• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Prelude for Furious of Love Dreams * the LUSTily RUSTic LAST door

Category : Story- F-ly I of LDs
.



「 なんだ、やっぱり来たのか・・・。 」



光のドアの先はエレベーターで、そのエレベーターに乗ると勝手に動き また開いた先に居た。

________ 社長


兼・・・


(・・・ラブミー部主任。 )



「 なんだよ、事務所に来んでもいいって、言わなかったか? ・・・蓮。 」


「 お言葉ですが、社長。久遠ヒズリに成る為の条件。

・・・敦賀蓮には、来なくて良いとおっしゃっても、

久遠ヒズリには・・・

この時間に来いと、アポイントを下さいましたよね。 」



「 まぁな・・・」


この部屋は厳重書庫。このエレべーターしか繋がっておらず、ドアも窓も無い。
社長室からと鍵だらけの倉庫、この二つを繋ぐエレベーターしか無くて、この階が何階なのかも分からない。階と階の間に隠される様にしてあるのだと、思っていた。

来た時にすでに社長がこの部屋の真ん中に置いてあるソファに座り、その前のテーブルに用意されていた書類。その傍により、まぁ座れと促されて座ると、目の前に書類のファイルは・・・


・・・3つあった。


一つは敦賀蓮の、自分がLMEに入る時にサインさせられた書類。
プロフィールも今までの芸歴の全て。保護者は・・・

・・・書かれていないまま、15歳だった自分が日本に来て直ぐにサインしたもの。



「 じゃぁ、これを見てもいい。 」


社長にすっと目の前に取り出された書類の束。敦賀蓮程の厚みは全く無かった。

それは、最上キョーコと書かれた書類ファイル。
彼女が新人発掘オーディションの時に提出した物から、事務所に所属と成る時に書かされた書類。まだ未成年の彼女の保護者も・・・

・・・書かれていないのが、目に入っていた。


「 ・・・久遠。お前、どんな風に思う? 」


何がですか?と書類を見ながら返答していたけれど、社長が言いたいのは保護者の欄が空欄の事なのだと云う事なんだろうと思っていた。

そうですね・・・

そう言葉に詰まっていると、社長の方から言って来た。


「 お前、敦賀蓮も最上君も・・・
保護者。居ないんだよな。 」


ニッっと笑った表情が、どういう意味なのか分からないで居た。


「 そうだな・・・
  もう、敦賀蓮には、保護者は必要ない。 
  ・・・だがよ・・・」


コンコンと指で最上さんの保護者欄が空欄に成っているところを叩いていた。
でもその意味が全く分からないで居た。その俺に・・・


「 あぁ――、もう。意味がわかんねぇのか? 」


そう言った次の言葉に耳を一瞬疑った。


「 ・・・まぁ、だから? お前がラブミー部行きなんだよ。

  判んねぇのなら、言ってやるよ。直接。
  なぁ、ラブミー部の新人さんよ・・・

  ここ・・・この保護者の欄によ・・・
  最上君の保護者の欄に・・・ 


  敦賀蓮。 ・・とだけは、記入したくねぇからな。

  
  いいな言ったよな。カインの時に。
  絶対、一線は越えるんじゃねぇってよ・・・

  ・・・この意味が解るよな? 」


はい、まぁ・・・。とウヤムヤな返答しか出来なかった俺には、関係を持ってしまわない様にと戒められていると思っていた。けれど・・・違った・・・その次の言葉。


「 敦賀蓮。 ・・・この芸名の名前を
  保護者の欄には書けねぇって、事だよ。 」


ん~・・・それでも解らないで居たけれど、きっと子供でも出来てしまったら遺伝子的に無理って事なんだろうと思ってはいた。でも、まだ好きという段階であって、保護者に成るか成らないかなんて・・・考えられない。

これから、自分の人生に始まる、たった今から起こし始めたこの行動だけでも・・・

今の自分には精一杯の事。自分の未来が其処にあるのか、少し先なのか、遠くに在るものなのかすら分からない自分にとって、未知の人生に彼女を巻き込もうとしている事も確かな事ではあったけれど、その全ての俺の要求を・・・

受け入れてくれようとしてくれている社長には、感謝している。

だから・・・

敦賀蓮のライバル的な存在に早く成れる様には、自分でして行きたいと望む。



「 じゃっ、まぁいい。
  これに、サインしろ。 」


すっと目の前に差し出された、もう一つのファイル。

名前も何も入っていない、まっさらのファイルの表紙。
中を見ても数枚の書類しか入っておらず、全てがブランクのそれを見たのはこれで、二度目。

15歳の時に敦賀蓮として、サインしたあの時を思い出していた。



「 芸名は、自分で決めろ。
  久遠ヒズリとして、日本名にするのか・・・

  本名の・・・Chuehone Chryth Hizuri Jr.でするのか。

  それから、保護者は書かんでいいが・・・書いてもいい。
  いや・・・もちろんか?・・・
  書くよな。書きたいかどうか知らんが、

  ・・・・15の時に書けなかった二人の名前。

  クー・ヒズリ と、ジュリエナ・ヒズリ

  
  じゃぁ、現住所はクーの住所にしといてやるし、お前は・・・

  本名と芸名と、親の名前を初めて書け。

  それから、敦賀蓮の字体と分ける様に、サインしろ。

  それだけで後は俺が入れておいてやる。いいな。 」


社長に差し出された書類と万年筆。自分の芸名を、Chuehone から・・・

“ n ” AND の意味を込めて、Chuehonnに変えた。

ペンを持つ手も、45度に構え上の方を中指に人指し指を添えて書くいつもの様にではなく
薬指に中指と人差し指を添えて、根元の方を親指で90度に立ててサインした。

自分のいつもの時では無い様で・・・

でも、自分が子供の頃に持っていたペンの持ち方。
家庭教師に治されながら勉強していた子供の頃のペンの持ち方の癖のまま、本名を書いた。 



「 おめでとう・・
  それに、ようこそLMEへ・・・久遠。 」


社長に差し出された手に両手を重ねて握手した。


「 がんばります。どうぞ宜しくお願いします。 」


久遠ヒズリとしての所属契約はこうして正式な物に成ると、もう戻れないと自分に言い聞かせ
それから、最上さんの書類に目を通していた。


「 そうだな・・新人同士、仲良くやれ。
  それから、久遠ヒズリはラブミー部に入れと云う事も
  ・・・精一杯、愛が分からねぇもん同士、時間を掛けて見つけていけばいい・・・

  そう・・・だから・・・よ・・・・

  俺はな。久遠ヒズリには、何も言ってねぇぞ。 

  敦賀蓮に。・・・・・だけだ。 」



ん?と思って顔を上げるとニッタ~と笑う社長の表情。でもそれには、やっぱりそうですか。と思うけれど、そんな自信があるかと言ったら、無いに等しい。


「 まぁ、お前が・・・
  重苦しい愛に耐えられなくなって現実逃避したお前自身。
  
  その、重苦しい愛を知っているからこそ・・・

  彼女に愛ってヤツを、押し付けるんじゃねぇぞ。 ・・・いいな。」




こうして自分は隠された部屋で、久遠ヒズリとして正式にプロダクション入りした。


じゃぁ行っていい。と言われ唯一の出入り口であるエレベーターに乗り、下の階に降りるとそこには、暗闇の中にドアが少しだけ開いて居る様な影が見えた。

そのドアを抜けたら・・・

錠前が付けられたロッカーが部屋の壁一面にあったさっきの部屋ではなかった。

振り返ると壁が元の位置に戻っていて、何の変哲も無い書庫に成っていた。
その広い書庫の端からドアを探して歩いていると、目に留まった一つの棚。


俳優セクション ― 敦賀蓮


そうラベルが貼られた棚には、自分の今までの軌跡である・・・
写真や雑誌、ドラマに映画のデモテープ。それと、台本や脚本に、現本など。
全ての自分の出た作品が並べられていた。

その中で・・・

目に留まった一つの台本。思わず手に取ってパラパラとページを捲っていた。


・・・Rindoh _______


彼女と初めて向かい合って演技をした時、自分は一瞬だけ・・・
本気で演技に打ち込んでいた自分に気付いた時、彼女の望む芸名通り、シンデレラにしてあげたく成ったあの時。


今見てきた、彼女の望んだ、却下された芸名に・・・


_____ ふふっ。


思わず微笑んで、台本を元に戻した。

敦賀蓮の棚は、大きくとられていた。まだまだこれから先も増えるであろうと予測された、丸ごと空いている棚には・・・


俳優セクション - 久遠ヒズリ


そうラベルが貼られるようにと、敦賀蓮と並ぶ程の活躍を心から祈り・・・
そして、敦賀蓮の名前のラベルを指で弾いた。


携帯をONに戻し、電話を掛けた。

彼女が事務所に着いているならば、この階にきっと居るのだろうと思って

携帯を耳に当ててコール音を待ちながら・・・


ドアを開けたら・・・目の前は、


Section Love Me この向い合わせの意味はもしかして・・・

ラブミー部員を書庫監視役として、この階に置いたのだろうかと思いながら。


・・・・社長が今着ていた、ラブミー・ツナギ姿を思い出す。


( 俺もアレ・・・着なくてはいけないのだろうか・・・・。)

そんな一抹の不安もよぎるが、久遠に俳優やモデルとしてのオファーが入らなくても、ラブミー部で待機 & 雑用 AND、皆様愛してくださいませスタンプ活動の暇は無い。

敦賀蓮のスケジュールもこなさなくては成らない自分には、用意されても着ませんよ。
と思いつつ・・・

今日あった出来事を思い返す. . .

撮った撮影も、今日出会った人達とも、自分を大きく変えた出来事。
朝、何も思っていなかった自分だっただけに、大きく動き出したこの瞬間を忘れない。

このCMが何時流れるのかは、まだ分からないけれど・・・

CMを見る度にきっと自分は、思い出すのだろう。この今の瞬間を__________. . . .




_____ 影の無い貴方。似合ってるわよ。貴方の人生もそうだといいわね ・・・


その言葉には・・・


「 Just DO the best of mine with the confidence 」


鏡の中の自分に向って言った言葉。


_____ 自信のあるベストを尽くすだけ・・・





この指輪のコンセプトが、まだこの先の自分の未来に・・

そのコンセプトよりももう一つ手前の段階として手に入れる事に成るとは

まだ想像は何もしていなかった ______________




Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 28.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray