• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Furious of Love Dreams n.405

Category : Story- F of LDs
.


「 社さん、どぉ? 」

そう言うキョーコにアイツが返している返事が、本当に忙しいヤツだと実感した。

「 ん~、まだ、何も連絡無いから・・・
俺のスケジュール調整、手こずってると思うよ。
たぶん松嶋主任と、モデルセクションの主任と・・・監督と・・・
あと知らないけど、貴島君との取材とか・・・
いろいろ調整しないと、できれば半日一回で終わらせたいしね。 」


ん~そう・・・。と返すキョーコが、カーディガンの袖をちょっと上げて腕時計を見た。

「 現場行く前に、お昼食べますか?・・・敦賀さん。 」

ん~、そうだね。その方がいいかも・・・。と言いながら、あいつが携帯を取り上げてシリコン製のカバーを開けて時間を見ている。
今さっきも思ったけれど、前に見た電話と変わった。前マネージャーに手渡していた時に見たのは、黒い電話を半透明のシリコンカバーに入れて手渡していた事。

黒いシリコンカバーに成ってる。と思ったのは、指で叩いた時音がしなかったから。

( まぁ電話ぐらい、誰でも代えるよな・・・。)

特に新機種にはみ~んな代えたいと思うことだしっ。んな事を考えて立っていたら、
尚 早くしなさい。とミルキちゃんがイラッっとしていた。

キョーコ達のテーブルが目の前に見える椅子をミルキちゃんに引かれて、え~っ、そこぉ…と思うも皆スタッフが座っていて、いわゆる お誕生日キングの席しか無い。しかたねぇ・・・まぁ、オレが主役だし。

その席に座ると、目の前のキョーコが、立ったままテーブルに両手を付いてアイツのタブレット画面を覗いている。前かがみにどんどん成って・・・うぉっ。パンツ見えるぞ!と思っていたら、片手でスカートを押さえて隠した。

(その光景・・・前も知ってる。)

カフェテリアでキョーコだけの時、車の中のアイツの腕がキョーコを引っ張って、車の中に頭だけ入れた時もだった。


「 敦賀さん、何食べますか? 」


聞こえる会話がワザとらしい・・・
そう感じる程プライベートのキョーコ達を知っているから、敦賀さん。って呼ぶ名前に違和感を感じる様に成ってしまった。

まぁ、私が行ってきますね~。と言ったら財布だけを鞄から出した。


「 あぁ、待って。 」


そう言うアイツが自分の財布を出すのかと思いきや、キョーコの財布を指差して・・・


「 使って。 」


その一言。

なんじゃろな?と思ってじーっと見てると、アイツは真面目に怖い形相でキョーコを見詰めているので、キョーコも仕方なく、んじゃ・・・は~い。お言葉に甘えて。そう言いながら財布を開けて、黒いカードを取り出した。

( ぶっ! アイツのカード持ってんのかぁ!?)


「 アメックス使える? 」

「 うん。いつもココで使ってるから、大丈夫だよ。 」

そんな二人の会話がへーぜんとしてやがる。・・・しかも、見えた色と聞こえた会話で判ってしまったブラックス。
チタンのカードは、キョーコの稼ぎでは ぜって~作れないのを、知っている。

それに、キョーコはまだ18歳。しかもダブリの高校生。
カードが作れる様な・・・

・・・保護者が、居ない・・・。


そうだった・・・

キョーコ。保護者の欄が無記名のまま事務所に保留されてんだ・・・


突然、頭に思い浮かんでしまった変な事。

もしアイツか王子と結婚でもしたら、あいつ等なら二十歳越えてる大人だから、家族として保護者に成れるのか。
自分は、まだ19歳に先月成ったばかり。自分にもまだ保護者が必要な年齢に腹が立ち、ちっと顔をその光景から背けた。


「 でも、名前・・・」

「 あ~、大丈夫。それにね・・・」


こそこそっとキョーコに耳打ちしているその会話は聞こえない。
んじゃ、行ってきま~す。とカードだけを持って行ったキョーコ。

( 名前って何だ?敦賀蓮のだからか? いや、それとも・・・敦賀京子?)

まぁ、大丈夫。とアイツが言う通りかもしれねぇ・・・と思い直したのは、ドラマの役名がこれから敦賀京子に成るのはもう発表されてる事だし、経費ですよ。なんても誤魔化せるよな。
とは・・・

・・・アイツ、キョーコが妊娠していたら、本当に結婚するつもりでいたのか。

自分の世間体なんか気にしねぇって事。


オレだったら、悪いけど・・・

自分の立場を考えて、堕してもらう・・・。


カードが気になって携帯を取り出し、ミルキちゃんたちがPC画面に見入ってる隙にアイツに一言だけテーブルの下でメールした。

テーブルの上の携帯に気が付いて、それを見ている目の前のコイツ。
・・・自分でもアイツの携帯を見てしまった。

( んがっ!なんか、光ってる・・・。)

なんじゃそら!?オレも見たいぞっ。と じーっと見てしまう。テーブルの上でキラキラしているカバーを開く事無く、オレと目が合った。ってことは、誰からなのか開けなくても分かるのか?

開けてメールを読んでいるコイツ。フッと画面を見ながら笑ってポチポチっとタイプした。
自分の手の中の携帯が震えて、ちらっと見るとコイツから。


今、自分が送信した・・・

_ あのカードの、名前は? Sho


その返事・・・


_ Kyoko M . . .


( ん?M )

Mって、キョーコは、Mなのか・・・?って、そこじゃねぇ。最上のMだよな・・・。
画面を見ていて思ってしまった時、もう一度メールが届いたので打ちそこねのMの続き、どうせM ogamiだろっと思いながらそれも開いた。


_ Kyoko M. Tsuruga だけど? Ren


顔を上げたら・・・
ずーっとオレの目を見詰めたまま両肘をテーブルに付いて、右手を左手で包んでポキッと鳴らし、左手も同じ様に鳴らしたら、フっと鼻で笑いやがった。

( 確かに、オレにはまだ出来ない事がたくさんある。・・・年齢的に・・・)

そう思うことが、自分とアイツの間には少しの年齢差なのにも関わらず、法律的に制約されている事が多くて・・・そう思うとコイツから目を逸らした。

手をポキッと鳴らされて挑戦された雰囲気に、テーブルの下で返信した。


_ キョーコの服。衣装なのか? Sho


キョーコが着ている服が、少しずつ変わって行っている事も気になっていた。

それには・・・
携帯を取り上げて少し考えているコイツ。ポチと打ってオレを見ている。


_ どれ? Ren


ドレと言われても、音階になって頭にドとレの音として浮かび聞こえるのは、絶対音感のオレの大変なところ・・・って、それじゃねぇ。
どれと言われても、全般だよ。と、ちょっと怒りモードで返信した。


_ そうじゃないし、 そうでもある  Ren


・・・なんだ、その返事。 
そう思うと間髪いれずにまた届いたコイツからのメール。


_ 今日のは、時計も含め全部俺から。
  あれは、カシミア・シルク Ren


時計ってあのピンクのヤツじゃなかった、さっきキョーコが腕時計を見てた仕草を思い出す。
キョーコが戻ってきてトレーを両手で持っていると、ミルキちゃんが声を掛けた。


「 あら、キョーコちゃん。そのカーディガン、素敵ね。 」


さっき寒そうに前を両手で押さえてたから気付かなかったわ~。と言いながらキョーコを見ている。
あっ、これですか?と言ってトレーと腕に掛けていた数個の紙袋をテーブルに置き、ミルキちゃんの前に立っている。


「 え~、その襟元、どうなってるの? 」


祥子さんまで、キョーコの着ているカーディガンをマジマジと見始めた。


「 なになに? あら本当ね。
へー、どうしてフリルに成っているのに、縫い目もダーツも無いの? 」


あのですね、アルマンディさんのアールさんのデザインでですね・・・
裁縫を私はするので、そうだと思うのですが、一枚にこうして織られている生地ですよ。
・・・なんて、微笑みながら言ってるキョーコ。

ほら、袖もです~。なんて見せているキョーコだけど、ミルキちゃんは裾の端を触っている。


「 あら、カシミア・シルク?着やすいでしょ~、
でも、クリーニングだけなのよね・・・。」

「 ねぇ、この素材・・・
この前バラエティでしてた、ストールと同じ素材と色? 」


あぁ、えっと・・・少し違うんですよ。と返すキョーコ。ちらっと後ろのアイツの顔を見たのを見逃さなかった。


_ 覚えてるよな。あれ、俺のだったって事。 Ren


ストールの事だとは思いだせる。なんせ首輪として巻いてたって・・・自分が言ったゲスイ言葉の例えの悪さに、自分で自分に腹が立つ。
  
“ 飼い主 ”

自分から言った言葉を、キョーコ自身が飼い主はコイツだと言いきった。

そして、もう一人。

“ 久遠ヒズリも飼い主。 ”

その言葉にはレイノも気付いた、心の中の白と黒の二匹のライオン。
久遠ヒズリと敦賀蓮の間で、キョーコが妊娠したかも知れないと何か合った事を・・・

・・・昔のオレなら、壁に押し付けてでも口を割らせようとしていただろう。

でもアイツに言われた。

それを口に出して言えるのは、敦賀蓮と久遠ヒズリの二人の間でだけ・・・だって。
オレが気にする事ではない。と言ったアイツの気持ちを考えると


男として・・・してもいい事。してはいけない事。


この二つを考えられる落ち着きを、カッと頭に血が上って感情のままに行動する前にと、
大人に成るとはこう云う事だと教えてくれた。

好きな女に、自分からワザワザ嫌われる様な行動を避けろ。と、いい男に成る為に伝授してくれていると思えて仕方ない。

自分が密かに思った事は確信も無い事で、絶対に口に出してはいけない。

それは、ハッキリ言って芸能界の掟である常識。それをきちんと自分の立場と地位や人気を維持する為にも必要な事だとは、じぶんでも業界の中に生きてきて解かっている事だと改めて思わされた。
いや、人としての常識だよな・・・。とは、いい男の絶対条件みたいに思わされる。


「 ねぇ、京子ちゃん。さっきも気に成ってたけど・・・
  ・・・手、見せて? 」


えっ?・・・と言ってミルキちゃんに言われるままに手を出したキョーコ。
ミルキちゃんは、キョーコの手を見ている。と・・・


「 両手を出しなさい。尚。 」


そう言われてテーブルの下でメールしていたのでドキッとした。




.

Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 17.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray