• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Dear. Own and Our Remembrance for THE ONE Heart

Category : A birthday card
.






それは、自分の誕生日 __________

2月10日の事だった。





ふ―――・・・


________ カチャッ・・・


撮影が押して、12時過ぎに帰宅した夜中の事。

もう、真夜中の12時までの一日が終わっていた。



シンデレラの魔法は、解ける様に・・・

0時からの始まりは、夢の時間が終わった証。




ZERO 0 からのスタートに、始まる時間には・・・

魔法から醒めた夢の時間は消えて、現実が待っている。


その現実の始まりが来たと・・・

シンデレラを待っていた未来




現実は・・・


夢の時間の中に掛けられた魔法の力を

その魔法を、自ら生かして、自らが行動を起こした結果



夢が現実に成って

永遠に続く時間を、手に入れて



自分で夢の時間を創ったシンデレラの未来

魔法が掛けられていた、夢の時間が楽しかったと心に残るものであったなら



永久にその想いを忘れる事無く

永遠に続く夢の時の中に過ごす事を


希み続ける WISH の願い

目を向けて DESIRE  望み続ける

未来の時に HOPE 希望を想う


自分の未来が見えないのは・・・

これから、自分で創る

今はまだ、存在しない かたち無きもの



たった1つのそれだけに

大きさは皆それぞれが、様々で

たった1つのその時が訪れたと

自分で気付く事ができれば


自分の向かう先・・・

・・・未来を見る事は



希みに望みを重ねて

目を瞑り理想を描き 想う事も 

目を開けて理想を見詰め 思う事も



どんなに、自分の未来が楽しく 幸せであるかと願い 

そして、自分を向ける



シンデレラの魔法が解けた時間に

訪れる自分の本当の夜明けの時間


その場所で・・・・・





ふ―――・・・


________ カチャッ・・・


撮影が押して、12時過ぎに帰宅した夜中の事。
もう真夜中で、自分の誕生日一日が、日本では終わっていた。


「 ただいま 」

「 蓮、おかえりなさい 」


飛びついて来てくれた君と、ただいまのキスを重ねて玄関を上がった。


「 お誕生日 おめでとうございます 」


うふふっ と両腕を後ろで組んで微笑む君に・・・


「 12時、過ぎちゃいましたね。 」


その言葉に・・・


「 ありがとう・・・ 」


感謝の言葉が素直に言えた、自分の本当の誕生日の夜明けの時間。

本当に、ありがとうって・・・

心の中から思っていた、この時間に言ってくれた君に、自分の運命を君の時間の中にも流れていると感じて、本当に嬉しかった。



「 さっ、着替えてくる。 」


君の頭を、クシャクシャっと撫でて、微笑んだ。


廊下を歩いていたら・・・


ポケットの中で1つの携帯が震えていた。

君の背中に回していた手の中に、飛びついて来てくれた時に持っていた携帯電話が入っているって、知っていた。


エレベーターの中で開けた、Jewelからのバースディカード。



     “ Be Started ”


      our ONE love. . .



たった一言しか書かれていなくても、人生を自分で生きろと言っている自分の親。

新しくまた、未来の時が訪れる切れ目に・・・

私達のたった1つの愛へと・・・

DEICAの香りに敦賀蓮として生きる自分を、思わされていた。



そのカードと一緒に入れていたポケットの中で、震えた携帯は久遠の携帯だった。


携帯を取り出して、時計を外しながらメールを開くと・・・


「 ふふっ 」


キョーコからのメール。


Dear Chuehonn

Wishing your very bright the time, would come and see in the future with you on this your birthday
I am feeling happily to be happy to been happy about my heart since I felt my love in my heart with your love form your heart. . . . .

とても幸せだと感じるのは、貴方に出会えた喜びが心の中に続いている事

貴方に出会えた瞬間から、まだその時のまま、同じ様に幸せを感じています。

貴方の明るい未来の時に、私が一緒に居れる事を、このお誕生日に心から願っています





 

「 Thanx Kyoko 」



久遠へのお誕生日のメッセージは届いていたけれど、蓮として今日は同じスタジオにいても、京子から何も声も掛けられず、貰いもしていなかった。


「 う~~ん・・・」


黒い蓮の方の携帯には、キョーコからのメッセージも何も無い。



着替えてリビングに行っても特に・・・

何も無かった。



・・・・その 2月10日 __________




「 ねぇ、今夜・・・
 俺の部屋に、お泊りする? 」


こんな時間だったけれど、こんな時間に成ってしまったからこそ、一緒に食べたのは・・・

・・・オカユだった。


ふいに君の手から与えられた温もりに、君の事が好きだと・・・

自分の為に生きるのではなく、自分の為に命を失った友達の代わりに生きようと決めて
自分の心も感情も鎖してきた筈だった

その蓋の鍵が・・・


________ カチャッ


って音を立てて・・・・


心の中で、弾けたのを感じていた。



・・・そんな、お粥エピソードを、思い出してしまう。

食器をキッチンに一緒に持って行ったら、そこから始まった・・・_________



俺とキョーコの別居生活。







「 ねぇ、今夜・・・
  俺の部屋にお泊りする? 」


後ろから優しく抱きしめて、頬にキスをしたら
直ぐに振り返って、唇にキスをされて・・・

キスした事あるかって、聞いていたお粥エピを思い出していた。


「 ・・・ねぇ、蓮 」


唇をそっと離しながら、囁かれて


「 ん? ・・・なに 」


囁き返した唇を、君が指で撫でていた。

目を開けたら・・・

窓の外を見ている君が、目の前にいて

唇を撫でていた指がすっと離れて

抱きしめていた手の上に重ねられて・・・

腕を解かれた。



「 ごめん、今日はもう
 12時過ぎちゃったから・・・ 」


窓の外に、ライトの消えたタワーも橋も、街灯りにぼんやりと浮かんでいるだけ。


「 誕生日は、過ぎたから?
 ・・・そういうこと? 」


「 蓮のお誕生日は、もう昨日。
  でも、今は・・・・・ 」


嬉しくも悲しくも無いその横顔の見詰めている先が・・・

久遠のいる海と

久遠と過ごしたホテルが見えていた。



「 ・・・そう、分かった。 」


抱きしめていた腕を離して、窓に寄りブラインドを閉めた自分。

君に背を向けたまま、ゴクッと息を飲んで話し掛けた。


「 ねぇ、どうして・・・」


「 何が? 」


君の返事は、自分が今考えている事は、頭の中に浮かばなかった言葉だったのかもしれない。


「 ・・・じゃぁ、
 自分のマンションに・・・
 帰ればよかったんじゃない? 」


別にいつでも、帰ってくれても構わない。

本当の夫婦じゃない、俺達は・・・
ただ、演技の役作りの為に同棲しているだけ。

・・・そんな事を、言うつもりじゃなかったのに


フッと君の顔を見ないまま、部屋のドアに歩いて行った。


________ カチャッ


ドアを開け、君に背を向けたまま・・・


「 久遠に・・・
  誕生日のメール・・・」


振り返ったら君は、自分を見ていたけれど、泣きそうな顔をする事もなく

フッと俺から視線を外した。


「 うん、私はもうしたよ。
  久遠の親友・・・
 ・・・蓮も、今からしたら? 」
  

「 そのつもり・・・」


ドアを閉める事無く、自分の部屋にそのまま行った __________




心の中で・・・


久遠が、とても喜んでいた。


ホテルの見える窓のブラインドを下ろしたのは、自分のバスルーム。
お湯を溜めながら、溜めている間じゅう、鏡の中に自分に話しかけていた。


「 なぁ、久遠・・・」


コンタクトを外しながら


_____ ふふっ、何?蓮・・・


目を瞑ると、心の中の自分からの返事が聞こえていた。


「 うれしいだろ? 」


_____ うん、そうだね。
    キョーコは、俺の方が好きなんだって思った。


「 ・・・だよな。
  久遠、お前の彼女だし。 」


_____ そうだよ、蓮・・・
    忘れないで

    Youが、俺の彼女を寝取ったんだろ?


「 あぁ・・ そうだよ・・・」



________ キュッ


バスタブのお湯は半分で止めた。



嬉しいのに、悲しくて・・・

遣る瀬無い気持ちに、切なくて
嬉しい気持ちに、愛しくて



何だか分からない気持ちが心の中を占領していて、

好きなのに、もっと大事な人が心にいる、そのもっと大事な人なのに・・・

2人分の気持ちを持って生きなければならない、今に・・・

1つの心が痛かった。


鍵が弾けた音がした、あの時に・・・

もう一度新しく鍵を掛けていれば、こんな気持ちには成らなかった過去を
悔やんでいたけれど・・・

自分の見詰める自分の未来には、1人しか存在しない事を望む自分。

恋をする事に、苦しいって・・・

愛する事に、こんなにも心が痛くなるって、知らなかった。



それに・・・

ただ、今が苦しいだけで

人の為に代わりに生きようと、この1つしかない命を捧げたままであったら
こんな気持ちは生まれてこなかったと、後悔しても、後悔に悔やんでも、少しずつ違う久遠の気持ちも、蓮の気持ちも2人分の気持ちを想うそれは・・・

本当のただ、1人 THE ONEの自分。

たった1つの心・・・ THE ONE Heart


そのまま2月10日が過ぎたばかりの、故郷の時間で2月10日は始まったばかりの時間に
1人で目を瞑った。




________ それから、彼女とはバレンタインも関係なく・・・

他のキャストやスタッフや、ファンからのプレゼントにチョコレートの山を、楽屋で見ても
何も言う事なく、君は・・・

皆と同じ義理チョコを、ただ、1番最初にくれた _________


それぞれ別の部屋で過ごす事も、寝るときも別々で・・・
バレンタインの前の日は、彼女は自分のマンションに帰っていた。



そんな、1週間が過ぎた、今日・・・・・









the DOOR * mimi's SALOON





「 敦賀さん 」


「 ん? はい? 」


Dreamsの撮影現場。
スタジオ隅の休憩所で、俺はロールピアノで練習していて、京子はタブレットを見ていた時だった。


「 ん? どうした?
  ・・・蓮でいいよ、ここでは。 」


ん~・・・そうなんですけどね・・・

そういいながら、モジモジしている君の考えは、なんなんだ?と思っていると、今日の撮りは同じ時間に終わるのか?と、ピアノを練習していた俺に気付いて聞いてきた。


「 あぁ、たぶんそうじゃない? 」


「 うふふ~。そう、よかった。 」




なんだろな・・・

なんか・・・ “ 敦賀さん ”と改めて呼ばれた事にも、なんだろ?と考えていた。

別にこの1週間、喧嘩する事も無く、気まずい雰囲気になることも無く、ただ別々に普通に行動していただけだった。


久遠には・・・

I love youメールが毎日届き


蓮には・・・

I love youと傍で言ってくれて



別々に寝ても、その前に・・・

お互い肌が恋しくなれば、好きなだけ思いっきり、二人ともがお互いの身体を感じ合っていた。

自分も、久遠として身体を重ねたい日も、蓮として身体を重ねたい日も、2つの心が入り混じったままだったけれど、別にこれと言って嬉しい中に悲しくなったり、切ない中に愛しくなったりすること無く、1つの心が自分を占領していた・・・

1週間前の自分の誕生日から、心1つが大きく成り始めて、自分の感情に前向きに進める様に・・・

  “ Be started ”

Jewelからの言葉どおり・・・・ それに・・・

  “ Our ONE love ”

クーとジュリの1つの愛へ・・・ その言葉だけれど、自分には・・・



 久遠と蓮の、1つの愛を生きようと



心の中が向き合う方向に変わっていた。







日本時間、今日・・・


________ 2月19日 




夜中天辺まで、もう少しの時間・・・

一緒に帰宅する車の中で、早く、はやく~!と、せかす君が居て

なになに?テレビでも見たいの?と笑いながら、マンションに帰ってきた。



________ キンコーン・・・


エレベーターが着くと、手馴れた最上階への暗証番号を入れる君。

その番号は、12月25日の君の誕生日と、2月10日の自分の誕生日

大切な友達のお誕生日だった最初の設定。

ただ今は、もっと大切な人に成っていて・・・・・




________ キンコーン・・・


「 蓮 」


家のドアまでもう直ぐなのに、急に廊下で抱きつかれて・・・


「 どうした? もう、10歩も行けば玄関なのに? 」


君には、11歩のその場所で・・・

頬を両手で包まれてキスが欲しいと強請っている。



「 お誕生日、おめでとう 蓮・・・」


唇を重ねる前に囁かれて、どうし・・て・・・と重ねられた唇に、言葉を奪われて・・・


「 今日は、間に合った。 
  私だけの、蓮の2度目の誕生日。 」


そう言われて手を引かれて、ドアの方に向かった ________






だって・・・・


2月10日は、久遠も同じお誕生日。



それに、蓮には・・・

たくさんのたくさんの人が、貴方を想い

たくさんのたくさんのお祝いを、貴方に向ける



今日は・・・


私だけが、初めに覚えた

私だけの・・・


蓮の誕生日だから



2度目の誕生日の、この日は私だけが・・・


独り占めしてお祝いしてもいいよね __________





「 初めから、そのつもりだったの?・・・」




「 うん 」




手を引かれて、マンションのドアを開けた。







W hite night
H ope and desire
I cy desert
P olar night

B lack sky
D eep sea


・・・さぁ、ドアは _________


12時の天辺までに・・・・


seven doors - the DOOR*mimi's SALOON

BACK TO.......
the DOOR for Dear Own and Our Remembrance

Dear. my sweet . . .ONE




CONTINUED TO ...........

Dear the ONE


When the time has come...

Dear. Heart


the Other Door will be appeared here If thier Loves had been to THE ONE love
Has to.......?...............








Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 19.2015
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray