• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.291

Category : Story-I of LDs


バスタオルを巻いているキョーコを見ると、あっつ~。と言ってごくごくミントのお水を飲んでいる。
キュウリの入ったお水は体に吸収されやすいので、もっとどうぞ。と思って見ていた。

それにしても・・・京子はすぐに、練習ですかね。と分かっていた 咄嗟の反応でアドリブで返してきた事は、引き込めて無かったのかと、俺の中の敦賀さんは少しヘコんでいます。

それというのも、さてどうしよう。どうしてやろうか?と考え付くのは・・・いつもの様に、

抱き寄せて物も言わずにキスをして、唇でI love you so very muchを伝えながら、耳の後ろをそっと撫でると、うふん。と、あはん。に成ることは知っている。  が・・・


(それはダメ。それはテレビでは絶対に見せない。)

と意地でも心に決めている。


む~ん。と唸りバスタオルで頭をガシガシ拭いていて・・・横で水をゴクゴク飲んでいる姫を見ていた。

今、流れている・・・  Stella By Starlight _____


________ 星に照らされ、輝く星・・・

            
なるほどね。と自分の頭の中でポンと手を打った。

急に抱き寄せたら また水を、ブッと吐かれそうなので、今回は抱き寄せません。と学習能力も付いたところで話しかけた。



じゃぁ次は・・・
核心に迫って、

夫婦生活。

してみよっか?



ブッ。と水をやっぱり噴出した。ん~、言葉が良くなかったかもな。と後悔先に立たず。
掛けられはしなかったけれど、咄嗟に広げた頭を拭いていたバスタオルに全て吸収できてヨカッタと胸を撫で下ろした。

下着を穿いて、その他の着替えは持って来ていなかったけれど、さっきと同じでいいや。と思いズボンを穿いた。
キョーコもコレ着て。と促して、先ほどのウエディング用のキャミソールにアンダーコートも穿かせ、ガーターを自分の部屋に置いてきたことを後悔。

まぁ、それは今日は後で。と思いながら、キャンドルを持ってベッドルームに行った。
ベッドサイドにキャンドルを置いて、もう一つのTea Roseのキャンドルにも火を点し、さっきベッドに脱ぎ捨てた自分のシャツも着る。

なんだろな?と、???の頭を浮かばせるキョーコを抱き寄せて、鏡の前で背中のリボンを結んであげ、キャンドルをその鏡の前に置いた。



いい?
さっきの続き。



鏡に向かって姿を写し、同じ様に後ろから抱きしめて手をとり、キョーコの胸に重ね合わせた。



その星は、王子と姫の心の中で、
一つの愛に、共に永久に運命を信じ・・・

・・・からだよ。

人形のキスは無し。後は、真似して。



二度目に久遠で君を抱いた時、君は久遠に唇をなぞって頬を包まれたら唇をなぞって頬を包み、脱がされると同じ様にシャツを脱がし、頭を撫でると頭を撫で、キスをされてキスを受けた。

自分で感じた初めての愛だった・・・_____

愛を生まれて初めて感じ、女の子と愛を共有してその体を抱く事を知った初めての事。
全てが全ての瞬間が心に残っていて、1コマ1コマ連続写真の様に頭と心に刻まれている綺麗な思い出。

真実の愛情を見せるには、これを参考にと思いついたのは、Stella By Starlightのせい。

その名の通り、星に照らされ、輝く星に。と思いついて、敦賀蓮の真似をさせて、同じ様な演技が出来ればいいか。と思った。それに・・・
敦賀蓮の真似をするオヤジ共にも一泡 京子が吹かせてやればいいと思っての事。

目を瞑って、息を大きく吸い込むとTea Roseの甘い香りと、Tea Tree Oilの入ったお風呂の香りがする。
その今日の、全て森の中に居る情景を思わせた香りに、思い浮かぶのは・・・ 全ての森・・・



その星は・・・
俺と君の心の中で、
一つの愛に・・・

・・・カット。

ごめん、NG。もう一度やらせて。



ふ~と息を吐きながら目を開けて鏡の二人を見詰めた。薄暗い部屋の中でキャンドルの仄かなオレンジの灯り火の光の中は、幻想的で夕暮れの魔法の時間の色。
久遠か蓮か自分で見分けが付かない様な鏡の中の自分の姿に動揺して、敦賀蓮の役どころとして、心が込もっていなかった台詞にNGを自分から出した。

ん~、キョーコ。一度キスして?と、ちゅっとして貰うと、お守り効果。

心を二つに分けたのにどうして久遠の時を思い出させるような事を自分でするのかも、この灯りの中で久遠に自分が見える事も・・・

自分の試練と思って仕掛けた、自分へのDeedだった。

乗り越えられたら、これから自分は はっきり二人を演じ分けられる自信が付くと思っての事だった。



その星は・・・
俺と君・・・ん~、違うな。
もう一回。



キョーコもう一回、ちゅっちゅして。と、抱き寄せている体を揺すって駄々をこねると、はいはい。と言って頬を両手で包み、ちゅっちゅして ちゅ~ぅっとしてくれる。
どっちが先輩なのか分からなくなりそう・・・と、自分のMっ気も垣間見る。

鏡を見ながらちょっと考えて、自分を誰だか はっきりさせてみようと思い立ち、台詞にするつもりの言葉を頭の中で変換しながら、一手ずつ胸に手を重ね合わせた。抱き寄せている森の香りを吸い込んで、・・・どの森かイメージする。



その星は・・・
・・・

敦賀蓮と京子の・・・


心の中で

・・・一つの愛に


永久に共に運命を信じ・・・

願いを叶えると・・・
ここに・・・

・・・誓います。



鏡の中のキョーコを見詰めて名前を出して言った時、目を開いて驚いているその瞳から、瞬きもせずに
涙が一つ、ぽたっと落ち、重ねあった手の指の間に吸い込まれて行った。


幸せの涙は・・・
いくらでもどうぞ。


その涙の落ちた頬に唇を寄せて、目を瞑ると自分の目からも涙が一つ ぽたっと落ちた。その涙はキョーコの肩に落ち、キャンドルの灯りに瞬きながら肩に光るクリスタルの水色の涙に落ちた。


これから・・・
幸せの涙だけを、この頬に・・・

バラ色に染まるこの頬に、

・・・笑顔をのせて
流させる事を・・・


右手を外し、肩にかかるリボンの先クリスタルのSomething Blueの涙に頬を寄せて鏡の中を見詰めながら、左手だけを胸に残したまま指を絡めてぎゅっと握った。


ここに・・・
・・・・
一つの心に・・・


右腕を肩に回しその首元に顔を埋めながら、背中を胸にぎゅっと付ける様に左手で強く抱きしめた。


・・・ちか・・う・

ん?
どうした?
キョーコ・・・?



首元に顔を埋めていたら、やたらと幸せの涙が、ぼろぼろ~っから、だ~っと額に流れてきていた。
まぁ、幸せの涙はいくらでも。と言った手前、NGでもない。と思い直し続行する事に決定。



・・・誓うよ。



肩を抱いていた右腕を緩めて頬にかかる涙を右手で拭い、その頬を撫でていると手に寄り添って目を瞑る彼女の目から、流れ落ちる涙と安らかな微笑み。

その姿を鏡の中に見た時に、自分が久遠で居た時を思い返される。

自分の目からSomething Blueに落ちた一つの涙は、切ないものだと感じていた。
愛しくて堪らない彼女に、演技の上で本心を出さずに本気の演技でプロポーズしなければ成らない事が、切なくて堪らなく成っていた。
どうしても、演技の上で。と割り切る事に、自分の本心である一つの心が感じる歪。
それは、敦賀蓮という姿でありながら、自分の本心が自分に戻って来てしまった瞬間だった。

( さよなら・・・)

そう思った、自分の本心への決別。自宅にいても敦賀蓮に成りきろうと覚悟を決めたら涙が落ちた。
私情は、挟まない。そう決めて、一つの心に誓う。と、彼女に自分の心にも嘘を付いた苦しさだった。

(今のはまだいい・・・演技の練習中だから・・・)

意識をしっかり持ちたくて、カメラ目線で鏡の中の自分を演技だと言い聞かせていた。

これから彼女と普段接する時に、自分がいかに蓮でいられるか、久遠と混ざらない様に出来るか・・・
そして・・・

彼女にそれで、本当に愛している。という言葉を言ってもいいのか

愛に怯えて過ごしてきたキョーコを思うと、愛を与える事にも臆病に成りそうな気持ちのままで、
愛している。と言う言葉を伝える事に、嘘を被せる事に苦しくて・・・

切なくて・・・ 

胸がもうすでに張り裂けそうだと感じていた。

Bewitched, Bothered and Wilderedを聴いていて、選曲した自分に腹が立つ。

悪戯心が、過ぎたようだ ____________



今・・・掛かっている曲




________ Stella By Starlight


Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 28.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray