• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Furious of Love Dreams n.431

Category : Story- F of LDs
WHIP BD 20150529 Episode








不破のブログの中を見ても・・・

別にこれと言ったことは、何もおかしくないんだけど

一体、何? と、ものすごく疑問。



不破だって自爆するようなことを書くわけ無い事は、承知済み。
自爆ならまだしも自滅しかねない事は、フレーズ一つにしても気を使っているブログである。

なんだろうと思うと・・・

思い出すのは、ID-Name “ AKATOKI 0529 ” 


(・・・もしかして、5月29日が誕生日? )

キョーコから聞いたコトもないし、自分からタレント名鑑で調べた事も無い。 

誕生日だから。っていうようなブログでもないブログ。
でもファンの人がコメントに、メッセージを残すんじゃないか?と考えたのもあり、ブログ中のコメント・メッセ、または拍手コメントか・・・
承認なんて面倒な為と、承認されなかった やら コメントを選んでいる やら・・と言われるのも、体裁がよくないという事でLMEの方では すぐ公開 に設定しなさいとお達しを受けている。

それを考えたらアカトキもそうじゃないかと思えるので、とりあえず拍手してみた。
今日おもったこと のたった一言にも、言葉を考える仕事をしていると思わされる・・・なんだか、日々納得して、今までも以外と素直に拍手してしまっていた。


いつもながら、上手なお絵かき。

パーソナリティ溢るる手描きは、アーティストっぽい。

ずら~~~っとずら~~~っと並ぶ、お誕生日おめでとう 尚~! のコメントにきり無いな・・・と思っていた時、画面が変わって電話着信になった。

その表示 “ 不破尚 ”

自分も聞きたい事があったので、その電話を取った。



「 もしもし? メール見たけど? 」


一応 蓮の方には、ブログサイトに問題があった その様に書かれていないメッセージ。
久遠とのFOREVERメッセはまだ見ていないと思わせたく、久遠からの返信も躊躇っていたところだった。

一体、なに?と言おうと楽屋を出たとき・・・


________ ガチャ


「 蓮、お疲れ様。 」


キョーコが廊下の向こうから挨拶に向かって来ていた。


「 お疲れ。 じゃ、キョーコまた・・・」


あぁごめん、電話中だった?と胸に押し付けていた携帯にキョーコが気づいて、バイバイと手を振ってくれていた。

あぁ・・・ またね~。のちゅっちゅ・・ してない。と思うけれど、電話中。キスを遮られてちょっとムッとしながら、電話の相手 不破に話しかけた。


ふ―・・・・


まぁ、一応息を整えつつ


「 もしもし、ごめん。で?
  なんだった? なんかあったの? 」


_____ あのさ、オレのブログ見たことあるか?
   

そういう不破に、その事には・・・ 


ブログチェックしています。
読者登録もしています。
拍手も常連です。


・・・な~んて・・言えない。


ひとまずその答えには触れずに... でも、当たり障り無く・・・


「 ふ~ん。ブログでなにかあった? 」


自分で今見ていても、何も別にないんじゃない?と思っていたけれど、もしやの“ お誕生日おめでとう ”が、キョーコか俺から欲しいワケ?なんて考えた。

でも・・・違っていた。


「 あのさ・・・ コメント消去前に聞く。 」


あぁ、コメントの中に問題あった?と聞き返そうと思っていた。でも・・・
不破の小さな独り言が、耳に聞こえていた。

   

_____ あぁ、どうしよう・・・


俺に断らなきゃいけないことなのか?
悩んだ結果の答えを、俺に伝えたのに、やっぱりどうしようと思う気持ちには・・・


そうだよな。

分かるよ、その気持ち・・・


言葉に出さないけれど、自分も同じスタンスを考えれば、同じ気持ちが解るようだった。

コメント消去したらしたで、もうすでに見ている大勢が、消去したんだ。と不破のことを思うに違いない。
でも彼にはどうしても消去して、見せたくないものなのか・・・

そう考えた時、



・・・あれ? 誰に?



そう、ふと思ってしまった。


 “ 自分が見たくなくても、これが現実と受け止める。 ”

その覚悟が出来ていてコメントを見る時もあるって、貴島は言っていた。
幸い自分には、全く今まで一度もそんなコメントは置いていかれたことは無い。
 
ま~だ日も浅いのでそんなに読者もいないし?とかって考えつつ、王者の苦悩は大変だとシミジミ思う。

でも、本日見たSF.est。 開けた瞬間いつもなら、“ 俺のお気に入り ” って音楽が流れてくるのに流れてこない。
どうした?って思いつつ見ていたブログ。

MUSIC JUKE とな、Music Box オルゴール箱のジュークボックスリンクも消えていた。
不破の聴いている曲は、以外と俺も好きである。

これにも、一体どうした?と思っていたところだった。


「 なになに?それで? どうした? 」


全く持って分からない・・・
そんなに困っている迷惑コメントなのか。 音楽添付に問題?と思いつつ歩いていた。


________ ピッ・・ カチャっっ


「 あのさ、今から移動で、運転しなきゃいけないから。 」


電話切っていい?と促しつつ車のドアをロック解除で開けていた時だった。




_____ あのな、聞きたいのはもう、いい。
    お前じゃないらしい。


「 はぁ? なに・・? 」


_____ それだよ。だってオレが何を言っているのか
    わかんね~って事。だから、お前じゃない。

    まぁ、英語だから王子かと思ったけれど・・・



(・・・王子?なにそれ? キョーコの影響? )

王子さまに王様に、魔法使いに妖精に・・・最近やたら自分でもそう思うも、不破まで王子?と思っていた。


「 あのさ、王子ってどこの国の? 」


多分スットンキョウ そんな漢字は頭に思い浮かばないけれど、スットンキョウとな意味は知っている。
そんなスットンキョウな返事だろうけれど、自分はどこぞやの国王の格好をしたLME社長の下でも王子に知り合いはいません。と思っていた。


_____ 王子だよ。久遠ヒズリ



( ・・そんな呼ばれ方、していたのか。 )

世間でそう呼ばれているかと思ったら、次に登場するのが恥ずかしくなった。

自分のイメージというか、自分のした仕事を考えると、京子との純愛映画は現実的な男っぽいと思っていたし、なにせアルマンディの仕事としては水着のサーフ、それと、本当の痣キスマーク付き。

女の子にノックアウトされなかった、強靭で獰猛にもう一回挑む。 ・・・みたいな、オス猛獣イメージでのランジェリーだったのに・・・



現実のクオンの自分には、自分にとっても現実に近い久遠姿で、現実を生きる俺とイメージしていたのに
世間から王子とやらの幻想的なイメージに、まだまだ幻想の人なのかと・・・

少しばかり・・・ 自分の久遠としての仕事に、ショック。

出来の悪さを言われたみたいだと、心の中のもう1人の自分がしょぼっとしていた。



「 それで? 久遠がどうしたって? 」


何が、不破のブログの中に起こっているのか。
どうして、接触のない 

 “ 久遠 と 不破 ” 

前に一度お風呂の中で遊んでいた時、クリスタルの妖精と悪魔が・・・ 

ん~~・・・

・・・思い出す。 
なにかあるのか?と ふっと一瞬だけ頭を過ぎった、あれ・・・



あれは、でも・・・

少し違う、現実的に起こるシチュエーション、いわゆる久遠のスケジュールを自分で考えたら違うと思える。


「 それじゃぁ、久遠に聞いてみたら? 」


自分では全く覚えが無い為、不破の勘違いかとも思う。
でも長くブログをしている不破にとって、無視できないケースは今まで多々あった事だろう。

それに・・・

自分では、久遠につくファン。 それを見通し予測しているのは “ アイドル好き ” 

今まで蓮が獲得ならなかった、境地。 
このファン層を開拓する意味での始動心もあった事は否めない。
 


もし、久遠のファンが何かをしていたとしたら・・・



よく耳にする 妄想書き込み。  それは自分でも不破に言った事。


 “ ファンの頭の中で俺たちは、彼氏化されている ”


それが自分でも分かるから・・・

どうしたらいいのか? の処置はしなければ成らないだろう。そう考えていた。



それと・・・



「 あのさ・・・ 」


言いかけ出したのは、自分の最近の心の中の事だった。

不破には蓮としてとしか接触していない事を強調したいのと、敦賀蓮と久遠ヒズリと関わるキョーコ。彼女と繋がりのある人物として、きちんと 俺達は別の2人 という印象を与えたいと考えた。


________ パタッ・・・


「 今、車の中で1人だから、はっきり言えるけど・・・」


電話を持ち代えてエンジンをかけずにキーだけでバッテリーをONにしたら、iPhoneジャックに差しスピーカーでそのまま会話を始めた。

両手が空いたのでブログ用の携帯を取り出して、不破のブログを調べ始めながらだった。


「 誰? 誰に見せたくないの・・・?
  特定の人と思うと、思いつくのはキョーコしかいないんだけど? 」


あのさ・・・

そう言いかけた時、不破も話し出していた。


_____ そう、キョーコ。俺は別に気にしない。
    だけど、もしもキョーコが見たら・・・どうだ?って考えた。

    俺、そこまで嫌な奴には成りたくねぇ・・・



「 そう・・ よく分からないけれどさ
  久遠はそんな事、するような奴じゃないし? 
  暇じゃないし?・・・ とは、俺にもわかる。 」


  でもさ・・・ 

  ちょっとよく聞いておいて。


不破のブログを見ながら話し続けた。




「 ・・・俺。 

  彼女の本命じゃないし。 」




  いい?それだけは、覚えておいて欲しい・・・


そう小声で静かに、付け加えた。


それとちょっとした嘘。
今 見ているのは不破のブログだけれど、FOREVERの管理画面を見ている事にする。


それにちょっと注意? まぁ合同ブログってケースは少ないけどね・・・と付け加えたら・・・



「 あのさ、久遠宛のメッセージ。
  開封って、俺もしようと思えば出来る事。
  悪いけど差出人のIDが不明だったから、開けさせてもらった。

  “ この業界でも子供の頃も ” こう書いてるよね。

  これ、久遠とキョーコが幼馴染だと、俺がもし知らなかったら
  ・・・それ、考えた? 」



不破は黙ったままだったけれど、そのまま話していた。ずら~~っとまだまだ続く、不破へのおめでとうコメント。自分の彼氏におめでとうと言っている様なものもあれば、それにコメントしているファンもいるし、男の同感コメントもある。

それらは別にキョーコが見たところ、どうってことないし、不破が消したがるようなものでもないと自分でも思えていた。

返事のできなくなった不破に、話し続けた。


「 まぁ大丈夫。キョーコからはっきり言われた事だよ。
  それは俺は知っているから、大丈夫だけどね・・・
  
  あのさ、その時・・・ キョーコに言われた事がある。 」


まず馴れ初めから始めようと、ずばっと伝えたいことだった。


「 告白は俺がした。
  きっと・・ 恋に落ちたのも彼女より俺の方が先だった。
  
  だから・・ だからね・・・
  俺が、好きだと言ったら

  彼女に好きだって言われて、すごく嬉しかった。
  でもさ、その先がある・・・」



フ――・・・

短い溜息の後、まだまだ話し続ける。


「 彼女には・・・ 付き合ったとしても
  心の中に一生忘れない人がいると言われた。

  きっと 付き合っても その人だけは忘れられないって・・・
  
  彼女にとって、大切な 京都での久遠との思い出だった。
  
  久遠との 子供の頃の出会いがあった事はその時聞いている。

  それに、俺・・・

  そうだな・・・ あのさ、俺の事、考えた事ある? 」



______ はぁ?ってか、子供作ったかもしれないって、そん時の気持ちは
     まぁ、なんとなく、男として分かるとは、思った事はあるけど・・・


「 そう・・。 じゃぁ、その子がもし、いたとしたらでいい。

  俺の心の中、考えたことある? それ・・・

  久遠の子だったら、親友としておめでとうって思う気持ちと
  失恋した自分の気持ち。

  嬉しいのと寂しいのと、二つの気持ちがある事。

  これは久遠にも、同じ事がいえるとは思うけどね。 

  まぁ・・・ その関係は俺から告白して、作った事だけど・・・」



ひとまず、それは本当のこと。
いつも気持ちが二人分、一つの心のどこかにある事は偽れない。


「 あのさ・・・  」


そう言いかけた時、ナニこれ?と思う不審コメントを発見した。


Happy Birthday … From ... “ Teddy ”


これか・・・ そう思ったのは、文章はなくリンクされている誘導リンクサイト。
でも、たんなるYouTube スパム目的ではないと思えた。

きっと、俺か久遠のファンからの嫌がらせ。

そう思えて成らない・・・ 内容は、キョーコの事を心配する不破。 そう考えてみると

“ Happy Birthday ” 


誕生日・・・?

そうか、生まれた日。
キョーコよりも先に生まれている不破に、問題はないのだろう・・・

きっと産んだ人 お母さん 

不破が一番苦手なキョーコ。 
お母さんの事で泣く彼女にだけ、何も出来ない事も、俺には・・・

キョーコが1人で泣き場所を求めて彷徨っていた事を考えたら、あの時ショーちゃんは慰め切れなかったと感じていた。

でも今は、蓮としての立場での話を進めていた。



「 あのさ・・・
  俺の事を考えた事があるか? そう聞いた。それ・・・

  俺が彼女の事をいくら本気で好きだと思っても

  彼女にとっては、俺は・・・

  ・・・彼女の、浮気相手だから。 」



それ、考えた事ある? と、まぁ・・・真面目に言ってみたけれどもう一押し。


「 彼女にとって、本命は 久遠ヒズリ
  彼女の彼氏は・・・ 久遠だよ。 」
  

まぁ、それを念頭に俺との会話も気をつけてね。と優しく言い始めるも、ちょっとばかりこのまま俺の演技に入ってもらおうなんて考えた。

かなり真剣に聞いていると思う、黙ったままの不破。
何かを考えて聞いている事は確かだと思うのは、缶をペコペコしてる音が小さく聞こえていた。



「 この前さ、製作発表の後
  俺、お前に背中叩かれた あの時・・・ 」
  

あぁ大丈夫。別に何も怒ってないから。と笑いながら言うのは、ペコっと急に音が止まったからだった。
心の中で、3,2,1 と数えたら・・・


「 彼女に、妻。 つまり役としてでなく
  実際の 恋人 として、俺を落としてくれと言った。

  でもね・・・


ふ―・・・・

  彼女は、それからも、今も、それまでも・・・
  俺が恋人だと思っていても、俺の恋人だって言ってくれた事は
  今までに、一度も無い。 
  だから、彼女は久遠の恋人だって思っているとは、いつも感じてる。 」
  


この気持ち・・・ 分かるか? 



それは、実際にそうだと感じている事だった。

抱きながら思う・・・ 蓮と名前を呼ぶのも、確認しているんじゃないかって。
それに、こちらから言えば 愛している と返してくれても、その都度 妻としての役を憑けているんじゃないかってすら、自分で思っていた。



「 でもこれ・・・」


そう言い掛けた。

それは、キョーコの気持ちを、子供の頃から考えられる不破だと思えてならない事。
彼女がどんな気持ちでいるかとも、こいつなら分かっているって・・・


・・・とはこのコメントの事。


もしも久遠のファンが意味無くした事だとしても、久遠としての対処は不破にはしなくては成らない。

そう思ったのも・・・ コイツのファン層横取り作戦をしようと試みた自分を考えたからだった。


「 でも・・・ 君のブログに対して
  後で、二人で考えたら、また連絡する。 」


ごめんね・・・きっと、久遠のファンかと思う。


________ ブルン・・ルルルル・・・

そう言い残して、無言のままだった不破の返事を待たずに 車のエンジンをかけ電話をオフにした。



つけっぱなしのそのYou Tube


_____ Happy Birthday to you . . . . .


俺は、流れる曲を静かに聴いていた。


  ...but are you sure if the date is true
  But are you really sure if the date is true

 “ その誕生日は、本当の日? 本当に本当に確かめた? ”

  Maybe they ain’t your real parents and they lie your existence
  Maybe you are orphan they just found by the fence
  Maybe you are stolen baby, or…
  Load have mercy

 “ その両親は本当の両親じゃないその人が、嘘を付いているだけ
  フェンスのところに置かれた 君は孤児かもしれないよ
  それとも盗まれた赤ちゃんだった? じゃぁ・・・

  神様がご慈悲を君に向けてくれたかな?・・・ ”



だから、キョーコの誕生日がクリスマスだって事...

クリスマスの贈り物 神様が生まれたその日に誕生した授かりもの
不破の両親が彼女を慰めようとつけたイメージみたいに、聴こえてしまっていた。


  I doubt this mother had you
  Maybe you are an adopted child
  if you go confront your mama she could just deny


 “ 受け渡された子で 自分が引っかかるのはね...
   お母さんと向かい合えば、お母さんは黙り込んじゃうから。 ”


  I hope you didn’t mind,
  Am I too rude, I am your best friend
  So I’m concerned how facts can be construed…


 “ まぁ、気にしないで。 自分の考えすぎ?
   俺は、君の大切な友達だよ
   君の誕生日なんて、何が本当かなんてこれ以上詮索しないし... ”



( ・・・はい? )


こんなの、確かにキョーコが聴いたら・・・?

自分には一応、まぁ浮気相手として、お父さんが誰か分からないというような、お母さんの数人との浮気シチュエーションジョークを考える事は出来るかもしれないけれど 

自分には両親がそろって 愛してくれる。
その愛がウザイ程・・・


その自分にはきっとこの歌に感じなくても、親の事に引っかかって子供の頃から過ごしてきた彼女を考えたら、彼女には、どう 聞こえてしまうんだろう

その子供の頃をよく知る不破には、きっと・・・・


このテディベアが歌う曲に

これを、久遠か蓮が言っていると彼女に思われたら・・・と・・・



“ 魔法を掛けてくれた妖精を信じている彼女、今その妖精は恋人。” 
  
“ それとも夢を追う背中を押す、先輩は恋人。”



不破はそんな風にきっと 彼女にとっての俺達の事を考えてくれ

自分の世間体を無視してまで、削除しようとしてくれた事。



彼女の気持ちだけでなく

俺・・・ 敦賀蓮に対しても 久遠ヒズリに対しても

勘違いをした自分のファンが、俺に迷惑をかけない様にと、考えてくれた事もあるのか

主題歌を担当した、ドラマの成功か・・・

京子にも不破自身にも・・・



そうも思えても、それは久遠には関係ない事。


俺達の事を考えてくれた事だと思えて成らない不破には


1つの心から、本当に感謝する  . . . ________




Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 06.2015
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray