Gold ・・・
  もしもGoldだったら、6個入れても動かないから
  いつまで経っても 1から ・・・ 」



 4は?敦賀君・・・
      
紫 は、別に関係ないのか? 

2月生まれの敦賀君? ・・・・


「 なぁ・・・ 」
 
インタビュー1番から4番に代えたよな。

京子の横に並んでさ・・・

2番の美月の方が、役的にあってんじゃないの?


「 2のブルーの色に 好みのBlueで・・・ 」

“ そうか、ルージュねぇ・・・ ”
 
そう言った敦賀君? 敦賀君が教えた・・・・

      京子ちゃんが久遠クンの肌に残した、本物。

      その同じモデルの仕事、敦賀君のはルージュだった。


「 その、同一のシチュエーション・・・」


      イメージの払拭?俺は、そう思っただけだけど
      
      まぁ、自分が自分を答えに導かないと

      人って納得しないもんだよな_____ . . .



俺は、7つのグラスにした時から、考えていた。
ダイヤの形に9個のボールを並べながら、9ボールなら9が中心だけれど、15個の8ボールと同じ様に8を中心に並べていた。

その並べ方に、敦賀君はテーブルを見た時、どう思ったか・・・

何もいわないまま、キューを取り上げて




さぁ、敦賀君

どうぞ・・・




色と数字と・・・

よく分からないけれど、己の生きた年数22年の中に

何かを自分の中で想い、賭けてみたらいいかと思うよ。



Rest も使わず Re-Rack  Safety回避なのかと思わせ

左でわざわざ狙った、Black の 8は・・・・・




その為の8がセンター。
8で終わらせて・・・




9からその先 
9から15までの1から7と同じ色、でも白と色の混合ストライプ

ビリヤードの22個までのボールに、Johnnieのはっきりした醸造年数は22まで
22歳の敦賀君が、引っかかる数字に何を感じているのかは・・・

別に、俺には興味ない。


ただ俺は、自分のライバルを、他のライバルに落とされたくないだけ。


俺が助けられる事があるのなら、助けてあげたくて・・・
いつもキラキラ輝く自分のライバルでいて欲しい。 そして、そいつを蹴落とす。かは・・・
まぁ、時が経つ頃に考えればいい。

俺には、それだけ。


9ボールのダイヤモンド。ボールの並べ方は人それぞれ・・・

1の先端正面と9が中心。それを守れば、正面から番号順に並べる奴もいれば、ぐるっと半時計周りに9を取り囲み順の奴もいて、ダイヤの角に1~4をその間に5~8の交互の奴もいる。

俺が並べたのは、反時計回り。
1と8が隣同士の並べ方。でも、8と9のボールだけ入れ替えて、8を中心にした8ボール並べ。
この本来8の位置、1番の横に置いた9をスッと取り、そこに7個目のグラスを代わりに置いた俺だった。




テーブル淵に両手をついて、背中と肩をストレッチしている敦賀君。

その敦賀君の両手を見ていた。

今日は・・・



右手の親指にしているChrome Hearts - FOREVER

左手の人差し指にしている Tiffany - ATLAS


それと、さっきしていたと思ったけれど・・・

左手の小指にしていた Chrome Hearts - … CH Stanp


Chrome Hearts 

クロムハーツだから、頭文字の  “ C H ” が入っているのは当たり前なんだけれど


バーに行く前 一人ギャンブルしていた時は、していたと思っていた。
たった一瞬だけ・・・見えて困惑した・・・


  久遠クン


( 確か・・・ぁ・・・・なんだっけ?) 

なんだか分からん長いスペルだという事は、アルマンディのブログを見て覚えている。

でも、C から始まっているのは確かな事。

C . Hizuri

久遠クンのイニシャル C H ・・・



バーテンダーの子に、左手を向けた時には、もう・・ 無かった。



「 ねぇ、敦賀君・・・ 」


ストレッチから起き上がり、キューを背中に回してツイストしている敦賀君。
下を向いている間に、唯一ストライプのボール9がグラスに変わっていたので、おっ!と驚いてテーブルを睨みつつツイストいた。

こ れ は ぁぁ・・・ どうしたら・・・

んな、一人呟き敦賀に話しかけた。が・・・
CHが気になったけど別に、クロムハーツなら当たり前で、久遠クンは関係ない。


「 指輪、見せてもらってもいい? 」


見せて~。と言って手を出した。自分が気になったのはクロムじゃない・・・


「 そのハーフインチワイドの Atlas
  すごく古くない?今、もう無いよね。 」


あぁこれね。22年前の物。と言う敦賀君に・・・


「 誰かの? 生まれた時のじゃない? 」


自分の意味は、敦賀君の生まれた年の物だよね っていう意味だけだった。
大人の男のサイズだから、生まれたばかりに自分で買うはずも無く ただ単に、見つけたので買った。もしくは、今は4、50代の昔はトレンド俳優だった人から貰った。んな感じかと思っていた。

( ま。ファンからの物じゃない事は確か。 )

敦賀君がファンからの物を1つだけってのは、ありえない。
この彼は、1つ開けたら全部開けないと悪いと思うほど・・ ファンはみ~ぃんな平等にしている。

まったく意味無く、そんだけだった俺だけど、外そうとした敦賀君・・・

外す仕草のまま、ピタッと一瞬止まった。

左手人差し指に右手を掛けていたんだけれど、左手の親指と人差し指で右手親指のリングを外した。



「 あぁそうだ。こっち・・・ これ見て。

  “ FOREVER ”
  クロムハーツには普通なんだけどね、カスタム。
“ C H ” Chrome Hearts の頭文字。
  親友の・・・ カスタムオーダー。 」


「 親友って、久遠クン? 」


FOREVERの事は聞いていなかったけれど、差し出した手に乗せられていた。
彼らのブログの名前が、FOREVERだからってのもあるんだろうと思っていて・・・


「 あれ?・・・」


手触りは普通の厚手シルバー平打ち。側面のそれはツルッとしている。
錯覚の様な感覚に、伊達めがねを外し、じっくり見ながら指で何度も触っていた。


「 そう、分かる?
  この形の違い? 」
 

指にしている時は、普通の3mm平打ち厚みのSterling Silverだと思っていた。
横から見たリングの ○ 円は、Infinity が連なっている形だった。


「 おっ。俺も好みっ。 」


「 だろ? これさ1/16 インチと1/8インチの厚みの違い。
  それに エンボスみたくチェーンの影が見えるだけ 
  時間が経ったら、黒錆されて鎖になると思うんだよね。 

  永久に続く・・・ 絆 っぽくない? 」


「 うんうん。 クロムの心、永遠。
  CH_FOREVERに、ちょ~あってるっ! 」
  

デザイン的には、クロムの FOREVER ベース。
サイドも Chrome Hearts CH刻印 それが Infinity Ring Chain の容にカスタムされていた。


「 あぁ! ブロぐ・・きね・・ん・・・」



し―――っ・・・・


Atlasをした人差し指で、しーってしたら少しだけ回りをキョロっとした。

シマッタ、しまった。ゴメンごめん。と1度ならず、2度目。・・・
テレビ局エレベーターと同じ様に、声を上げていまいそうだった。

しかも俺も敦賀君も、帽子を後ろ前に被り、顔は一応ご開帳である。
俺にいたっては、眼鏡を外したばかり・・・。


「 マジ、ごめん・・・」


「 大丈夫か? 」


演技になれば落ち着いて周りが見えるのに、貴島秀人がヒュルっと飛んじゃうのが素の俺だと・・・
ん~なこったな突如思いつきで話し出しちゃう素の自分自身に気づき、ちょ~反省してガックリしていた。

んでも・・・

自分に敦賀君が言うには、気にしていたのはそれではなかった。

テーブル周りは外国人だらけの場所の為、モデル仲間の外国人も日本語を少しは仕事で分かっても、読み書きはできないらしい。
日本にいる外国人のほとんどは喋れても、読めない書けないが多いらしい。
外国人は日本語ブログなんて読まないし、日本人に別に興味ない。って言っている。


「 日本人に興味を持つのは、混血のハーフとか
  又は、ちょっと変態気味の奴とかぐらい・・・」

まぁ、それはいい。


そう言いながら、敦賀君が小声で言う。

言いたかったのはさ・・・
一応アメリカとロンドンでは発表済みだし?と小声で進めつつ・・・ さらにひそひそ敦賀君が言うには

久遠クンが、Chrome Heartsの次世代交代イメージキャラクター
今のキャラクターを勤める クー・ヒズリからの交代で選ばれたという事だった。


「 そう、CH 久遠ヒズリのイニシャルで
  クーヒズリも CH だしね。
  時代を超えてのアンティーク・ビンテージ
  それに今のデザインにはビンテージにない次世代で・・・
  まぁ、そんなのも選考の1つだったみたいだよ? 」


ほ~~。いいな~。イニシャルに次世代か・・・

まさに、スーパーモデルでサラブレッド、ワイルドかつ王子さまの久遠クンしか、世界中を探しても適任者のいない仕事らしい。

今、長く20年以上もイメージキャラをしていた クーヒズリの後釜

“ 次世代とビンテージ ”

ハイ出た。
ブランドイメージの “ 世代交代 ”


クー・ヒズリからの、世代交代。
久遠ヒズリしかいないじゃんか。とさえ思える、親子のまんま世代交代の選ばれ方。

燻し銀のごとくダンディに味に深みで価値高く、でもいつまでも男心をくすぐるチョイ悪
俺の事務所も欲しかった、そんなクー・ヒズリ

その息子 久遠ヒズリ
これからの世代に生まれる 鋼の心臓 Chrome Hearts 
燻し銀の鋼心を引き継いだ Neo という事が、とってもとっても それらしい。


「 ・・そう、久遠のNeo 」


両手を軽く口元で合わせたら、はぁ―・・って敦賀君が小さくため息をついている様だった。


「 なに?敦賀君、欲しかったの?
   その仕事・・・ 」


えっ、あっ。いや・・・? とふっと我に返った敦賀君には・・・


「 仕方なくない? それって適任だし。
  久遠クンの為の、運命みたいな仕事だし? 」


そうは言っても、とってもジェラシーな仕事。
俺だって、Chrome Heartsの25年契約 欲しいっての。

ってよりも、世界をまたぐハリウッドスターですら欲しいと思える。

もう、これは・・・ 
Chrome Heartsの次期イメージキャラも決まっているとさえ思える。


久遠クンの息子


( 名前も何も、結婚もしてないって・・・ )

ま、久遠クンの契約終わりに、息子がまた引き継ぐってパターンだろな。

なんせ、25年

生涯契約の次に長いと俺が思う、この・・・

Quarter – Century Tradition Contract クォーター・センチュリー伝統継承契約

この響きにも、クォーターの久遠クンしか いない。とさえ断言して思えるほどだった。
そんな余計なヒトゴトの25年後なんて遠い未来を思いつつ、小さくため息をついた敦賀君の肩に肘を乗せて、キューでトントン自分の肩を叩いていた。


「 Neo ねぇ・・・」


あっ!なるほどっ!

ポンとひらめきつつ、預かっていたFOREVERをするっと、ちょーど目の前そこにある敦賀君の親指にはめた。


「 クロムハーツって基本カスタムじゃん。
  一応ベースはあっても。 
  このFOREVER 12、3年前発表のベースだろ? 」 


んで? という敦賀君。


「 そうだね、久遠は9、10とか・・・ 」


あぁ、ちなみに俺と同じ歳。と敦賀君がニコニコしながら、首を傾げて言っている。


「 じゃぁ、一番初めのベース・オリジナル 
  その FOREVER
  クー・ヒズリが持っているって事? 」


ん~~・・・ どうだろ?そりゃ知らん。聞いてみようか?と言いつつも・・・
なんだか・・・ 

はっ!とした敦賀君の一瞬の表情が、職業病か?・・・見えてしまった。


「 月・・・ 
  ・・月に・・・」


( 何?・・・ナニそれ? だいじょぶ?敦賀君? )

職業病は俺もだけど、敦賀君の職業病も健在らしい。

敦賀君の肩に肘を乗せたままのこの距離に、目の前でキュー先を振ったけど、どこかに思考がトリップ中の敦賀君は、どこか斜めチョイ上を見つめていた。

敦賀君の口からちょっと離れた、何のこっちゃ分からない顔前空間に、無意味に浮かんだまま止まっている手。
月を掴もうとしているのか、そのなんだかわからん浮かんでいる手にしている、Atlas をじーっと見ていた。


「 敦賀君? 月って・・・
  Dark Moon? 嘉月のクーの事? 」


同じ役をやった敦賀君。
Dark Moonのポスターと同じ顔で、ピタッとボ~っと止まっている。


「 あ~っ!やっぱり! 」


敦賀君の耳元だっちゅうに、相変わらず驚き声を上げてしまった。
俺のおかげ?で、ひゅるっと戻ってきた敦賀君に、間近で睨まれたが、敦賀君の指を指で指していた。


「 ダブルライン・アトラスじゃん。 」
  

これ?そうだけど? と、くるっと急に顔を向けた敦賀君。この・・・キスな距離以外、別にコレと言っておかしな様子は無い表情に見えた。


「 これってさ、敦賀君知ってるよね。 」
  

ん?俺のだし?よく見てるけど?と言いつつ、当たり前、本人の物に他人が何を言う。と目の前で顎の角度を変えつつ見下ろされ ちゅ~されるかとドキッとしたが・・・

男同士のキスは、演技以外 趣味ではない。

全く俺と同じ おホモダチではない敦賀君の瞳を、それでもキスな距離のまま見ていた。




このアトラス・・・

どうして見せたがらなかったのだろう?



それの方が気になっていた。









Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 08.2016
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray