• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Furious of Love Dreams n.461

Category : Story- F of LDs




気にするところはそこじゃない。





敦賀君が打つ時に・・・

自分の目を疑っちゃったのが





左で構えて・・・


そのまま、キャップを外した




テーブルの真ん中に上体を寝かしながら外したキャップ

ふわっと髪が広がったサラサラヘア・・・




黄色っぽいオレンジに見えるビリヤード照明が照らす、テーブルの上はディライトの明るさ。
いわゆる太陽の光に似た、明るい照明を点けるのが一般的で、ここもそうだった。


敦賀君の髪の色がグラス越しだったから?

いや・・・ 俺まだ、口に付けて・・・ぇぇ~~・・・? ・・たっけ?

自分でも覚えてないほど微妙な瞬間。

金髪に見えた。
・・・けど一瞬の瞬きの後は、敦賀君のまんま。
黒に近いこげ茶の髪で、ライトに当たり少し明るい色だったけれど、天使の輪が光るほどいわゆる普っつ~のこげ茶の髪色だった。

でもその前・・・



でも左に変える為に上体を起こした時・・・

クラブエリアの青い照明が、茶色の瞳の中に写っていて 




( 左利き? なのか・・・? )

そう思った時、ふっと思い浮かんだ姿があった。

俺はまだ、出会った事は無い人。

でも・・・ちょうど地下駐車場でじーっと見ていた雑誌。それにブログに、テレビのCM。


いつも敦賀君が右で

どれも・・・ 久遠クンが左


それに、京子ちゃんとの映画。



( あれ? なんか・・・)

京子ちゃんと繋いでいる右手。左手で舞い落ちてきた木の葉を掴む?って、左利きの人がしやすいって思ってただけ。・・・か?・・・・


まぁ、ビリヤードや、サーフやらスノーボードやスケボーやら アレヤコレヤ・・・

場合に場所によるものは、両方使うために初めからそう習う人も多いだろっ!

っと自分も左打ちできる人。
ちなみに なんでかrestを使うのは好きではないため、左の練習もした俺だった。


瞳の中なんて、ここにいる誰もが青い光を映している。

それに、外国人が多い都内ど真ん中の中のど真ん中。

平気で名前を言い合える、俺らの選んだ場所。
周囲テーブルは、いろんな国の言葉だけの、日本語の分からない外国人に囲まれていた場所。


いろんな色の瞳の中に、青い光が入っているのは不思議じゃなかった。
それらを考えたら、敦賀君にも、な~~んの種仕掛けも無いにも関わらず・・・

仕事の電話でも待っているのかと思っていた、その仕事用の携帯を、キャップで隠したら



なんでか・・・ 

 “ I Love You . . . Kyoko ”


高めの甘えた声の あの敦賀君の声が思い返されて


周りの影響か?・・・

そう思ったけれど



久遠ヒズリの様に見えた一瞬

左と 甘えた声・・・


それに、見えた敦賀君の腰回りの背中に


久遠クンのギリギリまで下げていた、あの・・・

女の子に激しくやられちゃった後、ランジェリーも引き剥がし
俺がしてやる。って言ってるような、見えますギリギリラインの写真を思い出し・・・




・・・あれっっ? 



( 飲みすぎじゃないと思うケドネ・・・)

帽子をとった髪色と起き上がった時の瞳の色は、同時に見えたわけじゃない。

それに、久遠クンは潔く、前がギリギリ。


でも似ているかもしれない・・・



・・・くもなくも、なくも、なくなくなくなくない・・ってなとこ。

だって、あの2人

雑誌表紙に背中合わせ。


右の敦賀君と左の久遠クン、実際に並んだ2人の印象も違えば久遠クンの方が、ほんの少し背が低かった。

それには、似ていると全く思わなかった、まぁ~~ったくっ違う2人。


でも、敦賀くんが、8の黒で9をわざと狙っていた意味は判らないけれど、Restを使わずRe-Rackでのsafetyか?まで思う程・・・
ものすごく真剣にコースをワザワザ狙い読んでいたのは、気になった。

それに・・・


( ま、いい・・・。なんかの哲学がそれとも敦賀美学か・・・。 )

なんか、ストライプがどうの、どうしてピンクもあれば赤だったら?なんて、考える理由あるかどうかは、俺には聞いたところで意味が無い事。

俺は、別に3も7も何色だろうと気にしない。

ただ同じだったら困るだけっ!



俺には・・・ 



8のInfinity 

敦賀くんのブログのそれ。



9を落とす黒の8 

それだけ・・・ 


なにか、拘りか願掛けか、
それとも、自分の中で、巣の自分がギャンブルしていたのか・・・


たった一つしかない 黒 それも 8


その・・・ なんか・・・



( まぁ黒が多いから、黒が好きなだけのこったろう。 )

それに、敦賀君。
邪魔だっただけと思ったけれど、一度起き上りポケットの中の携帯をテーブルの淵に置いた、青い光が映るこげ茶の瞳・・・

その瞳が一瞬見たのは、時間を確かめたのか、着信なのか・・・

黒いシリコンケースの蓋で、俺には何も見えなかった。


今 遠目で見た時、小さく溜息をついていた表情に、待っている着信が無くて
その待っているのは仕事の事だと、真剣な奴だと思えば・・・

ご苦労様。とも思うけれど・・・


もしも、敦賀君が


“ キョーコちゃんからの電話を待っているとしたら ”


これを考えたら・・・




( あぁ、そう?? えぇ~っと・・・)

京子としての仕事仲間?

黒い携帯に掛かってくるのを待っているとしたら、仕事としての相手? なんだかな・・・?
プロポーズの演技の中に揺れていた敦賀君の気持ちが見えた自分には、がっかりへこんだ瞬間が彼にはあった訳で・・・ 今までの自分との付き合いの中の敦賀君の素直性格を考えたら・・・

あの後の心の変化

少しの間に気持ちが変わる事もあれば、愛が萎えちゃう事もある

仕事の相手として今はしっかり分けるだけなのかも知れないし、気持ちが萎えて来始めちゃったんなら


・・・それでもいいんじゃん?


敦賀君




________ カチッ

  ふ―――・・・


タバコに火を点けながら、考えていたのは・・・

敦賀君の言葉。


思い返せば、彼は・・・


 “ 俺とキョーコ。一度、離れていた時がある ”


確かに俺に、そう言っていた。

その間にキョーコちゃんは、久遠ヒズリといい関係になっていたって・・・

それでもそのまま、よりも戻した2人。


そして見つめたままだったカウンター。

はっ!とまた同じ様に灰が落ちそうだったのに気づき、タバコを上に向けた。
バーテンダー側にある灰皿に腕を伸ばしたら、俺より先に灰皿に伸ばした手が見えた。


スッとグラスと一緒に差し出されたその手は、女の子の手。

そのネイルに光っていたのは、俺も覚えている _____ . . .



敦賀京子 と同じ


製作発表と共に公開されたDreamsのポスター

重なった2人の手。

テレビ画面中の後ろの映像の中にも写っていた、敦賀君の素肌に触れていた

京子の手。


グラスと灰皿を両方、俺に向け差し出す その両手とも・・・敦賀京子がしていたネイルと同じ。

ピンクに白い花が水玉の様に、散りばめられていて

薬指だけに大きな白い花と 一粒のラインストーン

幾重にも光が重なって、動く度に煌きが変わり、光を重ね 輝きを増すダイヤの様に光っていた京子のネイルとは、金の掛け方とネイリストの技術が違うと思えても、どう見てもまったく同じ。


暗いバーの中では、様々なバーネオンがラインストーンに映り輝いて・・・

10本とも多色に輝いた京子のネイルを思わせる。



あの手であの肌に触れて、あの肌に自分の痕跡を残して

その肌があの手を握り締めて、その肌とあの肌が抱きしめあって・・・



 “ ・・ぁん
   ぅふっ。ごめんね・・・ 
   また あと・・でね・・・ ”



あぁぁ~~~~


電話から聞こえたあの、感じてても優しげに返事をした声を思い出す。


タバコを持ったまま煙の中、少しだけ視線を上げる様にグラスを口に付けようとした。


ハンチングを深く被っているから、バーテンダーの女の子の顔は見えないけれど・・・
見える範囲の一番上は、ボインボインの谷間くっきり。

その胸にしている、タトゥーが目に入った。


京子ちゃんは・・・

はっきりって思い出せない。どちらかというと、小さいお胸だったと思う。
いつも敦賀君の何かでのドレープやフリフリに、魅力的に大きく見せられて、細いままのウエストはもっと締まり、足や腕がもっと細く長くスタイル良く映されている。
でも、谷間なんか見えるはず無く、きちんと肌を隠している。

( いや・・・敦賀君に隠されていると言った方がいい・・・ )

見せる仕事の俺達でも、見せたくない所は徹底している敦賀君らしい。
き~っと自分のお家では、“ 自分の為に ” そんなお2人かとも思っちゃうのは、自分の彼女にも自分だったらそうするを考えていた。


裸の京子ちゃんには、ブラよりガーターに目が行って・・・

綺麗な細い足ばっかりしか見てなかったかもしれない。


全く・・ キョーコちゃんのお胸に覚え無き俺。



バーテンダーの女の子がしている胸のタトゥーは、ルージュのキスマーク

その色は、敦賀君の肌に残されたルージュの跡。

雑誌の中の敦賀君の物と同じ場所に、もう1つ

少し顔を上げたらぎりぎり帽子の下に見える、首の付け根の部分。



久遠クンにも、くっきりと残されていた痕。


俺の想像じゃ・・・

久遠クンは、身体をお互い虐め合うほどに快感の最高潮を探しているうち、久遠クンに与えられるすんごい快感に耐え切れず・・ 思いっきり吸い付いちゃったけど、久遠クンも気持ちいいからそのままし続けた。

・・・そんな痕跡内出血キスマーク。

敦賀君は抱きしめている間に、愛してるとちゅっとされつつ、ふふっ俺も。ってな優しく甘い情事中、ハートがきらきら舞い散るんじゃね?空気を変える演技力を持っている敦賀君ならではの、そんな雰囲気も自然と駄々漏れにしていそう。

・・・そんな優しいルージュのキスマーク。



ん~む。


どうでもいい、肌と肌に関しての思い出しかけたこの状況。
キョーコちゃんは、自分で付けたって地下駐車場で暴露していた。

( なるほろ~・・・。)

久遠クンとMAX行為も、敦賀君とのLove情事も、考えたら・・・ 離れ難いだろう。

・・なんて、自分のゴソウゾウの中だけなのに


________ カラン・・・

一口飲んだらバーから離れようと思い、グラスを持ち上げた時・・・


  ・・スッ


横に差し出された空のグラスが視界に入った。

後ろからふんわり香った ブルガリのAu the Blancの香りに・・・



「 ごめん。俺のも頼んどいて。 」






Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 04.2016
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray