• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Furious of Love Dreams n.424

Category : Story- F of LDs

抱きあったまま眠っていて 


いつの間にかお互いの腕に力も抜けて


夢を見た後のまどろみのなか


バラの香りの君の胸に 唇を寄せて



________ ちゅっ・・・



小さく音を立てて付けた薄い自分の跡


「 うふふっ・・・」


ちいさな笑みが聞こえて、くすぐったかったかな?と思いながら微笑んだら、肩に回されていた腕が動いて、その場所を指先で掻いていた。

プリンセス・ローザをしていたら、隠れて見えない首下
そこは、久遠が初めて・・・ いや、自分が初めて付けた、自分の跡。それと、全く同じ様に・・・


君の胸を掻く手をそっと掴み もう一度肩に回させ・・・

頭にキスを落とし、頬に唇で触れ、目を閉じてバラの香りを吸った。



「 I love you . . .
  ・・・ ん・・・」


肩の上に置いた腕に抱きしめられて、耳元で言われる寝言に・・・


 くおん でも・・・

 れん でも・・・


どちらの俺が、君の夢の中にいるのだろう

ただ、無意識に愛していると言ってくれる言葉が嬉しかった。

だから・・・



敦賀蓮を君が選んで婚約し、久遠ヒズリだとその婚約者が表明し


・・・愛して


愛を向けた人が、その場から居なくなる。

君が愛を向ける人は、みな・・・ 君の元を去って・・・

自分がしようとしていた事は、同じ事。


どんなに君の傍にいつも居ても、変わらず愛を向けたとしても

君はきっと・・・

自分に心を閉ざして、自分の下から自ら去っていくかもしれない。




 “ 蓮さ・・・ どこかに行くの? 

   どこにも行かないよね・・・”




君がコンビニの散歩で、自分に聞いてきた。
手をつないで、イヤホンを片方ずつ同じ曲を聴いていた時、急に立ち止まり、腕にしがみついた手が冷たくなっていて・・・



 “ 分からない でも、急に、蓮には・・・ 

   いつか、逢えなくなるような、気がして・・・”



自分は久遠としての住む場所を少し見て歩きたいと考えていた時、第6感が働いたとしか言いようのない君を思い出す。

もしも、君の前から 敦賀蓮が消えたとしたら・・・

愛していた という事に、君も自分も気づいても・・・
自分の愛を向ける事を、同じ本人でも向けたら、あの時聴いていた You’re with me



_____ 永い時を越えて、出逢えた喜びは

   どんな事だって、乗り越えてゆける思いさ

   君の心の傷 僕が光に変えてゆく



自分がそう考えていても・・・



_____ どんな永い時も、どんな暗い闇も きっと終わるだろう 

   今ならそう信じられる・・・

   僕の心の闇 いつか光に変わってく

   今君が傍に 居るから・・・



こっち・・・ 自分の事か考えていなかったと、思いながら抱きしめた。

自分にとって 初めての友達 の君

とてもとても大切な想いが、いつの日にか恋に変わっていて
恋だと教えられた 甘く焦がされる心を感じる時は、いつも君が思い浮かぶ。

自分にとって 君は・・・ 初めての恋の人 


お互いが愛を感じあえる、初めての愛を探しているこの時には
まだ心の準備が幼すぎて・・・


 “ 白い心に成ってないまま、結ばれたら

   何色にも、その先変ることは、難しい・・・”


永久に永遠の愛を なんて ありきたりの婚約の言葉にも、ロジカルに意味を教えてくれた人。

黒が真実と受け止めて、幾千の星の瞬くBlack Sky 闇の空より
幾千の時を越えて出逢えた運命だと思えるほどの想いに胸焦がされる感情が 君にだけ

黒い携帯電話に贈った 黒いカバーの昨日
星空が創り上げた星座の中に現れる 送信者の名前

その時の メール・・・


 “ 幾千の夜の夢を・・・ 一つの愛に咲かせ・・・”


Mr. D. . . . .

DEICA 泥蓮の一目惚れした 不死蝶

無色透明の羽が生えた瞬間を見た 蝶 の君



言葉が・・・



 “ 君への愛を・・・この曲 Love Dreams と共に伝えたい ”



自分の選んだ言葉は、永久に永遠の愛をではなく 一つの愛に夢を咲かせてと その一(始まり)

まだ、始まったばかりだと 君に何度も言っている自分が消えたら、君はどうしていただろう。


ふりだしに戻るだけなら・・・ まだ、いい . . .________


自分が思っていたスタートが、君にもスタートになるかとは違う。
君がスタートにしてくれる事を、ただ自分が願っていただけ・・・



きっと自分の心の引っ掛かりに

不破の歌に言葉が、沁みただけ・・・



そう思うと、アイツが恋にはとても不器用な奴なのかと、思えていた。

好きな人の前で、素直に成れないのは・・・

誰もが同じなのかもしれない。

男ってそんなものかもしれないと、自分にも思う。


見た夢が・・・

自分が隠す本当の意味を、どう君が感じているかと試した様に、自分を試しているようだった。 


思い返す事ができる・・・ 夢の中の言葉



_____ 赤にピンクに色が変わる夕日の中に


赤いバラが愛の花だと誰が言ったのだろう・・・
赤いバラをお互いに宿命に持つ君と自分

愛を拒んで鬱陶しく感じる者が、持っている 

偽りの愛が恋に変わるのは、見つめる未来の消える前で・・・



_____ 蒼い魔法を掛けると・・・


蒼い空が 青紫に染まり 光に透かして変わるその色が先に訪れる


蒼い魔法はこの2人だけの心の中に刻み込まれていて
それを信じている自分たちには、それは本当に思えるぐらいの魔法

魔法を掛けられたら、色が変わる

でも見つめているのは、その先の光

光に透かさないと変わらない・・・

自分を見つめないと、何も変わらないって それが本当の意味に・・・



_____ 魔法の解けた後、訪れるのは・・・


その魔法の時間が終わりを告げる時



_____ 漆黒の夜


黒の真実の時間に自分を置いて

現実を生きる事に新たな志を育む事ができればいい



漆黒の夜の中に浮かぶ名前。
君に言葉を送る度に現れる、カバーの星座

魔法の言葉でもなんでもない・・・

1人の自分からの心達より...________




「 I love you . . . Kyoko 」


頬に唇を付けたまま囁かれた、君の寝言に同じ様に愛を返したくて

抱きしめていた腕を緩めて、起き上がった。
ベッドの上に、脱がされたままポイっとされたTシャツを、星明りの中に見つけると、袖を通した。
髪をかき上げて君に視線を落とすと、肩を抱いてくれていた腕が、枕を掴んで抱きしめていた。


「 白の・・ 香り・・・
  だいすき・だ ・・よ・・・」


ふふ・・・


頭を撫でながら寝言に話しかけて


「 俺も白い香り、大好きかな・・」


君から香る白・・・

Splendor 輝ける人 の夢も
True Love Eternity 永遠の真実の愛も


その両方に目を向けてくれる君が、大好き


バスルームに行こうと思い、そっとベッドを後にした。


_____ カタッ・・・


鏡の前でコンタクトを外したら、水で顔を洗った。
濡れたまま鏡を見つめていて、鏡に映る自分を見ていた。

もう一度コンタクトを入れようと、自分を見つめたまま手を伸ばしたけれど・・・

コンタクトのケースを閉じた。


顔を拭いて、バスルームの明かりを消すと、そのまま
ブラインドを開けたままの、星明りの部屋に足を向けた。

クローゼットで・・・

君に着せようと、Tシャツか頭を通さないパジャマか・・・どうしようかな?と考えていたら、思い出した。
最近開けるようになった、色んなものが押し込んである引き出しがある。

クーが送ってきた物ばかりが入っている、その引き出しを開けると子供のころに見たクーの映画や子供のころの写真。
そして・・・

手に取ったのは、自分の初めての友達



同じ熊


君に言ったね・・・

久遠も蓮も光の先に写る その黒い影は同じ熊


同じ熊


Chuehonnの子供の頃の写真も、Renの子供の頃の写真も、ブログの中に入れたのは自分の写真。
両親が1人息子を見せる時、誘拐防止の為の人に見せていた、顔を映さない写真。

でも、持っているのは、同じテディベア・・・


そのテディベアだけを持って、君の眠るベッドに向かった。

ベッドサイドの引き出しに手を伸ばすと、
枕をいつの間にか、ポイッとしたらしい・・・

傍に俺の枕が落ちていた。

大好きは、どこへ・・・と思いつつも、枕を拾いつつ、引き出しの中から思い出したものを取り出した。

フリフリとか付いていないシンプルな黒のシルク。
なのに・・ 気分が乗ってしまう・・・ 白いウエディング用のランジェリーと共に送られてきた、黒のそそられるヒモ系...いや、リボンのランジェリー。

いつか・・・

そんな企んでいた事も、とりあえず置いといて

君が自分からRed Doorの香りに、このランジェリーを選ぶなんて時がくるんだろうか?
そんな事を想像しつつ、袖も頭も通さなくてとても便利なキャミソールに、下も履かせてリボンを結ぶ。

白い肌が、星明りの夜の部屋にとても綺麗に見える。
黒いランジェリーに、黒いシーツの上で、とても綺麗に見えて思わず じーっと見つめてしまっていた。


このまま、抱いたら・・・


そうも思えど

( いや、止めておこう。着せたばかりだし・・・)

気持ちよく寝ている人をそんな、自分の欲求の都合で起こすのも可哀相、っていうか失礼だよな。そう思い直す。

胸の上にテディベアを乗せ、そーっと背中と膝に腕を通し、抱き上げた。

ピアノのベンチで俺の膝の上に寝ちゃった君を思い返す。
突然200円入っちゃったお姫様。ジュリエットの台詞は、ロミオと俺にとって違う意味でも、その言葉はとても嬉しい一番の言葉。

一緒にバラの香りに包まれて、そのお風呂の中で、胸がいっぱい ・・・って、抱きしめあった。
君の胸には、プリンセスローザが輝いたまま・・・


 What is in a name?
 That which we call a rose by any other word would smell as sweet.

 “ その甘い香りの物を、人はバラと呼ぶだけで、
   その物に名前など無くっても香りは変わりません。”


 Retain that dear perfection which he owes without title.

 “ あなたがその名でなくとも・・・
   あなたのその完璧な愛しいお姿に変わりありません。”




バラと人は呼ぶだけで、あの花自体に呼び名が違っても

何も その物自体は、変わらない・・・


そうだよね・・ キョーコ


自分もどんな名前でも、俺自身に変わりないと、君が思ってくれる時が来るまで・・・

時間が必要

もっと時間を掛けて、自分にも君にも何も心に動くものがなくなる程
心の深くから 愛することができる時が、その時かな・・・

久遠と抱きしめあう胸に、蓮からの贈り物を輝かせていた君が感じていたのは、自分の同じ1つの心だったのだろうか・・・

プリンセス・ローザを外して、今夜はもう蓮を思い出さないでと、久遠が思っていた。

あの後、バラの香りのままだった自分・・・

蓮を、君も自分も思い出さないようにって考えていた。

君がシャワーの後Red Doorに変わっていた、その新しい香りにふっとその時の状況に意識が返ったけれど・・・・
2人ともが君の心に居てほしいと願う、1人の自分がジュリエットの言葉に目覚めた時だった。

蓮のiPadと久遠のiPhoneを一緒に抱きしめさせて、ベッドルームに連れて行った。


半分の自分を君が嫌いになったら、自分は1人の存在になった時、君は自分から離れてしまうと思っているよ。不安を答えにしてしまう、君は子供の頃から・・同じ。

だから蓮は・・・

“ 好き過ぎて ” その後、選んで欲しいと 伝えた。

まだ2人ともがインスピレーションに感じたのは、同じシュガースィテックの色。
久遠で居た時のままだった。

少しずつ少しずつ 変わっていると感じていても
まだ何も変わっていなかったのが、本当のお互いの気持ち。

恋をしているだけで、幸せだと感じ・・・

ただそれだけなのかも。 

恋ってさ、きっときっとね・・・

永遠に愛を感じていられる未来の時になるまでの、練習。
そうだな、俺たちの言葉で言ったら、稽古中と言ったらいいかな・・・

心のお稽古中 なんだよね。


「 ずっと抱きしめててね。
  これからも、この俺を・・・ 」


これからも2人を ってあの時は思った。
どちらを選んでも、君が選ぶなら、どちらでもいいと思い始めたあの時

今日、君は・・・

敦賀蓮を選ぶ事はなかった 


同じLove Dreamsのピアノを聴いて


膝の上で君が眠ってしまったあの時も、俺が練習していたのは Love Dreamsだった。
この製作発表の時まで、練習してきた曲。

まだこれからもたくさん、君は聴く事になるね


「 くす。 ・・ごめん 」


抱き上げてゆらゆら揺れる感覚に、君はもっと深い眠りに落ちていた事を思い出す。
今は君の部屋になった、白い部屋。

初めての友達たち・・・

でもテディベアの方に、白い香りはする事無いからなのか

部屋のドアを開ける時、・・~ん・・・と言って首に抱きついていたから


「 お休み。キョーコ。 」


そう言って、頭を首元に埋める様に抱きしめた。

そっとベッドに下ろすと、テディベアをぎゅっと抱きしめ始めて スヤスヤ寝ているその顔・・・

瞼を手で隠し、ちゅっと音を立てて額にキスをした。


「 お休み。・・最上さん・・・」


君が選んだ “ 夢 ” に・・・
蓮も久遠も今はまだ選べないけれど、自分の夢を選ぶ事に気づいてくれた君に・・・


初めての大切な友達が、自分の初めての友達を抱きしめて

目が醒めた時・・・

どんな夢を見たか、明日の朝

テディベアのカプチーノを飲みながら、話してくれるといいかな。


( 枕と同じ様に、ポイっとするかもしれないけれどね・・・)


クスッ・・・

まぁ、それも、いいかな・・・




「 お休み、いい夢を・・・」 



翠の瞳のままにしたのは、君が選んだ人でいたいと思ったから。

君が選んだのは、夢

だから・・・ 君が選んだ 思い描く未来に、君の傍にいる人

愛しても、消える心配のない人だから・・・

どうか、俺を 愛して下さい _________





君の夢の中に・・・



まだ幻の、1人の本当の俺



君の夢の中に・・・



自分の初めての友達が、初めての友達を導いてくれます様に





自分の瞼を閉じながら、君の瞼に乗せていた手で頭を撫でたら、テディベアの頭も撫でながら



夢の中で・・・

本当の俺に、出逢って・・・



(・・・猛獣のごとく、襲われないでね。)


満月の傾いたこちらの部屋が明るくて、かなりそそるランジェリー姿がよく見える。

知らない間に、知らないランジェリーを着せられて、黒い部屋にいたはずが部屋も変わり・・・
抱きしめていたはずの俺が、見た事ない、しかもプレゼントじゃない古い熊に変わり・・・

目が覚めたら、何がなんだか分からないだろうと思うも


そのテディベアは、俺が一生どこまでも連れ、引越ししても結婚しても持っているかと思うと
君に持っていて欲しいと思う。

ベビーリングと同じ・・・


自分の命が産まれた瞬間から、同じ時に この手の中にあったもの

一生手放さないものは、君のぬくもりも・・・

その手の中に、俺と共に 永久に永遠にしていて欲しいと願っても

いいでしょうか...___________




そっと唇に、静かに囁いて

この願いが叶う様に 唇をそっと重ねた



目を閉じたまま、窓の外を見る事無く・・・ ただ・・・

1人の自分を見詰める切欠に心が向いた、ホテルの部屋で 

お休み、蓮 と心の中に言えた自分。

その時に見た、とても希な3つの流れ星を頭の中に甦らせていた。



きっと、今の言葉・・・

大切なものが同じ・・・

蓮も久遠も、隠したままでは言う事が出来ないこの言葉に

素直な心からの 本当のプロポーズの言葉 だったかもしれないと感じていた。



“ 愛しているから・・・ ”



愛って・・・


そんな一言だけで片付く気持ちではないと、心の深い場所から とても深く思えていた

今に・・・

恋をする事は、息が出来なくなるほど苦しいと、分かる様な気がして

心の奥が震え出した感覚が襲ってきても、この全身で感じたいとすら、心から 思う. . . . .









Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 25.2015
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray