• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams - 3

Category : Story-I of LDs
_______________ そして、数ヶ月。


蓮もキョーコも普通の生活をし、普通にこなしていた。
キョ-コは、Love never defaulted の試写会に呼ばれていた。
久遠が日本に居ないのもあってか、何時に無く緊張していた。舞台挨拶は初めてである。

(こういう席にはいつも敦賀さんが隣でフォローしてくれてたな。そうそう、Dark Moonのパーティの時のインタビューとかもね。)

ドムッとキョーコは胸を叩き、

う~、ヨシ!敦賀さん、見てて~!私、あなたの様には無理かもしれないけれど、今まで教えられた通りにがんばってみますから!
大丈夫!最上キョーコは敦賀さんのように、久遠、あなたの分まで、がんばりマス。
後輩は先輩に任せなさい! ムン!気合を入れた

そう思い、久遠にもらったイヤリングを着けた。


映画の撮影感想、久遠ヒズリが不在な事、同じ事務所に所属なので応援してほしい旨など、を手短に挨拶し、いよいよ、試写がはじまった。
撮影中のモニターチェックや、編集の最中の物を見たことはあったが、完成作は初めてである。

指定席と書かれ白いカバーの掛けられた席に、共演者たちと並んで席に着くと、隣の席が空いていた。

(そっか、久遠のための席だったんだね。この席。)

そう思いながら、隣の席をさする。
劇場が暗くなってくると、ざわめきも消え、静寂の中、映画は始まった。
画面のなかの自分と久遠に、撮影中の思い出を重ねて見入っていると、隣の席に大きな人影が
座った。
その嗅いだことのある、いい香りに眼を移すと、にっこり微笑む久遠が居た。

しーっ。

久遠は携帯を取り出すと、ポチポチと携帯の画面に打って、キョーコにみせた。

遅れたけど、なんとか間に合ったよ。よかった。
飛行機が遅れてね。今、空港からまっすぐ来たんだ。

(本当は、前の撮影が思ったより伸びて、髪を染め直すのにも時間がかかったし、移動中渋滞にも巻き込まれてね。)そう心で呟く。


キョーコも携帯を取り出し、ポチポチ打つ。

お帰り、コーン。嬉しい!でも、ビックリした!

キョーコの携帯にゆれるハートのキーチェーンに、ふふふ。と久遠は笑顔で、

サプライズでした。

と、打ち返した。
とたんに、久遠はキョーコの耳元に寄り、


イヤリング、似合ってるね。
すごく、綺麗だ。キョーコちゃん。


と、囁いて、その耳元に音を立てないようにキスをした。
久遠は片手で、キーチェーンを握り締めて、ありがとう。と心の中で思う。

(もう!さすがアメリカ人。人前でも平気でするのね。)

などと、思っていると、今度はひざの上に置いていた手を、ぎゅっと握られた。

キョーコも久遠が握ってきた手を受け入れるように、そっと片手を久遠の手に繋いだ。
お互いの指と指をからませるような容で手を握り合い、映画に視線を移した。

映画の中の自分達を観ていると、撮影中の感情が戻ってきた。それは、たぶんお互いに。
時折、緩んだり強く握られたりを繰り返される久遠の手。そして、その握られた手に、近すぎる久遠の香りに、あぁ、私この人がやっぱり好きなんだ。と、実感する。

ストーリーは当たり前だけど知っている。けれど効果音や、BGM、CGなども併せ、ものすごい恥ずかしくなるほどの純愛っぷりが披露されていた。

ふと、後ろを振り返ると、画面に食い入る前屈みな者、ぼーっと赤く染まる者、肩を寄せ合うカップルやら、思い思いそれぞれの人がそれぞれの表情で映画に魅入ってくれている。

久遠もキョーコと同じように後ろをそっと振り返って見ている。

久遠は反対の手で携帯を取り出し、また打ち始めた。

見て見て!よかったね。寝ている人がいないみたいだね。
寝てる人がいたら、起こしに行こうかと思ってたとこ。
でも、自分でもいい映画だって、思ってる・・・。
特にキョーコが可愛いからね。みんな、キョーコに魅入っているみたいだね。

キョーコも携帯で、

久遠の方がかっこいいよ。みんな久遠の事を見てるのよ。

と、打ち返した。


ふふっ。
ありがとう。


耳元に久遠の声、そして、ほほに音を立てないようにされたキス。

見ているのか、いないのか、久遠が気になって、映画の方がオザナリになってしまっている
キョーコだったが、綺麗な映像に綺麗な音楽が合わさって、自分でもいつの間にか感動して、涙が溢れていた。

それを見た久遠は、そっと自分の肩に近い胸にキョーコの頭を抱き寄せた。

視線は映画に向けたままだったが、キョーコは、

(あの日あの時、久遠のこの胸に抱き寄せられて眠ったな・・・こんな風に。)
と思っていると、突然、明け方なんとなく目を覚ましたキョーコの見た、蓮の寝顔がフラッシュバックしてきた。ボボボっ、と急に頬を染める。

(あれは、久遠を見間違えただけか、夢だったのよ。)

そう自分に言い聞かせて、久遠の顔をそっと見上げる。
思っていたよりもあまりに近い久遠の顔は、映画を真っ直ぐ見つめていた。その表情に、キュンと、胸が締め付けられた。
映画の中の二人がキスを重ねて、恋が愛にと実感する場面だった。ただ純粋な愛で、そして深く成りゆくキスに、涙が溢れて止まらない者が出てくると、ガサガサとハンカチやティッシュを探す音があちこちから聞こえてきた。ハンカチやティッシュで殆どの人が目を隠す様に。涙を拭く者、そのまま目を被い泣き出す者。

そんな音の中、暗い映画館の劇場には、目の前のスクリーン以外、光を放つものの無い空間。その中で、彼の肩から久遠の顔を見上げていると、その瞬間、久遠の唇が唇に触れてきた。音を立てないように。
啄ばむ様なキスは一度だけで、もう一度目が遭うと、次の瞬間には短いけれど深いキスが降ってきた。

大丈夫。誰も見てないよ。

そう囁かれ、久遠は胸にキョーコを抱き寄せた。

久遠とキョーコの真後ろに座っていた、監督ならびにプロデューサーたちは、突然目の前で始まったリアルラブシーンに、画面と二人とを見比べるも、全く同じ光景に、次もこの二人で撮りたいな。と、思うのである。それに、映画館で携帯をポチポチ打ってする会話も使えるかもな。などと盗み見していたのである。

ラストシーンはモノトーンに変わり、色の無い白い世界に包まれていた。


映画が終わり、エンドロールになる。
ラストシーンのBGMが流れ続ける中で、セピア色の画面に変わる。それは、この映画が永遠にあなたの思い出の中のアルバムに刻まれますように。と、監督が願いを込めた演出だった。
そこには、ふわっと微笑む久遠のアップが映し出され、久遠ヒズリの文字と共に、消える。

(ん?今の表情、なんかどこかの誰かさんと似てた様な気がするのは、私だけ?)

そう思って後ろを振り返るも、誰も、あれ?って、顔はしていなかった。
それは、蓮もクーも時折キョーコにだけに見せる愛しい者に向けるプライベートの笑顔だった。

(はいぃ?監督、何時の間にこんな画を撮ったんだ?)
と、久遠は思う。

キョーコは画面に視線を戻すと、自分のアップと共に、京子の文字。

(やだ~。恥ずかしいぃぃ~。)
それは、無自覚のキューティハニースマイルだった。

(全く!コレも!いつ君は撮られたんだ。)
そう思った久遠は一瞬、頬を染めて画面の中の京子に微笑むと、後ろを振り返って、急にムッ。っとした。

画面のキューティーハニースマイルに、頬を染め釘付けになった男を見つけた為である。
それも、何人も。
そして監督にも、一瞬、不機嫌を現わに睨んだ。

(この表情は、俺だけのモノなのに!)
久遠はキョーコを抱き寄せていた手に一度力を込め、キョーコの頭にちゅっと、した。そして、キョーコを自分の胸の中からゆっくりと離した。


もうそろそろ、明るくなるからね。


そう囁いて。

エンドロールも終ると、会場が明るくなる前に、久遠にスポットライトが当てられた。
マイクを差し出すスタッフに促されて立ち上がる。

キョーコの目に留まった久遠の姿は、アルマンディのスーツに身を固めた、いつもよりも大人びた久遠であった。アルマンディのスーツは、蓮なら選ばないであろう、夜から朝に明ける様な深い黒のような紺色が遥か向こうからの朝日がぼんやりとその深紺を薄めていくような色。
夜が朝に変わる夜明けの空の色、その色に、秘めた過去から、これから明けて行く自分の未来を。という思いを込めていた。そしてその色は、日本人の黒髪に、敦賀蓮にはとても似合わない色である。薄いパステルブルーのシャツのボタンを3つ開けて、襟を出している。蓮ならネクタイを併せているだろう。左耳にはクーと同じようにダイヤのピアスをしている。まさに、誰もがクー・ジュニアと思う、いでたちであった。

こんにちは。じゃなくて、こんばんは。ですね。
日本の皆さん、初めまして、久遠ヒズリです。
今日は、Love、 never、 defaulted の試写に、来てくれて、どうも、ありがとう。

一言一言、言葉を区切るように、はっきりと言う姿は、蓮にはないものであった。

(敦賀さんなら、お忙しい中、足を運んでくださり感謝で一杯です。心よりお礼申し上げます。
などと、言うかな?)と、思いながらキョーコは聞いていた。


日本で、デビューのきっかけを与えてくれた、事務所のボス、並びに、素敵な映画をこの世に送り出してくれた監督、その映画に主演をさせてもらえた事に、多くのスタッフに感謝を申し上げます。そして恵まれた環境で、心優しいキャストの皆様、本当にありがとうございました。


(あれ?なんだかさっきとは違って流暢な日本語になったわね?でもやっぱり、ボス、だしね。ふふっ)
なんて、のんきに気が抜けていると、


そして、僕の相手役、キョーコ。


と、突然自分に向けられた言葉に、ビクッ。とする。


キョーコと、この映画に、出逢えた人生に、心より感謝、しています。
どうも、ありがとう。キョーコ。


と、クーの様にウインクまでする。

(やっぱり、こういうとこ親子でアメリカ人よね。敦賀さんなら絶対にないわ。)


今日は、本当に、ありがとう。
これからも、どうか、応援、してくださいね?

じゃぁね~。と、観客に手を振り、投げキッスまで返す。

(紳士な敦賀さんなら、今のも絶っ対!ありえないわね。あんな気軽に。)

それと共に、キャストはスタッフに促され立ち上がり振り返り、皆で揃って一礼すると、キャスト全員に花束が渡された。もう一度揃って礼をし退場した。久遠は手を振りながら笑顔を振り撒いて、退場していった。

そこにいたのは、セバスチャンだった。
最上様、ヒズリ様、お荷物は車に積んでありますので、そのままお急ぎください。

二人は、スタッフやキャストに挨拶をして、急いで車に乗り込んだ。観客の退場を避ける為である。もちろん他のキャストも楽屋に寄らず、急いで会場を後にした。

セバスチャンの運転するロンドンのタクシーでもあるオースティンは、ソファの様な後部座席の前に向かい合って椅子があり、運転手とは離れている上、運転席と座席の間には上げ下げできるシールドがある。セバスチャンは、シールドを閉めた。
後部座席は、二人きりである。
キョーコは向かい合って座っていたが、久遠は横の席をポンポンとたたいて、こっちに座って。と、無言でアピールする。
履きなれないヒールの高いミュールに、安全運転ながらも動いている車に、キョーコはぐらついた。長い腕の持ち主は、とっさにキョーコの腰に手を回し抱き寄せた。


キョーコちゃん、逢いたかった。


耳元で囁かれ、久遠は片腕をキョーコのひざの後ろに滑り込ませると、軽々と持ち上げてそのまま自分のひざの上にキョーコを座らせる。

見つめ合い、そして二人は無言で唇を何度も長く深く重ねる。

ふと、久遠の唇が離れて、吐息が唇に触れる近さのまま、額と額を付けて、久遠は親指でキョーコの唇をなぞる。


キョーコちゃん、キス、上手くなったね。
誰に教えてもらったの?
敦賀さん?


(まったく!この人は、恥ずかしげも無く、よく言えるわよね。)


ち、違う。敦賀さんにはまだ、何も・・・。


キョーコは久遠の胸に手を置き、押し離そうとするも、強い力で抱きしめられたまま。


まだ、何も、されて、無い?ってこと?

ボボッっと赤くなるも、


そうじゃなくて、何も、言ってない。って事。


じゃぁ、敦賀さんには、の、には。の意味は?
他の誰かってこと?


私が経験したのは、久遠、あなただけ。

そう言って、上目使いで久遠を見つめる。


・・・キョーコ。大好きだよ。

そう言って、久遠はさらに力をこめて抱き寄せ、また唇を重ねる。

(敦賀蓮の俺にも、キョーコは、もうあげない。だからいじわる言って、ごめんね。
本当は、知ってるのに。もう、蓮の俺にも、君の気持ちを言わないで。久遠だけのキョーコで居て欲しい――。)

と思いながら、優しく深いキスを幾度も何度もする。

ふと、久遠はなにやら思いついた。キスの最中に。

(やっぱりもう少し、いじわるしようかな? 君に、そして蓮に。
今はまだピンクでいて、ピンクの君を楽しんでって思うし、蓮で居る時の俺にも、久遠と同じように楽しませて欲しいからね。ん~、どうしようかなぁ?)

そんな事を考えていると、頬が緩む。


着いた先は、ホテルだった。





.
Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 10.2013
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray