• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Back Stage * at Night of Shooting DEEP blue SEA

Category : Story-Back Stage



胸の奥底まで・・・

長くゆっくり息を吸って


胸一杯に・・・


心の中から全てを出し切る様に・・・

・・・胸の中から、長く静かに


大きく息を吸い込んだまま

自然に身を任せる様に

遥か広い海に引き込まれて


・・・落ちた



その一つの大きな海が

心の蟠りを深く深く光の届かないその・・・

見えない奥に隠して、その場所に落ちても・・・

怖くないと思えたほど



この海に




この深く、広く、遥かな

愛に・・・自分が自然に身を託して落ちる事は

怖くない




・ ・ ・ 今




自分の中で温かいと感じている

胸の中に吸い込んだ空気が

君で埋め尽くされる様にと、君を想って、吸い込んでいた


遥かな海に身を任せられる事は


君に・・・

君との・・・

・・・恋に・・・

そして・・・

二人の・・・愛に・・・


・・・落ちて


その愛に全てを委ねて ・・・ 


何も怖くなかった



遠くに見えた小さな・・・

満月の昇ってきた海面の光

手を伸ばして見詰めていた

ふわふわ浮いて・・・ それでも、深く落ち行く感覚に・・・

その小さな光が幸せなのかと思った時には

君の子供の頃の笑顔が思い浮かんでいて・・・


胸の中から、一つだけ・・・


息を吐いたその空気の泡が

その小さな光に向かって・・・

登って行くのを見ていた


心が、ちいさな幸せに向かって

飛び始めたと思えた



愛には・・・

ふわふわと浮かび

・・・ゆっくりと全ての自分が

沈む様に落ちる



幸せには・・・

ただ見詰めて

・・・自分の全てがゆっくりと

登り行く、 ・・・果ての無い


終わる事の無い輪廻


幸せは、そのまま幸せではなくて・・・

人は、幸せでも幸せだと思わなくなって・・・

もっと、もっとと止まる事の無い、幸せを求めて生きる


その輪廻に・・・


手を伸ばして

愛に深く沈み行く感覚と共に

見詰めていた


心の中に浮かぶ君の笑顔を感じて. . .


この心の中が温かい


・・・君の笑顔がそうさせた


素直な心のままの、笑顔が絶えない様に・・・


もしいつか・・・


幻想は・・・ 深く沈んで目の前から消えてしまっても


心の奥底に沈んだだけで・ただ・・・


見えないだけ



でも・・・
・・・自分は・・・幸せ

だろう・・・


この愛に身を投じ・・・

どうか一緒に

深く落ち行く感覚の中に・・・


幸せだと思っていた、海の中で

このまま君だけに埋め尽くされて

君を心に抱いたまま

・・・蓮は ・・・



思い出の幻想に成って・・・君の中に生きていられれば・・・

それが・・・

 ・・・蓮にとって・・・


・・・小さな幸せなのかもしれない


幸せの輪廻を・・・


・・・求めてもいいのは・・・



蓮・・・


   ・・・・では、ない . . . . .



ふわふわと揺れ、ゆっくりと引き込まれる様に沈む・・・


その感覚が身体に残ったままに ・・・


目を閉じると、その想いと一緒に. . ._________________



手を伸ばし見詰めた光の中に、癒しの時間がある未来を思い描くだけで・・・

・・・彼女に恋に落ちて、きっと自分の未来に彼女と居たらと、心休まる時間が想像できる


満月の光の中に・・・色が変わった様に見えた


自分にも訪れる未来の時間に、刻一刻、一刻ずつ時は流れている。



窓の外をみると、静かに聞こえる波の音と、高く昇った満月がその海全体を明るく照らし、
波打ち際に光る水と打ち寄せた波の残したあとの白い砂が、地上に落ちた星屑の様にキラキラと輝いて光っている。

カーテンと窓を開けたまま、部屋の中で鏡を見詰めていた。


自分だけ撮影終了時間が遅かった事も・・・
自分が蓮から久遠に変わる為に、Earl の手下である彼らの配慮だったとも取れた。

他のモデル達にはビーチを離れた時点で、蓮は撮影が終了次第その日の内に帰ると伝えてある。
撮影が終わったのも、満月が遥かに昇っているのが見えた時で、そっとMs.Woodsの待つ車に乗り込んだ。


_____ 蓮ちゃん、おつかれさま・・・

Ms.Woodsと顔を合わせて、撮影どうだった?と聞かれても、キョーコの事は話せない。
まだ、誰にも言えない・・・心の中にそっと彼女との事はしまっておいた。

恋と云う気持ちが膨らみ募る心の感情を、この人も・・・

今までに言葉に出来ない苦しい程の想いを感じて、こうして今はきっとどうしてなのかが分かる人生を送っていると、髪を染めている間、目を瞑って考えていた。


ホテルまでの道のりに、明るく照らす満月の明るい闇を一人で歩いていた。
広い芝生のあるプールサイドで・・・スプリンクラーが撒いている霧の中を抜けて振り返っても、今日はその霧の中に虹の世界が見えなかった。

きっと大人と子供に見えるものは変わり行く自分の成長と共に、見えなく成って往くものも有るのだろうと思っていた・・・


プールの水際で水面を見ながら歩き、遠くに聞こえる波の音を聞きながら、その水辺に映った自分を見ていた。

水の中に映る自分は、空高く上った満月の明かりを背中に浴びて、その光の中に輝く自分の貫ける様に透き通った色の自分が・・・そよそよとパームツリーの葉を揺らし その音を奏でている風に揺れる水面に、ふわふわと漂う様に映っていた・・・


もう明日の撮影で朝の早い他のモデル達は、皮膚の薄い俺達にすぐできる隈や浮腫み、それに肌の調子を気遣って寝てしまっている。

肌質の違う俺達白人にとっての外でのロケは、ただ部分的に真っ赤に腫れる様に焼けてしまうから、サウナで汗を流したりお風呂にゆっくり浸かったりして肌を柔らかくした後に、火照りを押さえる様に冷たい水を浴びたりして、明日の撮影の為に各自時間を過ごしたのだと思う。


その静かな廊下を抜けて・・・

久遠の為に用意された部屋に入った。



髪の色を直して戻ってきたホテルの鏡に映る自分は・・・


今撮影してきた感情のままの


・・・違う人物、本当の自分になれる未来の姿


その時がくる事は、刻一刻と刻まれる時の流れに乗って近づいていると感じ

微笑んでそっと鏡の中の自分に手を伸ばした




もう、怖くない・・・

彼女を心に秘めたまま、自分が囚われていると感じても、人を愛する事は・・・

・・・止められない、心からの想い

それはこの世界にただ一人の彼女にだけ湧く・・・

言葉にならない心からの想い 


その想いを感じる事に恐怖を抱き、人を愛してはいけないと自分の心に言い聞かせて生きて来た。

・・・幸せに成ってはいけないと。


静かに長く息を吐きながら、鏡に向けた手を握り締めていた。



_____ 遠くに見える小さな光の様な幸せだけを見詰めて・・・

. . . どんなに苦しくても我慢しろ . . . _______________



あの言葉を思い出した一瞬に・・・俺は・・・


もしもこのまま息が出来なくなって、意識が遠のいて行っても・・・

彼女の事だけが頭の中に浮かび、彼女の事だけを心の中に想い、彼女だけに自分が埋め尽くされているのならば、自分の中の彼女と一緒に死ねる事が、遠くに見えるちいさな光でもいいと・・・

そう思ったんだ・・・



それが・・・ 愛・・・ 


. . . .なのか・・・・・



外に聞こえる波の音に、窓から入る芝生の空気の香り

満月の光を見上げて、窓の外の芝生を覗くともう霧の様なスプリンクラーは止まっていた。


月明かりで出来た霧の虹の中で、涙を吸い取る魔法に手を伸ばしたあの記憶は、自分の中で幻想の彼方になりつつある今は・・・

ただ、自分の思い出と成って


波の音が聞こえていて、満月の創った光の世界が見えて、心に想いを感じている

・・・この今、

心が落ち着いているこの時が・・・長く、永く、永遠に続いて欲しいと


そのまま目を閉じたら・・・

・・・彼女が思い浮かぶ



彼女を心に抱いたまま、消えてもいいかと思った一瞬は・・・






幸せだった 






だから・・・

いつか、敦賀蓮が記憶の中の思い出となる時が来ても・・・



蓮は・・・

彼女を心に抱いたまま



涙と一緒に、深い愛の中にとけて・・・




幸せだった・・・と・・・




     ・・・思うだろう _______________

















Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 08.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray