• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams -38

Category : Story-I of LDs
・・・。

俺は、なにか見間違いしてんじゃねーか?と思いたかった。


ちょー高級外車が正面玄関に横付けされた。運転も丁寧かつ迅速に、一度でピタリと綺麗に収まるように止まった。

おっ!カッケー! 運転も、ちょー上手いじゃん?

(祥子さんも切り替えし無しで、あんな風に路駐うまくなってほしいよな・・・。)

気分良くそう思っていたものの、
そのドアが中から開いて、出てきたのは間違いない。キョーコ。

振り返って楽しそうに笑って居やがる。

キョーコの腕を掴んだ、長くて大きくてしなやかな手。

あれは・・・?

( あの見たことある車・・・、敦賀蓮か・・・? )

その腕がキョーコを引き止めている。

腕を振り払うでもなく、その腕に身を任せて引き寄せられるように車の中を振り返っている。
頭だけ車の中に入れて、何してるんだ?

( おい、お前も芸能人だろ!パンツ見えるぞ!!)

そう思っていたら、掴まれていない反対の手で、スカートの裾を押さえた。
何か、動かない。
何してるんだ?

出てきた時には、手に、カードのような物を持っている。

( なんだ?あのカード?カードキーか?家の?)

ドアを閉めて、車が見えなくなるまで手を振っている。
手にしてるカードを財布を出してしまっている。
財布をしまうその手で、鞄から出した物。スマートフォン。
携帯をみながら、ロビーに入って行く。そのままその足でカフェテリアに入ってきた。







キョーコは、蓮に正面玄関まで送られていた。

正面玄関だと人目に付くから。と、言ったのに、蓮に、だーめ。と言われ送られてきた。

ドアを開けて、降りようとしたら、蓮がドア開けるよ。と、言ったけど、人に見られたら困るからダメ。と言った。


キョーコ。
愛してるよ。


そう言われてその胸に抱き寄せられた。
いくらティントの張った中が見えないようになっているとは言っても、見えていそうでダメ。と、急いで降りた。


もう、大丈夫だから。
蓮も仕事がんばってね。

あっ、私、今日は21時上がり予定だから・・・
蓮、23時予定でしょ?
どうする?ご飯食べてくる?


それじゃ・・・。


キョーコの腕を優しく掴んで引き止めた。
腕を引っ張るでもなくいると、キョーコから顔を中に入れてきた。


どしたの?
早くしないと社さん待ってるよ。


大丈夫、きっとコンビニ込んでるんじゃないかな。
お昼時だしね。

そうそう、コレ。
家のカードキー。暗証番号は後でメールする。
誰かに聞かれたらまずいから。


うふふ。
奥様みたい。


えっ、奥様でしょ?俺の。


はい、そうですね。


じゃ、行ってらっしゃい。
私の旦那様。


そう言って、自分から蓮に唇を重ねた・・・けれど、ちゅっだけじゃ物足りなくて、ちょっと長めにキスした。



行ってらっしゃい。のキス。
課題でしょ?


蓮は、真っ赤になっている。テレビであんなに激しい事、お茶の間に見せてるくせに。って、思った。


じゃ、キョーコも・・・
ちゅっ。

・・・行ってらっしゃい。


蓮からも、行ってらっしゃい。のキスがされた。


21時ね。キョーコの上がり。
巻きでがんばるから、なるべく早く帰るね。
メールするから。


うん。私もメールする。
じゃ、がんばろうね。


バタン。ドアを閉めて早く行って。と合図した。もう、社さん絶対待ってるって。
名残惜しくて、見えなくなるまで手を振った。

( そうそう、なくしたら大変。)

慌てて、お財布を出して蓮の家のカードキーをお財布にしまった。
鞄に手を入れてそのまま、iPhoneで時間を確認したら、あと1時間近くある。

(よし。予定通り。ご飯、ごはん~。おなかすいたな~。)


ロビーの横にカフェテリアがあるのを知っていたので、お昼はそこで食べる予定だった。
さて、何食べようかな~?
お盆を持って物色していると、目の隅になにやらブラックなオーラが漂うことに気づいた。

げっ!ショータルォオーォ!

(見られた?あの席から?)

ま、敦賀さんは車の中だったから、大丈夫かしら?そしらぬ顔してよう。ついでに反対の席に行こう。

そそくさと離れ、携帯とiPadを出して、ご飯を食べだした。


(おっ!)

うふふふ~。やっぱり思った通り。

一般用にwi-fiがここなら入る。打ち合わせの多いここなら入ると思って来ていた。

しかし、台本チェックをするでもなく、ただ開いただけ~。になっていて、アチラニ漂うブラックなドロドロの渦の塊が気になりすぎていた。

ちらっと覗くと、こちらを見ていない。
よかった。気づかれてない。ほっとした次の瞬間、後ろから声を掛けられて、ビックリしてしまった。


あら、京子ちゃん。
こんにちは。今日はよろしくね。


あ、麻生さん。ごぶさたしてます。
こちらこそどうぞ宜しくお願いします。


立ち上がって、お辞儀をすると、麻生さんは、ショータローたちに手を振った。


あ、尚。キョーコちゃん来てるわよ。

(キャァーーー!!!!やめて~!麻生さ~ん!)


あら?キョーコちゃん、こんにちは。
よろしくね。


祥子さんは、こっち向きだったので直ぐ気が付いた。


ほら、尚。キョーコちゃん来てるわよ。
うふふ。


(うふふ。じゃねーーー! 今の見てなかったら気分良く出来たものをぉぉ。)

いや、普通にしてやる。後でまた吐かせてやる。仕事終ったらな。そう思って一般人なら溶けて無くなる最上の笑顔でキョーコを見た。


お、キョーコ。一昨日ぶり。
今日は、若奥様風じゃ、ねぇな?


(ん?若奥様風ってナニ?一昨日? あぁ、そうそうコイツ、久遠に結んでもらったスカーフをぉぉ~! よくも~!!! まて、待て。仕方ない。クライアントだ。こいつは今。)

平然としてこちらも、毎度、おなじみの~、営業スマイル+若女将お辞儀を返してやる。


今日は、宜しくお願いします。
祥子さん、麻生さん。


顔が尚に向いているのに、祥子さんと麻生さんにだけ、なぜか挨拶してしまった。
不自然だよな・・・。仕方ない、クライアント、クライアント。と自分に言い聞かせた。


不破さんも。
・・・どうぞよろしく。


(ん?おかしいか? でもコイツ、松太郎ってかくしてるんだよね。確か。)

ま、なんでもいいや。グ~、、、ご飯たべたいな~・・・

そう思っていたら、麻生さんが上から言った。


あら、キョーコちゃんもiPadとiPhone持ってるんだ。
じゃ、簡単ね。


(はっ!しまった。台本。)

焦って、台本を隠そうとしたら、五本指で昨日教わったとおりにスライドしてしまった。

(ぎゃぁ~!見てる?見ないで~!?)

慌てて、両手で画面を覆って言った。


すみません。
台本は誰にも見せられない契約なので。


うふふ。知ってるわ。大丈夫よ。
それより、その写真どうしたの?


(ヤッパリ・・・ 見たわよね・・・。)

その写真は、さっき社さんに見せていたプロフィールにも載っている物だった。

(ん! でも、まぁこれなら公だからいいか。)


あのコレは、プロフィールにも載っている写真なんです。
どうぞ、新しいイメージでも宜しくお願いします。


へー、他にはある?


あ、ええと・・・、
見せていいものと見せてはいけないと
・・・事務所から言われているものと・・


しどろもどろに答えていると、麻生さんから、


あぁ、プライベート?
事務所じゃないんでしょう?


(う、そんな様なものですが、察知が早い・・・。)


LMEのタレント名簿に載っているのね。
じゃぁ、そちらから見させて貰うから。
安心して。


ありがとうございます。


へー、キョーコちゃん脱いじゃうんだ。
じゃ、それも・・・いいか。


なにやら、麻生さんのブツブツ独り言が聞こえてしまった。


じゃ、新しい、イメージで宜しく。って言われたので、
私たちも、その期待に答えるから。

どうぞ、宜しくね。
京子さん。


そう言って、右手を差し出されてしまった。

(シマッタ!、、、私、取り返しのつかない事、言った!?)

引っ込めるわけにもいかず、出来ません。と、あのあそこに座っていやがるワガママ俺様と同じ様に言ってしまいたい。そんな事をしたら、大魔王が・・・。

(ナニ!? 出来ないって断ったの?仕事。 プロ失格だね、キョーコ。じゃぁ、俺との仕事も断れば? 夫婦なんて分からないので、出来ません。って・・・
配役の変更なんて、この業界、日常茶飯事だからね。そしたらどんどん落ちていくよ。)

えっ!椹さんまで~!?追い討ち!?

どこやら、ちょっと小さめの小部屋に行って、顔が引き攣ってしまった。


はい。どうぞ宜しく・・・
オネガイシマス。


(最後語尾がカタコトだけど、スマイルスマイル・・・。営業スマイル・・・。)



じゃ、ちょっと尚に用事で降りてきただけだから、また後でね。
ごめんなさいね、お食事中に。


そう言って麻生さんは、ショータロー達の所に歩いて行った。





俺は、キョーコとミルキちゃんの会話に聞き耳をたてていた。

生まれつき持っている絶対音感と、人の声や楽器の音色、雑音まで全て誰とか何物とか聞き分けられる聴覚も持っている。聞いたメロディは一度聞いたら忘れないし、一瞬で頭に譜面におこして聞きながら目の前で書けるほどに、音感はずば抜けている。

そんな俺の離れていても聞こえる研ぎ澄まされた耳が、二人の会話をキャッチしていた。

(写真? 事務所NG? プライベート?って、なんだ~!?)

頭の中は、プライベートの写真と言ったら、アイツとかと一緒で。って事か?としか思い浮かばない。

(台本、って言ってたな、その前。なるほどドラマが始まるってことだよな。)


げっ!


どした?尚・・・
何考えてるの?


祥子さんは一言だけ、発した俺の言葉の意味が分からなかった。
たぶん祥子さんには、俺が腕を組んで目を瞑っているだけに見えたのだろう。
でもそれもそのはず、祥子さんの耳には、二人の会話は声の大きさも小さいし周りの雑音に消されて全く聞こえていない。とは普通の人間なら誰しもそうと分かっている。

(そのドラマって、アイツか? なんか、ピアニストとかってのはちょっとどっかで聞いたよな。それに出るのか?京子も?)


はあぁ?

(新しい、新境地? 脱いじゃう?ってミルキちゃん今言ったよな。)


(よし、プロフィールか。)

ね、祥子さん。
ちょっとタブレット出して。


どっち?自分の?
音楽用でいいのかしら?


どっちでもいい。ネットだけだから。
画面の大きい方がいい。


LMEのウェブで・・・あれ?開かない?)


ねぇ、祥子さん。
事務所のタレント名簿、ってどーやって見んだ?


あぁ、それは一般公開されないようにロックされてるわ。
業界だけのものだから。


じゃ、ロック解除して。


そう言ってタブレットを、祥子さんに渡そうとした。


えっ!出来ないわ、私じゃ。LMEでしょ。
アカトキ内だったら社員は見れるけど。
他の事務所のは、仕事の選択権を持っている人じゃないと開けられないのよ。
主任以上じゃないと出来ない仕組みだし・・・。


う~ん。


なに?なに見たいの?京子の?



あら・・・尚あなた、
やっぱり聞こえてたのね。

ま、その耳と声に惚れて、貴方をこの業界に入れたんだけどね。
さすがね。不破尚。あなどれないわ。


ニヤッと笑ったミルキちゃんが、後ろから覗いていた。


で、京子のプロフィールが見たいんでしょ?
貸して、それ。


隣に座って、ミルキちゃんは自分のパスワードを入れてくれた。
話の分からないのは祥子さんだけである。


私もさ・・・今ね、見たいな~って思って。
キョーコちゃんのiPad覗いたら見えてちゃって・・・

興味出たのよね。フッ。


ミルキちゃんは簡単にロック解除して開いてくれて、3人でアイウエオ順の上から下りていった。


あいうえお、かき・・・
京子、あった。


ミルキちゃんが京子のプロフィール写真の画面を開いて見せてくれた。
10枚ぐらいある。
ドラマの美緒、ナツ、一昨日の映画、俺のPVの天使、キュララの高校生・・・

新しく、アップされているのは、今まで見たことの無い京子の写真。

無邪気に微笑む京子、凛と気高く立つ京子、どっかでみた昔の映画の有名な女優の様な京子。

・・・そして、驚いた。


ランジェリー一枚で、キスを強請っている様な表情!




え~っっ!!!
うぇ~え~!
えぇぇ~~~!

三人で、以外にでかめの声を上げてしまった。


(首・・・、く、く、くびに・・・首、首にキスマーク・・・付いてる。アレだ!)

ピンときた。一昨日隠してたヤツだ。


これ、いつアップされた?
ミルキちゃん?


えっと、あぁ、昨日ね。
・・・もう一つも、昨日ね。


そう言って、スライドした画面は、横たわっていた。



(ふんぎゃぁぁ~~!)


あぁ、これ、キョーコちゃんが持ってた写真ね。
ねぇ、いいでしょ?これ?
私、この表情、ぜひ収めたいわ。

貴方のPVの中にね。



俺は、ビックリなんてもんじゃない。今まで全く見た事が無いキョーコだった。

私は男に抱かれました。
私も楽しみました。
貴方を愛しています。

そんな、言葉が頭に、キョーコの声で聞こえてきそうだった。
(こんな顔、やっぱりアイツ!)

さっきの車から降りてきたキョーコの笑顔にも、見覚えは無かった。アイツがキョーコから引き出した?女にして? 自分の未来にも輝きと潤いを与える為に?

俺は、アイツのここ最近のドラマを思い出していた。
みたくねーけど、テレビが騒ぐから、嫌でも目に入った。京子も出てたあのDark Moon以降、コイツも、ドロドロの恋愛ドラマが増えていた。
もっと、上辺だけじゃない男の色気を武器にした、大人のドラマが増えて、世間をメロメロに腰砕けさせていた。

アイツも大人の役が増えていた。たった4つしか俺と離れていないってのに、アイツがそんなオファーが増え始めた歳から見たら、2つだけだ。

それを考えると、俺のような、恋だけじゃ、アイツには敵わない。そう思った。

もっと、愛や・・・、なんだ・・・?まだ、俺には分からない感情なのか?アイツはそれを持っているって事か?なんだそれ?アイツは分かっててモノにして俺の知らない事って?

それが無ければ、世間から認められない需要ってことか?

アイツの仕事にはまだ幼すぎて入れなかった京子にも、京子の入れる場所を与えてるってか?

・・・それしかない。_____



ねぇ、尚。
いいでしょ?
あなたも・・・。
この京子につり合う様に、がんばってよ。


ミルキちゃんは、京子の情事の後のような表情の写真を、トントンと指差して言った。



ミルキちゃんの期待が大きすぎて、何も言えなかった。
でも、それをしなければ、アイツと肩を並べられる位置に届かないってことだよな。
音楽業界トップになる為にな。それと・・・

男として。_____



フッ。努力するよ。


俺は、腕を組んだまま言った。

すぐに手を伸ばして、テーブルの上のタブレットを取った。
アイツのプロフィールと、久遠ヒズリのヤロウも見たかったので、そのままパスワードを消すことなく、ピンチで画面を閉めておいた。


チラッとキョーコを見たが、キョーコはiPadにイヤホンを繋げて何か聞いていて、ずっとiPadを凝視したかと思うと、画面から目を離してなにかブツクサ、もごもごとセリフを反芻している様だった。

(??? 何か聞いてる・・・)

昔から、音楽を聴いているキョーコを見ている。でも、あん時は俺の曲だけで、お前、今は何を聞いてんだ――――?







Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 30.2013
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray