• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Back Stage - Sho's Live tour Meeting * 1

Category : Story-Back Stage

ねぇ、尚。 
ちょっと貴方・・・聞いてるの? 



んぁ・・・
まぁな。



事務所の会議室。今日はクイーンでPVの打ち合わせが、京子と組まれていたけれど、キョーコのやつ、マネージャーからキャンセルの知らせをしてきやがった。

マネージャーの居ない京子のくせに、アイツの眼鏡のマネージャーが掛けてよこした電話にちげーねぇ。と、思うのは、キョーコに掛けた電話が・・・

“ もしもし・・・ あれ? 社さん? ”

そんなキョーコの言葉だったから、アイツのマネージャーだと思っている。
たぶんそうだ・・・そんな確信めいた直感は、以外に働くオレ。

アイツの仕事はワンサカ有りやがるから、京子の仕事がキャンセルに成ったところで、アイツと居る訳じゃねぇとは自分に言い聞かせたいことで、でも同じドラマに出ているのだから、撮影のスケジュールの都合でと云う事になると、本業の方を優先したい。しかもこちらは打ち合わせ。何時でもいいんじゃぁ~?なんて思われていると思うと癪に障る・・・が、仕方ない。

そのキャンセルがあったから、事務所にてツアーの構成やら、衣装やら、セットやら、照明やら・・・ 細かく決める為の・・・

不破尚、不敗神話 全国ドームツアー・プロジェクトチームのスタッフが、オレが何をどう歌い、どんな順番にするのか・・・

「 そろそろ、決めてくださいな。」

・・・と、言われて徴収された。


自分の中で頭がGO~! と、言っている曲は決まっているけれど、感情が GOOD と、言ってくれる満足に歌えている曲は、新曲の中に自信が有るものは・・・まだ無かった。


それで、これは・・・
うん、うん。じゃぁ、これは・・・
そうですね~・・・それでは・・・

勝手に俺抜きで話し合ってゆくスタッフの話を、真面目な顔で見詰めていたけれど、実は全てが右から左。


自信が生まれてきそうだった、just wanna see you だって・・・
ただ、逢いたいって、思っていただけなのに・・・・その気持ちがいつの間にか、キョーコの部屋に足が勝手に向いていただけで・・・学校に行った時も、カフェテリアで見かけたアイツが・・・・電話で喋ってて・・・自分が書いた歌詞が見事に嵌りまくって目が点だっ・・た・・・


あれ・・・?


アイツ、電話を確か2つに分けてたよな・・・

ディバイスも、白と黒と両方あった。

それもだけれど、昨日キョーコのマンションから聞こえた、感じている男と女の声。
自分の音感と脳のした声紋判断が正しければ、ぜってーアイツとキョーコなんだけど・・・

んじゃ、お泊りで・・・?

今朝のオレとの打ち合わせはキャンセルで・・・?

でも、マンションの横のコインパーキングにアイツの車は無くて・・・?

そんで・・・

ピンクのきらきらハートのキーチェーン・・・それを渡した手・・・?

確か・・・電話を持ってた・・・?

そう、手を出した反対の手には電話を持っていた・・・んだっけ?

もしキョーコんちに泊まったのに・・・? う~ん、それは考えたくねぇけど・・

どうして・・・?

わざわざ、外に電話に出る必要があるんだ・・・? いや、アイツじゃねぇのか?それは・・

いや、きっと確信は無いけどアイツだろうと・・・

あの後 感じてる男と女の声を聞いて、そう ちらっと思っただけだけど・・・



あのキーチェーンを渡した手に持っていた電話は、黒。


それは確実に見た。ってか、顔を見なかったから、アイツかどうか・・・



・・・いや。アイツだ。



カフェテリアで・・・iPadに繋げてイヤホンで何かを聴いていたのは、黒だった。
何かを膝の上、テーブルの下に隠してタイプしていたのは、白。

電話で話していたのは、キョーコ。

それは、自分が書いた歌詞にぴったりだった・・・って思えるって事は、同じ気持ちのアイツだろうと予測する電話の相手。

授業中・・・って、言ってたし。

ポチリがオレにメールしてきたんだし、現に学校で遭ったし・・・。


んじゃ~~、黒が・・・プライベート・・・

でも、iPadも、プライベート・・・?だったら、音楽はアイツのピアノじゃねぇのか?
それだったら、オレなら仕事用なんだけど・・・

でも黒が仕事用だとしたら・・・わざわざ、外に電話に行く必要・・・あるか?
その場でいいだろ・・・?

同じドラマキャスト・・・いや、違う仕事か? 

プライベートに黒い方を使っているのだとしたら、キョーコに聞かれたらマズイ話があるってか?

ん~~~、でも、iPadが同じ色をそう使い分けているとは限んないし・・・・・・



腕を組んで上を向き、む~んと唸りつつ目を瞑って思い出していた。

アイツのいろいろ、ワっケ分かんねー事。


でも、アイツだという確信は全く無い。99%ぐらいはアイツだと思っている。
コンビニで店員も話していた、敦賀蓮が来たって事。でもそれは、キョーコとではなく妹だと言ってた事も、自分で見ては居ない。

でも、残り1%・・・

あの時自分で顔を見ておけば、100%に成った。と後悔していた。

でも顔を見ちゃってたら、俺・・・・・

・・・どうしていたんだろ __________ . . . .


頭を両手で抱え俯いて、がーっと髪を掻き乱した。
自分の頭の中で今、考えていた事が本当じゃないと、信じたい。



んぁあぁぁ~~~!
ワケ分かんねぇぇ~~~!


・・・はっと目を開くと、皆がオレを見ていた。



ん?尚、いつもとほぼ同じよ。
そんなに考えているんだったら・・・
何か他にしたい事、あるのかしら?


( ん?えっ!? 何? なになに? )

勝手に自分のライブの事が決まりかけてて、自分がどの曲を何番目に歌いたいかとか、言ってねーぞ。まだ・・。と思っていた。

ふぅ。

とりあえず、落ち着け・・・。両手を握り締めてテーブルに肘を着いて顎に結んだ手をコツコツ付けていた。

オレの視線は、テーブルの上に置かれたそれぞれのスタッフが持っている個人のディバイス。
それぞれもっているのは事務所のスタッフは同じもので、会社支給だから当たり前なのか、衣装さんや照明さん、舞台監督はそれぞれ個人のものだと思えるほど、見事にバラバラ。

全く、なんの関係も無いだろな・・・。とは、見ながら思っていた事。



それで、ツアーの後に発表する
第一曲目。
それに繋げる様に・・・最後の曲は・・・


監督がそう話し出した時に、ふっと我に変えると祥子さんが続けざまにオレに聞き返すって事は、イライラしてるに違いなかった。


ねぇ、尚。貴方、どれにしたいの?
それによって、セットの色々な事がある・・・


んぁ~?
そうだな・・・

・・じゃぁ・・・


ちょっと、面白い事を思いついた。 思わずニッっと笑ってしまう。


なぁ、祥子さん?


ん?何?
いいアイディア?


さぁ、どうかは・・・
オファーしてないから、わかんねぇし?


はぁ?
オファーって何?


・・・ゲスト。
ライブにゲストって、呼べるのか?

ギャラとか別途費用が掛かるわけ?


ん~、そうね・・・
人にも寄るし、全部のツアーに出て欲しいわけ?
それは、上の人と話さないと・・・

それに、ツアー全部に呼びたいわけ?



いや、最後の一つでいい。
最後。
東京ドームに帰って来た時・・・

9月の不敗神話に序章・・・?

そんな感じで・・・?



そう、それで、誰を呼びたいの?
・・・京子ちゃん?


ま、キョーコを呼んでもいいけど
そうじゃない・・・
あからさまな事は、見せ付けたいヤツが他に居る。



ん?誰?
もしかして・・・?



たぶん今、祥子さんが思っているヤツ。



えぇえ~っ!
忙しいんじゃない?
業界で一番忙しい人なのよ!
ギャラだって・・・


そう・・・
敦賀蓮、アイツ。

それに・・・


言い出そうかどうしようか迷っていた事がある。

それに、ピアノ弾いてもらったらどうかな~っと付け足したら、宣伝って事でギャラの方は半分とか~?なんて、調子のいい事を言ってみる。
なんせ、自分の曲がドラマに使われてんだし、いいんじゃね?とも言ってみる。


う~ん、そうか・・・
ドラマねぇ・・・。

まぁ、2年先まで
スケジュールがビッシリだとは、
クイーンの方から小耳に挟んでるけど・・・

それで? まだ貴方
・・・何か企んでるんでしょう?



ん~っと・・・

もう一人。


人差し指を差して、祥子さんを見て笑った。食い付くかどうかは・・・



もう一人居る。

・・・久遠ヒズリ。



はぁ~っ!?
・・・きゃぁ・・コホン。

そうね・・えっとぉ・・・
久遠くん・・・じゃない・・・
・・・えっと

ヒズリさん・・・?

どうして? 貴方のライブに関係ある?



ん~それ、賛成!ってぜってー思っているに違いない。祥子さんのぱぁっと明るくなった顔を見て、ふっと鼻息で笑ってしまった。


・・・なぁ、この二人。

同時に、ライブの最終日。
呼べねーか?


ウンウン、とりあえず一度ならずとも二度も首を縦に振った祥子さんだったけれど、久遠ヒズリの来日の予定があるなら、いいんじゃない?・・・一応、LMEではまだ新人だし。

・・・って返答。


自分が考えている事。



_______ 自分が曲を創るのは・・・


“ 息をする様に当たり前で、簡単だ ”

そう思って今まで走り続けてきた・・・けれど・・・

息を切る事無く走り続ける事が、どんなに過酷かオレだって実感している事。


アイツにとっても、それは・・・同じだと同じ人間としてそう思う。
その疲れた心を寄せたい気持ちが、キョーコに向いている事も同じ。
だったら、王子だって、同じじゃね?と思った事だった。



う~ん、そうね・・・
聞いて来る。


そう言っていそいそと、電話を片手に会議室を出て行った祥子さんだった。


二年先までスケジュールが一杯だって、キャンセルされる事も・・・今日の自分の様にもちろん有る事。オレだって俳優とモデルと二束の草鞋じゃねぇけど、めっちゃ忙しいと思っている。

今は、不敗神話と免許の為に、祥子さんが歌番組以外全部断ってくれているから、時間がある・・・走り続ける事にもこうして調整しつつ息切れしないようにしないといけないと、ダッシュばかりだったら・・・死んじゃうし・・・

・・・・・。

とは、表向きの言葉・・・

アイツ昨日キョーコのところに泊まって、車も無しに・・・なのか・・・

あの電話とタブレットの2色を使い分けていた日。
学校で、アイツ自分から言ったんだよな・・・


“ 深い海にも、冷たい砂の上にも・・・

掛け替えの無い人、出逢えた運命は、同じ・・・”


そう、アイツ・・・俺の曲聴いてるって事だよ、それもダウンロード開始の日。

キョーコが聴かせたのか・・・とも思ったけれど、そうじゃないと思うのは、車の中で寄り添って横にいたキョーコ。

・・・なに?それ?

って、あの顔。子供の頃から知ってる表情だった。
って事は、キョーコが聴かせたんじゃねぇって事だとは、100%の確信になった。

それに、もしアイツがカフェテリアで使っていたiPad・・・黒の方。

イヤホンを付けて何を聴いていたのか・・・

もし、俺の曲を聴いていたとしたら・・・

・・・それ・・・


もちろん、プライベートなんだよな。



だとしたら、辻褄が合う。黒がプライベートの物だと云う事に。
キョーコに電話していた事も、もちろん・・・

キーチェーンを渡した手。アイツだと思える事と・・・


フッっと鼻からもう一度笑ってしまった。



プライベートの電話を、わざわざ外に出て掛けなければ成らない用事。

誰にも聞かれたくない、そんな秘密をアイツは抱えていると思える事。



それに・・・俺の曲を聴いていたとしたら、アイツはオレの曲をどう思って聴いていたのだろうと、同じ想い人に綴った曲だから、心がマッチするのは当たり前だと・・・思えるほど・・・

自分の創った曲には、自信が有る事。


“ 息を吸う様に、簡単 ”

オレには曲を聴き分ける能力、絶対音感、フレーズの呼吸の置き方、それで気持ちまで感じる事。音楽に関しての自信は、誰よりも有った。
自分の今までの芸歴が、自分の自信に繋がっている、その全て。

走り出して走り続けてきた自分に感じる、この世界での自分の存在。
この業界では、オレが一番なんだ。俳優の業界で一番のアイツ。同じ一番同士の、同じ事だと思う。

・・・アイツのピアノの曲が破壊か破滅か・・・

そんな風に思える弾き方。恋やなんやら、そんな簡単なものじゃねぇ。

アイツの秘密は・・・



壊れそうに、深い・・・黒の中・・・闇・・・


“ 黒いライオンと白いライオンがキョーコの心に居る ”

“・・・黒が真実 ”


アイツの闇の中の部分。


それ・・・


きっと、キョーコも知らない。


なんで?ってアイツに向けたその顔、俺の曲を聴いてない証拠なんだよな、キョーコ・・・


プライベートに俺の曲を聴いていたら・・・

そう考えていたら、祥子さんが戻ってきた。



なんだって?


う~ん、今とりあえず忙しいから、
分らないって、主任が言っててね・・・

本人が忙しいから話す暇も無いかもしれないし
今はピアノとモデルと俳優と・・・
馬鹿みたいに忙しいらしいわ。

あっ!久遠ヒズリの方は、担当が違うらしくて・・・
担当に伝えるけどって。


しょぼ~ん。として帰って来た祥子さんを見た時、ダメだったかとは思っていた事だった。
ふ~ん、じゃまぁ、しょうがねーし・・・と、言って一応自分のライブだから、自分の方を優先的に考えようと思い始めた。
タブレットを手に取って自分が歌おうと思っている曲の選曲リストのページを開いて、外す曲と代わりに入れる曲と・・・と直してスタッフと話し合っていると、テーブルの上で祥子さんの電話が、カタカタ震え出した。


もしもし、お疲れさ・・ま・・・です・・・、アカ・・ト・・・

話し出しながら席を立って静かなところで話す為に、廊下にまた出て行った祥子さん。
その祥子さんを横目に、スタッフからは、Prisonerは、羽を降らすとすると・・・最後なんだけど・・・との指摘。それでもいいのか?と、言われて、それじゃぁなぁ・・・と思っていた。
テーブルにタブレットを置き直し、テーブルを両手の指でカタカタ動かしながら考えていた。

ピアノがいいの?最後?

そう聞かれた俺のしぐさに、長年変わらない担当が気付いてくれた時、パタンとドアが閉まった音がした。



あぁ・・・
ヒズリさんの方なんだけど・・・


祥子さんの顔を見たら、何が無しに分るこちらの方が長い付き合い。まぁまぁ・・・ってその顔。ちょっと期待ができるかもと思いつつ、両手を口元に当てて考えていた。


彼の担当に言ったら・・・
来月、来日するって言ってたから
その時でいいか?って事だったわ~っ。


来日の予定が分った祥子さんは、ルンルン気分で話を進めてくれそうだと思って・・・
テーブルに置いていた自分のタブレットを取って、スライドしていたページ。

聞かせたい曲・・・

そのまだ誰にも見せた事の無い、曲の歌詞と楽譜を見ていた。





_____ じゃぁ、こいつらが出てきてくれたら・・・

悪魔の羽・・・

・・・どうしてやろう


ククッッと心で笑いながら、そのイメージを伝え始めた。



Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 04.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray