• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Furious of Love Dreams n.462

Category : Story- F of LDs

一口飲んだらバーから離れようと思い、グラスを持ち上げた時・・・


  ・・スッ


横に差し出された空のグラスが視界に入った。

後ろからふんわり香った ブルガリのAu the Blancの香りに・・・



「 ごめん。俺のも頼んどいて。 」


この慣れたブルガリの香りに、たいしていつも気にする事なく過ごしていた時間。
理想の男の撮影の日々・・・

社会現象化して止どまりを知らない今の現状に、声がした後ろに振り返りつつ 周りを見渡した。

俺と敦賀君のリーマン姿を真似して、シンプルな白シャツにシンプルなタイとスーツ。

リクルートの様な姿でも、ファッション誌の編集部上司らしく。
その姿に、自分で小物を注文して加えて行った、撮影を思い返す。

仕事帰りが多いのか・・・

ただ単にそう思っていただけ。



でも・・・



ふ―――・・

「 いいよ・・・」


・・・もしかしたら、違うのかもしれない。

タバコの煙を吐きながら返事をしたら、聞きたい事があったから・・・
うるさい店内とバーテンダーの女の子に聞こえない様に、タバコを持った手で帽子を押さえ、敦賀君の耳元に口を近づけた。

敦賀君もカウンターに肘を突いて、携帯を持っているその手で帽子を目深に押さえ、俺の顔に近寄った。


「 ・ね・・ 」


言いかけたけれど、留めておく・・・


「 ひとまず、この場で名前は・・・」

「 もちろん、俺もそう思う 」


そこまで言ったら、今思っていた事と違う、他に自分が気になった事に変えた。


「 あのさ・・・ あの子のレギュラーってなに?
  ぶらぶらしない・・いや、本当はする散歩のわけないよな。
  だってさ。その3人組さん達、俺と生に出てたし。
  その後俺ら取材だったけど、その後の散歩ってどう? 」


それには、敦賀君も同じ事を考えていたらしい。


「 そうなんだよな。ご飯を食べに行くには、ぎりぎり・・・ 
  まぁ、彼らはタキシードだったから、着替えて・・・
  12時とかまでの場所だったら、もう上がりかと 」


じゃぁ、飲み屋の紹介?って言ってみたけれど


「 いや? 彼女 未成年だよ。 」


「 そう・・だよな。 」


・・・番組側が企画するわけない。 

2人共そんな常識が浮かんでいる為、同時に頷いていた。
酒の飲めない不破と同じだって事も、敦賀君が京子ちゃんに作ったデザートコーヒーも思い出す。

飲み屋だったら、石橋3人ぶらぶら散歩で済むわけで、京子はいらない企画もの。


「 もしも、もっと遅くなるなら・・・」


年齢的に、仕事の時間制限はなくなった歳に、少し不安はあるみたいだけれど、敦賀君の心配は仕事ではなく、飲んでいる為 お迎え不可って事だろう。


「 一応もう一度、迎えに行けないって 
  留守電に残したら?・・・ 」


意外と電話に出れる状況かもしれないし?と間近で微笑んだ。

ちょっと腰を乗せるだけの背もたれの無い丸いスツール。
くるっと捻り自分の背中をカウンターに付けて、バーテンダーの女の子を見えない様に背中で塞いだ。


「 じゃ・・ 少し静かなところに
  電話に行って来きたら・・・どぉ? 」


両手でくるっと敦賀君を振り返らせて、背中を軽くコンとパンチした。


そして、どうでもいい事を言った。


「 さっき思ったけど・・・
  下着、履いてんの? 」


敦賀君のちょっとダボッっと緩めのズボン、ウエストに指を引っ掛けて少しおろす。
でも、腰から下を覗いたりもしないし、俺は男に興味は無い。

なるほど。

そう思ったのは、敦賀君用のカスタム・メイド・サイズ。

ちょ~ギリギリ。でも、見えてカッコいい。見えてドキッとする。でも、そこまで。
・・・のピッタリそれ以上絶対下がらない、敦賀くん専用。見える心配なきサイズでした。



見ていたのは・・・


いつも髪が掛かって見えない、後ろからの顔周り。
今は帽子で見える その耳元に、後ろからそっと近寄って囁いた。


「 彼女の身体が反応する、下着って? 」


なんか、吐息に感じたのか・・・耳元後ろ側でビクッとなった敦賀くん。
でも直ぐに、近寄っている俺のおでこに、デコピンだけが飛んできた。 


「 あの子好みの参考? そうだな・・・」


まぁ、ちょっと行って来る。と言い残し、顔を合わせる事無くスタスタ歩いて行ってしまった。



その後ろ姿。

片手に携帯を持って、反対の空いた手はズボンのポケットに親指をかけていた。


その姿に・・・


_____ クスクス。 お兄さん達、ゲイ?


後ろのバーテンダーの女の子に、声を掛けられていた。


「 いや? 彼、彼女いるし。
  俺も、彼の彼女には興味があるほど。 」


そう、俺たち女の子好きの普通だよ。と言いながら、帽子を押えてカウンターの方に向いた。



京子の真似した、バーテンダーのお姉さん。


あなたが真似をする、その女の子・・・

彼の彼女で、俺も昔から興味がある子だよ。



言葉を抑え、帽子も押えたまま、俯いた表情の中に可笑しさを堪えて、グラスに口をつけた。


「 あぁ、そうだ。
  彼のも、さっきと同じ様に・・・」


敦賀君が差し出した空のグラスを、手の甲でバーテンダーの女の子から離し、取られないように上から手で覆った。

________ Z... Z... 

できれば早く?と言いながら、敦賀君のグラスから視線を外す様、灰皿の方に自分の顔ごと向けた。


バーテンダーの子もすっと居なくなると、灰皿で火を消しながら考えたまま、ポケットの中で震えていた携帯を取り出した。

着信メールを開くともう姿が見えなくなった、敦賀君から。



_ ご参考までに、どうぞ 
   R Mandy所属 model code:Ren _


リンクされていたのは、アルマンディのカタログウェブページ。

( 別に・・・ )

本気じゃなかったので そう思っていたけれど、ちょっとばかり納得の下着トップページ・キャッチコピー。



“ Have you ever think ?


考えた事ある? んな事聞かれた・・・

それ・・・


アールさんのデザインは、アウターに響かない様、線も色も全くでない様々なもの。

服に合わせて、それぞれのデザインの数だけ下着もあったか!?なんて・・・
敦賀君のワードローブの数だけ彼も下着を持っていると考えたら、ウォークインクローゼットの広いあのマンション住まいがわかる気がする。

別に今は、Model Ren君も、Model Hue君の下着も興味ないし・・・


そう思ってウェブを閉じようと X を触りかけた時


( なるほど! このページで見る事ができるかも。 )

なんて、着ているアウターに、その中を想像できるかを考えちゃっていた。
なるほど・・・違う目的で見る人も居るってケースが思い浮かんだら、Xを触ろうとした指がプルプルしていた。


( フムフム・・・ そうか、ふ~ん・・・)

別に敦賀君のページを見ているわけではない。
画面は何も変わってない、ただの、キャッチコピーだけ。

自分が考えていたのは・・・


・・・コレっ! 

ファンの子なんかブックマークしていると思える。


だって、テレビで敦賀君が着ているものと合わせて見たら、今の敦賀君の下着姿まで想像できる事 間違いなし。

だぁぁ~~~・・・
とぉぉ~~~・・・
したらぁぁ~~~・・・・



おぃっ! 


ただのブランドウェブ画面に向かって話しかけたくなる。

カマっ的な人が多いファッション業界。
自分の出てたドラマの中でも7話に、カマっぽい役のファッション業界者が出てきていたが・・・
ダンディなデザイナーのEarl Mandy男っ気溢れる紳士が、厳しい表情でまっすぐこちらを見ている写真に向かい頭の中からテレパシーを送る。


アールさん?

もしかしたら、Dreamsの衣装提供

全部丸ごと 敦賀君のアンダーウェアも京子ちゃんのランジェリーも・・・
ウェブを見たら解るのですか?


( うん。もちろん )

敦賀君に自分は興味無くとも、京子ちゃんに興味はある。

画面のアールマンディに頷きを返していた。


( まぁ、その時までのお楽しみ・・・)

そんな意味じゃない、服飾業界にあって当然とな、デザイン崩れを防ぐ考え方のデザイナー。
下着に関して恥ずかしくもなんともない、こちらの業界の方々。

(・・・ま、それは、敦賀君も。 )

こんなところまで、敦賀キラーは利用して・・・
俺的にはドラマの世界に引き込まれた、さりげないメールに心の中で拍手だった。


そのキラー・・・
今、敦賀君の耳元に寄った時、その耳たぶの前も後ろも、ピアスの穴は無かった。

確かに久遠ヒズリはピアスをしていたと、雑誌表紙左側に立っていた姿。

このアルマンディカタログにも、ポーズは違えど載っている耳たぶを思い出す。



その並んだ2人を考えていたら・・・


あぁ、そうかもな・・ なんだか寂しく納得した自分に気づいた。


俺が気づいたのは



敦賀蓮が俺の1番のライバルでも・・・

敦賀君にとっては

最強の敵が現れたのかもしれない。



そう思ったら、片想いみたいで寂しくなった。


いきなりのNo.2に伸し上がってきた 親友 久遠ヒズリ
敦賀蓮にとっては、モデルも俳優もライバルになるのか・・・


そう考えたら、俺も不破も、その他の俳優たちにアイドルたちも

敦賀君の事をライバル視している奴は、この業界にゴマンといるが、敦賀蓮にとって敵視を向ける相手では無いと思われているんじゃないかと、自分を重ねて考えていた。


きっと、恋も・・・


この二人は、心の水面下でどう考えているんだろうって

親友同士で、2足の草鞋の本業も事務所も同じ2人。
この2人なら、それぞれの仕事に影響が出ない事を考えるのが先決だろう。

だったら、きっと・・・

それぞれを貶める事なんて、男のする事ではないと思うのは、俺だからなのか・・・


   “ コイツ・・

    潰してやる

    力 貸せ・・ ”



ひんやりと低い声の、怖っぇ~・・・と背筋がゾッと、それでもピンと思わずしちゃった、殺されそうだった雰囲気は・・・

どちらかと言うと、表向きの春の日差しの敦賀君から想像できなくて、それでも実際敦賀君で・・・
冷たく獰猛でヤンチャな、久遠クンの写真からだったら、聞こえてきそうだと思っても・・・

優しい眼差しで京子ちゃんを見つめる、恋をした顔・・・

映画の中の彼は、ふんわり甘い王子さま。


表のホンワリと、奥底のヒンヤリの、敦賀君の二面性と
表のガォオ-と、奥底のフワフワの、久遠クンの二面性

この2人は、とても似ていても、とても対照的。

本人たちが +と- または、 dとb 似てない並列 Jaxtaposeと言う事に納得だった。


正反対の王子と猛獣がそれぞれに潜む。

・・に また、どうでもいいけど・・・

仲良し森のクマさんと、獲物に飢えたPolar Bearが、Infinityにグルグル廻り出していた時だった。






   ......... to  Furious of Love Dreams n.463



Infinity's ∞8B * FOREVER * Infinity's ∞8B * FOREVER *








Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 04.2016
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray