• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Prelude for Furious of Instrumental of Love Dreams n.349

Category : Story- F-ly I of LDs
.


撮影の終わった後に、彼女が手を差し出して握手にその手を握ると、彼女の左手がその上をポンポンと軽く叩いた。

そのメレ・ダイヤの指輪に、見覚えがあった。


「 お疲れ様でした。 ありがとう。 」


微笑んだ彼女の笑みが、撮影中に自分の中で何かが判ったものを感じてくれていたと思わせて、自分に一つまた一つと増えてゆく自信に繋がった。

その自信は、仕事だけじゃないとも感じて・・・


手をすっと離した彼女の横から、始めに付いて来てくれたスタッフに楽屋へどうぞと促されスタジオのドアを開ける前にボディ・チェックをされる。

_____ 申し訳ありません。疑っている事は全く無いのですが、我々の仕事なので・・・


セキュリティにチェックされるのも物が物だけに、それにその数の多さに当たり前だと思う。

それが終わりドアを出ると廊下で待機していた社さんも寄って来て、蓮。お疲れ。と声を掛けられながら渡された自分の携帯電話。

その電話で直ぐに・・・

今どうしてもそうしてみたいと云う思いに駆られて電話を掛け様と、楽屋に急いだ。

________ R R ・・R R ・・・・

コール音を鳴らしながら楽屋に入り、社さんには廊下でまた待ってて貰った。



そして・・・

どうしても逢いたくなって・・・ 




________ R R ・・R R ・・・・


「 もしもし、最上さん・・・」


敦賀さん。お疲れ様です。どうしました?と声を聞きながら・・・

. . . 楽屋の鏡の前で、鏡の中の自分を見詰めたまま ___________




楽屋で最上さんと話しながら、自分が撮影中に見た様な気がした・・・

はるか遠くを見つめるように想いを馳せていたら、撮影中に思い浮かんだ。

ブルーバックの何も無い狭い空間のはずなのに、撮影中に思い浮かぶのは合成された影像の中にいる自分・・・

そして思い浮かぶ・・彼女の笑顔・・・・

きっとそれは、自分の心の中が映し出されて、目を凝らしても何も見えない筈なのに・・・

遠い先に光るたくさんの星の光の粒・・・


きっとそれは、自分の心の中が映し出されて見えたのだと、自分で思っていた。


「 ねぇ、今夜・・・今から空いてる? 」


突然の電話での申し出にも慣れてきたのか、全く驚く事無い彼女。


________ はい。仕事終わってますので。ご飯ですか? でもですね・・・



「・・・うん、そう。 」 


________ それじゃぁ、今・・・


最上さんが向っているという事務所と自分が今居るこのスタジオとの距離は、近い場所だった。


「 いいよ。・・・・迎えに行く。 」


いいです、いいで・・す・・・との声を無視して電話を切り、急いで着替え出していた自分。

彼女にとてつもなく無性に逢いたく成ったのは、監督がしていた指輪に見覚えがあったから。
監督のしていたメレ・ダイヤのブランド・・・・

この撮影のRMandyのコンセプト。

アールのこのコンセプトが・・・

心の中に染み渡る様に・・・



・・・Juel  ・・・・

ジュリのしていた・・・クーがアールに注文したのは、アールにとっても一番初めの物だと聞いた事があった。
この撮影前と、今の気持ちが少し違っていて・・・
撮影中に監督に言われた言葉が頭の中を廻り、自分の心が素直に成っていると感じたら自然と微笑んでいた。


________ The best of mine


________ The better with confidence



この二つの違いに被せられる様に、彼女が撮影中に言ってくれた言葉は・・・


________ The best as confidence

“ 自信なるベスト ”


そう言って微笑んだ監督に元に戻される様に・・・

自分の心の中に占領していた気持ちが映し出されたと感じて見詰めてしまった、何も無いはずのブルーバックのセットの中に、Coo のJuelへの想いと、自分の彼女への想いを重ねていた。


そうそれは・・・遠い空を・・・

いや・・・遠い場所のさき・・・

遥か遠く想像も付かない先とは・・・ 時間・・・未来なのだと・・・

思い描いて・・・

その先を、遥か先を、見詰めていた。


撮影前までの自分は・・・


こんなに素直な気持ちに成れては居なかったけれど、彼女への想いは撮影前の・・・

恋すると云う類の想いは大きかったかもしれないと思いながら・・・


もしも自分は・・・


撮影前はこんなに素直な気持ちに成れては居なかったけれど、遠い記憶が蘇る様に何かを感じた・・・

この記憶の断片は、自分の中の持って生まれたものが呼び覚ましたのだろうかと・・・

心が細かく痺れる様に、震えている・・・

彼女への想いは・・・なんなのだろうと考えながら・・・



廊下で待機してくれている社さんに、事務所でいいですか?と断りを入れると、ん?なんだ、予定出来たのか?と返ってきた。

だから・・・素直に・・・


「 はい。ご飯は そちらとしますので。 」


その言葉でどう云う事か察知してくれる社さん。駐車場に急いで向った。





* * * * * * * * * * *





事務所で仕事のオファーがあったと知らせを受けて、説明を受けていた。


「 最上さん、この映画なんだけどね・・・」

差し出されたのは脚本と台本。・・・それに、えっ!っと驚いていた。


「 台本ですか? 」


うん、そうなんだよ。あのさ・・・
そう言って話し始めた椹さんの言葉に耳を疑った。


「 なんでもね、決まっていた主演の俳優が降りてね、突然変更に成ってさ・・・

それで、今プリントアウトしたばかりの配役表は、ここに挟んだよ。んでっ。
その決まった俳優が・・・

相手役は京子にしてくれとのオファーでさ。 

そっ。だから・・・もう君に決まり。 だから台本付き。 」


なんだか全く断りの余地も無いまま、勝手に話が進められていたこのオファー。
オファーでなくて報告だよな。と思いつつも、ヒロインだし、恋愛物だよ。よかったね~。
はいはい、以上。終わり。帰っていいよ。と、脚本と台本を手渡されグイグイ背中を押されてタレントセクションを出さされた。

どんな役なのかが気に成ったし、敦賀さんが迎えに来ると言ってくれたので、ラブミー部で読んで待っていようと思っていた。


( ふ~ん。相手役は・・・新人なんだ。 )

この映画がデビュー作なのに、相手役を選ぶ事が出来るような権利を持てるって・・・スゴイ七光りなのか?と思ってペラペラページを開き、挟まっている配役表を見ていた。


その主演の名前に・・・

へっ!?っと驚いたのは、他でも無い。



“ 久遠・ヒズリ ”



・・・こりゃまた、その通りデシタ・・・スゴイ七光りだった。

てっきり死んでいるものと思っていた、先生と過ごしたあの時。
15歳で居なくなったとは、亡くなっていたものと勘違いだったのか、それともこの新人が違う人なのか・・・。


・・・・・。

・・・考えても全くわからない。 


________ R R ・・R R・・・・

まっ、とりあえず逢ってみない事には、本人なのかも分らんし・・・そう思っていたところに電話が鳴った。


「 もしもし・・・最上さん・・・」


電話の相手が誰だかは分っていたし、電話を掛けられる状況に居るって事は、運転中じゃないのは確か。事務所に着いたのだと思い、急いで ただ点けていたテレビを消そうとリモコンに手を伸ばしかけた時・・・


・・・忙しい人の、とても綺麗で、私の大好きだった

でも今は、全く違う。


( ・・・全く・・・忙しい人なのはわかっているけれど・・・)

忙しさの中にも電話を掛けまくる、めんどくっさ~いぃっ、幼馴染の歌声

ソイツのCMが流れて、テレビの中から流れるその声にムカッとしながら

自分が出ているCMをイライラしながら見ていた。


こちらのも~っと う~んと忙しくも、電話も掛けて来ますけど、迷惑だとは思った事の無い


そのもっともっと忙しい人からの電話の最中 ・・・バカの歌声

なのに自分の出ているカラオケBOXのCM


消そうと思っていたら、ヤハリ・・・聞こえていた様で・・・



_____ ねぇ・・誰の声?それ・・・

   誰か居るの、そこに・・・


・・・って ______________


そんな声が聞こえて、頭に真っ先に思い浮かぶキラキラ似非紳士の笑顔。


( ひぃぃぃいいい・・・・・・・・ぃぃぃ )


すみませ~ん、だ~れも居ないのは、本当ですよ ―――




Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 10.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray