• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Furiously Instrumental of Love Dreams n.338

Category : Story- F-ly I of LDs



・・・キンコーン ______


そんな歌の歌詞を口ずさみながら、日本語に頭の中で変換しながらエレベーターに乗っていると、二つ下の階でドアが開いた。



Hi Ren
I was correct.
I thought you are in here cause it came from top.


あ、あれ!?
Hi Mr. ・・・
こんばんは・・・


日本語と英語と両方で頭が埋まっていた時だった。



___ ブーン・・・ブーン・・・ 


手の中で携帯が震えていた。_______



・・・話しながら、ちらっと表示を見ると、“ 不破尚 ”

でも、こちらの乗ってきた方々を放置できない・・・ _____



よぉ~蓮。
どこ行くんだ?こんな時間




乗ってきたのは、社長だった。…と、セバスチャンも。


社長こそ・・・
どうしてこんな所へ?



フン。
俺の友達に、食事に呼ばれたんだよ。
ここに住んでるイギリス大使。

あぁ・・・
Thank you for invite me
I am OK to go without you from here
… Good night



2階下のイギリス大使館の人が、バイバイしながらドアが閉まった。


(ちょうどいい。なんて、ナイスタイミング・・・)

自分の人生が、何がしかの力と運が向いているように感じた。


あの、社長。
承諾が欲しいのですが・・・


ん?なんのだ。
仕事か?


はい・・・
今度のドラマの事なんですが・・・



コレコレこうなんですが、監督はいいと言ってくれたので、後は事務所だけなんですと伝えた。

それに関しては、監督がいいのなら大丈夫。と言ってくれて嬉しかった。


(・・・じゃぁ、さてと、どうしようかな?)



・・・キンコーン _____



エレベーターが1階に着いてドアがあいた。

もともと自分も行く予定だった駐車場。社長を見送る為にエントランスに向い、セバスチャンだけが駐車場に行った


そうそう、お前に遇うと思わなかったから
そこのコンシェルジュに、
お前宛に荷物、言付けておいたから。

・・・帰りに持ってけよ。



なんですか?と聞くと、アールからだ。とそれだけだった。

手の中でiPhoneが震えていた。また、不破?と思ってチラッと見ると、キョーコから電話だった。
彼女は家に俺が居ない事を気にして掛けてくれたのだろう。

エントランスドアに向かう社長の背後でどうしようか迷っていた。

社長が自動ドアを開けたので無言でお辞儀をし、少しだけ後ろに振り返って電話に出た。



もしもし・・・


あれ?蓮?
どこに居るの?
部屋に居ないよね?


うん。今・・・
あのね・・・


エントランスの自動ドアが全部閉まる前に、社長が振り返ってこちらを見た。


あぁ、ちょっと・・・
そのまま待ってて


振り返ったその顔はニヤッっと笑っていて、閉まりかけたエントランスドアを手で遮り押し開けた。
少し早歩きでコツコツ足音を響かせながら戻って来たその顔は、“ほくそ笑む”以外の言葉が思い浮かばないほどニッタ~ぁとしていたので、電話を胸に押し付けて聞えない様にした。


へぇ~最上君・・・
お前の部屋に居るのか?

ま、いいんじゃね。

自分の事に気をつけろ。
スキャンダル・・・ ___



ふっと力が抜けた様に微笑んで、セバスチャンが待つ車に向かって出て行った。

・・・その背中に、深く頭を下げた _______




ごめん、キョーコ。
今・・・


タオルを取りに来ました。とは言えず・・・迷っていたけど、アールから何か送られて来た事を、これ幸いと思い伝えた。


コンシェルジュに荷物がきててね。
取りに来たから・・・
・・・直ぐ戻るよ。



あぁ、そうなんだ~。
ねねっ。お金持ってる?


ん?なんで?


地下のスーパーで・・・
ミルク買って来れない?
冷蔵庫開けたらね・・・

カフェラテ

飲みたくなったんだけど・・・



あぁ、いいよ。
じゃぁ・・・くる・・・


車の中にあるから・・・とウッカリ言いそうになるも、なんで車の鍵を持ってるの?と聞かれたらメンドクサイ。
それよりなにより、愛しいお姫様のご注文どおり、早く帰ってカフェラテを入れてあげようと思う。


ん~?
くる・・・って、、、私?


(ん?あぁ、シマッタ!・・・いやいや、来なくていい・・・。)

くる・・・の理解が違うけど、普通そう捕えるものだよな。とは理解できます。
でもその後の、キョーコの言葉に安心した。



・・・行かなくていい?



いいよ。もちろん。
んじゃ、買って直ぐ戻るね _____


そう電話を切ってから、駐車場に向かった。






( 二つ下の階のイギリス人夫婦・・・社長の友達だったのか。)


おもわず驚いた、それと違う もうひとつの事。

実は俺の最上階に、俺の前に住んでいた人物・・・社長の息子のコウキさん。

コウキさんとリーナさんの為に、日本に帰ってきたらと社長がずっと借りていた部屋。

リーナさんが亡くなってから、マリアちゃんを残してここを出てニューヨークに行ってしまった。

社長とイギリス大使のその人と繋がっていたのも頷ける。

俺が、二つ下の階に住んでいたときには、会う事無くがむしゃらに自分を生きていた時。

眠る事無く過ごした走り出したばかりの、雲の上・・・

もっともっとと、腕を伸ばし、上だけを見詰めて生きてきた。



社長が・・・言ってた。

イギリス大使の方は、敦賀蓮は日本人なのか? 久遠ヒズリはアメリカ人なんだよな。と・・・
誰にも口外しないと約束して、宝田一味に取り込み、もう彼と出会ってもキョーコにも、もしもマスコミが来たとしても、彼らは沈黙を守ると言ってくれた。と・・・

それと、俺が住んでたその階の部屋、その方の隣の部屋は、LMEの名義に今も成っていると言う。

スキャンダル・・・それを心配してずっと借りてくれていた、保険の様な部屋。
外国人同士に分る感覚を知る彼ら。仕事柄、違法に国籍を申し出る者を見分けたりするので、人物観察眼はずば抜けていると思える。彼らが宝田一味の仲間でいてくれると自分にとってもとても心強い。

何かあったら言えと言われて、後姿に頭を深く下げた・・・_______


( それにしても、聞こえていたのか・・・。それとも・・・)

駐車場に向って歩きながら、社長がなぜキョーコと分ったのかが不可解だった。
静かなエントランスロビーでキョーコの声が聞こえたのか、はたまた・・・こちらは勘がずば抜けている方なので、勘で言ったのか、試されたのか・・・。それとも俺が・・・

( ・・・当てずっぽうに引っ掛かったのかも。 )

車に行き、禁煙の車内では使わない灰皿が小銭入れになっているところから適当に取り、社長の事はまぁいいや。無事解決だし・・・。と思いながらタオルも持ってパサパサ振って砂を落とした。

買い物をしての帰りコンシェルジュに寄ると、確かにRMandyのロゴの入った紙袋を渡された。


エレベーターで、100を数えながら上に戻る。

紙袋の中は、箱が入っている。頼んでおいたものだと言う事は分っていたので、アールにメールしながらエレベーターに乗っていた。



玄関を開けて、キョーコが居ないのを確認。
直ぐ横のランドリールームにさっと行き、昨日の乱れた時のバスタオルを横目に一緒に洗濯してしまおうと、同じランドリーバッグに砂のついたタオルを混ぜておいた。


ただいま。

・・・あれ?


リビングを覗いても居ない。勉強してるはずだから部屋かな?と思い、キッチンに行ってラテを入れようとした。

ダイニングテーブルの上にiPadが開いてあり、Dreamsの台本が映し出されていた。

手に取って確認すると、すでに変更された台本。

メールで来てたのか。と思って自分もiPhoneでメールのチェックをした。アールに今メールした所なのに気付かなかった。と思ったらアールに送信直後の緒方監督からの着信。

ものの2,3分前の着信のメールがすでに ここで開きっぱなしに成っているのに、どこに行ったのかと思う。

電話を手にしているのでキョーコの電話に掛けてみると、直ぐそこ、教科書の下で着音が鳴っている。

それでは、意味が無いので電話を切った。

 

(ちょっと、悪いけど・・・勝手に試させて。)

今 届けられた紙袋から、2つの箱を取り出して中を見た。


Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 25.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray