• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Furious of Love Dreams n.444

Category : Story- F of LDs


_____ 坊っ!


そう鶏くんが、光さんに呼ばれているのを見ていた。


( ほぉ。坊さんとは、彼のことか。 )

鶏の中身が、坊という芸人なのか?それとも、鶏くんキャラが 坊というキャラ名なのか?
まぁどっちでもいいけれど、彼の名前が判っただけで、十分かもと思っていた。

頭の中は・・・

って、俺の頭の中のこと。

あちらの坊くんの頭の中身は、スキンヘッドの芸人さんしか思い浮かばなかった。

まぁ、番組が終わったら、ちょっと挨拶に。

と、いろいろ・・・
恋についてとか、てんてこ舞いなんて、顔が赤くなる思い出しかないが、挨拶に行かねば“ 先生 ”に失礼と考えていた。

貴島との取材まで少し時間がある事。

でも・・・


( どうだ? 貴島と少し話したいかも )

なんで、ん?って顔したのかも気になっていた。


ウマって自然に出るのなら・・・ 一瞬だけの疑問みたいな表情は、なんだった?

それとも、自然に見せた演技で、実は不味かった?とも本音を、ゼヒっ聞きたい。



_____ それじゃぁ、CMで~す


ちゃらりら、ちゃらら~~~・・・



とな、光さんの声と番組の音楽に気がついたのは・・・遅かったのか・・・

3,2,1と振りを出すディレクターが、敦賀さんっ!?と、驚いて振り返っていた。
にっこり微笑んで、手を振ると・・・

ディレクターを見ていた出演者の4人+1羽が、こちらを見た。

貴島~・・・と手をそちらにも向け、さっと立ち上がったけれど・・・


_____ いやっ。ウソ、蓮~!

と、1人の観客がこちらに気づいてしまい、バッと全員の観客に向かれた。


シマッタ・・・

まぁ、CM中。少しぐらい騒がれても番組には、問題なかろう。
全員に手を振りつつ、ウインクし・・・

_____ きゃぁぁああああ~~、いや~~ん、れぇぇん~~

ってな、甘いご声援に、ちゅっと音を出したら、人差し指を自分の唇に当てた。

そのまま、微笑んで お静かにと無言の言葉を向け、観客全員を見渡しながら、唇につけていた人差し指をはじいてキス飛ばし。

ま、てきとーに・・・

そんな事をついつい しつつ、ADに促されて出演者の入るセット裏に入っていった。



「 お~。敦賀君、何時の間に? 」


貴島がさっと寄ってきて、傍にいた貴島のマネージャーから水を受け取っていた。


「 敦賀さ~ん、お疲れ様です。 」


石橋さんも挨拶してくれている。

_____ ぷきゅ ぷきゅ・・ ぷきゅっ・・・


足音が遠ざかろうとしているのが聞こえ、石橋さん達に ど~も と挨拶しつつ、足音を追った。


「 ・・・坊くん? 」


鶏くんに声をかける。頭の中は、スキンヘッドの芸人さんで、ちょっと高めの女の子の様な声。
そうイメージしたら、中身で思いつくのはただ1人の芸人さん。


あわわわわ~~! とかってする、なんとか大サーカスとかっていう、あの人。

その芸人さんの名前は出てこないが、中身のイメージは頭に思い浮かぶ。
なんだか、色味の名前だったか・・・ま・・・ 楽屋に “ 坊 ”と書かれているって事は、坊って芸名なのだと思う。

鶏くんの体型に、スキンヘッドは着ぐるみの為。

それに、あの女の子の様な高い声。


お疲れで帰ってきて、ぼ~~っとテレビをつけっぱのまま、ご飯を1人もしゃもしゃ、ずず~っとシャケ茶漬け。
キョーコはキッチンにいた時・・・

・・・あれ?この声?

そう思いつつ、キョーコが見たままだったチャンネルそのまま、深夜お笑いコントを見ていたもんだ。

ま、何をキョーコが見ていたのかは、玄関を開けた時・・・

キョーコの同級生アイドルに、幼馴染みのアイドル。
ん~な様な、歌声だったか・・・ 部屋に急いで着替えに行って、ささっとリビングに着替えながら行ったらば、キョーコはキョーコでキッチンにシャケ茶漬け作りに行ってて、番組も終わったコマーシャルだったゆえ、確かではない。 

確かな記憶は、この声の主のみ。

もう、中はこの人だとジ――っと見た深夜お笑い。


着ぐるみピッタリフィット体系・・・
汗蒸れ防止対策の坊主頭+声に、この人だと頭の中が言っていた。


( へぇ~・・意外と、背が小さい )

あの芸人さんだったか。と思ったら、今まで背の小ささに疑問を持った事はなかったが、あの芸人さんがこんなに小さかったかと思い始めた。


「 久しぶり。・・・先生? 」


そういえば、キョーコにとってクーが先生だけれど、自分にはクーは憧れであるが先生ではない。


「 今日は、俺の真似。ご苦労様。
  よく見てるね~。驚いちゃった。 」


さすが、芸人さん。と思っての事だったけれど、タジっとしたので、怒ってないよ。とニコニコしながら付け足した・・・ でも、もっとタジタジに後ろに下がっていく。


よ~く、観察されたものだ。でも、さすがだね~・・・

そんな言葉は・・・ 言い終らない内に、声の届かぬところまで下がっていたので

ささっと傍に寄り、あのさ。と話し始めた・・・ 追いやったスタジオ角に


ガッと壁に手を付いて腕の中に、鶏くんを、文字通り籠の鳥に囲う。



「 あのね、今度さ・・・ 」


話し始めたのは、もちろん


「 俺の親友。久遠がね・・・
  この番組に出る事になったからって。
  
  どうぞ、よろしくね。 」
  

壁に手を突いていない片手を差し出し、手羽を握る。

握手のつもりだったけれど・・・ 手羽の中に感じた手が・・・


( ・・・あれっ? )

なんだか・・・
  


いや・・・ 

握った事ある・・ っけか・・・・・


うんにゃ、ぬいぐるみ越し。

なんだか妙な気を感じたけれど、前にも握手したっけか?と思い出そうとしたけれど、自分はおかしな事ばかり鶏くんに聞いている為、そんな時の恥ずかしい思い出はデリートしかけ。

そうだ・・・


「 ここでね、大切な人は作れない。って、言った事。
  あれ・・・ 撤回していいかな?

  今ね、大切な人?居るから・・・ 」


まぁ、これは・・・ スタッフだろうが石橋さんだろうが聞かれたら拙いので、ぬいぐるみの頭に唇をつけて囁いていた。

その間・・・ 握ったままだった握手の手には・・・

気のせいだと思いつつ、思っていたより小さくて驚いた。


「 あれ?・・・ もしかして 」


_____ CM明けま~す。


スタッフの声に、光さんが 坊~! と呼んでいる。


「 どうぞ。行ってらっしゃい。がんばってね 」


握手を離した手を光さんの方に向けても、なにかタジっとしたまま。

早く行った方がいい。と肩を掴んで背中を押そうと・・・
肩に乗せたその高さに、ぬいぐるみの中に感じる肩の大きさに・・・


( ん? 女の子? )

そう考えたら、手の小ささも背の高さも・・・ あの芸人さんではない。と納得できる。


「 ねぇ。女の子? 」


肩を抱いて、光さん達の方に一緒に歩き出し・・・


「 もしそうだったら、ごめんね。
  今まで、男の人だと思っていたから。 」


って、中身がやっぱり・・・ あの芸人さんしか思い浮かばないので、もしそうだった場合・・・

まぁ、女の子になりたい人かも。と考えたら、失礼じゃないかも。と、もし男だった場合も想像していた。

もしかして・・・と思ったのは、大切な人の話は、姿が似ているだけだったカモ?
だけだったかも? 鴨ってな違う鳥だったら意味わかんないよな。と思い直していた。


まぁ、久遠として・・・

接する時は・・・


今まで久遠が一緒に仕事をした事があるのは、ほぼ京子のみ。
バラエティなんか、出た事はもちろんない。
キョーコ以外は、あまり知らない知られていない、久遠ゆえ・・・

俺の事をよく見ているらしい 鶏くんと、どうしたらいいか考えていた。

それに・・・

光さん達の側に行った時、白シャツにアンダーコート凛々しいレストランスタッフの衣装に着けている、カフスに靴・・・ それと・・時計・・・

ちょっと似ている...かも。

俺が理想の男の中で、着けていた物と似ていた。


「 お疲れ様です。 」


カモはかもでもフェラガモ? って靴の事を聞こうかと思えど、ADが15秒で~す。とな声にかき消された。まぁまぁこちらも俺の真似をして下さり、ご苦労様です。貴島とコンビ印象ですみません。なんて心の中で思っていた。


「 行ってらっしゃい 」


肩を抱いていた鶏 坊くんの、胴体と頭の境目なら小声でも聞こえるかな?と思い、首元に頭を寄せて言った時・・・
その隙間から香りがふわっとした。

ドーンドンドーン。の芸人さんだったら、汗臭そう。ベタベッタ・・・ドドンドドン ベタで~すっと思っていたけれど、やっぱり中は汗ベタでない女の子みたい。


_____ 10秒前・・・


側のADさんが言い始める声に、どちらか分からない石橋さんが


「 この時計。同じっすか? 」


腕を差し出して聞かれたので、ん~、すごくよく似ているよ。と、無意識に鶏くんの頭を撫でながら、自分がドラマで着けた時計を思い浮かべていた。


貴島には・・・


「 じゃぁ、ここで待ってるから。 」


ADが5,4・・・と指折りに成ったので、行ってらっしゃい、皆さん。と少し離れて見送った。



石橋さん3人が、鶏くんの周りで何かを言っているのが見えるけれど、拍手を始めた観覧席の音で聞こえない。

皆様、俺の真似をさせられて貴島のコンビをして下さり、申し訳ございません。

そう思いつつ・・・

理想の男の取材用として着ているスーツのポケットに、Black Ceramicの時計をつけている手を入れて、4人+1羽を見送った。



貴島も石橋さん達も、チャリティ番組のコマーシャルをしている時、
鶏君も応援かな? ・・・そりゃまた、お暑い夏にお外で着ぐるみ、ゴクロウサマです。

そんな事を考えていたら

_____ ちゃらりらりらりり~~、ちゃらりら~~~


「 それでは、次回のゲストは~・・・ 」

「 この前、坊が真似してくれた、本物っ! 」


おぉぉ~~!

_____ きゃぁ~! 王子?王子?久遠!?うそっ きゃぁぁ~~!


ってな声援も聞こえて・・・


( はい、そうです。どうぞ、よろしく・・・)

心の中でお返事し、誰も見えないセット裏にて、深々とモニターの石橋さん達+1羽に向かい、1人で会釈していた。



ふ~ん・・・。

坊先生、敦賀蓮もだけど久遠のモノマネまで、させられていたとは・・・

本当に、皆様 ご苦労様。
ありがとうと心から、またね~!とバイバイしている4人+1羽に、こそっとセット端から覗き、胸に手を当て顔見切りのまま お辞儀していた。



「 敦賀君、お待たせ。 」


セット裏に帰って来た、貴島君に・・・

頭を下げたままだった俺は、顔を上げて微笑んだ。


「 チャリティ番組、メインパーソナリティに選ばれたんだ。 」


すごいね~。おめでとう。とニコニコの貴島の肩を叩きながら、それでは。お騒がせしましたとスタッフさん達に挨拶しつつスタジオを出ようとした。その時・・・


_____ ぷっきゅ~・・・


こそっとしようとしていたのか、長~く間延びした一歩 聞きなれない足音が耳に入った。

ふっとそちらに顔を向けたら、こそ~っと振り替える坊さんに・・・


「 待って 」


お坊さまに挨拶をしっかりしたいと思い呼び止めた。
みんなの前で、先生 と鶏君を呼んだらおかしいよな。と思っていたため、傍でこそっとするつもりだった。


だけど・・・


メインパーソナリティの話をしだしたのは自分からだし、貴島もそれに答えてくれている。
自分で聞いたのも、単なるお愛想だっただけってな、京子のスケジュール以外は他人の仕事はどうでもいい俺。

興味無さげ・・・と、まぁ俺をよく知っている貴島は気づいたらしく話を変えてきていた。
取材後の仕事は?と聞く貴島・・・。

ま、こちらの話し続ける言葉を無視するわけにもいかないだろう。


面倒なので、素直に・・・

無いよ。って・・・言おうかどうか躊躇った。


今日はとても自分的にも早い仕事上がり。
社さんも、営業に回されているし、京子も別仕事。今夜はこのままフリーの俺だった。

お家でキョーコ待ちして~。キョーコの為に~、何かサプライズ~ぅ?なんて・・・
俺の方が先ってな、あまり無いシチュエーションに自分でテンションうきうきモードだった。
そのサプライズを考えているこの時間も、また楽し。

そのまま引き続き、楽しみを伸ばしたく、考える時間を延ばそうと、取材後までお預け。と自分の心に飼っているワンコに言い聞かせていた。楽しみながら考えつつの帰りドライブにしようと、心に決めてしっかり仕事をしましょうとスイスイ走る車の中で考えていた。


そうか。

なんだか思いついたような気が・・・

女の子の気持ちのわかる男の方なら、なんか女の子が思いつかなく、男も思いつかないような、変な方向のアイディアがあるかも?

鶏先生ならっ!なにかいいアイディア、間違いなし。

挨拶も兼ねて、先生に聞こうと思い、寄って行こうとした・・・ けれど・・・



「 敦賀君、早く。 」


グイン。と貴島に腕を掴まれ、止められて・・・


時間無いし。と、掴みんだ左腕の俺の時計を覗きつつ、その手首を自分の顔前に突きつけられていた。

・・・そうだった。
そうそう、時間が今度こそ、圧していた。


自分の時計は、ちょうど8時のInifinity Time

見方が貴島は判ったのか・・・それこそ疑問だったけれど、ひとまず

さっきまで時間がアリアリに有り余っての到着だったから、のんびり緩めモードだった自分をリセットして敦賀蓮を自分に憑けようと目を閉じた。

ひゅっと瞬時に敦賀さんが降りてきたら、憧れの理想の男取材モードに引き入れた。

自分でも一日しっかり仕事は仕事、帰りは帰りと決めたはずである。


目を開けて坊君に、きっと視線を向けたら微笑んで

ゆっくり瞬きをしつつ 


ま た ね


声を出さずに唇だけで言葉を伝えていた。



ぐい~~と貴島に、早く。と言われつつ、何気に腕を組まれていたのは、貴島は両手でピンマイクを外しながら歩き出していたからだった。



「 お疲れ様でした~。 」
「 お疲れさまでした。 」


自分は出演していないのに、なんだかピンマイクを音声さんに渡す貴島とそろって言ってしまいつつ・・・


あぁ、そうそう。


急に思い出したのは、坊さんはキャラ名だと思いついていた。


“ クロちゃんですっ ”


確か、両手を肩にあて・・・
そんな事を言っていたあの人だったと

そうか・・・


真実は クロ だし


そんな事を思ったら、もう、坊さまの中身の 真実も・・・クロちゃんですっ!の人だろう。



・・・そんな気になっていた。






......... to Furious of Love Dreams n.445


On Air ! ...... mimi's world-2 * White Night

Coming sooooon

Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 04.2015
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray