• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.49

Category : Story-I of LDs
蓮は繋いでいた手を引っ張ってキョーコを胸にもう一度抱きしめた。キョーコの耳を自分の胸に付けるように右手で頭をそっと胸に寄せる。


( Thanx a lot… Kyoko )


久遠の声でどうしても言いたかった。


(それに・・・)

確かめたい事があって抱き寄せていた。
さっきはガマンできずに駐車場で夢中でキスしたけれど、その時キョーコから漂っている香りを確かめる為だった。


(Splendorだ。なるほど・・・。蓮とはまだ、その気じゃないのか・・・。)


心の中ではガッツポーズの嬉しい久遠と、がっかりうなだれた蓮が入り混じっていた。
さっきはキスに自分も引き寄せられるようにキョーコに夢中すぎて、仄かに漂うキョーコからの香りが、Splendorなのか Red Doorなのか似ている香りを嗅ぎ分ける事に思考がいってなかったのもあり、分かっていなかった。

今朝出掛けに、キョーコのメイクボックスなど仕事道具が入った大き目の手提げを持ってあげていた時、ちらっと上から見えたのは、黄色、白、赤のキャップ。
Sunflowers、 Slpendor、 Red Doorの3つの携帯用チューブのボディクリームの蓋。
不破の所に行く前に、キョーコが自分で付けてしまわない様に見張るようにくっついて、移動も送り届けるほど注意していた。

今朝起きた時、抱きついてきたキョーコからは、自分の香り、au the blancだけが漂っていたのを嗅いでいた。寝る前に鏡台の上に置いておいたもので、キョーコが来る時、何も持って無かったのもコレ幸い。と思っていた。



(そっか・・・。もう少し先輩、敦賀さんで居ようかな。輝く人になる意思の現れってことかな・・・。)



蓮。ここじゃ・・・、
見られちゃうよ。


そうだね。ごめん。
じゃ、家に帰ろう。


手を繋ぐのを止め、キョーコは3歩下がって歩いていた。献身的な昭和の日本の妻のあり方のようで、蓮の背中を見て微笑んだ。今すぐその大きな背中に抱きついて、寄り添いたいのに、昔の人もこうして人前ではガマンしていたのかな?なんて考えていた。

車に乗ったらまた ちゅ~が来ると身構えていたにもかかわらず、普通にスンナリ走り出してしまった。

(あれ?なんか私したのかな?)

そうは思っても何もした記憶は無い。

(う~ん・・・)

と、腕を組んで目を瞑り、頭を捻っていたら襲ってきた。


出ました~・・・助手席おきまりの眠気。

そのまま、コクリコクリと何処かかなたに連れて行かれそうになる意識と、ダメダメ蓮だって疲れてるし、寝ちゃダメ。という意識が交互に巡る。


(あ~~さいなら~・・・)

意識が遠のく・・・、負けてしまった。



ねぇ、最上さん?


・・・。

ん?キョーコ?

赤信号で顔を覗き込めば、なにやら悩んだ顔のまま眠っている。

蓮は、その頭を自分の肩に抱き寄せて、反対の手で後ろからクッションをとってサイドブレーキの上に敷いた。そのまま太ももの上にその頭を乗せようとしたら、抱きついてきた。


ん~ん・・久遠。


(ん?久遠って言ったか?久遠の夢をみてるのか?)

全く不可解な子だな。いつも。久遠と居る時、蓮に電話したり、蓮とメール中に久遠にメールしたり、蓮と居るのに久遠の夢を見たり・・・。
何ともいえないやるせない気持ちになっていると、ボソっと聞こえた。


フェアリーテール、楽しみだよ・・・
がんばろうね・・・


(なるほどね。キョーコの頭の中には子守歌のように聞かせた曲が流れているのかな?)

蓮はiPhoneを取り出して、Fairy TaleとWhiteNight, Love Is mysteryを続けて流れるようにして、かけた。


ちゅっとその頭にキスして、


ここに居るよ。
安心して、お休み。
フェアリーテール、楽しみだね・・・


言いながら、自分の太ももの上に頭を乗せた。

頭を ナデナデしながら運転していると、自分の膝にもナデナデされる…くすぐったい感触が。

(ダメダメ、キョーコ。左ハンドルですよ!右足、アクセルとブレーキだから!)

なでなでされる感覚を取り除くのに、キョーコの手を取ると、ぎゅっと握ってきた。


んん~・・・蓮・・・。
しがらみ、ってなんだ、ろう・・・?

すき。

・・れ・ん・・・・



(ん?今度は蓮の夢なのか?しがらみ? あぁ、Dreamsのことだね。ん~そうだな・・・)


とりあえず、頭をなでなですると、また膝をなでなでされると危ないので、きちんと両手で運転する事にした。短い3曲が終ってしまったのもあり、Dreamsで使うLove Dreams n.1 、n.3
と続けてかかるようにした。


(ん~・・・しがらみねぇ。確かにキョーコの言うとおりだよな。・・・)

これから始まるドラマの最初は、柵があって駆け落ちしなければならないんだよな。今の夫婦ゴッコのままじゃ、柵ないしな。夫婦家庭内別居を続けてみるかな・・・。嫌だけど。

でも、思い当たる事があった。
自分自身の柵。久遠ヒズリと敦賀蓮の人生二度目の二重生活。

カインの時は架空の人物だったので何人か周りが知っていた。敦賀蓮がカイン・ヒールだと。カインで居た時は、自分が15の時の久遠を思い出し、戻ってこれるようにキョーコが居た。
そのキョーコも俺がカインで居ることを隠す手助けしてくれる側だった。


でも、今の俺は・・・

一人で、誰にも知られないように隠し通している。キョーコも騙さないといけない程に。

でもな・・・

保険を掛けた、ショパンの幻想即興曲。必要なかった。
キョーコが俺にくれた、彼女自身。
蓮に戻る事に、なんの躊躇いもなかった。


そこから始まってしまった今の現状。愛しさが込み上げてきて止まらなくなってしまった。
この感情・・・

・・・なにもかも捨ててもいいかと、きっとドラマだったら思うんだろな。


(・・・現実は、厳しいですよ。生活するにも仕事は辞められないし、芸能人として世間から飽きられ無い様に生き残るのにもね。)



ん?そうだ。


思いついた。久遠に仕事を分けてやろう。

(ドラマや、ゲスト出演なんかは無理だけど、CMぐらいならどうなんだろな・・・?社長にメールしてみるか。フェアリーテールの前に、何か ちらっとでも画面に映ってないと、忘れられるのも早いしな。日本は。)

それに・・・

キョーコのチョーカーを外してあげた。重そうに見えたのと・・・
久遠が残したキスマーク。蓮のもので隠していたけれど、今は久遠に戻りたかった。


キョーコ、
すぐ逢いたい。

蓮でなく、久遠が君に。


首筋に残るキスマークをそっと撫でた。自分も巻いていたストールをとって、一番上のシャツのボタンを外した。

久遠でいかったこともあるし、自分はキョーコの温もりが足の上にあって、単に・・・
暑苦しかったのもあった。
けれど、キョーコの方は寒そうに見えて、自分のストールをそっと肩に掛けてあげた。


くすっ。妊娠まだかな?
冷えない様にね。
俺たちの子供。


(そうだな・・。2、3週間後ぐらいに一度、久遠になれるかな・・・?スケジュールどうなんだろう? 分かっていても、蓮には言い辛いかもしれないしな。違う男の子供だもんな。久遠にしか言えないよな。そんなこと。)


ふふっ。

(俺も、可笑しくなってるよな。キョーコが蓮の夢を見てるって時に、久遠になっちゃったりするもんな。・・・ま、お互いサマだな。キョーコ。)


キョーコ。ごめんね。


(君を惑わせるつもりでしたことじゃない。自分の人生の為に始まった事・・・巻き込んで本当にごめんね・・・)


やっぱり、頭をいつの間にか、なでなでしていた。

その手に、キョーコは、ぱちっと目が覚めた。


目の前には車の足元。真っ暗。この膝。

(ん?・・・?ひざ?)

上を向いたら蓮の顔を下から覗き込んでいた。


あ、起きた?
もう直ぐ着くからね。

ごめんね。キスで起こしてあげられなくて。


(ん?で・じゃ・ぶ?ですか・・・?)


え?


今、着くから。
着いたらキスしようかな。って思ってたところ。
だめだった?

(Splendorだしな。その気はないんだよな。)


キョーコはシートに手を付いて上体を起こした。ハンドルを握る蓮の真っ直ぐに前を見る顔に邪魔にならないように、耳元で音を立ててキスをした。


だめ、じゃない。

私は、あなたが、大好き。

ですよ。蓮。


キョーコもデ・ジャブにのって、久遠に言った事を思い出しながら言った。




__“ 妖精じゃなくても、私は、あなたが、大好き。ですよ。久遠。” 


そう言って、頬にキスをした事を思い出していた。


いつの間にか肩に掛けられていたストールに気づいて、蓮の首にふわっと巻いた。


ありがと。蓮。
大好き。


それは、自分が久遠と蓮が同じ人のように思っていることを封じる為だった。

久遠のように、蓮の首にキスマークが付いているのか確かめたくなって解こうとした昼間。

自分からシャツの襟をあけているこの蓮を見たとき、疑ってごめんねという気持ちで一杯になっていた。
それと同時に、もし本当にキスマークがあったりしたら、一昨日の朝、蓮はどこから朝帰りしたのかと、妻として狂いそうだから。


蓮は蓮で、久遠は久遠だ。それでいいじゃない。・・・そう言い聞かせるように。


(しがらみか・・・。)

夢に思ったことをふっと、ストールを巻いてあげていて思い出す。

(ふふ、あったあった。柵。二人を好きな私の・・・、それか。)


ん?どした?
なにかニコニコしてるけど。


ん?見つけたな。と思って。


何を?


秘密。
結婚したら、教えてあげる。


え!? 俺と結婚したい?


(ん?あれ?今日、さっき言ったっけ?それ。 しようじゃなく、したい?って。あぁそうそう、理想の男の撮影中だったな。じゃぁ、キョーコだったらアドリブで何て返すかな?)


え!?したくないの?
じゃぁ・・・


ううん。するする。するする。
今すぐしたい。


(ん?なんだ、結局俺が自分で言ってしまったじゃないか!?・・・なるほど、本音を見破るのも必要だな。為になるな。湾曲思考のヒトって・・・。)


でしょ。

(でしょ。って、それだけ。短いな~。
ドラマじゃ結局、あの子は長々とメールを打っても、監督も、う~ん。。。でOK出さなくて、脚本家がメール部分だけ後で入れることになったのにな・・・。さすが恐るべし、我が妻、キョーコ。)


だって、蓮は私と同じ宿命で、運命なんだもんね。
しがらみがあっても、大丈夫だよね。


え?そうなの。柵あってもいいんだ。


だって、結婚するんでしょ。
決まっているの。コレは!


そんなに、乗り気?
俺と結婚するの。


でも、今はまだ
内緒の秘密の恋人でしょ?私たち。


うん。そうだね。

(え?久遠の彼女じゃなかったの?蓮の?なの?)


ニコニコ微笑みながらも、かなりの動揺が久遠の気持ちだった蓮としては、落ち着け~久遠。と、心に言い聞かせていた。

駐車場に着いても、話が止められなかった。


じゃ、家に帰ったら
そこからは、夫婦ね。蓮。

でもさ・・・う~ん・・・

腕を組んで考え始めてしまったキョーコ。

その前にね・・・う~ん・・・



なに?その前に何かある?

柵のこと?

(お!蓮でも乗り気になった?Splendorなのに?)


そうなのよね・・・
した事ないしな~・・・う~ん・・・


(嘘ウソ。ウソはいけませんよ。キョーコ。久遠と子供が出来たかもしれないの、蓮だって知ってますから。ってか俺に抱かれてるでしょ。一昨日も。)


キョーコは、突然キャミソール一枚で久遠にキスを強請るような写真の顔になっていた。


ねぇ、蓮。


(ドキッ!)はい、なんでしょう?


私を、
さらって逃げてみて。


(ナニソレ・・・?)



逃げ切れたら、結婚してあげる。



???そ、そうなの?


え?だって駆け落ちしたことないから、よく分かんないんだけど。
蓮は駆け落ちしたことある?


ないよ。あったら俺、
今、誰といるの?

不倫になっちゃうよ。


役でも?


う~ん。そうだな・・・
無いかな。今までそんな役。


そっか。
じゃ、お互い
駆け落ちバージンなんだね。

難しいのよね。見た事もした事も無いの演技するのって。



は?なになに?キョーコ。
何言ってんの?



What did Kyoko dreamed in his holding arms...

The Fantasy Love with WHITE fragrant and white FRAGRANT
in Polar Night * Mid winter Dream-2 the Fantasy Love n.1


OR


to * Instrumental of Love Dreams n.50*
Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 25.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray