• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.292

Category : Story-I of LDs
悪戯心が、過ぎたようだ ____________



今・・・掛かっている曲



________ Stella By Starlight 星に照らされ、輝く星に・・・

The song a robin sings Through years of endless springs. The murmur of a brook at evening tides
That ripples through a nook  

・・・Where two lovers hide…


これは鳥のさえずり  泉に一年中湧き続け溢れ、 小川に渦を作り流れ出す音
隅まで打ち寄せる水には  

・・・二人の恋人が隠れている。


That great symphonic theme その囀りはどんなオーケストラでも敵わない

That’s stella by starlight 星に照らされた、星の様で

And not a dream でも、それは夢ではなくて

My heart and I agree 心に響いた囀りは、どんな歌にも勝ると

She’s everything on this earth to me その鳥の歌に自分の世界を思う


That great symphonic theme その囀りは交響曲の様に嘆美に奏でられ

That’s stella by starlight その才能を輝かせて

And not a dream そして、これは夢ではないと

My heart and I agree そうだと思える自分の心に届く

She’s everything on this earth to me 彼女の全ては、その自分の生きる世界



子供に歌うStella By Starlightだと思う事にすれば大丈夫だと言い聞かせ、頭に残る大人の歌う歌詞の意味に、思わずどうしようか悩んでしまった。

頬をダバダバ流れ行く涙を、右手で拭いながら鏡の中のキョーコを見ていると、頬を寄せて微笑む表情が苦しそうな事に気が付いた。
敦賀蓮と京子。と名前を出したら、確かにリアルだ。と思ったけれど、役名なので仕方あるまい。
世の中に、二人が付き合っている事を、ばらしている様な気にさえさせられる。



キョーコ。
どうした?大丈夫?


あまりに涙が流れているので、一応カットの意味で普通に話しかけた。目の前の鏡台の上からティッシュをピャピャっと数枚とって涙を拭いてあげると、自分でもピャピャっとティッシュを取って鼻をかんでいる。

言葉は無いが微笑んで、うん。と縦に頷いたのでじゃぁ、誓う。からでいい?と続けるように促した。

明日までにしておきたい このイメージ。さもなければ、脚本どおりのアリキタリ、お決まり、イカニモの流れに持っていかれそうな明日の撮影を考えての事だった。


ちょっと・・・休憩。
お茶でも飲む?


ベッドに座らせて、Tea Roseのキャンドルの灯りの中で、まぁまぁ温めのティポットを透かした。

シャンペンローズのお茶に入れた一つの塊が、綺麗に茶葉となって開いているのがガラスのティポットに見える。


きゃぁ~。
それ・・・
お姫様の飲み物みたい。


ポットを揺らすと赤茶の中、細かく割ったフリーズドライのイチゴの粒が、ふわっと広がり雪が降り落ちるような、Snowball Globeの様に舞い散っている。その真ん中に、一つ、バラが一輪咲くように広がってフワフワ漂い、紅茶の茶葉に、イチゴの粉はバラの上に降り積もる。

シャンペン味という事で、皮をむいたマスカットMoscato Biancoを凍らせてカップに入れておいた。
Asti Spumante SANTERO 天使のアスティという本物を早く開けたいけどね~。と思いながらお茶を入れる。

凍っていたマスカットも溶けて、温るめのお茶にマスカットの果汁がほんのり甘く溶けこみ、バラの香りの人肌のお茶を入れた。一度凍ったマスカットは、ほろほろと蕩けてゆく。

はいどうぞ。と手渡せば、イヤイヤと、首を横に振る。ティポットを見て きらきら輝かせた目にはもう涙はない。


ふふ。いいよ。
こうして欲しいんだよね。


ガラスのティカップに何個か入っているマスカット。溶け切る前のマスカットを横から見て、その何個かの内の一つだけ入っているマスカットを探した後、ティカップに口をつけ一口含んで、人肌を確かめてから唇を重ねた。

・・・葡萄の神より。と、心に一つおまじないを掛けながら、キスをした。

人肌のお茶は、キスで飲ませても火傷もしないし、冷たすぎない お腹を壊さず、お休み前の飲み物にはいいかと思っての事。
同じカップから一口自分で飲んで、胸いっぱいにバラと葡萄の香りを吸い込んだ。As the seal of Renと蓮の証と言う言葉を見ながらお茶を飲み込んだ。

もっと~。とシャツの袖を引っ張っぱられるので、お茶を零さない様にベッドサイドに置き、おねだりする姫に無言で唇を重ねた。

彼女の口の中にマスカットを入れて、ふやけて蕩ける柔らかさの甘い味を堪能する。
彼女の舌の上に置いたまま、舌で転がしながら押し潰し、果汁をちゅ~っと舌と一緒に口の中に吸い寄せた。


うふっ。
ん~・・・
・・ぁん・・・


目を開けて、間近で見詰めると涙の痕が分かる。その声と裏腹に、幸せでない涙だとは気付いている。
きっと俺が敦賀蓮で居ようとする事が心に引っかかっていて、久遠かもしれないと思わせる発言をしたであろう人との会話も、同じ心の場所に引っかかっているのだと思っている。

( そうなんだよな。観る人が見たら・・・蓮の映画が世界に出たりしたら、安易にばれるだろう。 )

日本だけに留めて置きたい、敦賀蓮。 海外に出してもいいのは、久遠ヒズリのものだけ。
これは、社長達、アールも含め、宝田一味は皆 気付いている事だと思える。
世界に出れる事は自分の夢が叶い始めたけれど、今までの功績は自信を付ける為だけと割り切る事に、切なくなった。
さよなら・・・と思ったさっきの気持ちは、恋だけではなく夢までもだったか。と気付いた。


甘いバラの香りのキャンドルを見詰めながら思い出していた。

ガラスのシンクに白とピンクのグラデーションのバラを一輪ずつ浮かべたあのバラは、久遠ヒズリのデビュー作の舞台挨拶に貰った花だったと。そして、京子の初主演も。


“君への恋も愛も、君への全てを。君の俺への恋も愛も、君の全てを。二人で創るこれからの世界が、一緒でありますように。”

“ I always be with you… I never leave you will be alone… Now and then…Forever ”


あの時、素直に心から彼女に言えたのは、自分の未来が見えていたからだと。


“ その星は、敦賀蓮と京子の心の中で一つの愛に、永久に共に運命を信じ願いを叶えるとここに、誓います。”


これは、ドラマの中だけで留めておかなければならない、夢の言葉。

世界に敦賀蓮を連れていけない自分には、敦賀蓮と京子では世界に出ることは無い。

世界に私を連れて行って。なんて、そんなドラマ、敦賀蓮は世界に行けないのですよ。
それに、夢に出て来ます様に。も、幻想の幻ですからね。敦賀蓮は・・・

ドラマの脚本と、コンセプトを考えると、緒方監督はどこまで自分の事を知っているのだろうと思う。

彼女に、幸せの涙を本当に流させてあげられるのは、久遠だ。と自分で思い覚悟を決めて、もっと久遠を思い出させてやれと思って、ティカップを手に取った。


美味しかった?
もう一度、する?


彼女の口の中に、皮の付いたままの一つのマスカットを入れて、舌の上で転がしあった。

彼女の舌を唇で優しくゆっくり噛みながら、マスカットの皮から蕩け出す中身を吸い取って、自分の舌に半分中身を残したままのマスカットを奪い取り、彼女の口の中に残った果汁を舌で舐めて、ちゅ~っと舌を吸い取って自分の口の中に導くと、一緒に半分残ったマスカットの中身を舌で押し合い出していると、手馴れてきたのか ちゅ~っと舌を吸われたので、お互いにちゅ~っと果汁を吸い合った。

もう、誓わなくていいや。と、嘘を付くのはカメラの前だけでと、今日はもう今までの所は、それでよしとする。ついでに皮もモグモグ唇も動かしながら、ごっくんしてしまう。


唇を離して目を見詰め、その唇を親指でなぞり、頬から耳に掛けてそっと撫でながら反対の手で、背中に結んだリボンを解いた。
肩を伝い、首を伝って、両手で頬を包み唇を重ねた。

深いキスに成っていって、キスに酔いしれていると、シャツのボタンを首から、一つ、二つと開けられてゆく。

頬を包んでいた両手を上から包まれて、角度を変えてキスをしながら両手を頬から外されて、片方を自分の肩のリボンの上に置かれると、反対の手首のシャツのカフスを外そうとしている。

ん?あれ?と口の中に声が聞こえて、ぶっと思わずキスをしながら、噴出してしまった。


も~、蓮。
止めてよ。


違うよ、キョーコが
あれ?とか言うから・・・


その前の、モグモグしてたのからして
可笑しかったんだから。
我慢して演技したのに。


ふふ。ごめん。
それにカフスはしてないよ。


お風呂に入る前だったのと、自分の部屋で肌蹴させられていたので、そのままだった。と袖を見せた。

その袖・・・

そうそう衣装のままだったんだった。と気付いたのは・・・
その袖に見えた彼女のルージュの跡。

実際には、自分のキスした後の唇なんだけど、それに急に思い出した本日、バラエティの後放送された第5話。

このルージュの跡にストーリーを思い返し、今夜は京子が同じ仕事でよかったと思う。

( そうだった・・・)

あの撮影の時は、キョーコとは・・・

まだ敦賀蓮としては、先輩後輩の仲だっただけ。
こんなシーンぐらい何とも今まで思わなかったけれど、今はなんとなく浮気している様で、仕事なのにどうにも変な気持ちに成る。

キョーコは自分の仕事を見て、どう思うのだろう・・・

この関係に成ってから今までウインク一つで妬いてくれるってのに、それまでのドラマにキスシーンも濡れ場もあっても後輩だった頃と感情が変っているんじゃないか、と・・・

今のこの関係は、演技の為。ドラマの役作りの為。って、思ってないよな。
自分のキスシーンを見られなくてヨカッタと、胸を撫で下ろしている自分が可笑しくなる。

俳優たるもの、キスの一つや二つ。

でも、プライベートのものとは・・・・・


このドラマの撮影の前、貴島と飲みに行った。子役からの仕事人間、この世界の芸歴が長い彼だからこその、周りを見て演技している事も・・・

それは、俳優として役が抜け切らなく成る程

気が付いて彼に伝えた今日。 美緒はもう、キョーコに戻っているのに・・・


でも俺も、変らない・・・

敦賀蓮を生きることだけには、ずっと役を付けたまま。


“ 俳優たるもの、キスの一つや二つ。でもプライベートのものとは・・・?”

自分が今そう思ったことに、目をぎゅっと瞑って起こった感情を抑え様としていた。


______ 役をつけたまま生きている俺は、彼女とキスをする事も、演技の一つだと・・・


そうでは無いと、自分の心に言い聞かせたくて


君を愛している事は・・・

演技ではないと、役が抜けないものではないと自分の手を握り締めていた。



その袖を無視してボタンを外した胸に、キスをされ頬をつけて心を聞いている様に寄り添う彼女。
目を開けて、キャンドルの灯りの二人の姿が映る鏡を、見詰めていた。

両腕で頭を抱きしめて鏡を見たら、演技かそうでないのかが分からず、京子の顔を隠してしまうのはNGだな。と思い、鏡に顔が映る方の腕を外し、背中を撫でた。

可笑しくなる・・・

演技か、そうでないか、 ・・・なんて思った自分に ___________


背中を撫でながら、窓の外に視線を移すと月が輝いていて、半分よりも少しだけ膨らんだ月を眺めながら、今かかっているStardustを聞いていた。

胸に温かく濡れる感覚に、抱き寄せていた手で頬を撫でると、涙が流れている。

自分の鼓動とこの曲を聴きながら涙を流してくれる、キョーコが愛しくて、ぎゅっと目を瞑った。



なんだか・・・
胸騒ぎがする。

何を考えてるの?

蓮の声が・・・ 聞こえないよ。



黙って肩をぎゅっと抱き寄せて瞬きをしたら、涙がぽたっと一つ落ち、なんだかもう、なんでも分かってしまっている様で、嬉しかった。

頬を寄せて、唇で頬を撫でていると涙の味が口に入る。
その頬にキスをすると、自分の目からもまた ぽたっと大きな涙が落ちて、彼女の頬を濡らした。

頬を手で包まれて、人差し指で涙を拭ってくれるキョーコの指が目の下をゆっくりと動いている。

その手に目を瞑ったまま寄り添うと、唇に柔らかい甘い味がした。一緒に舌で転がしながら、溶けて ほどけてゆく甘いシャーベットの味と、バラのお茶の香り。

一つとして全く同じの味の無い一粒の葡萄を一緒に味わう その味は、甘くていい香りがしてずっと舐めていたいと思うのは同じ気持ち。

マスカットが口の中から消えてもそのまま、舌を絡めあっていた。

キスを夢中で味わっていると、思い出したようにシャツのボタンをあけられる感覚に、胸を伝って肩から両手でシャツを落とされる感覚。

肩から落とされたシャツは、抱き寄せている腕の肘のところで止まり、片手で肩のリボンを解きキョーコの肩からリボンが落ちると、自分のシャツの袖も腕から落とした。

反対の肩に手を変えて、指で細いサテンのリボンを伝いSomething Blueのクリスタルの涙をそっと引っ張り、キスを離して目を見詰めた。

人差し指と親指に挟んだSomething Blueを唇に付けて、瞬きをしながらちゅっと音を出した。



幸せに・・・
させてください。



瞬きをしたら、もう一つ涙が落ちたのを合図に、肩からキャミソールを落とし自分のシャツも腕から落とした。
抱き寄せて胸に胸を付け、そのままベッドにゆっくりと横にしてキスを重ねた。


キスをすると、心に自分の溢れる愛を感じた・・・

キスをされると、彼女の溢れる心を感じた・・・

キスをする度、心と愛を共有していると感じた・・・

背中を抱く腕と、背中を抱かれる腕が強くなって抱きしめあうと、心と心が繋がっているように感じた。

重ねあっている唇から、キスで愛を与え、キスをされると愛で返した・・・


落ちていたバスタオルを拾い、涙を拭ってあげて自分の涙も拭いた。
唇を離して目を開け、その頬を撫でながら思った事があり、目をじっと見詰めて止まった。



キョーコ . . .

Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 28.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray