• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Furious of Love Dreams n.352

Category : Story- F of LDs




_______ 京都へは、仕事。

ついでに、思う存分お袋の味を堪能してきたら? Ren _______




そして・・・

甘いピアノのメロディに・・・

甘い会話・・・

二人の甘い時間・・・



_______ Liszt - Love Dream



あいつの心が、キョーコによって癒されて弾いていた甘い曲調の楽譜が頭に浮かんでいた。

祥子さんのマンションに帰る予定だったけれど、スタジオに向かってもらった。


どうしても・・・

この頭に浮かんだ楽譜通りに弾いてみたいと思ったからだった。



「 尚、じゃぁ・・・
終ったら電話して。」


「 ん、ごめん祥子さん。
徹夜に成る様でも、電話する。」



分かった・・わ・・・ と、最後まで言葉を聞く事無く、車のドアを閉めて急ぎ足で自分のスタジオに行き、ドアを開けて直ぐにピアノに向かった。

蓋を開けて赤いフェルトの布を巻く事無くピアノの上にポンと乗せながら、片手で高音から低音の端から端までの鍵盤の上を指で滑らして、ジャラララ~~ンと ものの1秒で全ての音が合っているか確かめた。


椅子に座り、目を閉じた。

鍵盤の上に両手を置いて息を深く吸い込んだ。


右手の親指で最初の音を出し始めたら、アイツの弾いたとおりの楽譜が頭に浮かぶ。左の和音とも合わせるように、勝手に手が動き出した。


・・・アイツの弾き方。


勝手に手が動き出すように、鍵盤の上を両手が曲を奏で出す。

目を瞑っていると、アイツの気持ちが湧き上がってくる。



アイツは・・・



・・・どうして、俺に聴かせたんだろう・・・?



ドラマの役だけじゃない、どうしても本気でキョーコを思って弾いているとしか思えない程の・・・

・・・ス~パ~、ちょ~甘アマ、激メロ. . .


こんな甘々~メロディを、ドラマで弾いたら・・・ ワンサカモリモリ腰が砕けて、接骨院が儲かるな・・・ なんて思いながら弾いていた。


右手、高音の小指・・・

しっかり音を出すように、強めに置いている。

右手、低音の親指・・・

音が強調され過ぎないように、注意を払って置いている。


左手・・・ 右の親指に反して、しっかり音を出して、小指はほとんど使ってない・・・?

ん・・・? あれ?


_______ 小指で出すはずの音が、薬指で引かれている事が多い。



なんでだろ? ・・・

そう思い目を開けて確かめた。自分の勝手に動き出して、同じ様に弾いている手を見ていると、自分の手では薬指では届かない箇所になると、親指を離すのが早くなって、アイツと全く同じようには弾けない。


(なるほど・・・手がデカイから出来る事なんだ・・・。)

そう思ってさほど気にしないでいた。

弾き終わって、タブレットを取り出しもう一度、録音しながら弾いた。今度は楽譜を置く所を見つめて弾いていた時、気付いた事。それは・・・


黒いピアノに写った自分の顔。


目が・・・

・・・ 柔らかく微笑んでいた __________


ん?と思いながらも、録音中だったので止める事無く そのまま顔を見ながら弾いていた。

でも、どうしても左手の小指のパートを薬指で弾こうと意識し始めたら、そちらに視線が行ってしまう。


_______・・・!

弾き終わってもう一つ思い当たった事があり、フフッと鼻で口角を上げ、思わず笑った事・・・



ブッ・・・ 
・・・フッ・・・
あははは・・・



思わず笑い出してしまった。

電話の向こうの弾かれた曲を、頭の中に思い浮かべてみて、よ~く考えたら・・・ 腹を抱えて笑い出してしまった。

(なんだよ~・・・あははっ・・・なるほどな~~~)



______ なぁ~んだ。ロール鍵盤か・・・


iPadに繋げて弾いているのか。ナルホド・・・。

平らな鍵盤の画面の様な物だったら、押す事無い鍵盤。触るだけだったら手のデカイ アイツには、小指パートが薬指になって、右手の小指は届きすぎて強めに成っているだけか。


( なるほろな~・・・ははっ…)

意味が分かったので、よし!としてタブレットの録音を止めた。
自分の絶対音感がモノを云ってくれて、スーパー親に感謝した。こんな能力を・・・


ふっと目を瞑り、ピアノに手を置いたまま微笑んだ。

初めてアイツから貰ったメールが頭に蘇った。



_____・・・ ありがとう。



心から、親に今、そう思えた。_____________

そのまま目を開けたら、自分の微笑んでいる顔がピアノに映っていたその・・・笑顔。


自分でも今までに見たこと無いほど、柔らかい微笑だと思った。 __________


両手を前で組んで自分のその握った両手にキスを、自分がいつも歌う前の様に無意識にしていた。

本番前の祈る時と同じその光景が、ピアノに写っていた。


・ ・ ・ 感謝か・・・


俺は・・・

キョーコに感謝をした事が、一度も無かった。



アイツは、夕飯を食った後弾いていたと思われる・・・この、今さっき聴いた曲を・・・

キョーコに感謝を込めて弾いていたんだ・・・。



そう思ったら、アイツに負けていると思えた、愛し方の違い __________



心の底から笑顔になって、幸せだと言っている・・・
・・・アイツのピアノが、アイツの気持ち。

気持ちを込めて弾く、その一つ一つの指の動かし方にも、自分が思い描くイメージを完璧に追い求める、アイツらしい仕事熱心さ ・・・からか、なのか?

それとも、運命の人と思うアイツの本心の成せる技なのか・・・?


う~ん。


腕を組んで考え込んだが、それはアイツにしかわからない感情で、心の中の問題。


ピアノの方は、もういいや。と思いつつ赤い布を掛けて蓋をし、電話を出して祥子さんにかけた。
タブレットのメールを見ながらかけた電話。


____ 京都へは、仕事。
ついでに、お袋の味を堪能してきたら?Ren ____


(そうだな・・・それでも、いいか・・・)


キョーコを連れて京都を家出してきてから、もう4年・・・

一度もメールも電話も、もちろん会いになんて行ってない。


アイツに感謝だな・・・


ありがとう。と、素直に思えた無意識の事。

親に感謝なんて出来るような自分が居る事に、可笑しくなった。

鞄にタブレットをしまい、スタジオの電気を消した。



壁の高い所に開けられた明り取りの窓から、さっき雨を降らせた雲は消えて、満月の光がスタジオの中を蒼白く映し出し、ピアノの上に光を落としている。


その光景を何気なく見て・・・

アイツのメールを思い出し・・・


・・・心から、ありがとう。と 思って・・・ドアを閉めた。_______________




マキアートね~・・・


さっき聞えたキョーコとの会話。
マキアートって云ったら、アレだな・・・ 石橋の名前がわからねー二人組と、貴島のやっちゃが飲んでいたヤツだな。

そんなことを思い浮かべながらも、思うのは・・・


今度・・・

・・・もし機会があったら、また、アイツのコーヒー飲みたいな ______



いい気持ちでベンチに座っていたけれど、5分で来る祥子さんがまだ来ない・・・

(どうしたんだろ?)

そう思って電話を取り出してかけ様としたものの、運転中。
電話に出れるわけね~な・・・と思い、暇つぶしにメールを見ていた。

それから10分・・・ _______

祥子さんが来て車にのったら、深夜工事の為遠回りして帰る。と言って、その通り道に何も思っていなかったけれど、気付けばキョーコのマンションの前に差し掛かっていた。

信号で止まる事無く通り過ぎた時に車の窓から覗いた、キョーコの部屋。

電気が点いているけれど、そこにキョーコがいない事は分かっている。

キョーコは今、アイツの家でマキアートを飲んでいるという事は、定かな事だった。



アイツは・・・


スキャンダルを気にしていないのか、堂々とし過ぎてないかとも思える大胆な、助手席に乗せる事。

もしフライデーされても、ドラマの夫婦役です。とか言って、宣伝すんだろな~。と思いながら・・・

キョーコのマンションから視線を外し、祥子さんに話しかけた。


「 ねぇ、あのさ俺・・・」




Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 10.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray