• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Furious of Love Dreams n.401

Category : Story- F of LDs
.


台詞を暗唱しながら、顔を画面から上げた。カフェテリアの何気ない光景が目の中に入っていた・・・あれ?と気付いて傍に座っている人に目が行き、じーっと目を凝らして見てしまう。


この人。バカのクルーの一員にも入っているCG合成の人。
あまり会うことはないけれどPrisonerの頃からのクルーの人で、この前一人でバカの部屋設定のありえないセットの撮影にも居た人だった。そのPVは合成されるとは、バカが居なかったから分かっていた。

今度のロケには、この人も来るのかどうかは分からないけれど・・・


じーっと目をよ~く凝らして彼が開いているPCのタイプしている手を見ていた。
長袖シャツの袖・・・見た事ある・・・それ・・・

タイプの手が止まってカップに手を伸ばしたその手、袖から ちらっと出てきた腕時計。

それ・・・正に・・・

蓮が理想の男第5話でしていた、カフスと時計。

あのOn Airの中では、蓮の手のアップが最後あった。
ルージュを落とす親指に手の甲に・・・ポケットにメモをしまう手に・・・

それは小道具として蓮の私物ではないけれど、でもきっと蓮と貴島さんそれぞれは、このドラマの中に自分の好みを入れて来ていると思えるのは、二人のプライベートの好みを知っているから。

好みの物をあのドラマの中に入れている彼らの創る世界が・・・

現実に浸透していると感じていた。それは、ブリッジ・ロックの3人も食いしん坊の時に、探して探して見つけたと言っていた事も。
単なる、番組進行の一環で同じ事務所としての宣伝みたいなものなのだと思っていたけれど・・・

彼らがそろってバラエティ、ぶらぶらしない…スペシャルに出た時は、理想の男の姿のまま登場していたから・・・・・

固まって その手首を見詰めていた。


自分がこれから放送もまだのドラマの中には、この理想の男の世界とは違う・・・蓮の好みが入れられている。

これからの衣装に小道具に・・・

ドラマの中にはマネの出来ないRMandyのアールさん自らデザインしてくれるオリジナルばかりだし、指輪なんかも技術的には難しい、アールさんしか出来ない事なのだろうけれど・・・なんとなく気に掛かる。蓮って・・・

敦賀蓮の影響力に驚いていた。


蓮がしていた時計。

オープニングではプライベートに着けている、Flanck Muller

あれまで真似されるのだろうか?・・・



(いや、きっと、自分が頂いたピンクのハートの時計より高いんだろう。)

・・・。
経済的に余裕の無い人は、ムリかも・・・。

自分が貰った時にそう言われた事を信じ、そう急に思い始めてまぁ、大丈夫かもな。と思いなおす。

お水を飲もうとその人の手をガン見したまま手を伸ばしたら、空を掴む様に何度もニギニギしてしまう。置いてあったところにボトルが無いので、あれっと思いテーブルを見るとお水が無い。

その時 頬にぺちっと冷たい感覚が触れて、ひゃぅ~と目を瞑りすぐに開けると蓮が立っていた。
イヤホンをしていて蓮の気配に気付かないで居た。顔を見ながらイヤホンを外すと・・・


「 お待たせ。 」


そう言ってボトルを手に渡してくれて、向かい側に座った蓮。


「 社さん、俺の方の会議室に入ってるから、もう少し掛かると思うよ。 」


私が押しやったコーヒーカップが、蓮の目の前にあった。
蓮は、その目の前の冷めたコーヒーに気付きカップを見詰めて、最上さんも?と小声で言って来た。

ふふっ・・・

テーブルに肘を付いて頬に手を当て顔を隠して微笑む蓮に、自分も素直にうんと軽く頷いて微笑んだ。

製作発表があった後なので、私達が一緒に居ても何も思われないので助かる。
蓮もiPadを取り出して、ついでにブルーライト用の眼鏡を掛けると・・・


「 台本?どこ?今、暗唱してたの? 」


そう言われて、何時から見てたの?と聞き返した。


「 ん~、そうだな・・・

別に見てたわけではないけど、
カフェテリアに居るって社さんから聞いて・・・。
という事は、いつもと同じだろうな~って、思ったから。 

・・・当たった? 」


そう言われてみると暗唱癖は、小部屋行きかけになる前にしてしまう癖だなと自分で思う。

テーブルに蓮も朝のお水のボトルを出して置いた。
でも、台詞をここで言い合うわけにはいかないので、同じページをそれぞれ暗唱する事にした。


「 何、聴いてた? 」


そう言ってイヤホンを取り上げて自分の耳に付ける蓮。


「 はいはい、これね・・・」


自分の弾いているLove Dreamsで、アイツのPVの仕事に行ってたから、バカの曲だと思っていたのか・・・何が無しにほっとしている様に見えた。


「 じゃぁ、俺も・・・」


そう言って自分のイヤホンをiPadに付けて同じLove Dreamsを掛ける画面を見ていた。
蓮は立ち上がって、私が横に置いていた鞄を取ると、自分が今座っていた席に置いた。


「 うふっ。 どうぞ。 」


椅子を引いて促すと横に座って無言のまま、Dreamsの台本ファイルを開けていた。
後ろの人に台本が見えてしまわない様に背後が壁の方が好ましいのは私もそうだったので、人が見られないようにとしていた。

でも特に人が注目するだろうこの人、敦賀蓮なので、見られない様にしたいと思うのは同じ。
変装してても変装に成っていない蓮は、単なるカッコイイ~人ぉぉ~っとまず人目を集めて注目させてしまい、あれ?敦賀蓮~!と、いつでもどこでも気付かれているし・・・

蓮の後ろに座っている人は、特に・・・

蓮に関心のある、CG合成の人。

蓮が入ってきた時からもう蓮の存在には気付いていて、チラチラ見ていた事を、蓮も気付いていた。


画面をそれぞれ二人で目で追いながら、今日の撮影の部分を読んでいた。
お互い音楽にのせて気持ちを台詞にどうするか盛り上げていると感じながら・・・

蓮が画面から目を離さずにテーブルの上に手を伸ばして、お水のペットボトルを取ってごくっと飲んだ。

蓋を閉めながら画面から目を離さずに、もう一度テーブルに置き直すのを横で見て、自分もお水に手を伸ばした。

何が無しに蓋を開けてごくっと飲むと・・・あれ?と、ふと気付いた。

( 常温だったっけ?・・・)

一口しか飲んでいなかった同じ減りのボトル。さっき頬に付けられた時、ひやっとしたはずだったけど・・・と、思いなおして蓋を閉めた。けど・・・蓮がテーブルに置いたボトルの方をそっと手の甲で触れたら、こちらが冷たいほうだった。

蓮の顔を覗き込むと、そっとウインクされた。

( もぉ・・・確信犯。 )

隣にもう一度置き直して見ると、同じ減りに又成っていた。
二人が見ていた台本は、同じシーン。ちょっと家でおさらいした時は、そのまま盛り上がってベッドにぴゅーっと連れ去られた部分。


“ 何度も優しいキスをする。”

と書かれた台本には、台詞があるのか無いのかほとんど無い場面。

(う~ん、キスをしたくなったのだな・・・)

そう思うのは、自分も同じ気持ちだった。
イヤホンをしているので聞こえないけれど、隣の蓮を見ていたらメールの着信音が鳴ったのか、携帯をポケットから取り出して見ている。

携帯をテーブルに伏せて置くと、iPadの方はピンチで画面を閉めてメールにしていた。
返信するんだな~・・・と思いつつ、タイプし始めた蓮。画面は見ていいのかどうか分からないので、お水を取ろうと手を伸ばしたけれど、どちらを取ろうか迷っていた。

蓮が画面を見ながら手を伸ばした時、手が当たって両方パタンと倒れてしまい、蓋をしていたから惨事にはならなかったけれど、ごろっと転がって向こう側に落ちそうに成ったボトルを、長い腕で座ったままキャッチ。そのままボトルの蓋を開けて飲んでいる蓮。
私は倒れただけのボトルを手に取ると、今度はこちらが冷たい方だった。

( まっ、いっか。 )

そう思いながら蓋を開けて口を付けた。

お水を飲みながら、実は気になってしまった事を考えていた。

実は蓮がお水のボトルをキャッチする時、iPadをテーブルに咄嗟に置いた。ボトルを取ったまま反対の手で蓋を開けるまで、両手を使っていた蓮。iPadはテーブルに置きっぱなしだった。

見るつもりではなかったのだけれど、見えてしまったその宛名。


・・・長い、英語のスペル。

もちろん、自分も知っているそのスペリング・・・ 


そのメール。 久遠に・・・



.



Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 14.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray