• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Furious of Love Dreams n.460

Category : Story- F of LDs



  自分の理想の奴は、そうあるべき自分。それに必死
  
  自分の真似を自分が思う姿に憧れろって

  自分の心が指図している様な・・・自分。     だろよ。


最後、ぼそっと言ったまま、拘束していた腕も手も緩み切っていた。


「 俺が感じた敦賀君・・・
  きっと、俺とは違う・・・ ケース?・・みたいな・・・ 
  印象・・・

でもさ・・・

  周りに溶け込む自分に酔う、ナルシスト。
  自分の事に自分の事しか判らない、ナルシスト。 

・・・だろ。そこは同じ。俺と同士、でも違う同類だよ。 

  DreamLand の住人 Draftsman Dreamerの癖に。
  強がってんじゃ・・・


そう言った貴島は、俺の胸を押して、キャップの下から顔を覗き込んだ。


「 俺が・・・役が抜け切らないまま、普段も過ごす。 
  それが自分も出来たら楽だろって、考えてんじゃねぇよ 」


めちゃめちゃ、喧嘩腰に睨み真面目な顔をしていた。

そして・・・
すごく優しい顔になって、にこっと微笑まれた。


「 ハイ。カット! 」


その言葉に、あれ?演技だったの?と疑問が過ぎった自分に、気づいた時だった・・・


「 今、なに考えてた? 」


肩をポンと叩かれて、首をかしげて微笑まれていた。


「 それが、敦賀くん? 考えられる自分が素の自分。
  素の自分が、敦賀蓮に飲まれて焦った。
  素の自分が、敦賀蓮に戻ろうと一生懸命。
  敦賀蓮が自分の中で突っ走しってくれれば、どんなに楽か・・  

  ・・・じゃん? 」


________ カタッ・・・キュキッ

貴島は、キューを取り上げて、チョークを付けたら、ハンチングを後ろ前に被り直した。


「 じゃ、そういうこと。 なんか判ったかは・・・ 」


プールテーブルに上体を寝かし、キューを構えて狙いを定めていた。

 
「 自分で、もう、考えたらいいんじゃん? 」


________ カツッ ・・・ガシャッ。


「 俺・・・ 敦賀くんに役が抜けてない。って言われて・・・
       ・・・すごく
  それが、俺。貴島秀人。 俺が目指している、俺。
  自分が創る貴島秀人が、抜けない事が、俺の目指す貴島秀人。 」


は~い、どうぞ。と言われながら、キャップを取られ、後ろ前に被せられた。


「 1個も落ちなかったから、敦賀くんの番。 

  1番の・・・

  黄色からだよ。 9ボールだからね。 」

   

 


俺、一番のライバル。


敦賀蓮に・・・ 言われて


すごく・・・ 嬉しかった ________




貴島の言葉が、耳に優しく残っていた。







mimi's 3D world *Tear Magic- HOPE and DESIRE









「 俺、一番のライバル。 」


________ カツッ

コトン・・・


________ キュキッ  

そうだな、2番ね・・・ 7の後ろに入っちゃってるから
  マッセかジャンプで・・・

________ カッ・・カンッ

 ガタン・・・


「 敦賀蓮に・・・ 」


________ カン コツッ・・・



「 そう言われて・・・」


________ カツッ


「 すご・・ 」

________ カツ

「・・く・・・」

________ カコン ・・・

「 嬉し・・ 」

________ カッ ・・ 

「・・・かった。 」

________ キュッ キュキ ・・・トン 



ま~・・・ お構いなしに、こりゃまたドンドコ入れてくれるじゃん。

でもチョークをたっぷり付け直し、キューを構えている敦賀君を、グラスを傾けながら見ていた。


________ カラン・・・

音楽がうるさいから、周りの人も大きな声でしゃべる店内。
自分の耳元に、グラスの音が聞こえるほど、自分も何も言わずに真剣に見ていた。

幾度とキュー先を、白のキューボールのどこに当てるか試している。

彼が狙っているのは 8 だけど・・・


( 俺だったら、バックスピンかけて白を手前に戻しつつ 
   ん~だな。 8 をそのまま奥に入れて、だ・け・ど?・・・)


そう考えているのに、敦賀君が立っているのは、俺が考えていたのと反対側。

でも右に立つと右利きだったら、敦賀君の位置が1番打ち難い場所。
やっぱり普通、俺と同じ様に左サイドから2回に分けて狙うんだけど・・・


そう思っていたら、敦賀君がふっと上体を起こした。


後ろポケットから携帯を取り出して、ビリヤードテーブルの淵に置いていた。


( な~んだ、邪魔? じゃぁ・・・)

Restを使うのかと考えて、見ていた。

でもテーブル下に手を伸ばすどころか、目を向けもしない。

んじゃ・・・キューを、背中回しに打つのかな?
背の高い人だけの特権か、テーブルに座ることが可能なコンパスの長さに身長を考えると、上から見ての高さに狙いの難易はあれど、こちらが打ちやすい人もいる。


そう思っていたら、敦賀君は左手にキューを持ち替え上体をテーブルに寝かした。

腰に手を回しタンクトップとズボンの間に見える背中・・・ 

ズボンに指をかけると少し下げている。あれ?その中ローライズ?なんて思っちゃったぐらい、アンダーウェアは見えず、尾てい骨ギリギリまで見えちゃった・・・前かがみ。
ついでに・・・

被っているキャップを右手で取ったら、右手で置いた携帯の上に置いていた。



________ カラン・・・

もう大きな一粒の氷しか入っていないグラスを持ち上げて、氷に薄まったのを飲もうとした。


( あぁ Re-Rackを狙ってんのか? )

わざと相手が打ちにくいBreak point に白をもどすか、コーナーポケットのレールによっちゃってる9を落としちゃって、Foot Spotにおきなおさせ自分がその後打ちやすい位置に戻す為に、する人もいるけど・・・ 

・・・とは、思ったけれど、そ~んな卑怯な事を考えるより、右から打ちやすく狙える方を誰でも普通選ぶよ・な・・・って、なんで・・・? と思っていた時・・・



________ ガツッッ・・・・ カツ・・


・・・ポトン


( あれ・・・?)




コトン・・・

入ったのは、8をバンクで戻して、キューボールをクッションレイル・ドリフトさせて、手前の9を戻して入れた事。


「 熱っちっ! 」


ポトンは持っていたままのタバコの灰が、ちょーど膝に置いていた手に落ちていた。
ブンブン灰が落ちた手を振っていたら、えぇ~!大丈夫?ってな、テーブルに両手を着いてこちらを見ている敦賀君・・・


でも、俺・・・


あれ?って思ったのは






ずず~~っ・・



「 ちょっと、休憩。真剣すぎ。 」 


灰が落ちた手で、飲み干した冷たいグラスをぎゅっと握り締め、バーカウンターの方に目を合わせずに向かって歩いていた俺。



「 なに、それ・・・
  プロハスラーかっての。 」


9を入れて終わらせて、まではいい。
その前、バンクでわざわざ戻した8は・・・ Foot Spotにぴたっと止まっていた。


いんや、他の事・・・。

( それも思いっきり。)

飲みすぎ?俺? って思うほど飲んでいない、ま~だ数杯。ストレートでもオンザロック。少し薄まっている。
カウンターに着く前に、伊達めがねを掛け直し、帽子で顔を半分隠すほど下げながら歩いていた。

その間、自分が見ていたのは、氷しか入っていない空のグラス。

何の変哲もないガラスのグラス。

一粒の氷の表面も溶けてスベスベに成っている。


クラブの中をそっと見回しながら歩いていると・・・

ビリヤードテーブルの上と照明に違いがあるのは、もちろん承知。
テーブルを照らすライトが明るいオレンジ色だったけれど、クラブの中は青い照明。

自分が今見ているグラスは、青白い氷の反射に、バーのカラフルな広告光が氷の表面に鏡の様に映っている。



( ん~~~・・・)


気のせいだとは、思いつつ・・・

カウンターに着いたらバーテンダーにグラスを差し出して、このままここにダブルショット入れて。と声を掛けた。
他のカクテルを作り途中のバーテンダーを待っている間、敦賀君がいるビリヤードテーブルの方に目を向けて彼を見ていた。

テーブル淵に置いてあるキャップをとり、髪を後ろに流したら深く被り直している。
そのまま携帯を取って画面を見て・・・ 

はぁ―っ・・・

みたいな、短いため息をついていた。


携帯の上にキャップを置く前・・・

新しい機種になったの?と思えた、皮からシリコン製のカバーに変わっていた事。
ReN.T ってだけ見えただけで、帽子に隠された。

敦賀君が履いているアーミー。ごそごそしだしたら太もも近くのポケットから少し大きなサイズの・・・
白い携帯を取り出していた。


( あぁ~・・あれ? あれって? アレ? )

最近ブログ用の携帯を持っている事は知っていた。
ブログ用だから、前に2つ使っているのを見ちゃって言い出せなかったのとは、ちょっと違う。

でも、自分が思っていたのは 仕事の時に見る黒いスマフォ。
I Love You ..Kyoko って、なんでか英語だった時の、プライベートの白いスマフォ。

ブログも仕事じゃ?・・・

そう思ったら、黒のイメージだったゆえ。
でもブログが、プライベートかといったら・・・

まぁ、半々かもしれない、自ブログは日記みたいなもの。


敦賀君のブログ用スマフォには、とっても珍しい。

って思ったのも、敦賀蓮らしからぬ珍しさ って事。


売ってるやつじゃん?

敦賀君にはありえない程珍しいって思っちゃった、オーダーメイドじゃない市販品のカバー。
メタルで網の牢獄風。棘風。

Chrome Hearts?と思えていたけれど、ん~じゃ、重いよな。って、ポケットがずり下がってなかったので違うとみた。

でも携帯の色は、どうでもいい。


気にするところはそこじゃない。






敦賀君が打つ時に・・・

自分の目を疑っちゃったのが













Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 04.2016
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray