• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Furious of Love Dreams n.409

Category : Story- F of LDs
.



________ プッ・プッ


信号待ちの後ろの車にクラクションを鳴らされて、Me too の返事を待たずに唇を離し頬にちゅっとキスを残して前を向いた。

バックミラーで、ごめんね~。と微笑みながら手をあげて発進させると、ついでにその時見えた社さんは、スケジュール帳を凝視したままページをパラパラ捲っている。

はぁ~っと溜息が聞こえて・・・どうしました?と声を掛けた。


「 どうしました?何か問題がありました?レコーディング。 」

「 いや、それもだけど・・・」


止まった社さんの言葉と共に、すーぐ引っ掛かる赤信号。
今日は朝から、信号に毎回引っ掛かる日だな。早く出てきてよかったかも。
そんな事を思って止まっていた。


「 ん~、ロケスケジュールと・・・」


ブツクサ言う社さんに振り向いて・・・


「 誰のです? 」


京子もロケがアイツとある事の方をほのめかした。キョーコにはまだ自分のロケ・・・
俺が久遠としてのスケジュールの間、海外ロケだとは言っていなかった。

ドラマの撮影は、二人揃って休むのでちょうどいい。ともブツブツ言っている。

( ん~、まだキョーコに言ってないんだけど・・・)

言えずに居たのには訳がある。自分のマンションに戻って。って自分から言うのを躊躇っていた。


「 忙しいヤツだよな~。つくづく思うわ・・・はぁ~・・・」

と言われても・・・な。

自分でもそう思うんですよ。
特にただ今 二人分ですから。とは言えない身。キョーコと別々に寝る癖も最近付け始めなくてはと、プライベートも色々忙しいですよ。・・・なんて、言ってしまいたい。


「 8月の最後のオファーさ、もう少し検討するからな。蓮。 」

それでいいかと聞かれて、それしかないのでしたら・・・と微笑んで前を向くと信号が変わった。もう信号に引っ掛かりたくないので、ちょっと急いで発進させた。



__________ 俺は・・・

不破とも・・・一緒に仕事してみたいとも、思い始めていた。


アイツもどうにか、してやろう・・・スケジュールの都合が付くなら、アイツのライブにだって出る事は何てこと無い。逆に・・・

楽しみだ。

まずこのオファーの話を聞いたのは久遠に。敦賀蓮にも同じオファーが合ったと、社長から社さんからよりも先に聞かされていた。
でも二人揃ってはどう考えても無理なので、久遠ヒズリは日本に居ない事にして断ってもらっていた。


・・・キョーコに書いていると思っていた曲の数々。

キョーコへの懺悔と後悔がたくさん込められた今までの曲を俺達2人・・・もうすでにアイツはキョーコの二人の飼い主として知っている俺達二人に同時オファーを出してきた事。

アイツの創る曲が一般世間の前で、俺達に何を言いたいのか、何を心に訴えたいのか・・・
アイツが一体何を考えているのか・・・

カフェテリアでミーティングの前に作曲に没頭していたのが、気に成っていた。

いまさっき創っていた曲がどんな曲なのか、誰の為に書いているのか、どんな風に何を、どうして・・・


人の心にそれぞれ感じるものが違うとしても・・・

言葉に出来ない想いを言葉にするのは難しいとは、自分でも感じている。


キョーコからも、彼女のスケジュール管理を今している社さんからも、何も聞いていない。
社さんが特にこのオファーの話を、京子の前でしないところを見ると、京子には何のオファーもされていないと思えたから、さっきカフェテリアで周りを顧みず没頭するぐらい曲作りに励んでいたのが、今までの彼女への曲と何か違うんじゃないかって考えていた。

京子もPVの打ち合わせに関して別にこれといって・・・という普通の感じだったし・・・

キョーコに対してでないのなら、どんな言葉をアイツがその曲に認(したた)めるのか、気になるじゃないか・・・


考えても分からないアイツが何を考えているのかなんて・・・



ただ無言で運転していた。


「 蓮・・・? 」


キョーコに話しかけられて はっと気付いた。考えながら運転していた為か、真面目な顔で真っ直ぐ前を見ていただけの自分。
黄色で行こうと思えば行けたけど、バックミラーを確認したら後ろに車も居なかったので止まった。俺の顔を覗き込むキョーコに、なに?と小さく声を掛けながらギアをニュートラルに入れた・・・

その右手にそっとキョーコの両手が重ねられて、両手が俺の右手を包んだらそのまま・・・
キョーコは俺の手を引っ張って自分の頬に手をよせた。

シートの背もたれに埋もれる様に寄り掛かっているのは、社さんに見えない様になのか・・・
キョーコの頬を握られたままの手の親指でそっと撫でると、目を瞑って手に寄り添いながらその唇が声を出さずにゆっくり動いていた。


わ・た・し・も・・・ 


その唇を頬を撫でていた親指で撫でると


Me・ too・・・


ってゆっくり動いて、親指にちゅっとtoo で、キスをされた。

ずっとその行動を見ていたら、目を開けて見つめながら、怒ってる?と聞いてきた。

何を?と返すと、さっきそう返事しなかったから・・・って。


(もぉぉ~・・・)

その ごめんなさいって顔で見詰められて、しかも社さんに見えない様にしているところが、本当にごめんなさい。って言っていると思った。


そんな事無いよ・・・

って言おうと思ったけれど・・・止めた。


そっと頬から手を外し、手の平をキョーコの唇に付け口を塞いだまま

「 まぁね。 」

そう真面目な顔で返して・・・親指と人さし指で鼻を軽く摘んで微笑んだ。

もほぉぉ~へん、へいくぎゃくずりぇりゅ~・・・何かを手の平の中で言っているけれど手の平に触れる彼女の唇がくすぐったかった。

手の平をぺろっと舐められて、ちゅーっとされたら、もっと手の平がくすぐったくて鼻をピンと摘んで手を離した。

痛ぁ~い・・・と言って鼻をさする左手。

その左手首に揺れていた腕時計・・・


TSURUGA KYOKO 12文字のアルファベットに、壊れ易い時の意味が自分を時々・・・
ふと元に戻してくれていた。


彼女が俺と一緒に成ってくれても、敦賀キョーコには一生成ることは無い。
ヒズリに必ず成る事を自分が確認するかの様で、自分の存在が架空の人物だと思わされる。

壊れ易い・・時間

敦賀蓮としてキョーコに触れている時間は、とても危うくてちょっとした切欠で壊れるものだと・・・アールに戒められていると感じていた。

カードの名前だって・・・

キョーコにも、キョーコの架空の偽名を同じ様に被せて。
二人でいるこの時間は、架空のもの・・・幻だと自分に思わせる様に・・・


アイツ不破の気にしていたキョーコの身に付けている物の事。

アイツにメールで返した言葉を思い返しながら、もう直ぐ現場のところまで来ていた。

  
“ そうじゃないし、そうでもある ”


キョーコの服はプライベートにあげた物。でも・・・俺の人生の共演者としては、衣装だよ。
そう思って返したメール。でもその前に・・・


“ どれ? ”


それは、わざと書いた。その後・・・


“ 今日の全ての物は俺から ” 


全部って、その言葉と、俺がなんで どれ?って聞いたのか・・・

不破は、気付かなかった。



この時計は、製作発表のあった日。
事務所にイエローダイヤを取りに戻った時に、携帯のカバーと共に受け取っていた。

壊れ易い・・・

それを知っていたセバスチャンだったから、ジャケットと一緒にカバーの中に入れてくれていた。
そうその日・・・

イエローダイヤの代わりに夜渡したのは、この時計。




その時のこと ___________・・・・・



Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 08.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray