• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Furiously Instrumental of Love Dreams n.330

Category : Story- F-ly I of LDs



敦賀蓮 ____



アイツの名前が初めて自分のケータイとタブレットに表示されて、なんか嬉しかった。


本来ならばそんな事を思うはずも無く、ましてやアイツとメアドの交換なんてするなんて思った事も無い。

・・・はずだった。



___お疲れ様

もう見えなく成りそうな程、よく効いてる。
ありがとう

お前のアイツ 敦賀蓮

PS キョーコは皮膚が腐って剥がれるから止めろって言ってたけどね。___



( ふ~ん・・・ アイツとキョーコ仲いいんだな。 )


でも・・・



・・・ありがとう _____   か・・・




フン。ま、いいだろう。

薬が効くのはスタントをやってるヤツから聞いたのは事実で、即効に跡形なく消したいならこれしかねーって聞いてたしな。

アイツの体に傷でも残ったら、俺が並びたいヤツの品質が下がる。

一般人には、まぁ気にならない程度だと思えても、モデルも俳優もこなすアイツにとっては命取りだとは思える。

自分にもピアノを弾く手やマイクを持つ手、それに衣装の都合もあるから小さな斑点でも許せないのは分っている。


・・・そう考えていたら、今回のプロモ

手のアップが気になった。

自分のピアノを弾く鍵盤の上の手はもちろん、楽譜を投げたり サインをしたり、最後のカットはキョーコの手を掴もうとする自分の鍵を握る手・・・

キョーコのネイルがキラキラしてて、自分のネイルとお揃いみたいで気に入っていた。


ミルキちゃんが送ってくれたチェック用のデモ映像。


完成を見ていなかったのは。この部分だけ。

滝に腕をつけて自分を濡らし、その濡れた手で自分を抱きしめていた京子。

俺の撮影した夕日のうつったオレンジ色の滝の映像と、どう合わせるのか気に成っていたけど、ジャケ写にもしてくれた京子のこの背景・・・

キラキラ光る滝の中の蒼い石が・・・
京子が水に腕を入れて、ゆっくりと視線を俯かせてゆく角度に合わせて光を失ってゆく・・・

京子の心から・・・

この部屋での俺への想いが、消えて行く様で切なかった。

濡れたまま自分を抱きしめて流す涙と、苦しい表情が・・・


自分が滝に手を浸けて、ゆっくりその京子を見詰めて追いかける様に歩くと、手を浸けていた後ろが夕日の色に変わって行く。

苦しい表情の京子が、ふっと消えて残ったのは・・・

星空の様な・・・滝の中の蒼い石の光の瞬きが、オレンジ色の滝の中でぽろぽろと、京子の涙のように落ち始め、その光が消えて水だけに成った。


――― 今は、別々の道だけど、僕は、全てを受け止める

伝えていいのかも、分からない。
この気持ち叶うのかな、いつかは・・・そんな事言う権利も無い

・・・・君は今、何を思うの・・・



青空の京子と夕暮れの俺に、この歌詞がぴったり当て嵌まっていた。

水だけになった滝を見詰めて、ぼ~っと一点を見詰める俺は、京子が立っていた位置を見ている。

そしてその後の、上を見上げて空を仰ぐ自分に、悲しくて切なくて・・・

・・・愛しいと思っている様な映像に、後悔が込められていると思った。


別にこの撮影中、全くそんな事を考えても無かったのにきちんと映像マジックにやられていて、涙が出そうだった。

ミルキちゃんが編集さんとCGさんと合成に拘っただけあって、ジャケ写にもしたこの部分。

自分の曲に自分が写っていない写真を使うのは初めてだけど、自分よりもこの京子と曲の旋律のフォルテシモの2音が、題名に合っていて理解できた・・・

・・・・・。

イントロの後に続く映像を、ぼけ~っとただ見ていた。


――― どんな、言葉で、今は癒されているの?

君にはもう素敵な人が
どこかに居たりするかな・・・


暖炉を見詰める京子の、編集を見ていた時にも思った不思議な表情に、また考えさせられた。


好きなのに、素直じゃなくて・・・

愛しているのに、飛び込めなくて・・・

好きなのに怯えていて、心から愛する感覚と恐怖に似た驚愕の様な表情が混じった・・・


きっと・・・今 自分が思っている事がキョーコの感情に当て嵌まっていると思える。

アイツから直に聞いてしまった、久遠ヒズリと敦賀蓮との三角関係。

敦賀蓮の複雑な心の深い所にいる、何人もの人格が存在するような場所に引き摺り込まれる様な恐怖。
優しくて人を気遣うアイツの、自分の内に秘めた強い感情が優しさで騙して引き込む様で、気付いたら深い場所に居た。

その場所から逃れられないと予感があって、素直に愛を受けていいのか、その愛に恐怖を感じるから・・・



優しい眼差しで、キョーコを見詰めていた王子も同じ・・・

冷たく人を蔑む様に見下ろして、女を襲った様な下着を肩に掛けた写真。

表紙に成っていた敦賀のヤローと背中合わせに並んでいるのでさえ、色気満載の夜の帝王バリのアイツと違い、裸なのに色気と言うより痛めつけられそうな挑戦してくるような顔。


ボクサーの様に試合前の様な睨みなのか・・・


女じゃなくても、男でも違う意味で やられそうな、闘争心や戦意の見える久遠ヒズリ。

日本でデビューして直ぐだから この業界で、なめんな。と一言物申しておきたい様な顔。

そう思える男の部分と、映画の中にも見た京子を優しく見詰める写真と並べられて、男も女も手玉に取りそうなこの男にも、京子は敦賀蓮と同じ様に沢山の人格のようなものを見て感じてしまったのかもしれないと思う。

そう考えると、その二人と関係を持って、愛してるなんて普通に へ~きで言いそうなこの二人の愛を、真っ直ぐに受け止める事が怖いと思っているようだと考える。


それに二股・・・

二人の多重人格の様に思えるヤツと二股のキョーコを、敦賀蓮と久遠ヒズリが取り合っているのだとしたら、二人からの愛を怖い以前に、愛に蓋をして子供の頃から生きてきたキョーコの心は・・・


・・・愛で破裂しそうだと思った。


愛が怖いのに足を踏み入れて、愛で埋まる事に耐えられなくなって、自分から選ぶ・・・


無視・・・


気付かなかった事にしよう。

このキョーコの性格を判っているのは、俺・・・。子供の時からそうだった。

でもキョーコも大人になって、その事に無視できない状況が付き纏って来ている事は理解できる。
自分がこの歌詞を書いた時も諦めに似た感情と嫉妬だったと、考えていた。


(妊娠かぁ・・・)

それを実感してしまうような事は、俺には無い。

キョーコと敦賀蓮に久遠ヒズリの間で人生問題になるこの事を考えるとは、何が何でもいくらキョーコでも、無視は出来ないことだろう。

男女間の二人ですら妊娠なんて重大な事なのに、ましてや三人でこの事を考えるとなると、キョーコにとって二人への気持ちが不思議な表情として現れた・・・素直にどうしていいのか分らないという顔に納得できる。



う~ん・・・。


この運命の人と題を打った事を考えていた。デモ映像はそのまま流れている。


____ 運命の人・・・?

なんで・・・?
アイツ・・・?

なんで、敦賀蓮アイツにも運命の人なんだ・・・?


そう思ったら、よ~く会話を思い出す。


――― この想い感じて欲しい
今、僕の怖さが、後悔も、全ても打ち明ける

あれから、何度も、君に、触れたくて・・・眠れない夜に、目を瞑ってた ___


自分の歌と映像を見ながら考えていた。
映像の中の俺は、ベッドの上でゴロゴロしている・・・ぼんやりと写る京子が消えてそのパジャマを抱きしめていた。

あのパジャマ・・・

アイツの香りがほんのりしていた。と思い出す。キョーコを抱きしめて眠り、京子と一緒に仕事し、キョーコと一日を過ごす。

昨日の番組でも、京子が隣に座って立ち上がって行った時にふわっとその香りがしたように感じた。
昨日は、アイツ本人が其処にいたから何も思わなかったけど、駐車場で話している別れ際にもキョーコはアイツに寄り添っていた。

きっと今も・・・
アイツに寄り添って時間を過ごしているのかと思うと、苦しかった。


でも、ありがとう。とメールしてきたヤツの・・・

・・・その、ありがとう。と言うアイツの顔が微笑んでいる、テレビで見る様な顔が思い浮かぶ。



その微笑を、キョーコに向けて抱きしめているだろうアイツって・・・



____ ・・・運命をアイツは何時感じたのか?



自分の言葉で頭と心にインプットしろ。と言われたけれど、アイツが気付いて俺が気付かないその事って・・・?


自分で気付け。自分で考えろ。自分の言葉で答えを出せ。


そう言っていたアイツは、どうしてキョーコが運命の人なんだと考えると、その事に関しては言っていなかったと気付いた。


本物の意地・・・

運命の人だという本物の意地って・・・


アイツの運命の人だと言う、本物の意地を俺に見せてくれると言うことなんだよな。


だから妊娠してたとしても何のためらいも無くキョーコと現実を受け止めて、キョーコと二人で生きていければ自分の置かれている立場なんて気にしない。とさえ思える様な運命を感じているんだよな・・・



――― 今は、答えを出せずに居る。
君を、悲しませたくない ・・・・・ ____


流れている歌のまま、答えを出せずになんでアイツが俺に、運命の人だと感じたのかと疑問を残したこと。


( 君を、悲しませたく・・・ない・・・か・・・ )

悲しませるような事を、ずっとずっと子供の頃からし続けてきた。


それで今、キョーコがイイなんて言ったとしても、キョーコには・・・

妊娠を心配する様な二人の男が・・・
結婚という、一生離れない関係を築く事を躊躇わない存在がある今・・・


・・・また、もっと傷つけてしまうかもしれないと思うのは・・・


自分の自惚れなのか _____?




___ 伝えきれないほどのこの愛を・・・

・・・目を逸らさずに、感じて欲しいよ ____


・・・どんな言葉も受け入れるよ



画面の中は、キョーコの香りと仄かにアイツの香りのした衣装のパジャマに袖を通す俺・・・

階段の先に落とした題名の入った1ページだけを拾って、ピアノに寄りかかり楽譜を見詰め、目を瞑っている。


映像の中の俺が、香りの事を知らないまま撮られた物なのに、キョーコが着ていたそのままの衣装だと知って見ると・・・

本当にキョーコがこの部屋で生活していて、浮気して本当に出て行ってしまった様で・・・

・・・物悲しい切なさに、胸が引き裂かれそうだった。



この感覚をキョーコは・・・


俺がマンションを出た時に感じていたのだろうと思うと・・・

強くなって当たり前だと思えた。

そして、自分で見つけた自分の生き方に自信を持って、走り出した。



____・・・君は今、何を想うの

・・・・・君だけを・・・ 愛しているよ _____


子供の頃から求めて止まなかった、愛を求める気持ちに蓋をして、自分の道を歩み始めたキョーコの第一歩・・・


・・・鍵を置いて、消えた手で


自分の夢を掴む為に、愛を捨てて行った様で・・・


その手を掴む事は、俺はしてはいけないのかと思える



・・・ 悲しい映像だった ______




愛してる・・・

なんて、俺が言ってはいけないと思えた。


自分がキョーコよりも、自分の夢を真っ直ぐ見詰めて追いかけた時と同じだと思った。


俺の心は今、

・・・愛で破裂しそうだと思った。


言わないで見守るだけの愛が止め処なく溢れてきて心が震えて止まず、痛みを感じる程で・・・

キョーコが愛した二人の男との事を、キョーコ自身がケリを付けて幸せに成ってくれるといいと、

見守るだけの愛情が生まれて来て・・・

その幸せが誰に向けたものなのか・・・

その中の一人に、いつかは入れればいいと・・・

その愛し方が、いつか報われればいいと・・・


・・・そんな気分になっていた。


キョーコと同じ様に、愛が怖いのに足を踏み入れ愛で埋まる事に耐えられなくなって、アイツのピアノにのせられた感情の様に、アイツの様に自分が壊れそうに成るのなら・・・

自分から選ぶ・・・


無視・・・


・・・気付かなかった事にしたほうが、幸せなのかもしれない。



今はただ・・・

ありがとう。と素直に言えるアイツの気持ちに近づきたいと・・・思う事ぐらいは・・・


・・・してもいいだろうな ____________________





Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 20.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray