• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Furious of Love Dreams n.400

Category : Story- F of LDs
.


会議室でミーティング。

アイツが何気なしに大人しいのがとても気に成る。
なんでかって言ったら、PVロケ撮影のミーティング。1泊2日の予定で組まれているこの撮影は、私達の故郷である京都での撮影。

このバカのリクエストなのかと思う・・・からだった。

なのに自分からは殆んど何も言わない。麻生さんの進行で恙無く、さっさと終わった。


_____  それでは、京子ちゃん。お疲れ様でした。


麻生さんにそう言われて立ち上がりお辞儀をした。

「 では、それまでと その日のスケジュールの詳しい事を・・・」

そう言い出した社さんは、私にこそっと耳打ちする様に、カフェテリアで待ってて。蓮のスケジュールもこの後あっちの会議室に行かなければならないから・・。と小声で言ったので、では。と頭を下げて部屋から出た。

あぁ、尚は残って曲の・・・と、声が聞こえていたけれどそのままドアを閉めた。


会議室のドアがたくさん並ぶ廊下。向こうの端まで見渡せる真っ直ぐな廊下を歩いていて、行きかうクイーンの社員さん達に会釈をしながら通り過ぎる。

エスカレーターの前まで来て、蓮の居る会議室を見ていた。

あちら側の会議室のクイーンの社員さんと、こちらの会議室に出入りする社員さんが何気なく違うと感じていた。あちらはクラシック関係や大御所演歌歌手関係なのか、落ち着いた感じの社員さんばかりが行きかっていた。

でも、前に来た時となんとなく違う・・・と、感じていたのは・・・

こちら側のボッサボサ、シャツもしわっ皺ダラリーン、頭ボリボリが居ない。って事・・・。
社内で禁止令でも出されたのかどうかは分からないけど、まっ、気分いいわよね~。と思いながらエスカレーターに乗っていた。

蓮がさっき自分の後ろにくっつく様に乗っていた事を思い出すと、たぶんスカートが短いからって事なんだろな・・・と思ったので、鞄を前に下ろして乗っていた。

ガラス張りのカフェテリアの中が見えるけれど、上から降りてきて見える位置に居た方がいいだろうと、空いている席を見ていた。それでも蓮も後から来るから目立たないところ・・・と、矛盾する場所を物色。

入って直ぐ左側の角。前に座ったところが空いていたので、その4人掛けのテーブルに鞄を置いて飲み物を買いに行った。
コーヒーを頼んで待っているとレジの横にペットボトルのオレンジジュースやお水が何種類も置いてある。ふと気が付いた、一つの銘柄の水を手に取りコーヒーと一緒に買って席に戻った。

( この前・・・確か無かった様な・・・)

そう思いながらテーブルに着いて、コーヒーを一口飲んだ。

( ん~~~・・・)

唇を横一文字にくっつけて、う~ん。と考えながら、お水のボトルの蓋を開けてごくっと飲んだ。

(こんな味だったっけ?)

そうも思うも、きっと同じコーヒー豆だよな。と思い直して、お水の蓋を閉めていた。
両手でお水のボトルを握り締めてカップをじーっと見詰めながら、今朝の蓮が入れてくれたコーヒーを思い出していた。

( ふふっ。 )

今朝の蓮・・・

夕べは久しぶりに一緒のベッドで寝た。最近二人とも寝不足気味だったので、この何日か別々に寝ていた。

それというのも、蓮が言った一言から始まっていた事だった。



数日前、蓮の寝室でお互い肌を重ねあった後、いつもなら二人の体温でぬくぬくとオツカレと…で、どちらかがウトウトしたりしていたのだけれど、その時はただ ごろごろ抱き合っていた。


「 じゃぁ、今日は・・・」


そう言い出した蓮がちゅっと耳の後ろにキスをしながら、耳元で・・・


「 久しぶりに、送ってあげる。 」


そう言ったので、えっ!っと思って顔を離すと、上体を起こして起き上がる蓮。傍にあった自分のT
シャツを着て、私のTシャツも、はい。っと取ってくれた。着たのを見計らって、薄暗かった部屋の明りを少し明るくしたら、ぎゅっと抱きしめられて重ねるだけのキスの後・・・


「 ふふ。 俺の香りがする・・・」


お互いベッドに座ったままそれぞれの首元に顔をうずめて、抱きしめられていた腕が緩み肩を両手が伝って来たら、2人とも両手を繋いでいた。


「 今日はね・・・」


左手の指を絡めながら、見詰められていた。


「 君の夢を見てもいいかな?
だから・・・
この指輪、外さないで寝ようかと思うんだけど
・・・いい・・・?」


そのまま両手を引かれて廊下に出ると、Consolationが流れていた。
蓮の弾いたゆっくりの、この “ 癒し ”と云う曲。心の中からゆっくりとした気分にされながら、廊下を手を繋ぎ歩いていた。

キッチンに寄ってお水が欲しい。と言うから二人で手を繋いでキッチンに行った。
冷蔵庫を開ける蓮に寄り添い繋いでいた手の腕に抱きついて、その顔を下から覗いた。首の後ろにヒヤッとした感覚に、ぞくっと背中を強張らせて驚いていると・・・


「 ふふ。まだ、ゆっくり二入で居ようね。
・・・体が、もう少し治まるまで・・・」


もぉ~っと赤くなってしがみついていた腕に顔を寄せると、握っていた手をぎゅっと強く握られた。
首の後ろにぺちっと付けられたお水のペットボトル。蓮はペットボトルを持った方の腕で私の背中を摩りながら抱き寄せてくれる。


「 でもね、時間はゆっくり・・・
・・・寝るまで一緒に居てあげるからね・・・」


ん?蓮も寄ってくの?と、ドウイウコト???と、疑問が過ぎる。じゃ、お水も持ったし、行こ~。と手を引っ張られて、玄関の方に行かず、左へ曲がる蓮。

( あ~~・・・なるへそ・・)

蓮も寝不足。私も寝不足。いくら広いベッドの上でも自由気ままに寝れていないのは確か。
久々の一人寝。・・・少し淋しい気がしたけれど、忙しい蓮の睡眠確保の為にも、自分の為にも・・・。自分の事も考えてくれていると思うと蓮の気持ちが嬉しかった。

今は自分の部屋化した、元ゲストルーム・白の部屋。
ベッドに入ってお布団を掛けられて、ヘッドボードに寄りかかりお布団の上に蓮も座って話をしている内に・・・

ゆっくりのConsolation 癒しの曲が・・・

蓮の弾いた心の中からの、蓮のゆっくりとした優しい心の様で・・・

柔らかい口調の甘いテノールの声に・・・

大好きなau the balncの香りに包まれて・・・

・・・遠くなる、蓮の声とピアノ _________ . . . . .



いつの間にか眠っていた。


朝起きると一人で寝たせいか、スッキリ目覚めも良くて目覚ましの鳴る少し前に目が覚めた。
シャワーを浴びて、メイクして着替えて廊下に出ると・・・

廊下の向こうで、蓮も武装して・・・敦賀蓮が出てきた。

思わずの敦賀蓮に、なぜか久々にボッとなる。

毎日、お互いがキスをしたくなったらしていたし、お互いに肌を重ねて愛し合っても、寝る時は別々で、蓮が寝るまで傍にいたり、蓮が部屋で寝るまで傍にいてくれたり・・・

二人が撮影の無い時間でも、指輪をしたまま過ごしていた時間だった。



でも、夕べは久しぶりに・・・

それぞれ違う事をしていた時、キッチンで食洗機から食器をキャビネットに移していた。
ふわっと大好きな香りがして・・・


「 今日は、お泊りする? 」


・・・と、後ろから抱き付いて誘われたら、自然にボッと成ってしまい

そのまま手が顎を持ち上げて・・・うん。とも、ハイ。とも・・・言わないままキスをされて
いつもよりも優しいキスが長く続いたまま、抱き上げられた。


そして朝も・・・

久しぶりの裸のまま二人で起きて、腕に抱き寄せられ重ねられる柔らかいキスに・・・
おはよう・・・って感じるんだけど声を二人で掛け合うことも無く、もう一度身体を重ねあった。

蓮のアラームが鳴るまで、二人ともが・・・愛してる・・・

・・・この気持ちを、心から感じながら ____________




でも・・・

アラームが鳴った時、( え~っ。もうちょっと・・・)って思ってたのよね・・・。

( たぶん蓮もそうだった・・・)

そう思えたのは、蓮もいきそうなんだけど無理にいこうとしてなかった。

蓮が腕を伸ばしてアラームを止めたら、優しいキスのオンパレードに、うふん。と成って、あぁん・・と体も成って、いやぁ~ん・・・ってなるまで、うふん。と、あぁんの繰り返し・・・。

蓮の喘ぎ声もいつもよりも甘くて、唇からと体の外からも中からも全体に感じる彼の体温に、彼からの快感が久々に意識が遠のきそうに蕩けそうで・・・思わずぎゅうっと抱きついて・・・


もう少し・・・・

って言ったら、 俺も・・・・って・・・

それでも、ゆっくり・・・

I ・LOVE・ YOU・・・ SO・ VERY・ MUCH・・・

ってキスをされながら・・・


二人でそれに集中していたら、時間の経つのも忘れる様にいつの間にか長々と・・・。

今朝は朝から二人で急いで支度をしなければ成らなかった。


それでも今朝の様に時間が無くても、毎日の日課の様に蓮が入れてくれるコーヒー。
蓮が入れてくれるコーヒーが美味しいのは、もちろんバリスタ並みの蓮チョイス。・・・だけじゃないかも。

今朝は本当に時間が無かったから、エスプレッソにお湯を注いだアメリカーノ。
でもお水は蓮の好みの銘柄なので、味もまろやか、愛もまろやかに溶け込んでいると感じながら、車の中で飲んでいた。

蓮はシングルショットのエスプレッソとお水を持って出た。
車でエスプレッソを飲んでいるのを見て、お水のボトルに手を伸ばし蓋を開けて持っててあげた・・・


その、お水。


今、自分が手にしている、このカフェテリアで買った同じ銘柄。

もしやこれは・・・社会現象にすでに成っている、理想の男コンビのドラマの中に出てくる・・・
本当に蓮の好みの銘柄のお水・・・。

理想の男の影響なのか、だらっとボサっとした社員さんが見当たらなかったのも、たぶん・・・と思える。

私の麗しの男が入れてくれるコーヒーの味に舌が慣れてしまったのか、前はあれっ?と思う事無く飲んでいたけどな・・・。と考えていた。


「 ふふっ。 」

コーヒーカップを見て微笑んで、車の中に置いてある蓮の入れてくれたコーヒーが飲みたい・・・なんて思いながらiPadを出してイヤホンを付けた。

流すのは・・・

これから撮影があるPVの。

・・・ではなくて、これから向う現場でも聴く・・・蓮のLove Dreams


蓮との絡みの撮影ばかりの今日のスケジュール。
朝のお泊りでの目覚めのまま、夫婦の演技ができるといいな~。と思うと・・・
ふ~ん・・・もしや・・・と、思い立つ敦賀蓮の朝から役に入る為だったのか?との疑問が湧いた。

( いや・・・そんな事では無い。 )

そう思いたい、愛され方。
朝から心も体もゆったりと時間を忘れてくれる様に二人の世界に陶酔させてくれて、無遅刻キングが時間を掛けて愛してくれていると心で感じていた。

自分の武装に掛ける時間ギリギリでも、入れてくれたコーヒー。

車の中に置いてある、2人の時間を優遇してくれた、蓮の入れてくれた心のこもったコーヒーは、温くなっても全部飲み切りたいと思いながら、こちらのカップを邪魔にならない様に動かした。




Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 07.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray