• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Furious of Love Dreams n.425

Category : Story- F of LDs



・・・・・とある、テレビ局の会議室に居た。


それは1週間前の事。

_____ 第5話、この後スグ~っ!

って、敦賀君と番宣したんだから、間違いない。




 『 えっ!俺がメインパーソナリティですか? 』


このオファーを貰ったのは、少し前の事だった。
理想の男のクランクアップの日。
敦賀君が帰った後の事、帰りの車の中、頂いたひまわりの花束を抱きながら、ウトウトもコクコクもしかけながらだった。


_____ もちろん、いいよね。


そう、マネージャーは後ろに座っていた俺に問いかけつつ
ルームミラーに写る自分が、コクコクしていたのでか・・


_____ じゃぁ、スケジュールは決まり次第ね。


とな、勝手に進む話でも、 あぁ~・・いいですよ~・・・と、言葉にならずの一応ゴキゲンのこの状態そのまま、かなりご機嫌な乗り気オファー。


でも、それは・・・

ただ今居る、会議室。このオファーの事ではない。



数日ぶりに敦賀君に会った、取材の後の・・・

“ ぶらぶらしない・・・ スペシャル ”

そんなフザケタ名前の番組に、久遠ヒズリが来日しない為との俺にとってはフザケタ押し出し出演の生。
意外と楽しかった、敦賀君とのバラエティでのコンビ。

でも敦賀君と京子ちゃんがサッサカ お姫様ダッコで帰っちゃった後

・・・残されたのは俺とホボ初対面の不破。

酔っ払わせておいた、面倒くさいお笑いトリオが来ないうちに、さっさと帰りたいと・・・




 『 ・・・フッ。 』

 『 はぁ?なんで笑ってんだよ。 』


不破のガキと話す事も無いので、抱かれたい男の載っている雑誌を見ながら思っていた。


 『 あれ? 不破君?
   帰らないの?マネージャーは? 』


俺のマネージャーも来なけりゃ、不破の奴のお綺麗なマネージャーも来ない。

ん~~・・・ そーだな・・・そんな事を言いつつ不破のマネージャーの車は、目の前。
雑誌を閉じて、不破のマネージャーに返そうと、不破と一緒に歩いて行った。


________ コンコン


俺のマネージャーと交換したいぐらい、不破の綺麗なマネージャー。
運転席で窓を閉じたまま、タブレットを見ながら、携帯で何か話している。


 『 なんか、オファー? 』

 『 ん~・・・それっぽいな・・・』


不破の奴は、免許教習のテキストで窓を軽くノックしていた。
マネージャーは両手がふさがっている為、こちらを向いていたけれど、話し中。

手を上げて、ちょっと待って。と不破に合図してるけれど、抱かれたい男の雑誌を持っている自分を見ると会釈しながら、もう一度チラッと不破に視線だけ向けていた。


・・・なので


 『 あぁ。仕事のオファーじゃん?
   受けるかどうか、決めかねているけど・・・』
   

たぶんマネージャーは、忙しい不破に受けたいかどうか直接話がしたいんだと思い、でも関係ない俺が一緒に居るから、きっと言い出せないで居るんだと察知した。


 『 じゃぁ、これさ。
   返しといて。 ありがとう 』


マネージャーの物である 抱かれたい男の載っている雑誌を、不破に差し出した。

不破は俺を下から覗き込んで、胸から顔までゆっくり視線を上げた。


 『 なぁ・・・どのページ見て、笑った? 』


 『 いや・・・ 別に? 
   ・・ってかさ・・・』


・・・ま、俺よりちょっと背が低いので、下から見る事は仕方ないとして


 『 なぁ。俺さ、芸能界では かなり先輩だから、
   言うけど・・・?

   お前、言葉遣いと態度。気をつけろ。 』


不破のこんの~ぉヤローがすかしている態度は、何気なく自然に出るものだとしたら、気をつけたほうがいいと思えるほど、敵を作りそうだと考えての事。

ま~ぁったく、自分が気に入らなかったから。 って、ワケじゃない・・・。

って、言ったら、嘘になるかも。こんの~ぉ、ヤロー。



まぁいい。そう思いつつ、携帯を出してマネージャーに電話を掛けてみたが・・・話し中。

こちらも、大事な用なのかと考えて、駐車場の中をキョロキョロしていた。
俺は敦賀君の車で来て、マネージャーの車はそのすぐ側だった。なにせ、衣装を出そうと思って寄っていったから覚えている。
敦賀君とキョーコちゃんが去る前に、マネージャーの車が見当たらなかった事は確かだった。

どこに行ったんだ?

そうは、思ってもテレビ局にきたら、マネージャーは以外に忙しい。
な~んだかんだ挨拶回りに行ったり来たり、ペコペコしている。そのペコペコお返しに・・・
プロデューサーや監督はオファーをくれたりするので、ペコペコしまくるワリには腹筋は使っておらず、メタボまっしぐらである。


それとは真逆の、鉄板の様な腹筋。


抱かれたい男の雑誌を見て、思わず笑っちゃったのは・・・

幸せそうな、すっげ~スタイルの半裸の敦賀君。


ルージュの優しいキスマークだらけの体に、女物のジュエリー。

  “ とっても、愛に満たされた ”

そんなイメージ湧く、抱かれたい。ってか、抱いた後の様。


その後の久遠くんも・・・

生 ナマ なま 生 ナマナマしい・・・ 本物?ってな、吸われちゃったキスマーク。 
冷たく見下ろすあの表情に、お姉さんに甚振られたとも、年下のティーンネイジャーと欲望の塊のごとくヤリまくりました。ってな両極端に思わせて・・・


 心から 愛を互いに感じ合ったその先。 愛してます だから抱く。の敦賀君に

 身体の快感を 最高潮まで求めちゃった結果 足りません。ってな久遠クン。


この2人が・・・


 “ 心か ” それとも “ 体か ”


そんな両極端な二人のイメージが、女の子の好みで二分したような気がして、笑っちゃっていた。


( ま、1位だから、 心 ってとこか? )

体の欲求よりも、愛を感じたくてするってコが多かった。
ってな結果発表に、抱かれたいのが誰だろうと関係なく、女の子の一般的な、どうしたらしたいか?ってのが判った。 

・・・ってのが俺流の、この雑誌の見方。



別に、敦賀君に久遠クンに、不破に俺。 誰が誰だろうと関係ない。

だって、男だって・・・ 女の子のタイプ & 好みが必ずある。

誰を恋人にしたいかとか?そんな事・・・ 自分の好みに決まっている。
男のランクにも同じといえる事なので、別にこの順位は、Hが上手そう。とかってな問題じゃないと思うしね。


話し中で割り込みしても、出てくれない携帯画面を見ていた。

思い出しちゃった・・・ 

キョーコちゃんの柔らかい・・ 感じてる声。


思わず な~んも写ってない画面を見たまま止まっていた。



________ ブロロ・・・


 『 ごめん、ごめん。遅くなった。 』


立っていた俺に横付けしてきたマネージャーに、窓を開けて声を掛けられて、後ろのドアを開けようと携帯をしまいながらドアに手を掛けたら・・・



_____ えぇぇ~~!っっ


そぉ~んな、美声・・・声量たっぷりさすが歌手。

おいおい、声が枯れたらどうする。なんて余計な心配しても、自分もエレベーターで敦賀君に注意された身分。

何の驚きで、不破が雄叫んだんだかは、きっと仕事のオファーを聞いての驚きだろうと・・・

とても大きな仕事のオファーだったのかな?と

くすっと笑いつつ、がんばれよ・・若造。と心で思っていた。 

時・・・



_____ ぅぅおぉぉ~~~!っっ


それとは違うところで、違う声が響いていた駐車場。


がんばれ~!りーら~ 
うぃぃぃ~~~すぅっうぅ~~・・ ぎゃんばり、まぁひゅ~~・・・
ぎゃははは~~~・・! いや~~・・僕ら だじょぉぉ~~

ど~も。 
ど~も。 
どぉ~もぉぉ~~ぉ・・・


たぶん、警備員にも、3人で挨拶している酔っ払い。
これはまさに、酔わせたトリオ。とうとう辿りついたんかい、って思ったので、さっと車に乗り込んだ。




その時の・・・・

なんで、このトリオが出てくるのが遅かったのか。



俺は今、そのトリオの番組の打ち合わせに来ていた。









Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 25.2015
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray