• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Furious of Love Dreams n.441

Category : Story- F of LDs



両肩に手を置いて・・・

自分の背中を鏡に写して見た。



・・・・・実は数日前に、初めて気がついた事があった ___________





爪が食い込むような強い痛さを肩に背中に感じていたあの時、彼女が爪痕が付くような傷が残っていないかどうか、時間が少し経ち消えない痕に成っていないか確認していた時だった。


彼女が食い込むほどに爪を立てていたこの両肩に手を置いて、背中の筋肉のくぼみまでしっかりと確認する様に見ていた。


右も左も自分の手のなかなか届かない所まで・・・

彼女がいつも触れる、背中の真ん中。


“ 心の後ろ側 – Celestial Fairytail の心 ”

彼女が抱き付いて撫でる所も、鏡の中に確認しようとして・・・


ジ―――と、思わず止まってしまった。




_______ ほくろ が、2つ並んでいる・・・




何時の間に出来たのだろう・・・



( これ、キョーコ。見てるよな・・・)

蓮として彼女と関係を持つのではなかったと後悔しても仕切れない、なんせ自分の欲求が止められなかった事だし・・・それに、明るくして・・・なんて、するモンじゃなかった。

・・と、言うよりも・・・・

マッサージしあっている事。

腰にまたがって、背中を手のひらで下から上に
背骨から脇に向かって親指全体で、肩から首の後ろに耳の後ろまで、ゆっくり上るそろえた指の背に

ここのポイント

“ 腰にまたがって ” ってところ。

腰の上に乗っている重みが、伸ばされる背中に下に引っ張られていて気持ちいい~。
んだけど、気持ちいい~ ってポイントより・・・

身長が大きいから、腰にまたがって揉まれていると、首の方に手が届くのはかなり遠く
腰からゆっくりオイルで上に持ち上げられるとね、最後 手の届くギリギリの範囲は、背中の上に彼女が寝そべるほど。

いつも肩甲骨と肩の間ぐらいに頬をよせて ぴったり身体を付けられると
背中のこのほくろの部分に・・・

彼女の心音を背中に感じて


 ん・・・ 少しこのままでいて・・・


独り言を呟いているような微かな声しか、出ないぐらい 心も身体もマッタリと心地よくて

流しっぱなしのiPod のプレイリストが、Pour Un Amabilite Me’Mentos に使われた曲
Water Shows The hidden Heart のAero-Language宇宙交信語だったりしたら、意味がわからなくても・・・
長い時の間ずっと待っていた時の様な、懐かしい遠い記憶を心が感じて

背中の後ろに感じる 彼女の心音にまた、その感動の様な刹那の様な憂いの様な心振を癒されるよう。

これが、心までマッサージされているよう


...なんだけど


( どうしよう・・・)

突然、レーザーとかで消しても可笑しいよな。かといって久遠で居る時、服を着たままするか・・・なんてのもな・・・。

だ~ぁって、久遠で居た方が、自分の心からの本気の愛を返してもいいとは、自分の心が知っている、人生の未来の為のチャンスだし・・・

お肌とお肌と、温もりと温もりが、より一層 体が気持ちいいんだけど...とは、思いつつも・・・
どうしようかと思っていた。

思い出したのは、実はこのCM撮影時の時の事。


“ Water shows The hidden Heart ”

こちらの撮影時の事だった。


永遠に広がる空間にダイヤの砂丘がひろがり、遠くに見える海までも輝きで出来ていると言われて見せられた合成されるCG映像。

お~~っ! と・・・ キョーコじゃないけれど、自分も目がキラキラするほどだった。


なるほど・・・ この中に寝そべって


『 This is . . . ? No. . . Mmmm. . .?
  yeah yeah. . . Omm. . . Les’s see. . .』

んとね・・えっと・・ あ、そうそう。ん~・・ それじゃぁ・・・

監督自体、なんて表現していいのか解んないらしい。

だ~って、Imaginary Imagery Imageなんだもん。
Imaginable Imagine Imageじゃない。と言いたいらしい。

Imagetivity mentalhythm works for Imagetively Physical だったりしていた。

なんすか?・・・

なんとなく、実感が湧く・・ それだけだけど・・ それでいいのか


『 Right right. . . Rightly lightly brightly bliss are as srightly the brilliantly
 ん~こんな感じかしら? ちょっと日本語じゃ、言葉が思いつかない。 』

『 Aha!OK I might gotta it 』


何が言いたいのか、解るんだけど・・・

ニホンゴに訳すって、とても大変。


『 This is the FOREVER DESERT EVEREST DUNE THE EVERERE DEEP 』

深い海に続く永久の遠浅



えっとぉ~・・・

EVER と D がたくさん 止め処なく 

不可解な、表現はウラハラでも・・・

監督曰くその前に言っていた

 Rightly lightly brightly bliss are as srightly the brilliantly

少しずつだんだんと増す小さな輝きは1つではなくたくさんで集まりもせず明るくふわっと空気の様に軽くそれでも明確に心に感じる煌きの喜び。 ・・・ま、たぶん訳したらこんな感じ。

とても、日本語が難しい事は、自分にも良くある事なので。

とは、言ってもいいのだろうか?と一瞬悩んだけれど、RMandyの撮影はほぼ英語。
そんな事より、みょ~な幻想風景イメージ Imaginary Imagery Image Viewsの中でImageじゃない、日本語だったらイメージってカタカナで正解の、どんなその・・・


Rightly lightly brightly bliss are as srightly the brilliantly
As the forever Desert everest Dune the everere Deep


そんな...自分の表情を・・・

 Bliss Foreverest 
永久永久 (えいきゅう とわ)の 光輝幸喜 (ひかりかがやく喜びの想い)

にすべきなのか・・・ 撮影前は考えるのが難しかった。

自分は、ダイヤの輝きで出来た 砂の宝石の中に埋められて、ハイ、起きてみよう。と起き上がったら、ハラハラと自分の身体からダイヤが落ちて、映す必要の無い身体の部分はメレダイヤの中に埋もれたまま

_____ じゃぁ、Let’s roll at first trying shoot リハ兼ね撮影はいりま~す。

そんな感じに、自然と山になったダイヤの中に埋もれて撮影が始まった。

_____ Ready . . .よーい・・・

座ったままセットの上を確認したら、あぁここに本物のメレダイヤが降って来るって事ね。I see~! って、英語半々の掛け声に、久遠ヒズリとして過ごした、ちょい苦めの...子役時代が蘇っていた。


そしたら、急にすっと、キョーコちゃんとの愛しい思い出が頭に浮かんで

自分の中で年月の時を経て、きらきら輝く思い出に、心の想いが大人になって変わったと思ったら

ものすごく、ものすごく 彼女のことが愛しくなっていた。

リハなのだけど、シュートゲネなのでいいかとも思ったのは一瞬で、心が素直に感じる想いにひゅるっと麻酔の様に取り憑かれていた。

ゆっくりと横になったのは、腹筋背筋毎日鍛えているので、問題なかったんだけど・・・

肌的に・・・


『 そうそう、Ren. As you know...
  All Diamonds grits are different shapes
  which the bit could be left as it biggest.  』


『 Yes. I know 』


この時の監督が言っていた・・・ 

そうそう、蓮。ダイヤモンドって可能な限り残しての研磨
砂の様でも、その形は様々だからね。


ダイヤはみんな大きさも形もそれぞれだとは、知っている。でも・・・

合成だけではない、メレダイヤの上に寝そべって撮影をしていた時

想いが募っている間は、全く感じて無かったけれど・・・



_____ カット


カットの声に、急に感じる・・・


( 背中・・・チクチクしてる。あたたた・・・)

ちょ~ど、背中に当たる粒が何個かあって、なんて気がついても言えず。
撮影終わりに全部のダイヤを漏らさず集められる様、敷かれたシートの上で、丁寧にブラシにコロコロ。

背中の肌に付いているダイヤを落として、ようやく、チクチクから開放された。


あれ・・・



もしやもしやの、白人肌。背中の肌にブラシで掃われるほどくっついていた、数粒のメレダイヤ。
あれ・・・
赤くなって、そのまま赤い痕がメラニン沈着したのか・・・

その後、確かに朝日といえどサーフした時に、ボードにうつ伏せになり、背中丸出して日が当たっていたかも・・・

その時なのか・・・

でも小さなホクロの大きさは、このメレダイヤの大きさっぽい。

自分で見つけた時、ダイヤ? みたい・・・


あははは~~・・・・とも、思っていた。




( ん~~~~~ )

・・・・ひとまず、落ち着こう。

今は今で、このままでいい。

久遠の時に、どうにかしないといけない事として・・・・・


う~ん。と唸りながら着替えだし、鏡の中をもう一度覗いて、髪を直しながら眼鏡を取り上げてかけていた。







_______ 今日も・・・


いや、あれから楽屋でも家でも着替える度に、何度も見ていた自分の背中。
今も確認していたのは、うっすら付いていた爪痕は消えていたけれど・・・


「 よし。 」


ひとまず忘れたいと思うほくろの心配。
鏡で確認するたびに、久遠としての事を考え出していた。

鏡の中の自分を見詰める度、向こう側から返事が返ってくるんじゃないかと、心の中に久遠の存在を確認するかの様でもあり・・・


・・・素直に彼女を愛した表情 ____________


彼女との共演にしてしまった自然な表情に成らないかどうかも、自分の顔の筋肉に沁み込ませるかの様に表情をチェックしていた。


アドリブ


自然な表情が出やすい、相手方からの自分が予想する事無い演技に・・・

不安に成らない様に自分に言い聞かせる様に敦賀蓮の役に入れそう、入れそう、入れると・・・
鏡の中の自分に言い聞かせながら、掛けっぱなしにしていた曲は

Romeo & Juliet

自分がラブシーンの前に、気分を盛り上げる為に聞いている曲は、何曲かあれど
今 必要だと思っていたのは・・・

キョーコがくれた言葉


“ Deny thy father and refuse the name, or if thou wilt not be but sworn my love. ”

貴方がどんな名前であったとしても、貴方への愛に変わりはなく・・・

“ What is in a name? That which we call a rose by any other word would smell as sweet. ”

 それをバラと人は呼ぶだけで、どんな名ででもその物には変わりなく・・・


それらのジュリエットの言葉・・・

彼女の声を、目を瞑り片手を鏡について思い出す



「 Retain that dear...
  ...perfection which
  He owes without title. 」



鏡の自分に、心の中の自分に呟いていた。


目を開けたら鏡の中の自分は、何も変わりなく



自分に自信が付いた敦賀蓮としての人生の“ 時 ” を思い出させ呼び覚ます様に、目を瞑って鏡の自分に曲が終わるまでキョーコとの時を思い返す。

目を開けてもう一度自分を見つめても、何も変わらない自分がそこにいると確認し


「 自分はどんな名でも
  自分に変わりなく・・・」


鏡の自分を見詰め両手を、パキッ、パキッと鳴らした。


パン。と両手を叩き合わせて、“ 出来る。”と自分に言い聞かせたのは・・・

いつもの様に、“ Allright ! Let’s roll for like sweet! ” こう思う 瞬間も、久遠のものだけだと心に決めて・・・



鏡の中の自分、敦賀蓮には・・・

Foe 敵 の拳を向けずに、手の平を開き High Five 味方の挨拶を向けた。

パン。と鏡を叩いたその手で、曲が終わり止っていたiPadの蓋を閉めた。
脇に抱えて衣装のジャケットを手に取り、楽屋を後にした。



鏡の中の自分からは、前の様に・・・

久遠の心が聞こえなかった。

何も変わらない自分の気持ちは 敦賀蓮のものだと確認して



“ どんな名前でも自分は自分 ”


この想いは・・・


久遠ヒズリでありながら、敦賀蓮として生きてきた6年に続く今

敦賀蓮として生きている自分に与えられた、敦賀蓮という役

本当の自分が、毎日偽名で生きている事がすでに演じている生活でも
この生活自体が見せては成らないプライベートで、敦賀蓮という弁護士でピアニストの役に
また違う敦賀蓮を憑けようと・・・

自分であって、自分でなく

自分でない自分が、また違う自分に成れ

とても、自分にとっていろんな・・・ 自分。



敦賀蓮という名でも
敦賀蓮に変わりなく・・・

敦賀蓮として、敦賀蓮に成る。



・・その心意気



「 ま、がんばろ。 」


深く考えなくても、できそう・・・ そう思えるのは・・・


さっき、京子の楽屋で、二人で打ち合わせした・・・アドリブ。

花びらに違和感があった いつも一緒に居る二人ならではのアドリブに、はやり一発OKを出せた方がお互いの自然な成り行きに映されるであろうと思うプレッシャーと、自然な表情が出やすいアドリブの一発目。自然な表情の中に久遠と同じ表情が映されたりしたらとも不安になる。


________ コツ  コツ  コツ・・・


________ コツ コツ カッ・・ コツコツコツ・・・


でも、今自分でも・・・

敦賀蓮としてイメージし直したそのシミュレーションに自信を持って

先に廊下を歩いている京子の姿を見て、早足で駆け寄り無言で後ろから手を繋いだ。


________ コツ  コツ  コツ・・・

________ コツ  コツ  コツ・・・


真っ直ぐに前を見詰めたままの彼女を、自分も見る事無く、一緒に歩いていた。


“ Keep your face to sunshine and you can not see the shadow ”

  真っ直ぐに前だけを見詰めれば、その影は見えない


自分達を創る心意気の言葉。


自分が選んだイエローダイヤのひまわり

自分で違うと思えていたのは、永遠の愛を誓う “ ゆがみない完璧 ” では無い事も
その欠片の全てをあげても無いことだけではなく、輝きの色も自分の心の輝きと違う。

ひまわりの Strawberry Blonde に、きっとキョーコが思うひまわりと違うとも思えても
ひまわりであってひまわりなのは、その 黄色

お取り置きしている大粒のダイヤモンドの粉末

本当の自分の心の輝きの色・・・
その輝きを携えた肌に同化するリングを持って、スタジオに向かっていた。


あのイエローダイヤのひまわりは

自分の心・・・

この心の本心は、きっと “ 夢を追い駆ける自分 ” それに気づいて

Keep your face to sunshine and you can not see the shadow

この言葉を無意識に、彼女に伝えたかったのだと思う。


自分の心もまだ・・・

結婚なんてしたくない まだ自分の未来を追い駆けていたい 
結婚なんて、いつでも出来る事だから、今はまだしたい事をお互いしたい

そんな心の現われだったかと・・

ひまわり “ 憧れ ” の言葉と共にクランクアップにもらった花束。
あのドラマワンクール分のギャラで支払った、ひまわりのイエローダイヤ。


自分は、憧れ これを絶やさず追い駆けろと伝えたかったのかもしれない。



自分の方に微笑みを反すことも無く、真っ直ぐに前を見詰めたまま歩き続ける彼女には・・・


Retain that dear perfection which he owes without title. 

「 敦賀蓮は敦賀蓮と呼ばれても、敦賀蓮でなく敦賀蓮である 」


前を向いたまま、小さく呟いて・・・



・・・フッ

彼女が前を向いたまま、笑った様に聞こえた。



自分と離れていたほんの少しの時間の間に、一人楽屋で何かを考えていたのだろうと悟っていた。

IPadで写真を見ていた彼女が、何を見ていたのか・・・



久遠の写真と蓮の写真、それに彼女自身のシンクロナイズされた写真。

この全ての写真が彼女のiPadの中には入っているとは・・・

自分だってもちろん知っている。



雑誌と違い、どこまでも画面拡大できるそれに・・・ 


・・・入っている _____________







......... to Furious of Love Dreams n.442


6 I s 

6つのI アイに... 1つの1 the ONE for One 7つのI が分かったら、自然にもう1つのアイが心に感情として浮かぶ
8つの アイ

人の限界の7つ ふっと殻が解き放たれた 時 -Infinity's B *FOREVER* For One. . .  I*s B * FOREVER
 
441 For for one * 自分のある自分へ...
401 For One * この時は  F of Love Dreams n.401
Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 25.2015
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray