• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Furious of Love Dreams n.355

Category : Story- F of LDs



流れたオルゴール・・・

昨日聴いて、そして自分でも弾いた曲・・・ リストの甘いメロディ

でも・・・それ・・・ オルゴールの意味 ____________



( コイツは~~~・・・もぉ~~~・・・!)

思わず嬉しくなった時、会場に響き出したピアノの同じ曲。

アイツの小指をあまり使わないで弾いた曲だと直ぐに俺の頭の中の周波数がピッタリ一致した。



(なるほど・・・)

家で練習していたと頷ける、このドラマに使う曲なんだと理解した。

オルゴールから流れた始めの ミの音。 Lisztの曲はレからなのに、オルゴールの音は一つずつズレている事に気付いたのは多分この中で、俺だけだと思える。

直ぐに被された同じピアノの曲に、オルゴールの音が消されるように掛けられていたから。


(いや・・・聞きなれたキョーコもだ・・・。)

そう思ったから京子の左手を思わず取って握り締め、アイツのハンカチをその手の中に入れていた。


_____ その箱の中身は、左手にするものなんだろ・・・?


その思いが京子の手を握っていた。

そうはさせない。イメージが付く前に、俺だってイメージを付けて置きたいという想いがさせた事。



_____ この愛を、この曲と共に伝えたい・・・


そう目を瞑って言っている言葉は、コイツの意欲。

俺にもくれたコイツからのチャンスとキューが分かった。

俳優じゃないから如何しろと言われても何も出来ないぞ。と思っていたけれど、京子が一度俺の手をぎゅっと握った。


_____ 任せて。

そう言っている様に感じたその手・・・


キラキラ光るラメの綺麗な白い手は、女優京子の賜物。
そう・・・女優だ、京子は・・・

アドリブ王&ドラマキングに負けず劣らず、アドリブ返しなのか音の違いに気付いた京子から発せられた言葉に、目を瞑って聞いていた。



_____そうね、この柵が消えたら・・・
  どんな永い夜も、どんな暗い闇も、きっと終り、
  永い時を越えて、出逢った喜びは、どんな事だって・・・
  乗り越えてゆける
  ・・・わよね? 蓮・・・


フッと笑って聞いた言葉。
やっぱり、キョーコは音の違いを判別して、この言葉を言ったと思った。

なんにせよ、京子の望みはよ・・・


_____ 誰が、美味しく、上手に食べてくれるか・・・? なんだよな ______


そうだからコイツ敦賀蓮が俺にも、フィールド違いのアウェイの場で、同等の立場をくれていたんだと気付く。


_____ そう、その時まで・・・


続けて言ったアイツの顔は、楽屋で見たような顔じゃない。いつものテレビで見る顔だと思えた時に、京子の手がするっと抜けていた。

アイツのハンカチを持って抜けた手が、アイツの膝に照れもせずに座って首を傾げ、あいつの空いた手にハンカチをそっと手渡して返していた。
新しい今まで見たこと無いタイプの敦賀蓮に、倒れる人がいる中で、全く照れも何もない京子の態度に悔しさを覚えた。

昨日の電話から聞えた声を思い出していた。


甘いメロディ・・・

今流れているこの曲を弾きながら、二人で過ごす落ち着いた甘い時間。

夫婦とイメージできる光景が、頭の中に想像させた、電話口の会話。

毎日を、二人はそうして過ごしていると思わされたこの、敦賀蓮 慣れした京子に・・・



京子の膝の上で握り合ったお互いの左手同士・・・

いつかこの二人が本当に結ばれる為の、光の中にある人生に向かって行く事を思わせた。


でも、そうだよ・・・
俺の曲、そのままだよ、それが・・・


左手同士を重ねあったままの京子のドレスの上の手は、後ろの映像と同じ様だと思っていた。

後ろに立って抱きしめる事も無く、お互いの左手を握り合ったまま流れる甘いメロディ。


その結ばれた左手で小指を使わないで弾く曲調の中で、握り合った左手同士の親指はそれぞれの小指を包み撫でている事を見ていた。

キョーコが無意識に撫でるアイツの小指にはきっと、いつも指輪がされているのかと思った。

指輪の無い今のその指にも、指輪をしているだろう付け根を撫でている・・・



「 今回、主題歌を担当してくれた
  不破尚君による・・・主題歌の披露を・・・」



その言葉に、はっと我に返って目の前を見た。

リストの曲は終りかけていた。マイクをADのようなヤツに渡されて、Love Dreams の後直ぐ入ります。と小声で言われる。


(ふ~ん、Love Dreamsだったっけか、この曲・・・)

なるほどな・・・夢の話だもんな。と目を瞑りながら息を大きく深く吸いこんだ。


左手を胸に当てて、息を吸い切ったのを膨らんだ胸の大きさで確認してから、ふ~っと長く細く息を吐き出しながらマイクを持っていない左手の小指にキスをした。


目を瞑っていても判る、フラッシュが光った瞬間・・・


この瞬間が、堪らなく大好きで、この業界に居て幸せだと思える時。

ゆっくり目を開け始めると流れる自分の曲・・・ “ You’re with me ”



ミ・ファ・ファ・ファ・ソ ・・・ 
流れる始めのイントロは、オルゴール調に電子ピアノで返還して再編していたこのドラマ用の曲。

さっきのアイツの持っていた小箱の始めの音と全く同じ音階の、音・・・



俺とコイツが、キョーコへの想いを綴る・・・

私欲も兼ねて・・・

・・・トップを走り続けてきた俺たち自慢の、それぞれの仕事の中に潜めた想い

始まったばかりの俺たちの戦いは、同じ位置からだと言う事をコイツは言っているのだと思えた
アイツの差し出したオルゴールの始めの同じ一音。


_____ 君への愛を・・・この曲と共に伝えたい


アイツが言った言葉をそのまま、俺も想いを乗せて歌いたいと思った。

アイツが差し出した挑戦状は、同じ音から始めた・・・


・・・同じ場所からのスタートを感じて ____________




_____ 同じ時・・・ 

  過ごしたら、もう少し分かり合える・・・

  もう二度と・・・

  戻らない、瞬間を二人で居る・・・



息と共に始めた最初のフレーズ。目を瞑って歌い出していた。

し~んとしていた場内に、ざわめきが起こり始めていたのが癇に障る。
目を開けて記者席を見ると、全員が俺に、そして敦賀蓮と京子と監督にシャッターを切っている。

横目で二人を見ていた。

いつの間にか二人は手を離していて、相変わらず立ち位置は同じ、抱きしめられる位置で立っていた。

アイツと京子を見ながら、心の底から声を出そうと決め そちらを向くと後ろのスクリーンには、ドラマのオープニング映像が流されていた。



____ 僕らの愛は、どこへ向かうのだろう・・・ 


  明日もし・・・悲しみが・・・


  ・・・・ 君を、苦しめても____________



後ろのスクリーンには、重ねられていたポスターと同じ手のアップが引いて、二人の全体を映し出していた。


アイツの前に足を横に長く伸ばす京子は、黒いシーツに巻かれていて体を隠しているものの後ろのアイツの上半身は裸だった。

足を組み合ってアイツの太ももの上で二人の手が重なっていた。


微笑み合っているその二人の距離があまりに近い、と思うよりも先にアイツがウエストに腕を回して京子の首筋にキスを落としていた。



____ 永い時を越えて・・・出逢った喜びは・・・

  ・・・どんな事だって、乗り越えてゆける思いさ・・・



歌いながら、んえっ!?と思っているが仕事には執着心がある俺。
とりあえずきちんと、歌をまっとうしようと心に頭に決めるも、映像から目が放せなかった次の一コマ


京子が、ちょ~かわいい。んで、エロい その後姿の裸。
振り返り肩に顎をのせて、カメラ目線で微笑む見たこと無い顔、好き。って言われている感じがした。



____ 君の心の傷、僕が光に変えてゆく・・・

  ・・・今君にそっと、・・・歌うよ・・・


それにも増して、次に出たのはアイツ… 肩膝を立てた上に腕を乗せ頬を寄り添わせ流し目で微笑む顔は いつもの妖しさはなく、大好きだよ。と言葉が聞える様な、京子のその前の一コマとリンクして撮られている。
・・・んで、もちろん上半身は裸だった。

(やべ~・・・これから抱きます、抱かれます感、満載・・・)

こないだの抱かれたい男no.1の色・艶っぽい写真とは違う、温かい純真な愛情の笑顔。
二つのそれぞれのカットが、二人のコレカラを、どうしても想像させてしまう・・・


オルゴールの音に変えたイントロ中・・・

・・・画面を見ていたら視線を感じる・・・


でもそんな事はどうでもいい、画面から目が放せなく成っていた。

二人とも黒い服を着ていた… 京子がお辞儀をすると、胸に手を当ててお辞儀を返すコイツ。
さりげなく二人で腰と肩に手を乗せ腕を回し、踊り始めた。


顔を見詰め合って微笑むその二人に、幸あれ・・・


・・・咄嗟に思った今の言葉。
黒い衣装と黒いバック、でも黒にも映る二人の重なった黒い影・・・

影が踊っていた。二人が微笑み合って踊る姿に、後ろに写った黒い影までも。黒のバックに映り動き踊っている同じ動作の影が・・・二人は幸せで無いと、俺には見えていた。

影と黒い二人の悲しげな幸せのダンスの映像



____ 恋人と、呼び合える、幼すぎた日々の中・・・


イントロが終って歌い出すと、二人そろって今のダンスと同じ衣装のまま床に座っている映像。

京子が途中までアイツを脱がしていて、自分でその後脱ぎ出したアイツ・・・
両手で裾を持ってゆっくり上げながら一度止まってカメラを見た。
タンクトップから頭を脱ぐと、フルフルっと頭を振って髪の乱れを直し、さらさらの髪質が顔に掛かって、ナントモ言えない色気・・・

そのタンクトップを持ったまま、向かい合わせの京子であろう京子は写っていないけれど、肩紐がその手で外されて、肩からスルッとタンクトップと一緒に落とされた。



____ 幾時の日か、少しづつ、愛を感じ始めてて・・・


でもその後の京子は、血の気が引いたような強張った顔のアップになって小刻みに震えているのが分かる。

涙を浮かべている目元に、唇が震えている・・・

こんな表情を何時の間に出せるように成ったのかと思える程の顔。そう・・・

俺のプロモの中にも収まった、戸惑いの様な不思議な表情を思い変えさえるが、少し違う。


腕を前に伸ばして誰かを呼んでいるような、その映像。
アイツの姿は映っていないけれど、京子に向かって差し出された男の両手だけが映っている。



____  二人の愛に・・・今、誓い合おう・・・

  ・・・ 君となら、悲しみに、 ・・・・立ち向かってゆける


京子の腕を摩って鳥肌を和らげようとしている手。そこからカメラが引いて二人のアップに成ったけど、何かを言いながら片手を伸ばすと、胸に京子を抱き寄せた京子だけのアップに変わった。



____ どんな永い夜も・・・どんな暗い闇も・・・

  ・・・きっと終わるだろう、 ・・・・今ならそう、信じられる

  僕の心の闇・・・、いつか光に変わってゆく、

  ・・・今、君が傍にいるから・・・



その胸に抱き寄せられた京子だけの顔のアップは、京子が俯いて目を閉じると、真っ白の光が画面を白く消した。

・・・真っ黒の影の様な闇の世界から、突然真っ白の世界に変わった。


京子が上を向いて両手を上に伸ばして見詰める、上からのアングルのカメラで撮られたアップの中に、白い羽がふわふわと雪の様に除々にゆっくり降ってきていた。



____ 永い時を越えて・・・ 出逢った喜びは・・・どんな事だって、

   ・・・・乗り越えてゆける思いさ



上を見詰めたまま、両手を上に伸ばした京子の左手の薬指が、きらっと輝いている。
羽が舞い落ちる中で瞬きをしたスロー映像。

京子が・・・

大粒の涙を一粒だけ、頬を伝う事無く・・・

その涙はきらっと輝いて胸の上に落ちた

・・・と思ったら、上からふわふわ舞い落ちる一枚の羽がその涙の落ちた胸にくっついている・・・
と同時に、目に入った・・・

最近流行ってんのか?LMEでは…、と思わせるキスマークがさりげなく、首の同じ場所に付いていた。

一番始めに写った、首筋にキスをしたヤツ・・・?でっか?と直ぐに気付くそのキスマーク。

黒い影の中で愛し合う二人の悲しい幸せが、これから報われる様にと光の中に映し出されたキスマークに・・・ もう、幸せに成って欲しい~・・・と思ってしまった。



____ 君の心の傷、僕が光に変えてゆく・・・



( 心の傷・・・)

自分の書いた歌詞が、どうにもこうにもピッタンコ過ぎるほど、胸の上に落ちた涙と羽。

そこにアイツの手が伸びてきて、京子の髪や肩に付いた羽を一枚一枚手の平にキスをしながら乗せて、胸についたその羽ものせ両手で包むと、ふ~っと二人で吹き合って、ふわっと舞い散る羽が、色とりどりの光に変わり消えて行く。

京子のさっき見たネイル・・・

そのネイルを思い返される様に、同じ輝き。

羽の光が落ちてゆくと、両手を差し出した京子の手が、綺麗で・・・
・・・そして輝く左の薬指のネイルに目が行っていた



____ 今 君にそっと歌うよ・・・



光と羽の舞い散る中で二人は唇を重ねあい、そして引いたらキスをしながら その光った薬指にそっと指輪をはめようと・・・目を瞑ったまま握った手を緩めるアイツ。

二人のナントモいえない幸せそうな笑みに顔がほころんでしまう・・・

さっきの、京子のワナワナ震えていても泣かなかった顔と全く違う、こちらの勝手に落ちた涙は、逆に幸せそうだと思えた。



____ ・・・今、君が、傍に・・・


指輪をはめるのだろうけれど、その手のアップは京子のラインストーンの所で羽が降り積もって、羽で覆い尽くされ見えなくなった。

たくさんの羽だけのアップから画面が変わって引いてゆく・・・

俺も、ゆっくり歌い続ける様にしたいと思っていた。



____ いるから ・・・_______________


最後に思いっきり伸ばして声を出し切ると、アイツが羽に埋もれて幸せそうに微笑むカットになった。

うつ伏せに寝転んで、組んだ両腕に顔をのせて目を瞑り微笑んでいるそのカットは・・・


・・・抱かれたい男と同じポーズ

なのに、あの写真と違う、愛の顔・・・色気ではなく安心感を漂わせて目を瞑るその顔は・・・


眠っている様だと思った。



_______________ “ いい夢を今夜も・・・”_______________



その言葉が、そういやDreamsだったっけ・・・と思い返された。



( だったな… )


・・・・・・・ふとドラマの中の話だったと我に返る。








Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 13.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray