• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Furious of Love Dreams n.464

Category : Story- F of LDs
その中で笑顔の下に本音を隠して生きなければ、直ぐに死んじゃうフリーターと同じ 

クリエーターの職種。 シンガーソングライターの不破と俺らって・・・

自営業と派遣社員。 この違いにすぐ死ぬのは、おれも敦賀君もの方だともな。






京子の真似をする、このお姉さんもさ

気楽なもんよね~芸能人って。って思っていると・・・


「 お姉さんは? バイト? 」


_____ まあね。


でも掛け持ちしていて昼間は違うバイト。バイトバイトに明け暮れているなんて、きっと芸能人の高額フリーターの気持ちを考えたこと無いから・・・

こうして、真似が、何も考えずにできるんだろう。



キョーコちゃんだって

ナツの役作りに美緒の役作りに・・・

仕事の獲得にヘコヘコし、笑顔でストレス溜め、笑顔の下に隠し放題。
ほんの些細な事まで穿り返されて、ある事ない事勝手に言われ書かれ・・・
自分の責任でもなんでもないことに、謝罪?
身に覚えのない事まで、どうして自分に降りかかる。そうやって隠れ嘆き
普通の生活すら、大変なのに・・・・

普通に生活している方々・・・


ねぇ

・・・知ってんの?


言いたくなるよ。全く




「 ねぇ。京子のファン? 」


_____ あぁ、このネイルの事?


バーテンダーの子は、バータオルで一度手を拭くと、両手を差し出して見せてくれていた。


「 そうそう。 新しいドラマの発表。
  俺もテレビで見た時、違う京子だって印象受けて
  すごく覚えてたから・・・・ 」
  

_____ ん~・・・


躊躇いがちなその返事には・・・


「 じゃぁ、ナツ? 」


そう聞き返した。

綺麗にネイルしたその手で、カウンターを拭き始めると、敦賀君の飲んでいた空のグラスに手を出しかけたから、敦賀君の使っていたカクテルストローにそっと手を伸ばし、溶け始めた氷を転がした。

_____ ん~ん・・それとも違うかな・・・

そう言い掛けてを引っ込めたバーテンダーの子に、言葉を被せ始めた。


「 あのさ、ここに・・・」


氷しか入ってないこのグラスを、持っているカクテルストローで指した。


「 このまま、Johnnie のブラック 
  ワンショットだけ入れて。 」
 

_____ え?これに?


「 そう。氷がもったいないから。 」


そんな言い訳どうだろう。同じ氷のまま、同じグラスのまま、これはよくある事。
でもバーテンダーの子が聞き返したのは、同じ氷のままって事じゃないだろう。


_____ だって、これ。
    Johnnieのブルーが入ってた・・・


「 いいの、ブラック入れて。
  見た目 同じで、判らないし? 」



フッ・・・ 

ビリヤードボールの色に疑問があった敦賀君にも。



「 あとね・・・ レッドとプラチナに
  ホワイトとグリーン。 ゴールドも・・・ 

  ブルーと同じ様に、 ・・・彼の好みの通り

  俺と違い1粒の氷じゃなく、2つの氷を入れて作って。 」



ふ~ん。ブルーが好みの人に、レッドとホワイト?って、プラチナとブルー飲んでるから値段の差じゃないんだよね~。遊び? 
そうそう、アレの変わり。楽しいよ。
ふふっ。こういうのバーテンダー的にはね~、そうそう、スイングは?
あぁ、じゃ・・ やっぱ要らない。アクションだから、ポットが・・・
ポット・タック? プットアップに、ボトル入れるんなら後でまた・・・

リカーとのコラボゲーム。

( アレってのは・・・ まぁ・・・身バレした時、困るからね。 )

話が分かるバーテンダーの女の子も、以外に盛り上がって話していた。
作り途中、敦賀君の置いていったグラスをすっと差し出して、持っているままブラックを入れてもらう。


「 ストローだけ、変えて。 」


そう言いながら、持っていた敦賀君のストローを抜き取った。
同じ様に入れてくれている間中、話していた。



「 じゃぁ、もしかして・・・
  京子のファンじゃなく 」


_____ そうよ。分かったぁ?


「 まぁね、だって・・・
  それ・・ タトゥーだよね。 」


片手で帽子を目深に押さえ、反対の手に持っていた敦賀君のストローを向けた。

ぴっと1滴・・・ 胸のキスマークに・・・


敦賀君がいつもの癖で、何気なく口にしていたストロー
軽くキスをする様にちゅってする、俺も好きな敦賀君のおいしいものの時の表情

敦賀君が優しげにキスをした そのストローの先から

敦賀君の手の体温で解けた氷の雫が、1滴飛んで

胸のルージュキスマークに、ついたのを見届けた。



バーテンダーのお姉さんは、肩にかけたバータオルの角でそれをポポっと拭う、その・・・
躊躇いなく布で拭いたのを見て、やっぱりタトゥーだと思っていた。

カクテルストローをわざと、飛ばし弾き向けたのには
ルージュで付けたただの今日のアクセサリー的なもの、男を挑発する気分です。的なものなのか
それとも、タトゥー マジ本気。ってものなのか

確かめてみたいと悪戯心に思った・・・・



「 ねぇ、敦賀蓮のファンだよね。
  そのキスマーク・・・

  敦賀蓮の肌に、京子が残したキスマーク
  京子の肌に、敦賀蓮が残したキスマーク

  京子のルージュと同じ色・・・ 」



_____ うふふっ。そう正解。 

    蓮・・  

    大好き。
 

彼に愛されている 奥さんで、恋人の京子が
彼の好みなのかな?って・・・


・・・そんな この子の言葉に


________ カチッ

ふ――・・・


タバコに火を点けて、周りに視線を向けた。


「 じゃぁさ。最近、敦賀蓮モドキ? 
ここにも、い~っぱい居るじゃん? 」


どぉ? 好みがいっぱい存在してて、楽しくない?なんて、話しながらポンポン灰皿にしつつ俯いた。


_____ いや~。無理無理。
    中身は変わらないっての。


本物と違うのよね。なんかさ・・・そんなこの子の言葉が耳に入らないほど、周りのざわざわに耳を向けていた。
話し方や仕草まで、俺や敦賀君に似せようとしている本物のリーマンの声を聞いていた。


敦賀君は、この光景をどう感じているんだろう・・・

この、敦賀君に見せなかったバーテンダーのお姉さんも



まぁ敦賀くんの本当の好み?かどうかは・・・ “ 役作り ” だろう。

はっきり言って、敦賀君が京子ちゃんの真似をした人に興味を持つか?


“ 無理無理 ”


いや~無理無理。中身は変わらないっての。



同じ言葉を返してあげたい。

( ごめん。遊びなら とっても慣れていそうな身体に興味はあるけどね・・。)


だって、敦賀君が本当の彼女にしている事は、健康に美容にスタイルに気遣っている事だらけ。
肌の為に早く寝る様に。練習の時間に、あれしろこれしろ。メンタルは・・・
・・・なんて日々の気遣いすら。

寄せてあげる無理やりブラに補正下着?なにそれ? 
・・・必要なし。逆っ!

下着の跡が肌に沈着しない様、緩めでもサイズはジャストのランジェリー。

垂れたり形が崩れないようには、トレーニングにマッサージにケアに、2人とも自分の身体作りをして
目標を目指して、骨と筋肉に脂肪の位置もパーセンテージも考えて。

小さな傷も肌荒れも日焼けも起こさせない、綺麗な肌。と、敦賀君が施す京子は・・・

目を行かせたい キスマークの為だったんだろう。


“ 目立たせたいのは、キスマークのみ ”


それが、敦賀蓮の演出の拘り


“ 注し色があるのはキスマークだけで、

  動きを感じさせるのは、京子のネイルだけ ”



あ~ぁ~・・

肌に入れちゃったタトゥーは、一生落ちないよ

悪いけど、敦賀君の好みじゃないよね・・・

彼・・・ 料理お手伝い中
油が跳ねただけで、ほくろみたいって気にする人だし・・・



それに敦賀京子は、敦賀君に創られたおもちゃ。

敦賀蓮の奥さんバージョン着せ替え人形 みたいなもの。


この役自体がきっと、敦賀蓮のイメージの小道具。

敦賀君が作った自分の役、敦賀蓮の中に溶け込んで貰いたいと望む、敦賀蓮のアクセサリーの一種だよ。

そんな中で、京子の自力発揮力が怖いと知っているから・・・
彼の本心が揺れて焦っていたんだと思えるほどにね。

京子の七変化恐怖は俺だって知っている。

自分が作ったイメージに丸め込めれば、京子が違う方向に勝手に動き出さないって考えているんじゃないかな・・・

経験者として?調教師として?

言葉が悪いか・・・  先輩?先生? だったら、京子ちゃんは納得するよね。


ま、普段のキョーコちゃんは、別に。ちょ~普通。
敦賀蓮に合わせて。とは、していないあの2人。素の彼は、素のキョーコちゃんも愛してる。

テレビ用っていえるほど、敦賀蓮が京子を魅力的に創り上げる、いわば・・・

敦賀蓮ワールドの中の、敦賀蓮の妻のイメージ。



ただそれだけ。



くくっ・・・
   ・・ね・・・

ここにも、敦賀蓮ワールドの生贄がいるよ。




って、敦賀君に言ってしまうところだった。

おめでとう。敦賀君。さっそく現れてんじゃん。って・・・

狙い通り、目立たせたかった “ 愛に絆 ” 言葉無く 印象を与える事 
大成功?なんて・・・思わず、京子Draft製作者として、言いたかった。


敦賀君?自分好みの女の子、どんどん量産させて?


_____ 自分の城に入り切らないほどの 囚人希望者が


それでも、誰も選ばない。 


_____ 城の主に、その身を生贄として願い出でても


それ・・・ 本当に楽しそうだよね。



なんて、言ってもいいかなんて、言葉を止めて違う事を言い出した俺が正解だったかなぁ。

同業者、いや・・・ 同じ様に真似をされる程の奴

俺や不破や、久遠クン 世間の奴らが真似をしてくれるモドキの数が評価。
この評価数が目立つ本物の奴にしか、わかんない同感。

敦賀君の、俺の、真似師・・・
・・・大御所の奴にも、この言葉の意味は分かんないんだろうなぁ。


“ 1つを食べたら、全て口にしないと悪い気がする ”

その敦賀君のファン全員を平等に考えている心・・・


自分の城に入り切らないほどの囚人希望者が、城の主にその身を生贄として願い出でても

1人として目を向けず・・・

城の天辺から自分の国を見渡す姿

その姿を見た民達が、囚人希望に愚憧する


ハーレムの代名詞に名前が使われるほど、昔からハーレムイメージの称号を付けられた俺には、その楽しさ すごいよく分かる________ . . .




________ カラン


自分のグラスを持ち上げて口をつけ. . .


Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 04.2016
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray