• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams - 31

Category : Story-I of LDs
おう、蓮。だよな。久遠か?


えっ! どっちでもいいですよ。
で、何かありましたか?


ん~、お前に承諾もらおうかと思ってな。


なんのです?



蓮は全く話についていけなかった。



ん~、今日な、最上君にプロフィールの新しい写真撮りに行かせた。


(あぁ、アレね。)

知ってます。さっき、見せてもらいましたから。


おっ、じゃ話は早い。



社長は、ニヤッと笑っているが、電話なので蓮には見えない。



それが、俺が思った以上のいい写真でな。
社内ウェブと、業界だけじゃ勿体無いか。と思ってな。

で、

お前、蓮も久遠も
抱かれたい、恋人にしたい、いい男にエントリーされてるのは知ってるだろ?

その他に、最上君のも

恋人にしたい、お嫁さんにしたいとかに、エントリーしてもいいか?と、思っている。


えぇぇ~!


電話口で蓮は、叫んでしまった。


そりゃ、芸能人のランクだから、いいですけど。
あの写真使う気なんですか?



まぁな。・・・抱きたいだしな。
だから、お前にいいかどうか聞いてるんじゃないか。


ん~、ちょっと考えさせてください。


おう、じゃ、最上君に、今から電話、、、


あっいいです。
今、一緒にいるので、俺が話します。


おっ、恋愛へタレ天然音痴が、
久遠になったら蓮も音痴が直ったか?


音痴・・・って、ひどいですね。
これからピアニストの役をするって時に。
今、次のドラマのこと、彼女は急に決まったので、役作りしてるだけです。

(とりあえず、だまっておこう。夫婦ゴッコのことは。)



ん、じゃぁ、お前にまかせるからな。


でも、

最上君は、お前だけの物じゃないからな。

日本中、それにLMEのものだ。

その辺を含めて、考えろ。
俺には、お前の私欲は通じんからな。

自分で、彼女を独り占めしていいか、
それとも、

彼女を世に送り出して、輝かせるか、


どっちが、男として女を磨けるか?

考えてくれ。

じゃ、頼んだぞ。あでゅ~。
プツ


(あでゅ~。ってイッタイ、どんな格好してるんだ、今?)


・・・って、そこじゃない。ツッコミどころは。


“ 最上君は、お前だけの物じゃないからな。日本中、それにLMEのものだ。
自分で、彼女を独り占めしていいか、それとも、彼女を世に送り出して、輝かせるか。
どっちが、男として女を磨けるか?”


社長の言葉を反芻した。

だよな。

一言、ポツリと口の中で言葉をおさえた。


!(そうそう、コンビニ~。キョーコ、今行くね~。)

ぴゅーっと走って追いかけた。




部屋に帰ってきて、“ねぇ、蓮。”と呼び始めたのをキッカケに、蓮とキョーコに戻った。


ねぇ、蓮。
質問があるんだけど。


なぁに?キョーコ。


このDreamsの役名で呼び合ったらどうかな?
と思ってだんだけど・・・
役の名前、書いてないんだよね。台本に。
書き直しのときに忘れたのかな?って思って。
蓮、知ってる?


蓮は、フッと笑って、緒方監督の今回のコンセプトを話し出した。


あのね、今回のこのドラマのタイトル。
Dreams だよね。
どういう意味って、そのまま分かるよね。
夢の複数形。
多分、さっき役作りしてた時、
キョーコは夢が2つで、お互いの夢が一つの道のり
・・・だって思ってるんだな。
って聞いてたんだ。


ん?違うの?


それも、もちろん一番大事なタイトルの意味なんだけど。
今回のドラマ、役名、無いんだって。
お互い、共演者同士、みんな芸名のまま演るんだよ。
あ、でも京子は、苗字が無いし、
親子関係の場面もあるし、君のお父さん役の人の苗字+京子。
で、結婚したら、君の役名は・・・

“ 敦賀 京子”になるから。



えぇ~~~!
(!?なんですと、このまま蓮と、ここでと同じくテレビでもよべってか!?)

で、Dreams。
監督の思うイメージは、視聴者の夢の中に
俺たちが出てきてくれるような、ドラマにしたいんだって。
だから、日本中、視聴者のたくさんの夢。って意味もあるんだって。
それによく、街中でも聞かない?
あの、蓮のドラマさぁ、とか、京子のこの前見た~?とか。
あんまり、ドラマの役名って、実は重要じゃないんじゃないか?って言ってた。
だからね、そのまま、それぞれの芸名で。って緒方監督、思ったらしい。
それに、夢の中に出てくるような演技を求めます。って、言われたしね。



(な~る。)

じゃ、こんな感じ?学校の子がよく言う感じだとね、

この前、蓮のドラマ見て~、
その日、蓮が夢に出てきて~、ピアノひいてくれたのぉ。
君の為に。って言ってね~。うふふ。
 いやぁ~ん、私の夢にも出てきてぇ~、蓮~。

・・・って感じ?



(なんだその、恥ずかしい会話。ま、一応、アレのNo1だしな、俺。世間では。)


それと、さっき思ったんだけどさ・・・
まだ、いっか。後でで。


(なになに?なんです?敦賀さん?)


蓮はキョーコのiPadを持ってきた。甘い空間を断ち切らせて、社長の本題に入ろうと思ったのは、急にアレのNo1を思い出したからである。


キョーコも、恋人にしたい芸能人に
ランクインできるぐらいに綺麗になったな。って思ってね。
さっきの写真見たらね。
で、夫婦になる前は、こんな新婚さんみたいでもいいけど、
多分、緒方監督のイメージだと・・・
もっと、大人びてたほうがいいかとも思ってたんだけど。
俺は君の夫として幸せを共にして行く時間の流れで、
愛の形、気持ちが変わっていくと、想像してる。
キョーコの中で、敦賀京子が、どういう役なのか、
時間の変化が今回あるからね。
Dark Moonではそれがなかったよね?
その時に起きたハプニングみたいな。
この今回のドラマは人生の流れってやつかな。
時間が何十年とドラマの中で流れる。
初々しいのは、初めいいと思うよ。でも・・・

中盤ぐらいから、コレ。



指差したのは、オードリーのだった。

IPadの中のキョーコの写真を幾つかペラペラしながら、言った。


いい?社長の陰謀。教えるよ。
と、社長からのヒント。かな?


無邪気。 恋をしている少女。
大人。 駆け落ちを決めた女性。
セクシー。 新婚生活。
清楚。 結婚生活に落ち着いて・・・
最後のシーン、セレブリティに仲間入り。

こんな感じ?でどうかな?
君の人生の中の流れとして。
そしたら、ちょっと俺もやりやすく成るかな。と、思ってね。
注文増えたけど、いいかな?


な、敦賀さん。


(お、カットね。俺もその方が私欲が抑えられる。)


キョーコは目からウロコが落ちた。しかも何個も。

(さすが、敦賀さん。すごい役者。敦賀教、教祖様だわ。信仰しててよかった~ぁ。)

私は、いつも流されて役が憑いてから考えるタイプだったので、
イマイチ今は夫婦が分かってなかったんです。
でも、人生の半生の時間の流れのあるドラマも初めてだし、
そういったところも要素として考えないといけないですね。
そこからの、つながり方とか。


そうそう。
そういうことだよ。

だから、今は駆け落ちするぐらいの愛情でもいいし、
新婚さんの夫婦でもいい。
今、過ごしているみたいに。
でも、ドラマの撮影が進んできたら、
ここで過ごす時も変えていって欲しい。
お互いの為にもね。
最上さん、よろしくね。
俺も、変えるよう努力するから。


はい。OKです。がんばります。


で、もう一つ社長の陰謀があるんだけど・・・

さっき社長の電話で、最上さんを恋人にしたい、お嫁さんにしたい女性芸能人に
エントリーされたって。

(・・・いいとも、だめとも、言わせない方がいいか。)


えぇぇぇ~!

(・・・そっか・・・私にも、とうとうやって来たか。その時が。)

今まで、まぁまだ高校生だけど・・・
まだ少女のイメージがあったからね。
事務所的にNGだったけど今回、久遠との映画の熱愛ぶりも披露されたし。
いいんじゃないか?って言ってたんだよね。


どうして、敦賀さんに私の事で電話するんですか?


ん~、ま、今度ドラマで共演するからかな?



しらっと嘘をつく。でも直ぐに違うことで話を被せた。



そうそう、ドラマさ。このドラマが放送される前にランクがでるから。
話題性。
例えば、コホッ。自分で言うのもなんだけど、
俺、今までずっと1番で来たし、
それなりに自分でもがんばっているんだ。
維持するのにね。
で、京子がランクに入ったら、もっと・・・
緒方監督の言う、Dreams が広がるかな。と、思ってね。
だから、最上さんもテレビに出る時、外を歩く時、
注意して世間の目を引いてがんばってみて。
ファンがどのぐらい居るのかも分かるし。


ワタクシごときが敦賀さんに並べるとは思ってないので、いいですよ。
ふふ。


キョーコはキューティハニースマイルで微笑んだ。

(でも、そうね、私がランクに入ったら、アイツも見直してくれるかもね!)

ヨシ!!!

ついでに、気合も入れた。


あ、じゃぁ社長にメールするよ。いい?


はい、大丈夫です。敦賀さん。


蓮はどの写真を社長がエントリーするのかは、知れないけれど、自分もいいと思ったし、彼女もいいなら、隠してもお互いこの商売やっておけないしな。と、諦めた。
でも、自分もランクに入ると、自分の仕事も増えるし、業界の扱いが変わってくるので良いも悪いも知っている。それに、今回から・・・
俺は二人でエントリーされてるしな。

敦賀蓮、久遠ヒズリ。

初めての久遠でのエントリーが気になった。どこまでこの短期間でランクされるのか。

(ま、久遠は置いといて、京子がどこまで伸びたのかは知りたいしな。)


じゃ、キョーコ。
送ったけど、明日の仕事は?

(キョーコね。OKですよ。)

ん、蓮は?


甘えた声で言った。じゃないと明日の仕事は、気の進まないアイツのPVの打ち合わせだったから。

俺?キョーコ、先。

いや、だめぇ。蓮が先。

だめ、言わない。
キョーコの聞いてから。

え~。蓮のばかぁ。

なんでもいいけど、新婚さんは終わりを知らない。が、キョーコがイメージする夫婦。
その後、やっぱりありがちな光景、すぐにソファに押したおされてしまった。


キョーコ、早く言って。


ふと、夫婦だった。そう思って付けたした。
どこまで、夫婦としてアドリブしてもいいのか、カメラの前に出る前に知りたかった。


言わないと、キスするよ。
上も脱がすよ。それで、寝室に連れてくよ。
それでも、いいの?

・・・いいよね。

じゃぁ、言わないで・・・



そこまで言ったら、途端にキスしたくなった為、自分で話にケリを付けてしまった。

(まだ、蓮が手を出すには早すぎるよな。おいおいまで、我慢するつもりだけど。)


上から微笑みながらも迫る夫に、ドキドキした。
本当は、言いたくなかっただけ。でも、夫婦だから、隠し事はよくないわよね。特に仕事の事は、放送されれば、ばれてしまう。

蓮の顔がチュッと一度離れた直後、話を切り出した。


明日ね。午前中は蓮と一緒。
ドラマの顔合わせに本読み。
で、午後は、クイーンレコードに打ち合わせ。
で、夜は・・・


(ん?クイーンレコード?って、アイツ?)

ねぇ、クイーンレコードからのオファーだよね。それって。
キョーコ、歌は歌わないもんな。


途端に、至近距離で大魔王が現れた。


はい。
すみませ~ん。


敬語になってしまったので、最後、一応語尾だけ延ばしてみたが、だめだった。


すみません。は、夫婦にいらないよ。
キョーコ。


ものすごく冷たい目で、凄んでくる。
でも、この瞳が色は違えど、久遠に水を掛けてしまった一昨日の表情に似ていた。

壁に押し付けられて、バスローブを脱がされそうになったのを、覚えてる。
でも、この人は、私の許した久遠じゃない。夫だけれど、偽りの夫であって、似ているけれど久遠じゃない。同じ香りに包まれているから、気を抜いたら、自分も流されてしまう。

(それにしても、久遠と蓮は仲がいいのか。)

久遠の話を蓮がしてくるし、私にも怒らない。それは、私が久遠にあげたのを知っているから。そう思っていた。だから、アイツの話をしても、大丈夫かと思っていた。
でも、違った。いつもの敦賀さんだ。そう思ったとたん、自分の中にヒュルっと入ってきたモノがあった。


なんで、怒るの蓮?
あなた、妬いてるの?


蓮の唇を撫でながら、ナツも付けてみた。


冷たい目してる。
久遠みたい。
あのね・・・抱かれた時、そんな目してた。
ふふふ。後ろからされた時、すごく気持ちよかったの。


(なんだ? クオンって言ってる?冷たい目?後ろから? ナツなのか今?)


あの時ね。
実は、久遠じゃなくて、

蓮としてる。

って、思ってしてた。


抱かれながら、おもわず、蓮。って言いそうだった。
でも、それは一度だけ。

その時、妊娠したかもしれないって思った時。


だから、久遠の子供だけど、

蓮の子供だとも、思ってるから。



そこから始まる、夫婦でも、
私への愛は変わらない。

って、この唇から言ったでしょ。

貴方も、好きなの私。
でも、久遠も好き。

夫婦だから、いいよね。

隠しておけなかったの。

自分の気持ち。

・・・

それで、よかったら、・・・

抱いて。


(え~ぇぇ!ナッちゃん! 何言ったのぉ!!! そんで勝手にどこいくの~ぉナッちゃ~ん!)

ナツがするりと、抜けてった。


(正直、さっきまで、手を出すには早すぎると思ってたけど、彼女がナツでもそんなこと言うなら・・・。)

キョーコの着てる服の中に手を入れて、上だけ脱がすと、彼女の腕が俺の首に巻き付いてきて、自分からキスをねだった。


蓮。いいよ。


その言葉は、キョーコだった。
ナツじゃなくても、してもいいと言う。さすが、プロ根性。

(ん?プロ根性???)


はっと、おれもクオンが抜けてった。俺も、クオンに取り憑かれてた。
久遠の嫉妬。蓮への。

蓮のつもりで彼女を抱いた時に、彼女が蓮に引きつられて、蓮だと思っていた事は、やっぱり思った通りだった。

でも、蓮の子供だって思ってる。って・・・。
だから、夫婦になってもいいと、承諾したのか?
それとも、久遠が付き合ってない。って言ったから・・・?


(それにしても最上さんって、役に入ると怖いよな。やっぱりプロになってきたんだな。)



それよりも、上を自分が脱ぎそうだったその前に、気づいてよかった。
脱いだら、キスマークが分かってしまう。自分の付けたものだと、本人だからね。


久遠の姿で、心は蓮で付けた、彼女の首のキスマークに、ちゅっと吸い付いた。
もう一度、本当の蓮として。


キョーコ。
明日も、お互いがんばろうね。


これは、蓮からと、久遠からも、

不破に対する、

俺の所有印だから。


おまじない。いい仕事が出来ますようにね。

さ、着替えて寝よっか?



抱き起こして、ゲストルームに抱っこして連れて行った。


今、着替え持ってくる。
待ってて。


パタン。
ゲストルームのドアを閉めた。

自分の寝室にいって、パジャマかTシャツか?
と悩んだので、両方持って、それと。

ふふ。コレも。


Au the blanc
俺の好きな香り。で、トレードマークの香り。

キョーコの居るゲストルームをノックして、ドアを開けたら鏡の前に座って目を閉じていた。


どうした?
キョーコ。明日の仕事、不安?

フルフルと首を横に振った。


横に行って、鏡の中からキョーコを見た。彼女が瞑っていた目を開くと涙がぽろっと、落ちた。


敦賀さん。


(敦賀さんね。よしよし。)

ん?なに、最上さん。


昨日・・・
朝までどこに居たんですか?


蓮と呼んだら、妻として狂いそうだった。
そうでなくても、気になっていた。あの時は、敦賀さんと、電話してた。


えっ?どこって?


(えぇ~!マンションの明りが点いてなかった事を言ってるのか!?)


そうです。お風呂溜めてたんですよね。
ここだと言ってましたよね?


(ふーん。じゃぁ、イジワルしよう。君だって久遠と居たじゃないか。ま、俺だけど。)

ねぇ、最上さん。
それって、

俺に妬いてくれてるの?

君は、どうして・・・
俺がここだと言っても、嘘だと思っているの?



それは・・・。


何?言えない事?

言えない事をしてたのは、

君でしょ?最上さん。
違う?


キョーコは、鏡越しに話すのをやめて、振り返るとボタボタと涙が溢れていた。
膝をぎゅっと掴んで、我慢してるようにも見えた。


私みたいな人、どうなんですか?
私、もう・・・。


(なんだか、悪い気がしてきた・・・)

言えない事をしてるのは俺だよな。久遠になったり、蓮に戻ったりと、二人で振り回して。悪い男だよな俺って。・・・まだ、言える段階じゃないけど。そう思ったら、もちろんフォローしなくてはいけない気がして仕方がなかった。



最上さん。
どうして、自分の事をそう思うの?

あのね、さっき君の言葉で・・・

“ 蓮、いいよ。”って言ってくれたよね。

あれ、アドリブかな?
躊躇しないで、男に抱かれてもいいよ。
って、思えるようになったって事だよ。
君を、大人にしたのは久遠だけど、俺は久遠には感謝するよ。

大人の演技・・・
出来るようになったんだね。


蓮はキョーコの頭をナデナデしていた。



さ、最上さん、気にしないでもう寝ないと明日の仕事が・・・


キョーコが抱きついてきて、声を上げて泣いた。

わーん・・・えっく、えっく・・・
蓮。蓮。蓮・・・れん・・・れん・・・


うん、大丈夫。俺は気にしてないから。
久遠は、いいヤツだし、親友だから。

(久遠のことも、良く言っておこう。じゃないと、久遠になった時、戸惑うからね。おっ?
ん?今、泣きながら、蓮って言ってたよな。)



ねぇ、キョーコ。


俺も、久遠も、君の事が大好きだから。

どちらを選べとも、言わない。
久遠もそれでいい。って言ってた。
久遠は、アメリカから直ぐと言っても、
1日はかかるからね、来るのに。

俺も、久遠も、同じぐらい君の事を愛してる。

君の中で、どちらの存在が大きくなっても、
俺たちは何も言わないし、
君が選んだのだったら、それでいい・・・

そうお互いに、思って譲れる間柄だから。

君の人生に・・・

どっちかが横に居れれば、俺達はそれでいいから。


(そう、俺は昨日決めたんだ。君が選んだ方の人生を歩む。ってね。)

ただ・・・



キョーコ曰く、大魔王で、凄んで見せた。


違う、男を選んだら、
それは、怒り狂うから。二人で。

覚悟して。


ピッキーン!急に直立不動で、立ち上がり、すみません。すみません。すみません。と何度も謝ってきた。
とにかく、ニコニコが止まらなかった。彼女は、やっぱり蓮に妬いてたんだ。と思うと。



キョーコ。俺たち何だっけ?
夫婦じゃないの?

すみません。は言わないよ。

ごめんね。とか、ごめ~ん。でいいから。
それに、謝ってもらう原因も、今、無いから。


それとも、

謝らなきゃいけない、他の男と何か理由でもあるのか?


どうも、違う男と想像してしまうと、キョーコ曰くの大魔王が出てしまう。

とりあえず、久遠のことは棚に、よっこいしょ。と上げといて、これからも増え続けるキョーコに近づくヤツを排除しないとな。と思っていた。



じゃぁ、そろそろ・・・

あぁ、今日は一緒に寝ないけど、また今度ね。

さ、顔洗ってから寝ないと、涙で朝、瞼腫れちゃうよ。


言いながら、頬から瞼を撫でて優しく涙をぬぐった。


この部屋のバスルーム使って。
そっちのドアだよ。


俺が指差したバスルームは、ホテルの部屋からは見えない、裏側。


ついでに、着替えてきたら?


と言って、自分のパジャマとTシャツも渡した。


まだ、ここにいるから、待ってるよ。


キョーコがバスルームに消えると、俺の、久遠と蓮の好きな、au the blancのボディクリームを鏡台の上に置いておいた。
そうだ・・・と、思いついて、自分の腕にたっぷり塗った。

キョーコが戻ってくると、ぎゅーっと抱きしめた。君に香りが移るように。

自分の、蓮と久遠の香りに包まれて、いい夢を。君の夢の中に、自分達が出てきてくれればいいな。さっきの女子高生の会話じゃないけどね。

昨日ね、蓮が夢に出てきてね~・・・。昨日ね、久遠が夢に出てきてね~・・・
どっちでもいい。
明日、もし夢に俺たちが出てきてたら、話してね。キョーコ ・・・_______


お休み。


電気を消して、部屋から出たがドアの前でふと気付く、忘れ物。


あ、お休みのチュウ、忘れた。
ごめんごめん。


真っ暗な中、キョーコのいるベッドに座って彼女の頬を撫でて、彼女にチュッとすると、もう寝ていた。


(早っ!)

目を凝らして見ると、彼女は腕の中からの香りを嗅ぎながら寝てしまったみたいで、枕でなく腕に頭を乗せて微笑んでいた。


(そうだった。枕、ポイ!の人だったんだ。俺も、キョーコも寝相悪いしな。別々に寝るのがいいな。これからも。)


ポン!と手の平を打って、思い出した。

そうそう、俺も、暑いといつも上のシャツ脱いで寝てるもんな。気づかないうちに。
あれ、キスマークが消えるまで一緒に寝ないほうがいいな。うん、別がいい。今の所は。

・・・っていっても、2,3日で消えるかな~?キスマーク。その後は知らないよ~。
お、妊娠も触って確かめよう。そうしよ。そうしよ。

そんな事を考えながらゲストルームのドアをそっと閉めた。


さ、俺も寝よ。


蓮は、腕の中から香るキョーコのSunflowersの香りを胸いっぱいに吸い込んだ。
家にも買っておこうかな。キョーコの為に。
Red Door もどうかな? Only with me って久遠からは言っちゃったけどな。
True Loveはどうなのかな?ムスク系だから、SplendorともRed Doorとも違うけど。
このあげた3つは、似てるけどな・・・ぁ・・・

蓮も、香りに包まれて、キョーコが夢に出てくるように考えながら眠りについていった。






Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 30.2013
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray