• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Prelude of Furious of Love Dreams

Category : Story- F of LDs
.


_________ LUSTily RUSTic ・・・  the DOORs



その光り輝く未来の自分を見詰め始めた この瞬間 ・・・




The Radianceに繋がる、虹

七色の耀きで繋がっていると感じ始めていた。



一つ・・・

約束の時間に開けられた、倉庫へのドア



一つ・・・

迷いも無く無数の鍵から選ばれた、たった一つの鍵で開けられたドア



一つ・・・

無数の鍵を見えない様にしまい込まれて、開けられたドア



一つ・・・

音も無く場所すら人には判らない擬似の錠が開ける鍵で、開けられたドア



一つ・・・

幾つかの鍵の掛けられた擬似扉は一つの扉として、開けられたドア



一つ・・・

暗闇の中に一つだけ小さな光を灯し、その光に自分が手を伸ばして、開けたドア



一つ・・・

誰も足を踏み入れられない隠された空間から出た場所への、開けられたドア



_______ そのドアの先で見つけたのは、過去の自分


RUST-ic  錆びた自分・・・心が満たされずいつも一人、自分を隠して生きて来た軌跡

でもその LUST-ily 栄光の証は、いつも一人で戦って心細かった自分の軌跡


敦賀蓮と云う名の偽名の人生を・・・


Ms Woods 森の魔女と王様に創られた、見せ掛けの王子

眠れないまま走り続けた人生に、LUST 栄光に輝かしいと賞賛を受けても

自分には・・・

RUST 錆び付いて鈍った本来の自分。
錆の中に埋もれたのは、純真RUSTICな自分が、そのまま居ると


栄光の証の偽名の自分に、Foe ライバルとして向かい合った。



そうその先・・・


7つの扉を開けたここまで、もう一つのドアの先には



________ Love Me

どうか自分を愛して・・・



この言葉が目に入った。



最初の一つには・・・この時が来た。と感じ・・・

二つ目には、迷い無くたった一つの未来だけを選んだ。と感じ

三つ目には、たくさんの今までの過去を闇の中に閉じこめて、開けたと感じ

四つ目には、世の中に姿を隠したまま偽名の自分が手を貸したオファーの変更だと

五つ目には、偽名の自分から新しい自分へ、すぐそこなのか、それとも少しだけ近い未来なのか、それともずっと遠くに光る未来なのか、全てが未知の判別できない未来を想い

六つ目には、新しい自分の人生が始まったと感じた瞬間で

七つ目には、過去の栄光が錆だと感じて・・・



そして、 “ 8 ” Number Eight



自分のラッキー・ナンバー

無限大 INFINITY ∞ このRe Luck の魔法が・・・


自分に見せた・・・ Love Me どうか自分を愛して欲しいと思った



RUSTIC 本当は純朴なままの自分だと、愛に怯え拒んで生きた自分をどうか・・・


このInfinityの魔法へ願いを込めた。








________ ここまで・・・






幾つの扉があったのだろう。

その数を思い出すと、あと数個のドアがある。



約束の時間に開けられるドアの前・・・・


・・・始めの一つ

社さんと乗ったエレベーター。
スター専用などと呼ばれる栄光を手にした限られた者だけが乗ることを許されたドア。

でもこの空間は限られた狭い空間で、Space空間であって・・・

Space – Black Sky と呼ばれる、光の届かない果てしない空間に瞬く星の闇の世界


限られた狭いこのSpace空間で、社さんと二人三脚にStarと呼ばれて栄冠を勝ち取ったとしても、自分には・・・
限られた狭い空間の中に押し込めた偽名の自分であると思っていた。

今までの敦賀蓮として生きた、日の光を浴びて自分が輝いている様に表立っていたのかと、自分の心に問うてみても
それは、闇に自分を押し込めてこの同じ様な狭い空間の中に光を浴びているだけで、ここから出ることは不可能だった。

Instrumental of Dream ____________

今までは、ただの. . .夢の道具に過ぎなかったと・・・


・・・次の一つ

社さんを置いて一人で降りたドア。
そのドアが閉まり動き出すのを確認して、自分の独りでの人生を始める為に歩き出した。

コツコツと響いた一人きりの足音に、自分の人生はこれから、一人で自分で進むのだと思っていた。そして・・・


自分の歩き始めた独りでの未来の

7つの想いを感じたドアを開けた先に・・・


その最後の砦


ラスボスがその最後のドアの向こうに居る。

その最後のドアに書かれた、 Love Me ___________



自分の生まれ育った母国では、この数字が重なった時 掛かると言われている。


MAGIC 魔法 ___________


___________ Number 11 Eleven


( 某コンビニエンスストアも、由来はそこからなのか・・・?)

それはどうだか分らないが、朝7時から夜11時だった気もする。でも普通のスーパーが朝5時から深夜1時までやっている。その方がコンビニエンス(便利だよな・・・。)とは思うものの、まぁ関係ないのでそれは置いておく。


この様に、古くから魔法のナンバー Magic Number 11 ELEVEN として伝わる数に

自分の母国から来たままとして・・・

この魔法の数が揃った、新たに始まった自分の人生の時を心の中に感じていた。


この先の11個目のドアの向こう






___________ 11 ・・・・


この始めの1が重複した、二つの “ 1 ”


二人の、The ONE を・・・



白に始まる、一(はじめ)1(始め) と例えて・・・

黒から始まる、一(はじめ)1(始め) と例えて・・・



それぞれの輝きを創ろうと思い描いていた。



これから先、アイツ・・・
アイツにも二人から二倍で何かが出来るとも、思い描いて・・・



Instrumental 自分の今までの過去の栄光は、

ただの社さんとの二人三脚で、限られた狭い空間の中に籠の中の鳥

でも綺麗な大きな羽が生えた自分


羽ばたかせたい・・・


その夢を籠の中でどんなに待っていたのだろう




________ その空は、果てしなく広い . . . . .




この星が蒼に漆黒の宙から見える様に、透明な水で覆われた深い海.

限りなく透明な水が鏡の様に映して、光の屈折に人の目に見える海の水色は・・・

蒼空の色

太陽からの光の中で、大気の中に混ざる海からの水滴が、ブルーライトの屈折だけを大きくする
果てしなく広がる深い海 Deep Sea の映した空・・・


光の溢れる明るい、眠らない白夜 White Night の空も

一つの月が照らし続ける、薄明るい闇の極夜 Polar Night の宙も

多色に耀く無数の星たちが瞬く、果てし無い漆黒の宙 Black Sky も

乾いて凍てつく砂の大地 Icy Desert には、雲など靄る事の無い空に

光り輝く御伽の国 the RADIANCE には、七色の架け橋が現れるそのもっと向こう側に



綺麗で大きなこの羽を羽ばたかせて飛べると、思い描いて・・・



自分の未来を自分で想像し、これからその未来の自分を追いかけて

新しい、羽ばたく自分を、創って生きたいと望み、希望 HOPE and DESIRE を込めて。



雲の上から・・・・

そのもっと上の蒼い空を臨み 羽ばたきたい



8 Infinity の向こう、二つの始まりの1の重複 The ONEの魔法の数字

白と黒のそれぞれの一(はじめ) 11

光の白と影の黒 白いThe ONE と、黒いThe ONEは・・・

たった一つのThe One

一つの命と一つの愛から貰った名前を、この一つの心に刻む。


________ The Radiance . . . 

光り輝く御伽の国・・・

There are hillsides on end of golden sunflowers, and in California orange poppies populate groundswells of earth, and in galaxies of wildflowers race up mountain slopes.

それは見えない端まで金色のひまわりで埋め尽くされている様な丘、金色の光で溢れている。
カリフォルニア、自分の故郷の陽の様なひなげしの花たちでその世界は埋め尽くされていると感じていた。
手の届かない見上げるだけの孤高の山の頂には、銀河のようにたくさんの星が集まって輝く光。
様々な色の光が咲いている様に見えたのは、上を目指す欲望が限りなく繰り返され重なり合ってその頂を覆い尽くすまで止める事は無い。


A life lived in such multihued abundance ___________

人生は色々な想像を超えた色で溢れている。

To be flower saluting the sun! Dandelions, too,
There would be flower saluting to the sun with flowing dandelions fluffy seeds in the air,

太陽に近づきたいと、ひまわりは、その憧れから背を伸ばして成長しようと試みる。
小さなタンポポすらも影を作らず足元を覆いつくし、羽をつけて花を広げようと試みた。

Look up past me toward the light of the heavens, and in their simple magnificence don’t even brother to ask of us what we do of them, OR don’t even spirits of matrix to ask of me what I do have to do's.

その空を見詰めれば、その上の天空が、自分の過去の中に見えてくると教えてくれる。
誰にそうと教わったわけではなく、自分の中に残された記憶の残像に何をすべきか自然と感じるのだろう。

Why? . . .
Whether plucked and composted, The weathers are plucked when it is rainy and when it is sunny there will be composted,

なぜ・・・そうしたいのか・・・
それは自然が教えてくれる。人の中に生まれながらに備わっている野生の能力・本能と言うべきなのだろう。
雨の日には深く根付き、晴れの日には光を浴びて育つ。・・・ただそれだけ。

. . . .Or held tightly in bouquet,

でもそれを束ねて飾ってお終いにするには、人生としては短すぎる。

We can only hope to be like them, serene, aware, confident, surely born of simple sun, water and time.

人生には、晴れ澄み渡る心(太陽)と、強く根付き吸い上げる糧(水)に気づく事と、それを育ててゆく為の自信、(時間)が必要で、それが最良の純粋な生き方・・・。

If I am not having hope to doing as well and though. . . .

_____ Just do's the best with confidence



自分の可能性を、信じて・・・

I believe and trust my possibility in my future as my wills can find how’s going to be . . .

いつか、必ず二人のもとへ・・・

I wish I could be on beside two of you in my future with my truth. . .

By THE ONE ・・・
 
I believe I could be made in my future with my confidence, it’s coming from my THE ONE heart
When I hope in the acting and doing model which I always hope under THE ONE infinity hope. . .

俳優としてもモデルとしても自分の憧れである貴方がた、二人の一つの命として
無限の可能性を自分が秘めていると、信じて・・・


I was in spheres and fortifies of celestial fairy's radiance . . . .

要塞の様な城を飛び出してもその領域は、果てしなく広かった。

クーとジュリの創ったRadiance 光り輝く御伽の国の領域が余りに広すぎて
そこから今だ出れないで居ると感じて・・・・



_________ 自分が思い描く自分の未来は、彼女のなくした絵本と同じ世界。

自分が子供の頃に持っていた絵本の一つだったと、その世界を思い描く。
たくさん与えられた絵本の中の一つであった事だけは、眠る前に誰かが自分に読んでくれたと思い出せる。

自分に読み聞かせてくれたのは

・・・クーだったのか、ジュリだったのか・・・

それとも数人のベビーシッターの中の誰かだったのか
それも分らないほどの年齢で、この物語の最後まで聞く事無く眠っていた。


世界に飛び出した妖精は、どうなったのだろう・・・?_________________


その最後は覚えていないままの自分。でもきっと彼女は・・・・・




今はこの思い出さえも、今まで通り心の奥に隠して

自分の一つの心に、二人の妖精を隠そうと _____________



あの夏の日・・・


ツインテールのキョーコちゃんが、泣いた瞳をキラキラさせて、

その涙がまだ溜まった瞳で自分を見詰めてくれていた。



_____ あなた・・・ようせいさん? 
    わたしはね、きょーこ・・・・・



無くなった事が悲しくて、大切に大切にしていた物語

涙を流す場所を求めて歩いて来て、その大切な物語よりも自分との出遇いが

彼女にとって大切だとは・・・


ずっと彼女が大切に持っていてくれた蒼い石


彼女の心からの涙を今までずっと慰めて来てくれた この運命を・・・


あの蒼い石・・・
水のオーラを持ったあの石を、太陽の光に透かして

あの時の幼い君が見た、自分の太陽に透かして変わった色は何色だったんだろう _______________

蒼い石が透明な輝きを、自分には見せてくれていたけれど

君が透かして見た光の色は・・・

君の未来に輝く光の色・・・
自分の持って生まれた宿命が太陽なのだと、無意識にひまわりを選んだ君は・・・
本能が知っていたんだろうね


君は、蒼い石から放たれた光の色を見て、キラキラとその瞳を耀かせて話してくれた。


彼女の無くした絵本の中から

要塞だった・・・妖精の国・・・から・・・

飛び立ちたいと星に幾度と無く願っていた


ここに・・・飛び出した自分が羽ばたいて・・・

けれど要塞の外が余りに広く、王様たちの牛耳る国の中からまだ出ていない

御伽の国の領域は、もっと、もっと、もっと・・・・

果てしなく広がっていて


その領域の広さを感じ、広い世界に飛び出した・・・・・



___________ lustily rustic last. . . . RUS-E

純真な RUSTIC 一つの命 The ONE として、これから先・・・
栄光 LUSTILY を新たに目指す、その先・・・

最後 LAST の 策略 RUSE

最後end の "E " を、 "N " and これから・・・に変えて・・・

その先きっと多色に光り耀く御伽の国が、キョーコちゃんの大好きな絵本の世界の様に

広がっていると・・・希み・・・・・

Whisper from The ONE 一人の妖精からの囁きとして

光り輝く御伽の国の不死蝶から、その名を変えた一人の妖精に成った時を思い描いて・・・





それが今・・・

・・・この瞬間だと ____________





絵本の物語の最後を知らない自分。

でも・・・それは、自分のRadianceなのならば・・・


The best with confidence 


自信の持てるベストで、自分が創って行けばいいだけ___________



幼い頃、君がその石を透かして見た光の色は・・・

一体・・・・・・

何色だったのだろう

その光に向けて歩き続けて来たのだろう・・・

その心に・・・

・・・・涙を溜めて _____________




コツコツと一人、自分の足音だけが響いていたこの階に、今は聴こえる
アイツの歌声。

さぁ・・・




・・・この今、電話のコール音と共に

微かに Love Meドアの向こうから聴こえたのは、アイツ

・・・不破尚


アイツの歌が聞こえていた。




_____ STAR ・・・・・ 波は見えない
   そのキセキが、陽の光を連れて来る・・・



電話のコール音と一緒に耳に聴こえるアイツの言葉は、 “ キセキ ”

それは、輝石 軌跡 奇跡なのか・・・

この3つともが自分のこれからに全て必要なのだと思うけれど



_____ どんな辛い事にも、みんな理由があるよ・・・
   一つ、一つが、掛け替えの無い、君の・・・物語・・・・・

   今何処に居るのかも、判らないほど・・・迷い、傷付いている・・・
   だから、素直に成れないから・・・
   そっと瞳を閉じて・・・君の夢の中で閉ざされた胸 目覚めるまで・・・


今の自分にとって大切な言葉の様に聴こえても
この歌の言葉を彼女がどう取っているのか・・・


今、このドアの向こう側で ___________


違う雲の上に居るアイツが彼女に付けた心の傷を、まずは


今すぐ、どうにかしてあげようか ___________ . . . . . . .






凶暴Furious な闇の黒い俺が・・・



愛 Love と、夢 Dream と、両方にな ____________



.
Listen to this song for you to night . . . .


そう歌ってくれたからには、その願いを俺にもお前にも、叶えてやるよ・・・・・



“ 闇夜の貴方へ贈る歌を聴いて下さい ”



思い浮かんだ3つのキセキの、ままでな ___________ . . . . .







...........What was the meaning of Rainbow color candle in n.222 ? And to Love Again?

to. . ..Instrumental of L D n.222 to Love Again

( Love Againの7色のキャンドルの意味は?Lustily Deed の前にもう一度どうぞ・・・)


to. . ..Lustily Deed for the ruse of rust moment

( Lustily Deed を351話の前に読んでください。)

to . . .Furious of Love Dreams n.351


Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 08.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray