• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Love Dreams - Back Stage Pass * 理想の男 第6話より・・・

Category : Story-Back Stage
とある日の撮影の事だった ____________




この第6話撮影の時、俺は久遠ヒズリとして映画の撮影が終わった直後で、最上さんとは・・・

久遠ヒズリとしてなら、関係を持った後だった。



この日の撮影は、Love Never Defaulted の映画試写会 舞台挨拶が組み込まれていて

初めて 久遠ヒズリが、実際に人前に現れる日。


誰にも自分のスケジュールを言う事なんて出来ないから、撮影に時間が掛からない様に、演技には気合を入れて挑んでいたのに・・・・・





 結果 


この第6話は、編集でやはり取り直しに成った

その取り直し _______________ . . .






city-buiding







_____ オイ、お前・・なんだよ、ロジェ・ガレ。


_____ あぁ・・


_____ なっ。考える事だけは・・・ ・・?




・・・・・・・



_________ カット。


モニターチェック入りまーす。



モニターを覗く俺達、5人。

貴島とその他の同じシーンに入る、3人の役者さん達。


背中のセロテープ。

貴島のアドリブだった・・・これ。向かい側に座って投げて欲しいのだろうとは、思っていたけれど、ピッって弾いたら指先で飛ぶように丸めて、丸めていたら・・・

チェリー大になって、急にとある事を思い出した。

ん~・・・キョーコとの愛を投げる様で嫌に成り、ずっと丸めたテープをもったまま、指先でずっと丸々コネコネ・・・しながらだった。


( どうしてやろうか・・・)

実は自分の思いついたアドリブが有った。それは自分が女優さんからテープを取る時には、

固くして投げる。

・・・だった貴島と同じ様な行動。その為に余分に取り隠し持っていたテープ。


でも・・・

モニターを見ている横では、会議室の大道具がセットの中に入れられて行く。

それを横目に見ていると、そのまま続けます。という事なのだと思えていた。

じゃぁ、この貴島が仕掛けたアドリブのまま撮影続行なのだと思い、どうしようか考えながらモニターを見ていた。


実はアドリブで返そうと思っていたのは、もう一つ違う事も考えていた。


その後の部長が来たら・・・


そのくだりに使うかな。とも、思っていた事。



このワンシーン前に俺らの真似して、俺にウインクしていたオジサン俳優。
携帯を取って台詞を言いながらだったそれ。

ん?とウインクに思わず・・・固まってしまいそうだった俺。

台詞を早めに出して様子を伺おうとしたので貴島の顔を見たところ、貴島も自分と同じらしく思わず目が合っていた。その時・・・突如カットが掛かった。

固まったのがバレたのか?と思っていたら、そうではなく・・・


監督がNGを出したのは大御所さんの方。

ウインクはいりませ~ん。と監督が即効 声を掛けた。
大御所の役者さんは、え~って顔していたけれど、じゃぁ、せめて・・・ハローだけ・・・という、英語が分からない大御所俳優に・・・

このアドリブ。

残しといて、やるよ・・・__________


そう思い出したら、再び始った撮影中、カットが掛かるまでテープをコネコネしていた。





横でモニターチェックをしていた貴島。


「 ねぇ、敦賀君。どうして投げなかった? 」


モニターを見詰めながら聞いてきた。その画面には、俺のテープを丸める手のアップが意外と撮られていた。

なんで?と思うけれど、その後ろにコーヒーが画の中に入っている。なるほど、それですね・・・。
そんな事を思いながら、カフスを外していた。


_____ OKです。

自分達の横で監督がOKを出したので、セット交換と照明の合わせの間、休憩場所であるスタジオ隅に貴島と向かいながら・・・

ちょっとコレ持ってて。と言って手渡した貴島からのアドリブのテープ。

社さーん。すみません、ハンドクリーム持ってますか?そんな事を聞きながら、モニタリングで自分がチェックしていたのは、アップにされているコネコネしている自分の手。
最近キョーコのお手伝いでキッチンに立っていて荒れているというほどでも全く無いけれど、自分の手を見るといつもと違うようかな?と思ってハンドクリームを塗っていた。

手を擦り合わせて、両手を鼻に持っていくと・・・ランコムのアブソリュート・ハンドのレモン・ムスクの香り。


( ふふっ、キョーコの香り。 )

頬を両手で包まれてキスをねだる彼女を思い出しながら、もう一度カフスを付け直して貴島に寄った。


「 そう、あのさ・・・セロテープ。後でどうしようかってさ・・・
  ・・・いや、どうするかな?と・・思ってる。 」


貴島に耳元で小声で伝えた。視線を部長役の大御所に向けると、貴島も、フッっと噴出して・・・


「 いいんじゃない? 真似ばかりじゃなくさ
  そうそう・・・偶には? やらせても・・・。」



  
 _____ 大御所、ベテランだしな。



その言葉は、二人で揃って言っていた。


「 じゃ、続きはそう云う事。どうなるか・・・?」


そう伝えると、貴島も


「 そうじゃ、だけど・・・一応、台詞は変えないから。アイツの為にさ・・・」


そう小声で言いながら、視線をベテラン大御所オジサン俳優に向けた。


「 いいよ。 台詞、そのままやろう。 」



_____ セット準備OKでーす。続き入りまーす。


スタッフに言われて、二人で、はい。と返事し笑いを堪えながらセットに向った。



「 あぁ、コレ。敦賀君。忘れないで。 」


そう言ってさっき持っていて貰った、大事なアドリブ仕掛け用、丸めたセロテープを渡された。

貴島が手渡した時、敦賀君って、ロジェ・ガレ着けてる?・・・いや、違うよな。とクンクンしてきたので、違うよ。と言いながら歩いていた。


「 ブルガリ? オー・テ・ブランクじゃん。 」

「 当たり。 」


さすが、貴島。でもさっきの女優さんには、ランコムも混ぜたから分らないだろな。と思っている。

あれは俺のアドリブだった。女優さんがどう返すかと思っていたら、きちんと寄って返してきた彼女。


「 貴島君は・・・あぁグッチだ。 ENVYだよな。 」

「 そう。女物だけど、その意味がさ・・・結構好きなんだよね。 」

「 ふふ、分るよ。 」


やっぱ、敦賀君ならな~。このドラマ引き受けてよかったわ~。ちょ~楽しい。とニコニコしている。
俺も楽しい。でも・・・クランクインした時は、何も関係なく貴島と色々していたけれど、ここのところ最近、キョーコと一緒に成ってからと云うもの、ちょっと演技し辛くなってきた、イロイロな・・・色気アドリブ。


でもまぁ、京子も仕事で・・・久遠と恋に落ちちゃったりしてるから、いいか。
とは・・・自分です。とは言えないけれど、彼女も彼女なりに映画の撮影中、敦賀さんを放っておいてイロイロ久遠としていたので・・・我慢してもらおう。と思っていた、何かキョーコが言ってきたらの切り札。


「 え~でもさ、敦賀君。テレビで公表させてもいいの?
  そんな、プライベートで、お気に入りの香りとかって。 」


もしその先のシーンの撮影に女優さんが分って香りをそのまま言ったら、撮りなおし?と聞かれて、いや多分わかんないよ。と両手を首の下に当てて少し香りを着け、その手を貴島の鼻先に出した。


「 何? レモンの・・・柑橘系ムスク?」


「 うん。これは・・・」


言いかけて・・・変えた。
キョーコにあげた香りだとは言わなかった。代わりに・・・


「 今日のブレイン・フィード。差し入れなんだけど、後で楽屋くる? 」


へ~ぇ誰からの差し入れ? ときょろきょろここの現場の女優さんを見ているので、違うこの現場じゃなくてね・・・その前の現場。そう言っておき、まぁ、わかんねぇわな。混ぜたら・・・と云う貴島と他の俳優さん3人とセットに入った。

今日のおやつはキョーコのレモン・コンポート。

皆さんでどうぞバージョンがあるので、そちらはあげよう。って思っていた。





mimi's world-2 * White Night 理想の男 On Air 第6話 Picture/© mimi's*Deep Sea & © mimi's*HOPE and DESIRE





でも、俺がアドリブをまず仕掛けたのは貴島。


 Gucci ENVY 

この香りを嗅いだ時に思い出してしまう・・・

久遠で居た時、ホテルのアメニティの中に香水が置かれていた。

ホテルの方はきっと、甘い夜を過ごすカップルでも刺激も必要ですか?との・・事なのかとも思えた様な、口には出さねど…イワユル…そのぉ…ですね~。の気配り。


キョーコが蓮に電話を掛けて来て・・・

鏡に写った自分は久遠のままの姿で、それでも蓮の心で話していた自分を思い出してしまった。

蓮としては、何も始っていなかったあの時の自分。


蓮としても・・・

キョーコと一緒にいる久遠に嫉妬していた。


久遠としても・・・

蓮に電話をしてきたキョーコの行動に嫉妬していた。


それに、嫉妬 ENVY と思い出すと、キョーコが学校に行く朝剥いてくれたリンゴ。

彼女のクラスのアイドル達に、敦賀蓮が負けないと思っていたけれど、このドラマの配役・・・

俺と貴島の部下の役をしている俳優さんは・・・

歌手もタレントもマルチにこなすアイドル。


J事務所の人気アイドル。


30代のJ事務所に籍を置く彼らは、キョーコのクラスの子では無いけれど
それぞれが主役をもした事のある人気アイドル達。

ここに居る貴島もこのアイドルで俳優の彼らも、もちろん大御所の俳優さんも
そして、女優さん。共演している女優さんとも、前にホテルのバーで遭った時・・・

貴島が仕掛けたのか、女優さんから仕掛けられたのか

ホワイトロシアンに、ブラックロシアン

この2つのカクテルに、貴島の向けた言葉・・・ スィートタルトか、アップルパイ


もう、こんな 甘く飲みやすく、しかも数種類リキュールの混合カクテルのやり取りの名前にも、思い出す

白に黒に、ひまわりにリンゴ。 



この現場の全てのキャスト。

30代の俳優さんばかり、貴島がその下。そして・・・


主役の俺が一番年下の、芸歴も一番短い俳優。



大御所、ベテラン。


ここに居る全てのキャストは、俺にとっては10年以上からの先輩になるほどの・・・

全員ベテラン。


( だよな・・・貴島も含め。 )

貴島に至っては子役時代があるから、歳が20代後半でも芸歴20年である。

じゃぁ皆、ベテラン達にはアドリブをしっかり仕掛けます。と思って貴島に掛けた為
貴島も焦ったのだろうと思っていた。

でも彼はきちんと周りを見て、その芸歴が身に染みている程の演技。
いつも貴島と演技をしていて思うのは、何も心配すること無くできると云う信用と安心感から思いついたまま台本の台詞に沿って、W主演である自分達の創る世界にドラマを引っ張っていける。

これが貴島とタッグを組んでいて、とても俳優としては心地いい環境だった。


でも、この俺達2人の創る世界に・・・

ドップリ嵌まって影響されてきた、オジサン大御所達もアイドル達にも


・・・俺達2人ともが、かなり冷めていた。



それというのも、ずいぶん前の話である。

もともと撮影されていたシーンであった。追加されたシーンと繋ぎ合せてのOn Air。 


始めに撮影された時は、スポンサーのコーヒー会社から・・・

新しく発売された缶コーヒーの違う種類。

“ ほんのり甘いカプチーノ ”

部長の前に置かれたこのコーヒーの空き缶と、俺達のCMにも使われている元々の白と黒。
この3つをアイドル3人がそれぞれ、それもワザワザ・・・

俺は飲まなかったのでタップリ入っていたにも関わらず、空いてますよ~と見せる為に
耳の傍で中身が入っていないか確かめる様に、自分の顔のアップとコーヒーを映させたり

貴島のは本当に飲み干して空いて居たのだろう・・・投げてパシっと取ってみたり・・・

まぁ・・・

俺と貴島のこの缶コーヒーのCM契約が終わったら、次回は自分たちがゼヒっ!・・・っとの想いが分かる。でも・・・

この元々の撮影は、久遠ヒズリと京子の映画試写会の日。

アイドル達もオジサンも・・・皆してイロイロしてくれるもんだから、監督がカットを掛け捲り、NGだらけだった。なので撮影が長引き久遠としての試写会挨拶に遅れてしまった。

社さんは何も知らないので、今日はこの撮影しか予定は無いと思い込んでいた為、次のスケジュールが有りますので・・・・と、いつもだと言ってくれる言葉も無い。

1人でかなりイライラして、それに焦っていた。

Ms Woodsもキャンピングカーで待機してくれているというのに、彼女も電話をすることを社長に禁じられていたため、何も連絡もできないままだった。

( もーーー、いい加減にしてくれ・・・)

イロイロしてくれるアイドルだけど先輩の彼ら。全員が先輩ゆえ、何も言えない自分。


それに、これから・・・世の中に・・・

初めてクー・ヒズリの息子として

テレビの画面に立つ俺。


久遠ヒズリにどんなファンが付いてくれるのかも気にはなるけれど、きっとこのアイドルよりはもう少し若い・・・

不破の追っかけ。

そんなファンが付いてくれるだろうとも思う。


なんにしろ、敦賀蓮には興味薄い若い女の子のファン獲得を目指して自分で創ってきた久遠のイメージ。

このアイドル宝庫の事務所の子達は、久遠ヒズリのライバルである。

もしも敦賀蓮と貴島秀人が契約更新成らずしても、次回の契約は・・・

久遠ヒズリでありたいと、自分で思っていながら・・・どうでもいいけど早くして欲しい。とイライラしつつ撮影していた。
貴島も次のスケジュールがある為イライラしていた、その時だった。





なのに~~・・・


会議室のシーンが日を置いて追加撮影に成ったのは、ストーリーにはほとんど重要では無いと、その時言っていたからだった。

追加撮影になるなら、この時の時間が掛かった撮影・・・ 

意味無いじゃないか・・・。


そんな風にさえ思える、久遠ヒズリ 初登場 に・・・ 初遅刻。

いきなりの黒い汚点を残した自分の履歴。
久遠も蓮に負けじと、無遅刻キングにも、抱かれたい男のランクの様に並ぶ予定だったのに・・・。


貴島が元彼女の話をする事だけが、ストーリーには重要視されていた。
なので追加の理由は・・・

監督が言った演出に、なにか貴島の心の本気さが伝わる演技を。と言われて貴島が何か思い付いた様に・・・

「 じゃぁ、紙とテープとペンの用意してください。 」

と注文出したことからだった。



アイドルの退室シーンはファンサービスの為なのか、前のまま残す様に編集して・・との声に、そこから続く様にと加えるテープ。

大御所俳優が丸めたセロテープをどうするか見ていたら、手に取っただけで両手で弄びながら
部長の缶をなぞる所も、貴島もえぇっとガン見しながら・・・

( いつ?いつ?・・・いつ何かするの?)

2人で顔を見合わせれば、そんな事を考えているって、2人ともお互いの事はお見通し。


いったんの会議室のシーンが終り、隠し持っていた 丸めたテープ。

モニターに寄りながら、貴島がコソッと言って来た・・・


「 あのオヤジ、何もしなかったな。 」


フッと鼻で笑っていただけで、手に持っているテープをそのままポケットに隠しておいた。


「 でも、缶をなぞるのは、アドリブじゃない? 」


な~。あれだけ!?と思ったよ。なんか重要視させるもんだと思ったんだけどさ~。とコソコソ話し、モニターをもう見ている大御所俳優の傍に近づいたので二人とも真面目に・・・


「 お疲れ様です・・・ 」
「 おつかれさまでした。 」


そう挨拶して、一緒にモニターを覗いていた。


_____ じゃぁ、敦賀君と貴島君のオフィスに戻ってからも・・・

監督がこれで、OKを出したので、続きのオフィスシーンも少し加える事となった。

なので、そこで・・・


“ 重要視 ”

させようと企んでいた俺。


丸めたテープがどうなったのかに、貴島も気付いていたのだろう。

「 あ~、アレ・・・」

言い出してセットに戻ろうとした貴島のシャツをつまみ、無言でウインクしてみせた。

「 じゃ、任せるよ。 」

この合図に、アドリブかかって来いよ。との彼の余裕は、自分の演技の先輩として・・・
彼の年齢に自分が成った時、演技で演技にどう返すか。全ての演者や状況を把握できる余裕を持った彼のように引っ張っていけるといいと為になる、この返し。

自分には、貴島のように 余裕と云うものがいつか必要だと思う。

役を憑ける事はもちろんであっても、回りが見えなくなるほど のめり込んでしまいそうに成る自分。

・・・恋愛の演技に関しては、自分にとってまだまだ余裕を見せる事が出来ない自分。

全ての演技に・・・・

彼の様に、役を憑けたままでも余裕を持って

ドラマの幻想の世界の中で、俳優としての頭の中と、役としての頭の中が
上手くコントロール出来るように成りたいと思っていた。



何も言わない俺達にも、ウインクだけで意思が通じる俺達にも、
任せた。と言って、親指を立てた貴島にも・・・

オジサン大御所様に見られながら ___________





_______ We Function in. . .


第6話に付けられたこのタイトル。


俺達2人、自分達の関数の様な関係

2人ともが共に機能し合い、お互いの役目があると云うタイトル。



俺達2人が気の合う関係のままでも、反対の事にも気付くと云う関係。

それぞれがお互い・・・

前もって撮影した時も、追加された撮影も、俳優としてお互い信頼し合いお互いの演技にぶつかって行けるこの関係は、とても撮影し易いエピソードだった。

でもそれがきっと他の俳優さん達にも、飛び火の様に影響されて来たのだろうとも思えた撮影。

俺達2人の演技に入ろうと云う熱意は伝わるも、監督にとってはそれは必要無い事なのだろう。



俺達 We 2人の関係のドラマ

・・・なのだから__________



その意味・・・やっぱり貴島だけが気付いていた。


俺が手に残ったロジェ・ガレの香りを嗅ぎ、目を瞑ると云うシーン。

自分が胸いっぱいに吸った、本当の香りは・・・


キョーコに贈った彼女の、温もりの手を包む香り。


撮影が終わって・・・

貴島は俺の手の本当の香りを知っていたのにも関わらず、ブレイン・フィードの差し入れにも、この手の香りにも・・・何も言わずにいた。

俺とキョーコの関係を黙って居る事は、彼の心の中でどんな風に成っているのだろうか


リアルに恋愛の事に関しての俺達


ドラマの様なこのままの関係で居て欲しいとも思う自分も、どこか・・・

・・・敦賀蓮としての心の中に居る。




ロケは無くて、回想シーンのアフレコだけを追加されたその台詞にも・・・


_____きっと本気の恋愛をしないと決めたのは・・・


“ 自分が受けるダメージの大きさを知ったからなのか。”


・・・これは、キョーコの事の様だと思っていて・・・
そして・・・


“ それともただ、本気に成れる相手が居ないだけなのだろうか。”


・・・これは、それまでの自分。

本気で好きという感情を、初めて知った自分への・・・

恋愛も仕事も、完璧に両立させたいと願うには、自分の人生を変えなけば成らないと、思い始め決心した自分。そこまで自分が出来るほど、恋とは人の人生を変える力があるとも・・・

気付いて・・・

でもそれが、心地よく・・・

幸せなものだと、今は感じながら台詞を入れた。



この追加撮影があった時には、キョーコと一緒に居る様に成ってみて

敦賀さんとして、仕事の上司と部下の関係のように、先輩と後輩として求めるものと、
恋愛感情に求めるものとの違いを、自分の中で区別出来るように・・・

・・・とは、その台詞に心が痛かった。


役作りとの言い訳での仕事にかこつけて、自分の家に拉致しているのかと言われたら、そうではないと言い切れない自分だけれど、彼女が自分と一緒に住むと決めてくれた事を、否定する気が無いのは確かな事である。

それは、敦賀蓮としてではなく、クオン・ヒズリとしての感情がおこしているとは・・・

まぁ、割り切れることかもと逃げてみる自分が心にいたりして。











. mimi's world passageways .


TO... under the sea * Deep Sea


TO...恋愛も、仕事も、友達付き合いも完璧で理想の男 第6話-ON AIR



この撮影の行われた日へ・・
TO... Instrumental of Love Dreams n.82

または、オリジナル撮影日・・・
TO... Instrumental of Love Dreams n.3


OR Rerated Episode... 放送日の2人

TO... Furious of Love Dreams n.444?



Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 02.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray